南アフリカ労働組合会議

もはや何とか切り抜けることはできない - 南アフリカの経済

8月
11

ゆっくりとした成長と下落する通貨は、より深い不調への警告すべき症状だ

ほとんどのアフリカが繁栄し始めるにつれ、その大陸最大の経済は伸び悩んでいる。5月28日に発表された数字は、南アフリカのGDPが第1四半期に年率換算でたった0.9%しか伸びていないと示した。アフリカの経済的見通しを知らせるアフリカ開発銀行(ADB)と先進国のシンクタンクOECDからの新しい報告は、その経済的見通しの点で南アフリカを52か国中低い48番目に位置付ける。

しかし、南アフリカの2013年の2.8%のGDP成長という予測は、すでにあまりに楽観的に見える。失業と貧困を削減するために必要だと政府が言う、維持された5%の率は、世界が違うようだ。

第1四半期のGDPの数字の数少ない明るい点の一つは鉱業だが、その産出は再び下がっており、ストライキの恐れがその直近の見通しを曇らせている。南アフリカの総輸出のだいたい1/4が、景気後退に陥っているヨーロッパ向けだ。国内支出も弱い。ウォルマートが一部所有するスーパーマーケットチェーンのマスマートだけが、みすぼらしい売上を報告した最近の大きな小売業者だ。消費者の信認は9年来の低い値にある。銀行は、最近まで個人向け融資を沈ませないようにする役に立っていた無担保信用を削減している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

間違った年代物 - 南アフリカのワイン醸造

2月
21

ブドウ園の労働者は変化を要求している

新世界で最も古い南アフリカのブドウ園では、ケープの初期オランダ人植民者の白塗りの家は、渓谷とブドウ園を見渡すことのできるこぎれいなテイスティング室に変わっている。多くの場所に立っているかつては畑での労働時間の初めと終わりを知らせた奴隷鐘は、今では骨を折った男女たちの記念碑と観光客の写真の背景になっている。

現在の労働者の中には、これらの奴隷の子孫もいる。多くが依然として貧しく、掘立小屋に住んでいる。ケープの農場労働者はその国で最も低賃金の部類に入る。ほぼすべての農場所有者が白人で、労働者は有色人種だ。ローリーが1日の仕事を終えて家に送り届けられる低賃金労働者を満載して大通りを地響きを立てて下るとき、観光客はフランシュホックの町の古風なワイン農場の中で晩酌をちびりちびり飲むことができる。

この社会的経済的な変化のなさが、南アフリカのもっとも手におえない問題の一つであり、増加する不満のもとだ。去年、それはヨハネスブルグの近くの鉱業地帯で爆発した。より最近には、暴力的なデモは西ケープ州のブドウと果実生産地域でほとんど毎日起こっており、警察がその国の主要な南北幹線を封鎖して石を投げるデモ参加者に対してゴム弾を発砲している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ぬかるみの数カ月先 - 南アフリカの政治

7月
26

一連の犯罪陳述で、政府はここ数年で最大の危機に直面している

南アフリカ警察のベキ・ツェレ警視総監は、ジェイコブ・ズマ大統領の友人との何百万ドルにもなる取引に関わる違法な指揮により訴えられている。彼に対する訴えを向けたオンブズマンは、彼女自身、詐欺の疑いで逮捕すると脅されていた。ツェレ氏に対する調査で彼女を助けた警察特別調査部長もまた、不正の調査を行われている。念入りにその物語を破ったジャーナリストは、彼は「マークされており」、彼を殺すために殺し屋が雇われたと警告を受けてから、少なくとも1度は危害から逃れた。そして、「最高機密」諜報報告の中でツェレ氏をズマ氏に対する疑わしい陰謀に関連付けた警察の犯罪調査機関のトップは、すでに一度免罪されている10年以上前の殺人事件で訴えられている。すべての関係者は罪を否認している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
南アフリカ労働組合会議 を購読