ブルッキングス研究所

金持ちになるために、賢くなるために、 - 結婚の減少

6月
28

伝統的な家族は今では少数民族の領域だ

結婚とそれに関わる多くの浮き沈みは、未だに新聞、雑誌、放送で強力な影響力を行使している。2,300万人近いアメリカ人がウィリアム王子がケイト・ミドルトンと聖なる結婚生活に入るのを見た。さらに多くが、メイドとの間にできた息子を認知したと暴露された後のアーノルド・シュワルツネガーの結婚の終結に溺れた。そして下院議員のアンソニー・ウェイナーの溢れでたつぶやきは、彼の1年間の新婚生活の健全性とその妊娠初期の妻の辛抱についての終わらない憶測を引き越した。

興奮しないことは、アメリカ全土での結婚の惨めな状態が明らかになったことだ。国勢調査局からのデータによると、初婚のカップルは今ではすべての家庭の半分以下(45%)を占めるに過ぎないことを示している。

ひとつ屋根の下にパパ、ママとその子供たちが生活するという類型的なアメリカの家族は色あせている。2010年の調査によると、どの州でも、未婚カップル、子供のいない家庭、そして一人暮らしの数は、子供を持った結婚したカップルからなる家庭よりも早く増えている。後者は1950年には全家庭の43%あったが、今ではたったの20%だ。そしてそのトレンドには大きな階級要因が存在する。伝統的な結婚は、普遍的な儀式から、教育があり豊かな人々の贅沢品へと形を変えている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

核の最終段階 - 大きくなるゼロの訴え

6月
21

爆弾の禁止は難しいが、不可能ではない

世界から核兵器を取りのぞくことは長い間平和主義左翼の理想だった。しかし、過去数年間、主流派の政治家や退役将校、そして学会の戦略家らが、どのように成し遂げるかについてはとても異なった考えを持っているとはいえ、同じ目標を共有し始めている。それは部分的にはグローバルゼロという来週ロンドンで3度目の年次「サミット」を開催する運動団体のおかげだ。

グローバルゼロは、2006年の終わりにブルース・ブレアによって設立された。彼は、元大陸間弾道弾発射管理官で、数年前にワシントンD.C.でシンクタンクの世界安全保障研究所を始めたブルッキングス研究所のフェローである。彼は、既存の非核化努力とは全く異なった世界的な運動を一から始めることに着手した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

ブルッキングス研究所 を購読