マッキンゼー

市長と富

9月
18

町の指導者たちはますます事業手法を採用し事業を促進している

ニューヨーク市長は、することほぼすべてに事業への尊敬を払う。彼の執務室は取引場の「ブルペン」をモデルにしている。彼の行政は(例えば24時間の公的電話相談を供給すると言った)町のサーヴィスから長期的計画まで、すべてを改善するために事業手法を使う。彼は、ニューヨークを会社として、市の職員を人材として、そして市民を顧客として見ており、だいたいニューヨーカーはそのために彼が好きだ。

マイケル・ブルームバーグは人気のある市長であるのと同様に、成功した事業家だ。しかし彼だけが、町のCEOとして自身を見なしているわけでは決してない。ますます多くの市長が、その仕事を、事業友好的な環境を促進し、その町を世界に売ることだとみている。ヒューストンの市長アニース・パーカーは、会社に「コンシェルジェ・サーヴィス」を提供していることについて自慢する。サンフランシスコ市長エド・リーは伝統的な商工会議所の補完として、技術商工会議所を作っている。ポートランド市長サム・アダムスは、その町の輸出を倍にする計画を持っている。ロサンゼルスの元市長アントニオ・ヴィーライゴーサは、彼の任期中の最大の後悔は、彼がその町をラテンアメリカやアジアに促進するのにより多くの時間を費やさなかったことだという。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

男社会の救世主

8月
25

ブラジルの女性は、事業にかぎらず、目立った進歩をしている

リオ・デ・ジャネイロは、自然のもっとも物惜しみしない祝福さえも成功を保証しないという証拠だ。リオはブラジルの政治的首都としてのその地位を1960年に、その後数十年でその国の事業首都としての地位をサン・パウロに譲った。ギャング戦争と貧弱な社会資本がその観光産業を叩き潰している。2016年のオリンピックは、衰退の数十年間を逆転させるその町の最高の機会を意味する。しかし、それはその機会をとらえることができるのか?その質問は、救世主キリストの象の修辞的な同等物のように、リオに高くそびえている。

それにだれよりもよく答えるだろう人は、市営オリンピック会社の社長マリア・シルヴィア・バストス・マルケスだろう。彼女は、公共と民間部門をまたぐ組織を率いる完全な背景を持っている。ある鉄鋼会社の元社長でブラジルの2つの大会社ペトロブラスとヴァーレの役員を務めた彼女はまた、地方政府に数多くの地位を持ち、ブラジルの巨大な開発銀行BNDESの経営陣の最初の女性役員として仕えている。そして彼女はどんな質問にも答える準備ができている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

もっとも熱い辺境 - アフリカ投資

5月
03

急成長する大陸で金を働かせる戦略

ハイパーインフレの中で小売店を破産させないようにするとき、副業を持つことが役に立つ。「我々は、靴やカバンのためにわに革をエルメスやグッチに売る事業を持っている。」ジンバブエの首都ハラレが本拠の企業複合体インスコアーの社長ジョン・コウミデスは語る。ジンバブエの通貨が崩壊した2008年にその店が在庫不足に陥った時、この異国風の輸出品から稼がれた外貨はスパーの店舗を含んだその会社の他の部門の生命線だった。

インスコアーは生き残った。わに革事業を脱ぎ捨てていても、それはかさばった事業の混合のままだ。しかし、それはアフリカ消費者の新階級の出現から利益を得ようとする投資家の注意を惹いている。去年、その株式は50%上がった。その企業の大黒柱でほとんどの関心を興奮させている部分は、チキン・インやピザ・インを含んだブランドのファストフードだ。その代理店は、今ではナイジェリアを含んだいくつかの他のアフリカ諸国にある。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

純利益 - インターネットの利益計量化

4月
11

インターネットが消費者にもたらしている利益をいかに計量化するか

彼女の2歳の娘が1992年にがんだと診断された時、ジュディ・モリカは近くの南フロリダの医療図書館で何時間も過ごし、その子の状態についての情報を得るために雑誌を念入りに調べた。よく知らない言葉を見るたびに、彼女は止まって図書館のほかの場所でその意味を追い詰めただろう。それは「暗闇の中を歩く」ようなものだった、と彼女は語る。彼女の娘は回復したが、2005年に違った型のがんを診断された。今回、モリカ女史は彼女のそばにとどまることができた。彼女は記事をオンラインで読み、医学と科学的用語を直ちにウィキペディアで調べ、脚注を追って新しい資料をたどることができた。彼女は、娘の専門医に仲間の医者のように話しかけることができた。ウィキペディアは時間を節約させただけでなく、より大きなコントロール感も与えたと彼女は言う。「それに価格をつけることなどできない。」

Posted By gno-eagrai 続きを読む

バッテリーは含まれていますか? - エネルギーの未来

3月
04

電気をためるより良い方法の追求が激しくなっている

シカゴのそばのレモントにあるアルゴンヌ国立研究所の産業化学者クリス・プペックは、空気中で力強く白い粉のチューブをふる。電池の調査で次の印象的な素材になる潜在性を彼の分析の仲間が調べるのには、ほんの一つまみあれば十分だ。しかし、プペック博士は一つまみを扱わない。彼の仕事は、潜在性が実用にかえられるかどうか、つまり光の性質をもった何かが安く大量にできるかどうかを見つけることだ。もしできるのならば、それは試験のために産業に渡される。望みは、少なくとも一つのチューブが革命を始めることだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

共通事項をなおす - 政府の改革

3月
02

政府をよりビジネスライクにするいくつかの考え

カール・マルクスは「近代国家の重役」を「全ブルジョワジーの共通事項を管理する委員会」以上のものではない、と退けた。それに対するブルジョワの見方からのたった一つの賢明な反応は、もしそんなものがあるのならば、ということだ。最近、ほとんどの事業家は、政治的問題を持った聴衆のためにほかの嘆願者と共同歩調を取らなければならない。そして彼らの番がついに来た時、彼らはその利益を魅力的な方法で代表するスマートな「委員会」ではなく、時代遅れのよろめきを見つける。あまりに多くの政府が、サイバー安全保障のような21世紀の問題は言うに及ばず、鉄道路線のような19世紀の問題に対処することができない。

悪い政府は事業の最大の問題の一つだ。先進国では、それはあまりに厄介だ。途上国ではそれはあまりにつぎはぎだ。そしてどこでも、既得権益と官僚主義に手足を縛られ、またはイデオロギー的狂信者にハイジャックされ、それはあまりにゆっくりで柔軟ではない。政府をマルクスの賞賛した「全ブルジョワジーの共通事項を管理する委員会」に変えるために何ができるだろう?ビジネスマンはそのポケットに改革の長いリストを持っている。しかし、三つの考えが特に注目に値する。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

富の神の新たな帝王

1月
10

新興世界の消費者は王様だ

諜報機関はめったに世界の明るい見方をしない。しかしアメリカ国家情報会議からの最新の報告(「グローバルトレンド2030:別の世界」)はかなり明るい。その会議はサイバー破壊行為から核の大量虐殺までの脅威を心配している(素晴らしく控えめな表現で、それは「ロシアがとても困難な国になりうる」と警告する)。しかし、今後数十年間のもっとも重要な傾向は地球規模の中産階級の成長だろうとそれは論ずる。

産業革命の始まった英国は、ひとり頭の所得を倍にするのに150年かかった。アメリカは30年かかった。中国とインドは、同じ偉業を短期間でより大きな規模でつかみ取っている。その結果は、よい家やその子供たちのための良い始まりといった中産階級の贅沢をする余裕のある人々の数の爆発だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

マミー路線

9月
16

なぜより多くの女性が会社のトップまで登らないかの真の理由

デンマークのテレビドラマ「ボーゲン」の中で、その国初の女性首相が家庭の至福のために毎晩遅く家に帰る。彼女の主夫をする夫は皿を積み上げ、彼女にメッセージを返す。子供たちは彼女のテレビ中のスピーチに喜ぶ。しかし、間もなく彼女の息子は精神科医にかかり、その無視された夫は浮気をし、われらがヒロインは事務所中に家具を投げつける。

トップに到達した女性についてのこれほどの苦悩はめったになかった。先月のアトランティック誌の中で、アメリカ国務省初の女性政策立案部長になったアニー=マリー・スローターは、女性はとてもきつい仕事と若い子供たちを育てることをうまく結びつけることができないと宣言した。(彼女はワシントンをやめ、学界に戻った。)今月、英国国会議員のルイーズ・メンシェが、仕事と家族をやりくりするのは難しすぎると言って辞職した。しかし、そのニュースは怖いばかりではない。7月に苦しんでいるインターネット会社のヤフーは、グーグルから37歳の女性で10月に子供を持つ予定のマリッサ・メイヤーを新たな社長としてむかえいれた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

税と支出 - 法人税を下げ、社会資本を作ることは、回復につながりうる

7月
29
先月たった8万しか新たな職が作り出されなかったという6月の職の数字の、最も困難な側面は、それらが新たな通常の一部であるということだ。過去20年間にわたって、合衆国の経済回復は、ゆっくりと、そして職がない傾向にある。1945-90の間の毎回の景気後退で、経済がその景気後退前の水準に戻った6か月後には職もその水準に戻った。しかし、1990年代の景気後退の後、その後に雇用は元気よく成長したが、職が戻ったのは15か月後だった。2000年代初めの減速の後では、職が戻るには39か月かかった。そして今回、マッキンゼーの分析によれば、景気後退前の水準に雇用が戻るのには約60か月―なんと5年間!―かかるという。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

新芽、緑、そして葉 - 環境成長

7月
03

豊かな国は環境についてたくさん心配することなく繁栄した。低中所得国はそのようなぜいたくを持っていない

ナイヴァシャ湖の南岸で、ケニアの青々とした大地溝帯は、イングランドの夏の予期しない香りを保っている。中では、巨大なプラスティックの温室がずっと遠くまでバラを育てている。ヨーロッパに輸出して、彼らはそこで売られている商業用バラの1/5を占め、ケニアの外貨の1/10を供給する。しかし、その事業は自身の成功の犠牲者だ。

花よりも鋭く匂いに誘われて、カネを稼ぐために25万人のケニア人がバラの生産者に続いて谷に入った。彼ら自身を養うために、彼らは湖に流れ込む流れを濾して抑える木々を切り倒して、周りの丘を耕した。それは今では汚泥と排水で汚染されている。

それは、それが原因となった環境的な損害によって詰まらされた古典的な開発の物語のように見えるかもしれない。しかし、これはもつれを持っている。バラの生産者は、木を残しておく近代的な農法を奨励して小さな所有者にカネを貸しはじめている。それは始まったばかりだが、その結果は見通しがある。それらは生産者、小農業者、そして湖に利益がある。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

マッキンゼー を購読