野村證券

ボーっとしている - アベノミクス

11月
02

日本はついに経済特区を機能させることができるのか?

世界でもっともよく知られ、最も成功した経済特区は、中国の深圳だ。鄧小平が香港の北にある小さな農漁村を自由市場経済を試すために選んだ1979年の後に、それは急速に産業大都市に成長した。日本もまた、長く資本主義に変わっているけれども、その国の他の部分ではあまりに急進的な考えを試すために、経済特区を使っている。首相の安倍晋三はいま、それらを彼の経済復興のための計画の中心に置いている。何十年間も多くを成し遂げることができなかった後で、それらはついに日本が深圳のような変革をするのを助けることができるのか?

もしその地域の予想される大きさが何らかの指針になるのならば、それらは実に影響を持ちうる。最終的な場所は間もなく発表されるだろう。東京、大阪、名古屋の巨大な都市が候補になりそうだといわれている。日本語でいうところの「特区」を監督するために、新閣僚が選ばれることすらあるかもしれない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

タクソノミクス - 日本の消費税

10月
09

議論を呼ぶ課税での重大な増税は、疑わしいかもしれない

日本人は、世界で最も税金を納めたがらない人々に入る。彼らは付加価値税(VAT)に最も深く気が進まずに留保している。それは、VATの発明者の一人アメリカ人経済学者のカール・シャウプが、それを第二次世界大戦後の占領中の新税の実験台として使ったからかもしれない。日本は間もなくVATをやめ、1989年になってから「消費税」を再導入した。これは素早くその外国人によって課された前身と同じくらい憎まれた。

日本が消費税の再導入以来たった二度目の増税に苦労するとき、外人が再び見ている。IMF、(主に先進国が参加するパリにあるクラブの)OECD、そして地元の組織は皆、一連の増税がGDPの250%に近づくその大きな公的債務を管理するための日本のたった一つの道だと説明する。去年増税を支持する法律を成立させた民主党は、それがなければ日本はすぐにギリシャの道をたどりうると論じた。金融市場は、それからの政権交代にもかかわらず、増税が進むことを織り込んでいる。今週、当局は計画通り進めるかどうか調べるための委員会を立ち上げるということによって、彼らを驚かせた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

日本の教訓 - 世界的破滅

8月
18

危機から5年がたち、ユーロ圏は日本型の経済停滞の危険にさらされている。

5年前、事態は楽観的に見えた。2007年8月の第一週、投資家と主要な中央銀行によるその年の予測は、アメリカとヨーロッパで2-3%の成長率だ、というものだった。しかし、2007年8月9日、すべてが変わった。フランスの銀行、BNPパリバはサブプライム担保投資で大きな損失を発表した。同じ日、ヨーロッパ中央銀行(ECB)は緊急の流動性として(当時の1,300億ドルに当たる)950ユーロの注入を強いられた。危機が始まったのだ。

1年目の間、政策立案者は日本を案内としてまたはむしろ警告としてみた。日本の債務バブルは1991-2001年の「失われた10年」の原因となった。アナリストは共通して三つの教訓を引きだした。日本型の停滞を避けるために重要だったことは、一つ目に早く行動すること、二つ目に傷ついた貸借対照表をきれいにすること、そして三つ目に勇敢な景気刺激策を供給することだ。もし日本が基準とみなされるのならば、アメリカと英国は複雑な記録を持っている。ユーロ圏はまるで日本になっているかのようだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

手を貸す - アジアでの日本の銀行

6月
02

日本の大手銀行はヨーロッパ勢の後退による沈滞を持ち上げる役に立っている

アジアの輸出主導型経済がユーロ危機によって苦しみうる、潜在的には重なる、道が2つある。一つはヨーロッパへの貿易の減速だ。2つ目は、ユーロ圏の銀行によって拡大された、貿易信用からシンジケート・ローンに至るまで、金融の枯渇だ。アジア開発銀行のイワン・アジズが5月16日に東京で開催されたエコノミスト誌のベルウェザー会議で論ずるには、どちらの点もアジアを2008年のリーマン・ブラザーズの崩壊の後のようには脆弱にはしないという。理由の一つは、日本のメガバンクが、ヨーロッパ勢が立ち去った後の沈滞を持ち上げるために、自分たちの領域をふさぐためだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

静かにそれをする - 日本の銀行

2月
13

日本のアメリカ投資の次の波は前とは違う

1980年代と90年代の間の日本のアメリカへの投資の第1ラウンドは、とても感情的になったことで有名だ。ゴルフコース、投資会社、そしてニューヨークのロックフェラーセンターの大部分を含む、一流とみなされた資産を買うのに異常な価格が支払われた。売り手は喜び、大衆は嫌悪感を抱いた。本当の犠牲者は巨額の損失を抱えた日本の買い手自身だった。

すべての取引が失敗に終わったわけではなかった。特に、住友銀行がゴールドマンサックスの少数株主になったことは、最初は日本において困惑を持って受け止められたが(住友はその株を金の蛇口というよりもむしろ提携関係だと考えていた)、よい収益をもたらすものだと判明した。控えめな態度、少数株主、金融への焦点といったそのやり方の教訓は、日本の投資の次の波を特徴づけるかもしれない。

西側の銀行は、新しい規制に合わせるために自己資本の調達に迫られている。ほかの金融資産は危機後の再構築の一部として売られている。日本の銀行は比較的健全で、高い自己資本比率を持ち、日本で成長する能力について深く懐疑的だ。それは再び彼らを外に向けさせ、しかもアジアの裏庭だけにとどまらない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

強い円で武装して - 海外で買い物する日本企業

12月
22

なぜ日本株式会社は外国で騒ぎを続けているのか

ティックル氏とバンプ氏はハロー・キティとともにベッドに潜り込む。その弓状に飾られた猫の持ち主、サンリオは、英国のコーリオン社から「ミスター・メン」の代理店網を獲得した。30億円と推定されるその取引は、その日本のデザイン・権利会社に、30の国々で幼児を喜ばせ、1億冊の本に変わっている86の陽気なキャラクターたちをもたらす。

株式会社日本は海外での買い物騒ぎの最中だ。企業買収などのデータを集めているディーロジックによれば、日本企業は2011年に記録となる800億ドルを使い、620の外国企業を買収した。それはかつての記録である2008年の750億ドルの466の買収という記録を上回るものだ。1980年代に日本株式会社が海外買収をしたとき、それは強さの兆候だった。日本企業は成長していたのでその翼を広げていた。今回、それは弱さの症状だ。

今年、日本は悲惨だった。3月の地震と津波は工場を破壊し、サプライチェーンを分断しすべての種類の重要な部品の不足をもたらした。強い円は利益を打ちのめした。タイでの洪水は電機や車の部品の流通を遮った。企業統治の醜聞は国中の青いスーツを黒い雲で覆った。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

スイスの金

7月
30

みんなが好んでいるように見える紙幣

紙幣は最近はとても人気があるものとは言えなかった。7月18日のドル、ポンド、ユーロ、そして円に対する金の記録的高値を見よ。大西洋両岸でのほぼゼロ金利と債務危機は、投資家を危機回避的にし、政府が債務問題を解決するためにインフレを起こそうとしているのではないかと神経質にしている。

しかしこれにはひとつの例外がある。スイスフランだ。それは、実効為替レートでも、外国人がスイスで銀行口座を開きにくくするために負の金利を課していた1970年代と比べても強くなっている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

地震の後で - 世界的自動車産業

5月
24

日本の自動車会社は揺れている。それはライヴァルたちを助ける。

ロボットの腕がまたぶんぶん回っている。3月に日本を襲った地震の直撃を受けたいわきにある日産のエンジン工場は、5月17日に完全操業に戻った。社長であるブラジル系フランス人のカルロス・ゴーンは、現場を元気付けるために労働者の中に入り込んだ。しかし、修復と再建のための英雄的な努力にもかかわらず、日本の自動車産業はいまだに鈍い。そしてそれは世界中に影響を及ぼす。

その災害は日本の大きな自動車会社に属する工場を必ずしもペシャンコにしたわけではない。(日産のいわき工場は例外だ。)しかし、それは東北地方にある必須の部品や原材料の供給者を破壊した。トヨタは30の部品の不足に直面している。それは地震直後の500の不足に比べればマシだが、たった一つでも部品がかければ組み立てラインは止まる。

修理作業は同じペースで続く。止まった工場は、今通常生産の半分で操業している。日産は平常操業に初秋には戻りたいと思っている。トヨタとホンダはもう少し遅い。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
野村證券 を購読