インドネシア

悪いことが多すぎる - アジアでの強姦

2月
28

デリーでの強姦と殺人は、インドでの女性に対する暴力に注意をもたらした。しかし、医療ジャーナルのランセット・グローバル・ジャーナルに掲載された新しい調査によると、隣り合う国々での状況も同じように明るいものではない。6つのアジア諸国で調査された10人の男性のうち1人以上がパートナーではない女性を強姦したことがあると言い、その数字は妻や女友達を犠牲者に数えると4人に1人近くにまで上がる。国連の計画の一部としてのその調査で、研究者たちは、バングラデシュ、カンボジア、中国、インドネシア、パプアニューギニア、そしてスリランカでの18-49歳の1万人を超える男性を調査した。その男たちは、(男性調査官によって)「強姦」については聞かれなかった。そうではなく、彼らは「女性に性交するよう強要したことがあるか」を聞かれたのだ。パートナー以外に対する答えは、バングラデシュでの4%からパプアニューギニアでの信じがたい41%まで、多様だった。」強姦者の7人に1人以上は最初の強姦を15歳以下の時にした。半分以上は20歳になる前にそうした。55%しか有罪だとは感じていないと報告し、1/4以下しか刑務所に行かなかった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

茶色と金色のブレンド - コピ・ルアク

1月
03

世界で最も高いコーヒーの真贋を試す方法

世界でもっとも高価なコーヒーはくそだ。それは意見ではなく、事実だ。コピ・ルアクを作るためには、もちろん高品質の豆を作ることから始めなければならない。しかし、それからそれらをパームシヴェットに食べさせ、それらがその動物の消化器官を通り抜け(通るときにその多肉質な外側を消化させ)るのを待ち、それらが反対側から出てくるときに集める準備ができるのを待たなければならない。その結果、きれいにされ、発酵され、乾燥され、炙られ、挽かれ、淹れられると、カップあたり80ドルもの値段で売られる。この明らかにばかげた値段の理由は、シヴェットの胃の中でそれらが経験した化学反応のその豆の風味への途方もない影響だ。

その価格を考えると、たくさんのまがい物や不純なコピ・ルアクが、本物と同じように売られている。そして今まで、それを検知するための信頼できる方法はなかった。購入者は、騙されている風味から考えるかもしれないが、それを証明することはできない。

日本の大阪大学の福崎英一郎は、それを変える計画を持っている。農業食料化学誌で描くように、彼と日本とインドネシアの彼の同僚は、コーヒーの中のシヴェットの要素を信頼して検知することができると彼らが信じる、化学試験を開発している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

悪い記憶 - アジア金融危機

12月
21

1997-98年の地域金融危機のこだまが騒々しいが、誤っている

同じ川に2度入ることは決してできないが、それは忘れられないほどに親しんで見えるかもしれない。だから、最近アジアの通貨と株式市場がのたうちまわるにつれて、投資家と評論家が1997-98年の金融の嵐の亡霊を召喚するのは、驚くことではない。その危機は最初にタイで起こり、それからインドネシアと韓国がIMFの救済下に入った。それは地域経済を破壊し、インドネシアは32年間のスハルト独裁を倒した。フィリピンとマレーシアは、ひどいけがによろめいた。いま、その地域の市場関係者は、シリアでのアメリカ主導の軍事行動の可能性の帰結についての恐れが増すにつれて、そこが再び感染し、さらに悪くなることに神経質になっている。にもかかわらず、川は変わっており、不注意な人々を押し流しそうもない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

自発的ではない燃焼 - 東南アジアのスモッグ

9月
09

森林火災が記録的な水準の大気汚染をもたらし、その終わりは視界に入っていない

儲かるパーム油のプランテーションのためにインドネシアが産業規模にその豊富な森林を最初に伐採し始めた1980年代中ごろ以降、「もや」は東南アジアでほとんど年中行事になっている。伐採された森林地帯をきれいにする最も安い方法は、燃やすことであり、それは風に運ばれて数百、いや数千平方マイルを覆うかもしれない汚い白い煙の酸性の雲を生み出す。

その間の何十年間かは、火災を止めるためのおびただしい全国そして国際的な規制の可決を経験しているが、すべてが役に立っていないようだ。過去2週間に、これまでで最悪のスモッグのいくつかを経験しており、人々の肺、喉、そして気分だけではなく、外交関係とインドネシアの環境のイメージを改善するための試みにも、深刻な損害を与えている。さらに悪いのは、抗議にもかかわらず、今後数年間でいかに問題が改善するのかを見るのは難しいということだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

島国の危険 - 津波のモデル化

8月
25

島は、大きな波を壊すのではなく、増幅するかもしれない

サーファーたちは、海岸から離れた島に守られた浜辺を避ける。何世代もの日に焼けて金髪の大男たちが教えるように、それはそのような島が天然の防波堤を作り出すからだ。これは波をくじき、退屈なほど穏やかなを、日焼けを楽しむ人々にとって置くのが良いようにする。そのサーファーの理屈は、満ち潮の時の風に生み出されたうねりの小さな波には当てはまる。しかし、フランスのカシャン高等師範学校のテミストクリス・ステファナキスは、それが津波のより波長の長いものには当てはまらないかもしれないと警告する。オンラインレポジトリのarXiv(アーカイヴ)に投稿した論文で彼とその同僚が示したように、海岸の島々は、これらの波の影響を減らすよりもむしろ実際には誇張するかもしれない。

この反直感的な主張への逸話に富んだ証拠は、同じ津波が異なった型の沿岸の地形を襲ったところの(幸いにも珍しい)出来事からやってくる。例えば、2010年に、ある津波がインドネシアのメンタワイ諸島を襲った時、小島のすぐ後ろの沿岸地域は被害の矢面に立った、とその研究の共著者の一人である南カリフォルニア大学の津波専門家コスタス・シノラキスはいう。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

パイプラインの中の虫 - 東ティモールとオーストラリア

8月
13

ティモールの指導者たちは、その海底油田からのより良い取引を要求する

若く貧しい国である東ティモールの未来の財政は、10年近く前にオーストラリアによる卑劣な申し立てに巻き込まれている。東ティモールは、彼らの間に横たわる海での石油とガスの探査についての2006年の合意について、その大きく豊かな隣国を裁定に持ち込んでいる。今週シンガポール訪問中に話した東ティモールの石油大臣アルフレッド・ピレスは、2004年の交渉中にオーストラリアの諜報機関が違法に情報を入手したという「反駁できない証拠」を持っていると主張した。彼の弁護士は、ティモールの首相官邸が盗聴されたと主張する。

真実が何であれ、東ティモールの指導者たちはオーストラリアがだましたと感じている。2004年にその小さな国は、1999年の国連に組織された国民投票でインドネシアからの独立を問うた後の破壊から回復中だった。インドネシア軍とそれを支持する民兵たちは、怒り狂った殺人と破壊で復讐しようとしていた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

手を取り合って - 日本と東南アジア

8月
09

安倍晋三は、東南アジアに押し込むための経済的と同様に外交的な理由を強いている

5月26日にテイン・セイン大統領が安倍晋三をミャンマーの首都ネピドーに歓迎した時、それは相互尊重のすべての乾杯と吐露だった。安倍氏は1977年以来その国を訪れた最初の日本の首相だった。どちらの指導者も、西側が野蛮な軍事態勢を避けた10年間でさえも、長きにわたって比較的良好だった外交と経済のつながりを固めるよう決心したように見えた。ミャンマーの野党指導者アウンサンスーチーにも会った安倍氏は、テイン・セイン氏が2011年に始めたその国の新しい改革への関与を支持するための「すべての可能な支援」を約束した。

日本の行為はその素晴らしい言葉にあった。安倍氏はミャンマーの18億ドルの債務を帳消しにし、更なる5億ドルの援助融資を約束した。これは、商業首都のヤンゴンのすぐ南のティラワの経済特区を含んだ、過去18か月間ですでに合意された日本の関与の上に来る。日本は、今かなりいっぱいになったヤンゴンの古い港にとってかわる新しい港を含むだろう、2億ドルのティラワへの初期投資をしている。何十人もの日本の会社役員もまた、安倍氏とともに、彼が機会を探すよう促しているミャンマーにやってきた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

いつも一緒にいるわけではない - 貧困

8月
09

世界は、2030年までに10億の人々を極貧から救い出す驚くべき可能性を持っている

2000年9月に、147の政府の元首たちは、1990年の貧困線を基本線として使って、2015年までに地球上の最もひどい貧困で生活する人々の割合を半分にするということを約束した。それは、国連の「ミレニアム開発目標(MDGs)」に祀られた最初の立派な狙いの嘆願だった。妊産婦死亡率を3/4、そして乳幼児死亡率を2/3削減するといったこれらの狙いの多くは、達成されていない。しかし、貧困半減の目標はされている。まったく、それは5年早く達成されたのだ。1990年に、発展途上国の人口の43%が(当時1日1ドルでの生活だと定義されていた)極貧状態で生活していた。その絶対数は19億人だった。2000年までに、その割合は1/3下がった。2010年にはそれは21%(または12億人。購買力の違いで調整した2005年の価格で15の最貧国の自分たちの貧困線は当時1.25ドルだった)だった。地球規模の貧困率は20年で半減されたのだ。

それはある明白な疑問を提示する。もし極貧が過去20年間で半減されることができたのならば、なぜ次の20年で更なる半分を取り除かないのだろうか?2010年に21%が可能だったのならば、なぜ2030年に1%が可能にならないのだろうか?

Posted By gno-eagrai 続きを読む

貧困の終わりに向かって

8月
09

10億人近くの人々がここ20年で極度の貧困から抜け出ている。世界は同じことを再び目指すべきだ

1949年の就任演説でハリー・トルーマンは、「世界の半分以上の人々が悲劇に近い状況で生活している。歴史上初めて、人類はこれらの人々の苦しみを和らげる知識と技能を持っている。」それはトルーマンが望んだよりもずっと長くかかっているが、世界は最近人々を極度の貧困から引き上げるのに驚くほどの進歩をしている。1990-2010年の間に、その数は発展途上国の総人口比で、ほぼ10億人の削減で、43%から21%に、半分に減っている。

今、世界は最も不幸な人々を引き上げると言うトルーマンの約束を履行する真剣な機会を持っている。その惑星に住んでいる70億の人々のうち、11億人が国際的に受け入れられた1日1.25ドルの極貧線以下で暮らしている。政府や国際機関からの政治家や高官といった国連のいつもの面々は、2000年9月に始まり2015年に期限切れになるミレニアム開発目標(MDGs)にとってかわる目標の新しいリストを作成するために、今週会議を始め、それは来年かそこらまで続く。各国政府は彼らの主要な新目標として、2030年までに極貧状態の人々の数をさらに10億人減らす狙いを採用すべきだ。
 

お辞儀をしろ、資本主義

Posted By gno-eagrai 続きを読む

情熱を消費する - ハラール事業

7月
31

ムスリムの消費者は、肉と金融についての伝統的な宗教的条件の先を見ている。楽しむときだ

「メッカとメディナでさえも、人々は肉体関係を持つ。」「称賛されるのを感じ、愛されるのを感じ、官能を感じる」とのスローガンの下で、同じ宗教の信者のために「官能の店」(「セックスショップ」ではないと彼は主張する)を経営するオランダ人ムスリムのアブデラジズ・アオラーは語る。アラビア語で「社会」を意味するEl-Asiraは、オンラインとアムステルダムの空港で販売する。売れ線商品には、マッサージオイルやランジェリーが含まれる。今年の売上は100万ユーロ(129万ドル)と予想される。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

インドネシア を購読