ウォーラーズ・アソシエイツ

歯列矯正器から宇宙飛行士の座席まで - 3D印刷

1月
10

3D印刷が製造業を変えている兆候があるが、それは期待するかもしれないような方法ではない

プラスティックや金属で一度に層を作りそれらを積み上げることによって固い物質を作る能力である3D印刷に、数年前に人々が気づいて以来、意見は二つの極端な方向に逸れている。アメリカに多いそのファンは、それが劇的な影響を持ち、大量生産の経済を侵食し、西側に職を送り返すと主張する。ハーヴァード・ビジネス・レヴューによれば、「中国は世界の大量生産の工場になることを諦めなければならないだろう」、と言う。批判者は、それをやりすぎのインチキだと非難する。中国の製造大手であるフォックスコンの社長テリー・ゴウによると「ギミック」だというのだ。彼は、もし彼が間違いだと証明されれば名前を後ろから書き始めるだろうと語る。

実際、3D印刷はその両方の予言を無視するやり方で進化している。それは、はっきりと大きな経済的影響を持つ真面目な技術だ。しかし、それは必ずしも旧式の工場や中国人たちを傷つけるものでもない。
 

アメリカで大きく、中国でより大きく

Posted By gno-eagrai 続きを読む
ウォーラーズ・アソシエイツ を購読