ライラ・オディンガ

明るい新顔 - ケニアの新政府

6月
24

その国は見通しのある新しい政府を持つ、少しの例外とともに

ケニアの新政府が、その国の総選挙と大統領選挙のほとんど2か月後に、ついに発表された時、それはすがしがしく見慣れない見た目だった。はじめに、それは44の大臣から18に縮んだ。以前の権力を分け合った連立から古い退役兵の一団が去った。より明るい顔の一団がやって来て、その多くは事業界からだ。その中で、最も印象的なものは、世界貿易機関の将来の事務局長だと取りざたされていた元国連職員のアミナ・モハメドの外務大臣への任命だ。彼女は、その職に就いた最初の女性で、最初のソマリ族だ。さらに5人の女性が任命され、その中にはケニアの最初の女性国防大臣となるレイチェル・オマモが含まれる。

この、現地メディアのあだ名に従うと「専門家内閣」は、ケニアの新大統領ウフル・ケニヤッタが、ケニアが間もなく2ケタの経済成長を成し遂げるだろうと自慢するのを促した。その国が、その大陸の平均である5%から遅れているのを見ると、それは注目すべきだろう。ケニアシリングは選挙後の高値を維持しており、一方首都ナイロビの株式市場は上がっている。ある投資家の調査は、先月、ケニアをプライヴェートエクイティ取引でナイジェリアや南アフリカを越えて好まれたアフリカの国だとして強調した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

新たな中心は持続するのか? - ケニアの新大統領

4月
26

ウフル・ケニヤッタは慎重な楽観主義の波に乗って権力に就くが、彼がその新しい仕事で性交するつもりならば、彼はたくさんの国家的不足に取り組まなければならない

3月30日の簡潔な裁定で、ケニアの最高裁判事たちは、その月の初めに(ほかのものと一緒に)行われた大統領選挙が混沌とした集計に覆われた下で盗まれたと主張する嘆願を否決した。その国でもっとも豊かな男の一人、ウフル・ケニヤッタは、彼の父親ジョモが1964年からその14年後に亡くなるまで座った同じ執務室に4月9日に就任する。

敗者で立ち去る首相のライラ・オディンガは、選挙の指揮で彼が表現した「狼狽」にもかかわらず、裁判所の裁定を受け入れることによって、称賛を得た。オディンガ氏に投票した43%の多くが不当な扱いを受けたと感じているが、ほとんどのケニア人は2007年の前回の選挙を台無しにした広範囲にわたる暴力と混沌が幸いにも避けられたことに、みんなで救いのため息をついた。しかし、その国は、かなりが民族線に沿ってひどく分けられたままだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ケニヤッタが責任者に戻る - ケニアの大統領選挙

4月
14

その国でもっとも豊かで最大の民族集団キクユに率いられた連立は、ケニアの初代大統領の息子に権力をもたらしているが、法廷は彼に挑戦するかもしれない

1回目の勝者に投票の50%以上を要求する閾値をぎりぎり通過して、ウフル・ケニヤッタはケニアの次の大統領になる。1,230万票のなかで、彼は必要なものよりもたった8,000だけ多く得た。しかし、その競争はまだ完全に終わったわけではない。ケニヤッタ氏の主たる反対派の首相のライラ・オディンガは、43%を得て、「はびこる違法性」について不平を言う。最高裁は、ケニヤッタ氏が3月26日に就任できるか、またはその選挙が再び行われるか2回目の投票に行くかを決める。

今のところ壊れやすい平和が保たれている。オディンガ氏は共同体間暴力を引き起こすのを恐れて支持者たちに公にデモをしないよう言った。ひどく紛糾した2007年の終わりの前回選挙の後の2008年初めの暴動は、少なくとも1,300人の死者を残した。誰も報復を望んではいない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

そして、勝者は… - ケニアの政治

4月
10

もし選挙が二回目に突入すれば、事態はより混乱するかもしれない

3月4日の投票日は、多くが恐れたように始まった。いくつかの沿岸地区の警察は、なたを振り回す過激派によってなぶり殺しにされた。しかし、他の所では、時に何マイルも伸びる列に並んで待ち、何百万ものケニア人が新しい大統領と多数の他の地位に忍耐強く投票した。記事の印刷時点では、その国の独立後最初の大統領の息子ウフル(「自由」)・ケニヤッタがかなりリードしていた。

半分近くの投票が数えられ、首相のライラ・オディンガは10ポイントほど負けていた。もし数日間宣言されないだろう最終結果で、対立候補がもっと近くなったり、どちらの候補者も50%以上を得ず、ゆえに決選投票の必要が出てくれば、問題が起こるかもしれない。先頭走者は、一回目の落選者に投票した人々の票を激しく得ようとするだろう。

しかし、二回目の投票が行われる前に、両側の弁護士が無効票の数え方について議論するだろう。一時は6%にもなった異常なほど高い割合の投票が、かなりが、時には政府の高官によってすらも票が間違った箱に入れられたために、無効にされた。有権者は、新しい選挙制度の下ですべて同時に、国会と新たに定められた軍議会を含んだ6つの異なった政府の階層の代表を選んだ。驚くまでもなく、混乱した人もいた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

戦争のことを言うな - ケニアの選挙

3月
31

有権者は、あまりに近づいている大統領選挙中のトラブルへの準備ができている

金属シャッターが下り、食料の在庫は切れ、数週間分の衣類を詰めたみすぼらしいバッグがケニアの民族的にまじりあった首都のナイロビから北西の農業地帯へ続く道路の脇に並ぶ。「我々は選挙のためにここにいたくない。」ブリキと材木でできた家に鍵をかける両親を助ける15歳の少年は言う。隣人の中には、3月4日の大統領選と4月にあるかもしれない決選投票の後の暴力を恐れて、すでに立ち去ったものもいる。5年前の最後の選挙後に1,300人以上が亡くなり60万人が居場所をなくした部族衝突の後で戻っていないものもいる。彼らはほかの所で民族的飛び地に住み、2007年のカレンダーがまだ壁にかかった空の掘っ立て小屋を残している。

その当時、様々な民族集団が選挙結果について争い、彼らの指導者が全国統一政府の形成に合意するまでお互いに激しく襲いかかった。何人かのこの選挙の候補者は、5年前の暴力を組織化したとして告発され、ハーグの国際刑事裁判所(ICC)によって起訴されている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

依然としてあまりに部族主義的だ - ケニアの政治

6月
27
ケニア人たちは、来年の選挙に向けて準備を整え始めるにつれ、イライラしている
 
ケニアの首都ナイロビから車で北に30分のところにあるリムルで、理想主義の集団が政治的集会を開こうとして、自分たち自身を「愛国者」とか「民族主義者」とか呼ぶとき、彼らは最後には実弾や催涙弾を発砲する警察により森に追われている。警察は、彼らを「危険」で「犯罪的」だとしている。組織者の重大な過ちは、大衆に彼らが自分自身の民族集団から出ている人に投票する義務はないということを教えたことだった。
 
話し手の中には、初めて政治に関与したビジネスマンのングンジリ・ワンブグがいた。彼が説明するには、ケニアの事業環境は、部族間の争いによって難しくなっているからだという。「部族の考え方からケニアの考え方」への道に沿って、人々を説得する時だ、と彼は語る。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

不安の中の進展 - ケニア

8月
04

ケニアはうまくやっているが、危険はまだ水面下に潜んでいる

ケニアほど去年大きく進歩したアフリカの国はほどんどない。新憲法はより高い水準を要求している。多くの省庁はより良くやっている。政治家はよりおおやけに説明するようになった。メディアは活気があり、しばしば落ち着いている。麻薬に関わっていると疑われた高位の人々は指を指される。国会議員を辱めて税金を払わせる戦略が進行中だ。首相のライラ・オディンガは、最近、わざわざ税務署で普通の人が税金を払う列に並んだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
ライラ・オディンガ を購読