レアル・マドリー

ゴール!ゴール!ゴール! - ドイツサッカー

7月
30

ドイツのサッカーの勝利は、そのヨーロッパでの役割についてなんといっているか

今年のチャンピオンズ・リーグで、ドイツのクラブが優勝する。豊かな南部からのバイエルン・ミュンヘンであれ、ブルーカラーのヴェストファーレンからのボルシア・ドルトムントであれ、他のヨーロッパ人は不快な気持ちを持つかもしれない。この、(初めて)ロンドンのウェンブリースタジアムでどちらもドイツの決勝が行われることは、ドイツの優勢の別の兆候ではないのか?たぶん適切に、そこに就くために、彼らはユーロ危機の国からのライヴァル(バルセロナとレアル・マドリー)を処刑した。

サッカーは戦後のドイツ史を反映する。多くのドイツ人にとって、その国の心理的な再生は、スイスで西ドイツがハンガリーに勝って最初のワールドカップを勝ち取った1954年の「ベルンの奇跡」とともにやってきた。別の奇跡ヴァーチャフツワンダー(経済の奇跡)は、真っ最中だった。3年前に、パリ条約が調印された。3年後にローマ条約だろう。ヨーロッパ共同体が作られており、ドイツ人は再び大陸の家族の一員だと感じた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

少年から大人へ - サッカーアフリカ選手権

2月
26

最高に追いつくのは、経済よりもサッカーでは簡単だ

ルステンブルクのロイヤル・バフォケン競技場には4.4万人の観衆を収容できるが、キックオフ時にはやっと1/4が埋まっていただけだ。メインスタンドの最前列の角は、現在南アフリカで行われている第29回サッカーアフリカ選手権(Afcon)の優勝候補の一つ、コートジボワールのオレンジをまとったサポーターで満たされている。1月25日の彼らの対戦相手は、太鼓を打ち鳴らす騒がしいファンに応援されたチュニジアだった。グラウンドに散らばっていたのはホスト国南アフリカのチーム、バファナ・バファナ(少年たち)の黄色いシャツを着たサポーターだった。地元の人たちは3-0で勝ったゴールのうち2つが試合の終わりごろに入ったコートジボワールを応援した。それまでに、その競技場は半入りに近づいた。

南アフリカの商業首都ヨハネスブルクの北西にあるルステンブルクは、ゴールポストを融かすには十分なほど暑かった。1週間前にホスト国が小さなカーボ・ヴェルデにスコアレスドローを喫した時、その大会は雨降る夕べにずぶぬれになって始まった。バファナ・バファナの不発は、すでに注意を惹くのに苦労していたその大会の前兆を示した。しかし、アンゴラに勝ち、モロッコと引き分けて南アフリカが決勝トーナメントに進出すると、国の鼓動は少し速くなり始めた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

カタルーニャの王様

5月
24

バルセロナ・フットボールクラブの管理の秘密

熱狂的なサッカーファンの間でのお馴染みの議論は、ファンの間ではバルサと呼ばれるバルセロナがこれまでの世界中で最高のクラブかどうかということに関わることだ。それはペレのいた1960年代のサントスよりもよいのか?それとも90年代のACミランは?答えは華々しくはっきりしない。しかしバルサは確かに今の世界では最高のチームだ。証拠を見てみよう。バルサは最近その昔のライヴァルのレアル・マドリーをスペインリーグで破った。それは世界最高のプレイヤー、リオネル・メッシを自慢している。それは、5月28日にウェンブリーで行われるヨーロッパチャンピオンズリーグの決勝に大本命として進出した。(マンチェスター・ユナイテッドを低く見るのは馬鹿げているが。)

Posted By gno-eagrai 続きを読む
レアル・マドリー を購読