ボーイング

大西洋横断転換点 - 自由貿易協定

6月
11

アメリカとヨーロッパとの間の歴史的貿易協定は救済を必要とする

ちっぽけな政治の時代には、アメリカと欧州連合は何か大きなものを達成する可能性がある。一撃で世界貿易の1/3を自由化するだろう大西洋横断協定だ。新興国がイライラする西側に早く接近する時には、アメリカとEUを覆う自由貿易圏はより多くを提供するだろう。うまくすれば、それは、開放性、自由市場、自由な国民たち、そして国家資本主義の閉鎖的で管理された見通しに対する法の支配を好む大西洋横断経済モデルに錨をおろすことができる。

たった今、その協定は小さな考え方と相互疑念によって包囲され、困難を抱えている。これは狂気だ。自由貿易協定が、ホワイトハウスの西棟と同様にヨーロッパの大臣たちの支持をこれほど得たことはない。それは説得力のある論理に裏付けられている。しかし、支持者たちはまた、時が絶望的に短いことも知っている。この政治的な窓は、たった18か月で閉じるかもしれない、とその過程の中心にいるあるヨーロッパの高官は語る。これは、「タンク一つのガス」で迅速になされなければならない、とあるアメリカ人高官は語る。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

バッテリーは含まれていますか? - エネルギーの未来

3月
04

電気をためるより良い方法の追求が激しくなっている

シカゴのそばのレモントにあるアルゴンヌ国立研究所の産業化学者クリス・プペックは、空気中で力強く白い粉のチューブをふる。電池の調査で次の印象的な素材になる潜在性を彼の分析の仲間が調べるのには、ほんの一つまみあれば十分だ。しかし、プペック博士は一つまみを扱わない。彼の仕事は、潜在性が実用にかえられるかどうか、つまり光の性質をもった何かが安く大量にできるかどうかを見つけることだ。もしできるのならば、それは試験のために産業に渡される。望みは、少なくとも一つのチューブが革命を始めることだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ジェットグリーン - 新エネルギー

10月
03

飛行機会社が安く大量にあるバイオ燃料を必要とするので、その産業に規模拡大を強いている

8月のワシントンでの会議で、合衆国を含んだ17の国々は、2020年までに炭素中立的な成長を成し遂げるという航空産業の目標を再確認した。それは、飛行機旅行で炭素排出の問題を解決する今までのところもっとも野心的な努力だった。その目標に合わせるためには、エネルギー効率的な飛行機だけでは十分ではない。その産業はジェット機のためのバイオ燃料の新しくて安い素をより多く必要とするだろう。

ユナイテッド航空は、ヒューストンからシカゴに向かうコンチネンタルの運航するボーイング737-800で、バイオ燃料を使った最初の商業飛行を始めた11月に、その関与を示した。「一つの会社は年間に40億ガロンを超えるジェット燃料を使っているので、我々は指導的な消費者で、バイオ燃料市場を離陸させることに興味がある。ユナイテッドの持続可能性部門長ジミー・サマーティスは語る。「もし彼らがそれを生産できれば、我々はそれを使うことができる。それに価格競争力がある限りは。」

Posted By gno-eagrai 続きを読む

バイバイ、ビッグマン - メレス・ゼナウィのあとのアフリカの角

9月
09

そのもっとも有能な指導者の経歴からの、アフリカの最も困難を抱えた地域への教訓

幾つかの国は調和に苦しむ習慣を持っている。バルカンやコーカサスのように、アフリカの角の民族的に多様な国はしばしばお互いに影響を与える。エチオピア、スーダン、そしてソマリアはすべて内部紛争と国境をまたいだ無秩序にあふれている。今週の二つの歴史的な事件がその角の歴史に今新しい章を開くかもしれない。どちらもより大きな政治的開放と繁栄に向かった道を開きうるが、西側が正しい道に圧力をかければだ。

最初の事件は、記憶にある中で最初の議会を招集したソマリアで起こった。しばしば戦っているすべての地域と部族からの代表が、最近解放された首都のモガディシュで会った。彼らは今、不完全にしても競争的な投票で大統領を選ぶことを期待されている。全国選挙が次の議題だ。リスクがあるのは明らかだ。多くのソマリアの政治家は犯罪者だ。そして、最近まで国のほとんどを支配していたイスラム過激派民兵のシャバブは脅威のままだ。しかし、ソマリアは、たぶん、1991年にシアド・バーレを追放した後でそれが血なまぐさい戦いと頻繁な飢饉に身を落として以来、包括的な政府を見つける最善の機会だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

アウトソーシングをめぐる苦悩

8月
02

アウトソーシングは時にその価値よりも煩わしい

1928年に、フォードのリヴァー・ルージュ工場が完成したとき、原材料を完成車に変えるために必要な全てをそれは自慢した。そこには10万人の労働者、160万平方フィートの工場敷地、100マイルの鉄道軌道、そして自分の積荷場と炉があった。現在でもそれはまだフォード最大の工場だが、以前の栄光の影に過ぎない。ほとんどの部品は下請けによって作られ、工場の6,000の労働者はそれを単に組み立てるだけだ。鉄鉱炉はSevastalというロシア社によって運営されている。

外注は世界的ビジネスを変えてきた。過去数十年以上、フロアのモップがけからインターネットセキュリティの欠陥の発見まで全てにわかって会社は外注してきた。その部門を専門にする会社のTPIは毎年1,000億ドルの新しい契約がサインされていると推計する。オックスフォード・エコノミクスは、世界で最も成熟した経済の一つである英国では、10%の労働者がアウトソースの仕事で頑張って働き、企業は毎年2,000億ドルを外注に支出すると計算する。戦争すらも外注された。アメリカはアフガニスタンで正規軍以上の契約労働者を雇用した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

東に目を向けて - アフリカの飛行機会社

6月
22
アフリカを飛ぶのは簡単になっている
 
エアジンバブエを経営するのは簡単ではない。ロバート・ムガベ大統領がどこかに行きたいと思った時、彼は単にそのジェット機の一つから乗客を蹴り落とし、そして乗り込む。これは顧客関係や利益のためにはならない。先月、その飛行機会社は国際航空運送協会(IATA)の予約システムへの接続を、債務不払いによって一時停止された。しかし他のアフリカ地域では、空はかつてないほど混雑しており、飛行機会社はより効率的になっている。良いアフリカの飛行機会社は旧宗主国の巨人、ブリティッシュ・エアウェイズやエール・フランスと競争できる。新航路が毎月開かれている。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む
ボーイング を購読