ルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ

男社会の救世主

8月
25

ブラジルの女性は、事業にかぎらず、目立った進歩をしている

リオ・デ・ジャネイロは、自然のもっとも物惜しみしない祝福さえも成功を保証しないという証拠だ。リオはブラジルの政治的首都としてのその地位を1960年に、その後数十年でその国の事業首都としての地位をサン・パウロに譲った。ギャング戦争と貧弱な社会資本がその観光産業を叩き潰している。2016年のオリンピックは、衰退の数十年間を逆転させるその町の最高の機会を意味する。しかし、それはその機会をとらえることができるのか?その質問は、救世主キリストの象の修辞的な同等物のように、リオに高くそびえている。

それにだれよりもよく答えるだろう人は、市営オリンピック会社の社長マリア・シルヴィア・バストス・マルケスだろう。彼女は、公共と民間部門をまたぐ組織を率いる完全な背景を持っている。ある鉄鋼会社の元社長でブラジルの2つの大会社ペトロブラスとヴァーレの役員を務めた彼女はまた、地方政府に数多くの地位を持ち、ブラジルの巨大な開発銀行BNDESの経営陣の最初の女性役員として仕えている。そして彼女はどんな質問にも答える準備ができている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

新中産階級が立ち上がる - 新興市場での政治

9月
12
マルクスの革命的なブルジョワジーはその声を再び見つける
 
過去4年間は、景気後退の打撃を受けた豊かな国々と元気な新興巨人との間で鋭い対照を見せた。今年、豊かな国々での経済的苦悩は、その政治にも溢れでた。ヨーロッパの政府はユーロ危機の泥沼にはまり、一方でアメリカはその国債の格下げを引き起こした。しかし、その苦悩は一面的なものではない。その経済的成果にも関わらず、中東は言うまでもなく、中国、インド、インドネシア、そしてブラジルのような国々は、西側の不安感とほとんど同じくらい深く、不満に悩んでいる。
 
インドでは、議会主導のマンモハン・シンの政府は、デリーでハンガーストライキを続けていた反不正のヴェテラン運動家アンナ・ハザレの支持者による大衆デモという、今までのところ最大の挑戦に直面している。今週、ハザレ氏は、政府が汚職に対する厳しい法律を通すことに合意したあとで、甘いココナッツ水を一杯飲んでストライキをやめた。その抵抗は、去年のデリーでのコモンウェルスゲームから、2Gの携帯電話の周波数免許の分配に至るまで、一連の大きな不正スキャンダルの帰結だった。「路上で見かけるのは、中産階級の変化だ。」金融省元高官のマハン・グルスワミーは語る。
Posted By gno-eagrai 続きを読む

太っ腹なゲーム - ブラジルのサッカー

7月
25

なぜ良い選手の中に母国にとどまるものがいるのか

今では少なくともその契約は遠のいたようだが、ホームシックのアルゼンチンのサッカー選手のカルロス・テヴェスのマンチェスター・シティからサンパウロのコリンチャンスへの1億レアル(6,400億ドル)での話題になった移籍話は、ブラジルの最も人気のあるスポーツで何かが起こっていることを示唆している。テヴェス選手の移籍は、部分的にはブラジルの国内移籍市場がしまったことによってなくなった。しかし、デニウソンがロンドンのアーセナルからブラジルに戻ったように、テヴェスのチームメイトのジョーもブラジルに戻った。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
ルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ を購読