ハーヴァード大学

昇進と自己宣伝 - 女性教授の嘆くべき不足

1月
03

女性は、自身を十分に引用しないので、地位を得るのに失敗するのかもしれない

学界の欠陥の一つは、その講義室や大学院は女性で満ちているが、その組織の上の方ではそうではないということだ。しばしば、これは科学に特有な現象だとみなされる。例えば、アメリカの国立科学財団によって2008年に発表された報告は、ほとんどの科学と技術の分野で男性の正教授は女性のそれに対してほぼ4対1の割合で数が多いことを見つけた。実際、その不釣り合いは森全体に当てはまる。アメリカ大学教授協会による2006年の別の報告は、芸術、人文、そして社会科学の学部でも同じ割合を見つけた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

下町 - 都市の経済多様性

12月
12

都市が衰退しはじめるとき、彼らを救うことができるのは経済多様性だ

デトロイトの最新の産業は、その町の朽ち行く物理的社会資本を記録した写真である「廃墟ポルノ」だ。その自動車の町は、アメリカの中西部から北ヨーロッパにかけての産業都市を悩ませている衰退の極端な例だ。それらの興亡(そして時には再生)は、町をまとめまた引き裂くより深い力を明らかにする。

いずれにしても、経済学者にとって、都市が存在すべきかどうかは全く明白ではない。群衆は、混雑と費用の掛かる土地や労働力を意味する。しかし、固まることへの良く知られた利点もある。交通費用が十分に高いとき、企業は、安い土地や労働力で節約するよりも、ものを消費者の群に運ぶのにより多くのカネを費やすかもしれない。専門技能を持った労働者は、彼らを雇う企業の類のそばにいるためにそのような群に集まる。そのような労働者は町を成長する企業にとってより魅力的にする。職と労働者の深いプールは、雇用主と従業員の組み合わせを改善し、生産性と給与を押し上げる。

競争に近づくことの利益もある。自動車産業の黎明期に、デトロイトの企業家たちはライヴァルに注意し続け、幸運な少数が見事に成功するまで、設計やビジネスモデルを微調整するために学んだ。シリコンヴァレーの技術的新陳代謝は、似たような競争的協力によって力づけられている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

MOOCsの攻撃 - 高等教育

9月
26

新しいオンラインコースの軍は、伝統的な大学を脅して正気をやめさせている。しかし、それらは実行可能な事業モデルを見つけることができるのか?

ドットコムマニアは高等教育にやってくるのにゆっくりだったが、今それはその脆弱な産業を固くその手の中に握っている。巨大開放オンラインコースMOOCsを通して無料教育を提供する二つのシリコンヴァレーの新興企業ウダシティとコーセラの去年はじめの立ち上げ以来、学問の象牙の塔はその基礎を揺さぶられている。いくつかの場合何世紀にもわたって打ち立てられた大学ブランドは、情報技術が急速にその既存の事業モデルを時代遅れにするだろう可能性をじっくり考えるよう強いている。一方、MOOCsは、まだ自分たちの事業モデルを理解することなしに、数、資源、そして学生募集を増やしている。

自身の(一般的に無料の)学生にオンラインコースを提供する以外に、大学はそれによってギロチンをかけられるのを避けるためにMOOC革命に参加するよう強いられていると感じている。コーセラは、多くのアメリカの最上位機関を含んだ、世界中の83の大学や単科大学と提携している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

共和国をなおす

6月
02

政府をよりよく管理する2つの民主党

2002年に、本欄筆者はワシントンDCの自動車局(DMV)を免許更新のために訪れた。その列は氷河のような歩みだった。職員は敵意と無関心の間を行ったり来たりした。埋めるべき長ったらしい様式があり、6つの書類を作らなければならず、混乱させる指示があり、どんな間違った答えも犯罪だという警告ですべてが差し迫っていた。ある男は、書類をファックスで送ったがDMVはファックスされた書類を受け取らないと言われただけだったといった。それならば、なぜファックス番号を書いておくのか?と彼は訊ねた。「我々はそれを礼儀として書いているのだ。」

Posted By gno-eagrai 続きを読む

緑のガラスの天井 - イスラム過激派

4月
14

いかにムスリムの聖職者が聖戦士に変わるのか

なぜ慈悲深くて穏やかなムスリムが超保守的で暴力的ですらある形の信仰に変わるかは、学者と政策立案者にとって大きな関心のある主題だ。しかし、今のところ、聖職者の過激化についての研究はほとんど進んでいない。

今、ハーヴァード大学のリッチ・ニールセンは、書籍、ファトワ(宗教的裁定)そして91人の現代のサラフィ派の聖職者と379人のその生徒と教師たちの伝記を調べている。彼は、過激化の裏にある主要な要素は貧困やその(推測されるかもしれない)教師たちのイデオロギーではなく、彼らの学問的、教育的ネットワークの貧弱な質だということを見つけた。

そのような接触は、その聖職者たちが国家機関でイマームや教師としての良い仕事に就く能力を決める。その91人のほとんどがやってきたサウジアラビアとエジプトでは、政府は長らく宗教的機関を組みいれてきた。職に就くことに失敗した人々は、政治的変化のための道具として暴力をより認めそうだ。

その数字は驚かせる。最高の学問的つながりを持った聖職者は、聖戦士になる可能性が2-3%しかない。これは、悪いネットワークしか持たない人では50%まで上がった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

絶望の限界 - チベットの未来

4月
10

チベット高原での暴動の爆発から5年後、その地域は再び危機にある。

中国の青海省の小さな修道院の中で、赤い僧衣を着た僧が、監視されているのかを確かめるためにあたりを見回した後、啜り泣きを始める。「我々はただダライ・ラマに故郷に帰ってきてほしいだけなのだ。」彼は言う。彼の言葉は、過去2年間チベット高原中の公共の場所で彼らが焼身自殺しているのかを説明しようとする何十人ものチベット人の言葉にこだまする。中国国内でのダライ・ラマの支持者の間で絶望が増している。彼らの黙らせようとする政府の努力もそうだ。

チベットの首都ラサでの反中暴動と多くの町や修道院でのデモを含んだ、5年前の今月のチベット高原を覆った暴動の勃発以来、共産党は飴と鞭でチベットの不満を管理しようとしている。鞭は、修道院のよりきつい警備、ラサへの訪問管理、ダライ・ラマの弾劾、そして反対派の逮捕を伴っている。飴は、泣いている僧の修道院からそう遠くないところで見ることができる。巨大な草地を渡る新しい高速道路、離れた村への新しい道路、僧へのより良い住居、そして彼らの礼拝所の回復だ。しかし、現代政治史の中で最大のそのような抵抗運動の一つである、ほとんどが過去2年間で100人以上のチベット人が自分に火をつけるという光景は、どちらのやり方もうまくいっていないことを示唆する。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ロボ同僚

3月
31

ロボットはさらに強力になっているが、それらは労働者にとって必ずしも悪いニュースではない

IBMのスーパーコンピューター、ワトソンは、アメリカのクイズショー「ジェオパディ」の2011年版でその人間のライヴァルを華麗に打ち負かした。それはそれ以来より賢くなっている。その部品は部屋の大きさからカバンの大きさに縮んでいる。その計算速度は3倍以上になっている。よりスマートでより早いワトソンは、今商業利用に使われている。その最初の応用は癌診療所での治療を提案している。多くの人々は、ワトソンが人間労働者を機械に置き換える傾向に向かっていることを例示していると恐れる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

商業と意識 - ソーシャル・インパクト・ボンド

3月
22

公共サーヴィスへの金融の新しい方法は推進力を得ている

中央ロンドンの湿気た朝6時半に、その町はすでに忙しい。バリスタはコーヒーショップの中で準備している。事務所清掃員は仕事をしている。そして慈善団体や地元自治体からの福祉チームは、野宿者を見つけ道から追い出すために、早朝シフトで働いている。

ほとんどのチームにとって、優先順位は、新しくホームレスになった人々を見つけ、彼らがパターンにはまって落ち着く前に素早く彼らのために寝床を探すことだ。セント・ムンゴスというホームレスのための慈善団体で働く福祉ワーカーのカス・シムスは、しかしながら、新来者を探してはいない。彼女は、道から彼らを追い出すという狙いを持って、415人の習慣的な野宿者の特定集団の中の人々の場所を定めようとしているのだ。

それは、彼女を大きな財務的実験の前線にも置く。彼女の仕事は、もし社会的目標が達成されれば民間投資家に配当を約束する「ソーシャル・インパクト・ボンド(SIB)」という道具によって資金を得ている。その債券は、セント・ムンゴスと(別の400人かそこらのホームレスの人々に責任を持つ)テムズ・リーチという別の組織で分け合う500万ポンド(800万ドル)を投資家から調達した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

リメンバー、リメンバー - 記憶

3月
04

記憶と忘却についての新しい理解があらわれている

ホルヘ・ルイス・ボルヘスの話の中の人物イレネオ・フネスは、奇妙な悩みの種を持っている。彼は何も忘れず、その条件は彼に分析的考えをできなくさせる。もちろんフィクションだ。しかし、それは要点を強調する。記憶は、するべき仕事を持った進化した構造だ。その仕事は、その持ち主を保全し、彼や彼女の再生産を助けることだ。完璧は求められず、適切さだけだ。まったく、不必要なものの選択的忘却は有用なものの選択的記憶と同じくらい重要だ。そしてその分別の多くは眠っている間に起こる、と今週のネイチャー神経科学の2本の論文は観察する。

このうち一つは、ハーヴァード大学のロバート・スティックゴールドとカリフォルニア大学バークレー校のマシュー・ウォーカーによる、以前の論文のレヴューだ。彼らは、睡眠の過程が、最初に何を維持するかを選び、それからいかにそれが維持されるかを選ぶトリアージの形として行動すると提案する。ウォーカー博士とその同僚のブライス・マンダーによるもう一つの論文は、若者と高齢者のその過程を比較する。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

公共選択の声 - ジェームズ・ブキャナン

2月
07

1月9日に亡くなったジェームズ・ブキャナンは、政治的意思決定を示した

アメリカ人が議会よりも好ましいと判断するものの中には、調査会社のパブリック・ポリシー・ポーリングによると、大腸内視鏡検査、歯根管、シラミ、そしてフランスがあった。アメリカは、経済危機から政治的麻痺に至るまで、よろめいているように見える。それは、1月9日に93歳で亡くなった、ノーベル賞受賞経済学者で「公共選択論」の設計者であるジェームズ・ブキャナンにとってはほとんど驚きではなかっただろう。

ブキャナン氏は彼の分野で外れ値だった。彼は、政治哲学の真剣な繁栄のために、その職業が奉ずる複雑なモデルや数学を避けた(それにより彼を誤って軽量級だと退けるものもいる)。テネシー生まれの彼は、北東部のエリートを信用せず、彼の経歴のほとんどをヴァージニアの大学で過ごした。彼は、彼が深く主観的な問題だとみなしていた経済的費用といった変数への経済学の普通の扱いに挑戦した。彼は、啓蒙主義者の立場から100%の相続税といった異端を採用した。しかし、彼のもっとも偉大な貢献は、政治経済学の領域だった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

ハーヴァード大学 を購読