マレーシア

南シナ海 – トラブルを抱える水域での石油

2月
11

紛争中の海での二つのケーススタディ

その小さな隣国たちには迷惑なことに中国の領海主張がますます独断的になっている南シナ海での操業で、二つの中国の石油会社が対照的なやり方を示している。一つの会社の行動はその地域での緊張を高めており、一方もう一つはそれを緩和するやり方の兆候かもしれない。

去年の7月、香港に上場しており本土の有力者とつながりを持っているブライトオイル(光進石油)は、アメリカの会社ハーヴェスト・ナチュラル・リソーシズから620万エーカー(250万ヘクタール)の海底採掘権を買った。その区画には、議論を呼ぶ歴史がある。それは650海里(約1,200km)以上中国の沿岸から離れており、ヴェトナムからは発った200海里しか離れていないが、中国はWBA-21と呼ばれるその地域に「歴史的権利」があると主張する。それは、北京の曖昧なその海域での領有権主張を示すU字型の「九段線」の南西の端にある。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

悪い記憶 - アジア金融危機

12月
21

1997-98年の地域金融危機のこだまが騒々しいが、誤っている

同じ川に2度入ることは決してできないが、それは忘れられないほどに親しんで見えるかもしれない。だから、最近アジアの通貨と株式市場がのたうちまわるにつれて、投資家と評論家が1997-98年の金融の嵐の亡霊を召喚するのは、驚くことではない。その危機は最初にタイで起こり、それからインドネシアと韓国がIMFの救済下に入った。それは地域経済を破壊し、インドネシアは32年間のスハルト独裁を倒した。フィリピンとマレーシアは、ひどいけがによろめいた。いま、その地域の市場関係者は、シリアでのアメリカ主導の軍事行動の可能性の帰結についての恐れが増すにつれて、そこが再び感染し、さらに悪くなることに神経質になっている。にもかかわらず、川は変わっており、不注意な人々を押し流しそうもない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

クレイジー・ダイヤモンド - 起業家育成

9月
27

真の起業家は、価値のないものに価値を見つけ、不可能の中に可能性を見つける

起業家精神は、現代の賢者の石だ。成長を押し上げ職を作り出す秘密を持つと想定される謎めいた何かだ。G20諸国は、年次の若者起業家サミットを開く。130国以上が世界起業家週間を祝う。ビジネススクールは、どのように起業家になるかについてのかなり人気のあるコースを提供する。経営学者たちは(しばしば矛盾して)起業家へのガイドを作る。デヴィッド・ガンパートは『How to Really Create a Successful Business Plan:成功する事業計画を本当に作る方法』と『Burn Your Business Plan:お前の事業計画を燃やせ!』の両方を書いた。

しかし、(「事業」のより長い言い方とは別に)起業家精神とは正確に何なのか?そして、いかにして政府はそれを奨励すべきなのか?政策立案者は経営学者と同じように混乱している。彼らは、それらが新技術を意味しなければならないと仮定する。だから、彼らは新しいシリコンヴァレーを作りだそうとしている。さもなければ、それは小事業についてだ。だから、彼らは新興企業を育てることに焦点を当てる。どちらの仮定も間違っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

自発的ではない燃焼 - 東南アジアのスモッグ

9月
09

森林火災が記録的な水準の大気汚染をもたらし、その終わりは視界に入っていない

儲かるパーム油のプランテーションのためにインドネシアが産業規模にその豊富な森林を最初に伐採し始めた1980年代中ごろ以降、「もや」は東南アジアでほとんど年中行事になっている。伐採された森林地帯をきれいにする最も安い方法は、燃やすことであり、それは風に運ばれて数百、いや数千平方マイルを覆うかもしれない汚い白い煙の酸性の雲を生み出す。

その間の何十年間かは、火災を止めるためのおびただしい全国そして国際的な規制の可決を経験しているが、すべてが役に立っていないようだ。過去2週間に、これまでで最悪のスモッグのいくつかを経験しており、人々の肺、喉、そして気分だけではなく、外交関係とインドネシアの環境のイメージを改善するための試みにも、深刻な損害を与えている。さらに悪いのは、抗議にもかかわらず、今後数年間でいかに問題が改善するのかを見るのは難しいということだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

新興ブランドの戦い

9月
08

西側のブランドは発展途上国のそれからの包囲にさらされるようになっている。

過去20年間は、経済力の新興世界への巨大な再分配を経験している。しかし、今のところそれに相当するブランド力の再分配はない。フォーチュン誌の2012年の一覧の売上収入による500の大企業には、132の合衆国を除いたどの国よりも多くの73の中国企業が含まれていた。しかし、インターブランドの2012年の100の「最高の地球規模ブランド」の一覧には、中国企業は一つも含まれていなかった。

しかしながら、新著『Brand Breakout』の中で、二人の学者ニルマルヤ・クマールとジャン=ベネディクト・スティーンカンプは、発展途上国の企業が迅速にブランディングの芸術を学んでいると論ずる。数少ない新興市場のブランドがすでに地球規模になっている。ヨーロッパでサッカーの試合を「エミレーツ」を網膜に焼き付けることなく見るのは難しい。さらに近づいているものもある。中国のハイアール〈白物家電〉チリのコンチャ・イ・トロ(ワイン)そしてブラジルのナチュラ〈美容品〉だ。発展途上世界の勃興によって包囲されると感じる西洋人は、依然として高価なブランド品の高地を保持していると考えて自身を慰める。しかし、新興市場の競争相手が彼らの軍馬に乗っており、破壊鎚を持っていることに、彼らは疑いを持っていなくて当然だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

情熱を消費する - ハラール事業

7月
31

ムスリムの消費者は、肉と金融についての伝統的な宗教的条件の先を見ている。楽しむときだ

「メッカとメディナでさえも、人々は肉体関係を持つ。」「称賛されるのを感じ、愛されるのを感じ、官能を感じる」とのスローガンの下で、同じ宗教の信者のために「官能の店」(「セックスショップ」ではないと彼は主張する)を経営するオランダ人ムスリムのアブデラジズ・アオラーは語る。アラビア語で「社会」を意味するEl-Asiraは、オンラインとアムステルダムの空港で販売する。売れ線商品には、マッサージオイルやランジェリーが含まれる。今年の売上は100万ユーロ(129万ドル)と予想される。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

呼び出された - 身分証明政治

6月
25

携帯電話を通じての追跡は、有罪のものも無罪のものも同じように怖がらせる

アメリカと英国では、前払い携帯電話か(携帯電話に番号を賦与する)SIMカードを持つには、ほとんど、もしくはまったく書類作業を必要としない。少額で、顧客は電話をし、メールを送り、インターネットに匿名でアクセスできる。利用者の名前と住所を登録するための努力は停滞している。プライヴァシーが、匿名電話がテロや犯罪の道具であるという主張に勝つのだ。

他の所では、人生はより厄介だ。中国やインドでは、販売に熱心が街路の売り子が時にそのルールを差し控えるが、電話とSIMカードの匿名販売は禁止されている。3月に、5つの大きなマレーシアの携帯電話会社が、政府IDをチェックすることなしに電話を顧客に売ったために、罰金を科された。アフリカと中東では、新しい法の波が、登録しなければ接続できなくなる危険があるので何百万人もがSIMカード登録のために列をなし、去年官僚的な面倒を惹き起こしている。UAE最大の携帯電話会社Etisalatが、130万の登録されていないカードを接続不能にしている。ケニアは少なくとも240万を遮っている。アフガニスタンからペルーまで、政府は取り締まっている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

中国からの稲妻

6月
24

中国周辺で、熱は上がり続けている

その勃興により平穏さが増すと考えている新興国にとって、中国は警告すべき数の前線で侵略ではないかと疑われることに従事している。インドは、合意された国境のないジャンムー・カシミール州のラダックを中国から分かつ「実効支配線〈LAC〉」のインド側19キロの所に、中国軍兵士がキャンプを立ち上げているという。日本は、中国の海洋監視船が毎日東シナ海の紛糾している尖閣諸島の周りをまわっていると報告する。そして4月26日に、中国はフィリピンに、いくつかの場合は何十年もそこに至りあったりする南シナ海のかなりの島や礁から「すべての国民や設備を引き揚げる」よう要求した。これらすべての事例で、中国はいくらかの正当性を持って挑発に反応しているのだと主張する。しかしながら、それは、ますます不安を持つ隣国にとって慰めとはならない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ソフトパワーはカネでは買えない - 中国外交

6月
10

中国の経済的強さは、アジアの他の所でのその人気に大きな貢献をしていない

中国の需要の触手は、今ではアジアの隅々にまで到達している。中国のスープに鳥の巣を供給する遠く離れたインドネシアの村の不似合いなほど豊富なツバメの巣、シンガポールのカジノ、かつては捨てられた鶏の足の市場を今見つけているインドの養鶏場、オーストラリアのピルバラとモンゴルのゴビに広がる広大な鉱山。中国はその地域にとって、市場としてだけではなく、輸出業者、投資家、建設業者、そして政府援助の素としても重要なのだ。

しかし、中国の経済力と、その経済がその地域に影響する多くの積極的な方法は、外交的な利点をもたらしていはいない。実に、その地域的な関係は過去20年間よりも悪い状態にあるのだ。日本との間では、彼らは争っている尖閣諸島についてとても悩んだままなので、武力紛争が深刻な可能性を持っている。東南アジアでは、南シナ海を巡る紛争でつながりは劣化している。ミャンマーは20年にわたって中国との友好関係を強化した後で、今ではその依存を減らすために西に向かって傾いている。インドとの関係は、商業関係の急速な増加にもかかわらず、相互不信に特色づけられたままだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

欠乏の角 - 絶滅危惧種の経済学

5月
29

サイ、象、トラ、そしてサメを危険にさらしているのは、アジアの伝統ではなく利潤動機だ

英領ビルマのアラカン(現在はミャンマーのラカイン州)の副委員長兼植民官のR.B.スマートが1917年に書いた中で、彼は現地のサイについて心配した。彼の「ビルマ地名辞典」は、その血と角が薬や催淫薬として大きく重んじられたと注記する。結果として「これらの動物は容赦なく狩られ、撃たれる。」その州はサイが依然としてかなりたくさんいるビルマの数少ない部分の一つだったが、「もし保全されなければ、近い将来にそれらは絶滅するだろう。」

スマートの懸念は、生物多様性よりもむしろ、「ヨーロッパのスポーツマン」が殺すための大動物の喪失のためのように見える。しかし、彼は正しかった。ミャンマーでサイが最後に野生で見られてからから長くたつ。かつてはヒマラヤのふもとまで東南アジアにわたって散らばっていたスマトラサイは、今ではインドネシアとマレーシアの数少ない孤立した場所に閉じ込められている。2011年の推計では、全世界で216頭だとしている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

マレーシア を購読