ウィリアム・ルト

さあ、ショータイムだ - ケニアと国際法廷

1月
19

ケニアの大統領ウフル・ケニヤッタとその副大統領ウィリアム・ルトの審理は、国内と国外での司法と政治的安定に影響しうる

ケニアを内戦の間際に導いた暴力的な選挙の5年後に、申し立てられた指導的犯罪者の何人かがついに審理にかけられている。9月10日の、その最初のものは、3月に副大統領に選ばれたカレンジン族の指導者であるウィリアム・ルトだ。1か月か2か月後に、彼の上司であり、別に審理にかけられる、キクユ族の指導者であるウフル・ケニヤッタ大統領の番が来るだろう。

その二人の男たちは、たっぷり1,300人の死者を出した2008年初めのお互いの共同体を民族浄化と殺人の活動で対抗したことで、告訴されて裁判を受ける。しかし、彼らは、幾分かは審理されているハーグの国際刑事裁判所(ICC)に対して民族的そして部族的感情をかきたてることによって、この3月に行われた議会と大統領選挙に勝つために、去年手を組んだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

新たな中心は持続するのか? - ケニアの新大統領

4月
26

ウフル・ケニヤッタは慎重な楽観主義の波に乗って権力に就くが、彼がその新しい仕事で性交するつもりならば、彼はたくさんの国家的不足に取り組まなければならない

3月30日の簡潔な裁定で、ケニアの最高裁判事たちは、その月の初めに(ほかのものと一緒に)行われた大統領選挙が混沌とした集計に覆われた下で盗まれたと主張する嘆願を否決した。その国でもっとも豊かな男の一人、ウフル・ケニヤッタは、彼の父親ジョモが1964年からその14年後に亡くなるまで座った同じ執務室に4月9日に就任する。

敗者で立ち去る首相のライラ・オディンガは、選挙の指揮で彼が表現した「狼狽」にもかかわらず、裁判所の裁定を受け入れることによって、称賛を得た。オディンガ氏に投票した43%の多くが不当な扱いを受けたと感じているが、ほとんどのケニア人は2007年の前回の選挙を台無しにした広範囲にわたる暴力と混沌が幸いにも避けられたことに、みんなで救いのため息をついた。しかし、その国は、かなりが民族線に沿ってひどく分けられたままだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

古いキクユブロックのそぎ落とし - ウフル・ケニヤッタ

4月
14

ウフル・ケニヤッタは自分の意思を持っている人間だとケニア人を説得している

ケニアの最初のテレビ放送された大統領選挙討論の目新しさは、ウフル・ケニヤッタに投げられたぎこちない質問の光景だった。前回の選挙の間に犯された人道に対する罪に直面しているハーグの国際刑事裁判所の被告席から、彼がいかにその国を運営するのか?そしてただ、彼がどれだけの土地を持っているか?アメリカの私立大学アムハーストで得た落ち着いた大西洋の向こう側の調子で、彼は、必要ならばヴィデオ会議を使うだろうし、土地の広さについては正確なところはわからないと言った。そのようなあいまいな返答にもかかわらず、ほとんどの世論調査は、討論での彼の成果は彼に穏やかな押上げを与えたといった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ケニヤッタが責任者に戻る - ケニアの大統領選挙

4月
14

その国でもっとも豊かで最大の民族集団キクユに率いられた連立は、ケニアの初代大統領の息子に権力をもたらしているが、法廷は彼に挑戦するかもしれない

1回目の勝者に投票の50%以上を要求する閾値をぎりぎり通過して、ウフル・ケニヤッタはケニアの次の大統領になる。1,230万票のなかで、彼は必要なものよりもたった8,000だけ多く得た。しかし、その競争はまだ完全に終わったわけではない。ケニヤッタ氏の主たる反対派の首相のライラ・オディンガは、43%を得て、「はびこる違法性」について不平を言う。最高裁は、ケニヤッタ氏が3月26日に就任できるか、またはその選挙が再び行われるか2回目の投票に行くかを決める。

今のところ壊れやすい平和が保たれている。オディンガ氏は共同体間暴力を引き起こすのを恐れて支持者たちに公にデモをしないよう言った。ひどく紛糾した2007年の終わりの前回選挙の後の2008年初めの暴動は、少なくとも1,300人の死者を残した。誰も報復を望んではいない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

そして、勝者は… - ケニアの政治

4月
10

もし選挙が二回目に突入すれば、事態はより混乱するかもしれない

3月4日の投票日は、多くが恐れたように始まった。いくつかの沿岸地区の警察は、なたを振り回す過激派によってなぶり殺しにされた。しかし、他の所では、時に何マイルも伸びる列に並んで待ち、何百万ものケニア人が新しい大統領と多数の他の地位に忍耐強く投票した。記事の印刷時点では、その国の独立後最初の大統領の息子ウフル(「自由」)・ケニヤッタがかなりリードしていた。

半分近くの投票が数えられ、首相のライラ・オディンガは10ポイントほど負けていた。もし数日間宣言されないだろう最終結果で、対立候補がもっと近くなったり、どちらの候補者も50%以上を得ず、ゆえに決選投票の必要が出てくれば、問題が起こるかもしれない。先頭走者は、一回目の落選者に投票した人々の票を激しく得ようとするだろう。

しかし、二回目の投票が行われる前に、両側の弁護士が無効票の数え方について議論するだろう。一時は6%にもなった異常なほど高い割合の投票が、かなりが、時には政府の高官によってすらも票が間違った箱に入れられたために、無効にされた。有権者は、新しい選挙制度の下ですべて同時に、国会と新たに定められた軍議会を含んだ6つの異なった政府の階層の代表を選んだ。驚くまでもなく、混乱した人もいた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

依然としてあまりに部族主義的だ - ケニアの政治

6月
27
ケニア人たちは、来年の選挙に向けて準備を整え始めるにつれ、イライラしている
 
ケニアの首都ナイロビから車で北に30分のところにあるリムルで、理想主義の集団が政治的集会を開こうとして、自分たち自身を「愛国者」とか「民族主義者」とか呼ぶとき、彼らは最後には実弾や催涙弾を発砲する警察により森に追われている。警察は、彼らを「危険」で「犯罪的」だとしている。組織者の重大な過ちは、大衆に彼らが自分自身の民族集団から出ている人に投票する義務はないということを教えたことだった。
 
話し手の中には、初めて政治に関与したビジネスマンのングンジリ・ワンブグがいた。彼が説明するには、ケニアの事業環境は、部族間の争いによって難しくなっているからだという。「部族の考え方からケニアの考え方」への道に沿って、人々を説得する時だ、と彼は語る。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

不安の中の進展 - ケニア

8月
04

ケニアはうまくやっているが、危険はまだ水面下に潜んでいる

ケニアほど去年大きく進歩したアフリカの国はほどんどない。新憲法はより高い水準を要求している。多くの省庁はより良くやっている。政治家はよりおおやけに説明するようになった。メディアは活気があり、しばしば落ち着いている。麻薬に関わっていると疑われた高位の人々は指を指される。国会議員を辱めて税金を払わせる戦略が進行中だ。首相のライラ・オディンガは、最近、わざわざ税務署で普通の人が税金を払う列に並んだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
ウィリアム・ルト を購読