ムハンマド・バハリ

ナイジェリアとボコ・ハラム – アフリカの黒い旗

1月
25

政府が悪政と不正の蔓延に取組みさえすれば、ジハーディスト集団を打ち破ることができるだろう

ボコ・ハラムはアフリカのイスラム国(IS)になっているのか?その残忍さと領域を持つことへの野望で、それは確かにイラクとシリアのジハーディストに似ている。ボコ・ハラムは、貧困に苦しむナイジェリア北東部でベルギーと同じくらいの大きさの「カリフ国」を築いている。そして、ISのように、それは植民地解放後の国境線を越えて聖戦を輸出している。

ラディカルだがほとんどが政治的な活動として2002年に始まったそれは、特に2009年の強硬な取り締まり以来、年々暴力的になるジハーディストの反乱に変わった。2014年4月に、それはチボクの町から276人の少女を誘拐した。脱出した子もおり、亡くなった子もいるが、多くは奴隷として売られるか、戦士たちと「結婚」することを強いられた。今、その反乱は他の国に広がっている。1週間前、80人のカメルーン人が誘拐された。チャドはカメルーンを助けるために軍隊を送っている。ニジェールとベナンもまた脅かされている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
ムハンマド・バハリ を購読