アルナカラム・ムルガナンタム

異なった衣類から切り出す - インドの社会起業家

3月
14

慢性的な女性の医療問題を解決して事業を打ち立てる

ラタン・ジャダヴは、30代の恥ずかしがり屋の痩せた女性だが、西インドのマハラシュトラ州の田舎であるオスマナバードで農業をしている。彼女の小さな泥の家は、台所の窓敷居に10代の娘の化粧品がきちんと並べられる一方で、親類から借金をして買ったコンピューターといった現代的な利便性を誇りにしている。しかし、個人的な衛生ということになると、どちらの女性も(結婚式のような特別な場合は例外かもしれないが)ブランド物の生理用品よりも綿の布きれを好む。手作りの代替品が仕事をするのに「なぜ買わなきゃいけないの?」とその母親は訊ねる。

ジャダヴ女史は、布きれ、乾いた葉、麦わら、または新聞紙を好んで生理用品を避ける3億人の生理中のインド人女性の一人だ。調査会社のACニールセンは、インド人女性の70%が生理用品を買う余裕がないという。ふつう男性によって経営される薬品店でそれを求めることを嫌って、支払うことができる多くの人々もそれを買わない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
アルナカラム・ムルガナンタム を購読