ウフル・ケニヤッタ

さあ、ショータイムだ - ケニアと国際法廷

1月
19

ケニアの大統領ウフル・ケニヤッタとその副大統領ウィリアム・ルトの審理は、国内と国外での司法と政治的安定に影響しうる

ケニアを内戦の間際に導いた暴力的な選挙の5年後に、申し立てられた指導的犯罪者の何人かがついに審理にかけられている。9月10日の、その最初のものは、3月に副大統領に選ばれたカレンジン族の指導者であるウィリアム・ルトだ。1か月か2か月後に、彼の上司であり、別に審理にかけられる、キクユ族の指導者であるウフル・ケニヤッタ大統領の番が来るだろう。

その二人の男たちは、たっぷり1,300人の死者を出した2008年初めのお互いの共同体を民族浄化と殺人の活動で対抗したことで、告訴されて裁判を受ける。しかし、彼らは、幾分かは審理されているハーグの国際刑事裁判所(ICC)に対して民族的そして部族的感情をかきたてることによって、この3月に行われた議会と大統領選挙に勝つために、去年手を組んだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

遅れたが、手ぶらではない - アフリカのバラク・オバマ

9月
07

アメリカの大統領は、4年たってからその父の大陸を訪れる

アフリカ人たちは、少なくともヨーロッパの探検者が、派手な陶磁器類や蔵書すらも満たしたトランクをたくさん持った荷物持ちの長い列の先頭で、サヴァンナをだらだら歩いて以来、大きな随員たちを連れ異国風の荷物を持った訪問者たちに慣れている。しかし、バラク・オバマが6月26日にアフリカに足を踏み入れる時、彼はさらによいことをするだろう。病気になったとき用の最高水準の病院を備えた軍艦が最初のアフリカ系アメリカ人の最高司令官に同行し、ジェット戦闘機が止まることなく空を警護し、3台のトラックが彼の寝るホテルへの防弾ガラスを運ぶ。しかし、チーターやライオンに対して狙撃種を雇うことに高官の木が進まなかったので、大統領のサファリはキャンセルされた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

歴史の下に線を引く - ケニアと英国

8月
22

旧宗主国はある種の謝罪をしている、しかし誰が本当に利益を得ているのか?

独立の歌が歌われ、古い杖が波打ち、英国のケニア代表が、1950年代の植民地支配に対するマウマウ団の乱の間にケニア人が虐待されたことについての遺憾の意を表すのに、堂々とスワヒリ語でいくつかの言葉を思い切って使った。英国が6月6日に植民地時代の虐待について注意深く調整された譲歩をした時、それらの言葉のどれもスワヒリ語での謝罪の言葉ではなかった。英国は、反乱の間に拘束された9万のケニア人の何人かへの虐待についての責任を公式には認めていない。提案された補償は、英国民が本国での似たような虐待から期待されるだろう支払いと比べて、穏やかだ。

5,000人以上のマウマウの退役兵たちは、その中の何人かはケニアの首都ナイロビに集まったのだが、公式発表では、それぞれが約4,000ドル受け取った。植民地の役人によって去勢された後に子供を持たなかった現在82歳のワムトウェ・ンガウは、そのカネは「大したことはない」が、謝罪は受け入れる価値がある、と語った。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

自分の足を撃つ - 50歳のアフリカ連合

8月
11

国際司法をバカにすることは、その大陸の勃興を妨げるかもしれない

その大陸中からの国家元首が、アフリカ連合とその前身のアフリカ統一機構の50回目の誕生日を祝って、エチオピアの首都アディスアベバに5月27日に集まった。彼らは、何十年も前に彼らが協力すると想定されたことをいかによくやったかを祝い、それからハーグの国際刑事裁判所への一斉攻撃の火ぶたを切ることによって物事に少し風味を添えた。現在その連合の議長を務めるエチオピアの首相ハイレマリアム・デサレンに率いられて、彼らは様々にその裁判所を人種差別でアフリカ人を「狩っている」と非難した。

それが11年前に運営を始めて以来、その裁判所がほかのどの大陸よりもアフリカに注意を払っているということは事実だ。しかし、それは、その大陸がちょうど過剰な恐ろしい内戦を経験しており、その司法制度が全体として最も堅固でないためだ。その騒ぎに出席した大統領のうち二人がその裁判所に狙いを定められている。スーダンのオマル・アル=バシルは人道に対する罪で指名手配されており、ケニアの最近選ばれた大統領ウフル・ケニヤッタは似たような罪で今年の終わりに審理に立ちはじめる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

パイプラインのポーカー - ケニア、南スーダン、そしてウガンダ

7月
30

東アフリカはその新たに見つかった石油の富を投げ捨てている危険にある

去年の3月に、ケニア、エチオピア、そして南スーダンの元首たちは、これらの国全てのために仕え、大きく彼らを豊かにするだろう、全部で160億ドルかかる港と石油パイプラインの建設を始めるために、インド洋に面したケニアの町のラムのマングローヴの間で、会った。地元の役人によると、実際には4,000ドルしかかからなかった祝いの食事のために、納税者は35万ドル請求されたという。今のところ、とても利益が上がっている。しかし、それ以来ほとんど何も起こっていない。パイプライン建設の計画は停滞している。

ウガンダ大統領ヨウェリ・ムセヴェニのその立ち上げへの欠席は、すべてがうまく行ったわけではなかった最初の手掛かりだった。ウガンダは最近アルバート湖沿いで35億バレルの石油を発見した。それは、その地域の新しい油田をつなぐどんなパイプライン計画の一部にもなるべきだ。石油はまた、湖の反対側のコンゴでも見つかっている。そしてケニアの国境をまたいで、探査は見通しがあるようだ。ロンドン上場会社のタロー石油は、試井から1日281バレル(b/d)を汲み上げているという。近くのエチオピアも猛烈に探査している。すでに石油を生産している南スーダンは、ケニアとの国境沿いに更に多くの大きな油田を見つけることを望んでいる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

明るい新顔 - ケニアの新政府

6月
24

その国は見通しのある新しい政府を持つ、少しの例外とともに

ケニアの新政府が、その国の総選挙と大統領選挙のほとんど2か月後に、ついに発表された時、それはすがしがしく見慣れない見た目だった。はじめに、それは44の大臣から18に縮んだ。以前の権力を分け合った連立から古い退役兵の一団が去った。より明るい顔の一団がやって来て、その多くは事業界からだ。その中で、最も印象的なものは、世界貿易機関の将来の事務局長だと取りざたされていた元国連職員のアミナ・モハメドの外務大臣への任命だ。彼女は、その職に就いた最初の女性で、最初のソマリ族だ。さらに5人の女性が任命され、その中にはケニアの最初の女性国防大臣となるレイチェル・オマモが含まれる。

この、現地メディアのあだ名に従うと「専門家内閣」は、ケニアの新大統領ウフル・ケニヤッタが、ケニアが間もなく2ケタの経済成長を成し遂げるだろうと自慢するのを促した。その国が、その大陸の平均である5%から遅れているのを見ると、それは注目すべきだろう。ケニアシリングは選挙後の高値を維持しており、一方首都ナイロビの株式市場は上がっている。ある投資家の調査は、先月、ケニアをプライヴェートエクイティ取引でナイジェリアや南アフリカを越えて好まれたアフリカの国だとして強調した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

歴史的な髪 - ケニア

4月
30

マウマウの女性退役兵は新たな秩序を嘆く

ムソーニ・ワ・キリマが1963年のケニアの独立を学んだ時、彼女は依然として森の中で生活していた。彼女は、その10年前の英国植民地当局に対するマウマウ団の乱が始まってから、そこにいたのだ。誰も彼女や少数の彼女のみすぼらしい仲間たちに、その戦いが終わったと教えなかった。ほとんどのマウマウ反乱軍は1956年までに無残に鎮圧された。しかし、中核派は戦い続けた。

マウマウの元帥の地位を与えられたたった一人の女性と言われる彼女は、ケニアの独立後初代の指導者のジョモ・ケニヤッタに会うために招待された。最初、彼は彼女がその期間中ずっと森の中にいたと言ったのを冗談だと思った。しかし、彼女は隠れていた間伸ばしっぱなしにしていたドレッドロックを解くことによって、彼を説得した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

新たな中心は持続するのか? - ケニアの新大統領

4月
26

ウフル・ケニヤッタは慎重な楽観主義の波に乗って権力に就くが、彼がその新しい仕事で性交するつもりならば、彼はたくさんの国家的不足に取り組まなければならない

3月30日の簡潔な裁定で、ケニアの最高裁判事たちは、その月の初めに(ほかのものと一緒に)行われた大統領選挙が混沌とした集計に覆われた下で盗まれたと主張する嘆願を否決した。その国でもっとも豊かな男の一人、ウフル・ケニヤッタは、彼の父親ジョモが1964年からその14年後に亡くなるまで座った同じ執務室に4月9日に就任する。

敗者で立ち去る首相のライラ・オディンガは、選挙の指揮で彼が表現した「狼狽」にもかかわらず、裁判所の裁定を受け入れることによって、称賛を得た。オディンガ氏に投票した43%の多くが不当な扱いを受けたと感じているが、ほとんどのケニア人は2007年の前回の選挙を台無しにした広範囲にわたる暴力と混沌が幸いにも避けられたことに、みんなで救いのため息をついた。しかし、その国は、かなりが民族線に沿ってひどく分けられたままだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

古いキクユブロックのそぎ落とし - ウフル・ケニヤッタ

4月
14

ウフル・ケニヤッタは自分の意思を持っている人間だとケニア人を説得している

ケニアの最初のテレビ放送された大統領選挙討論の目新しさは、ウフル・ケニヤッタに投げられたぎこちない質問の光景だった。前回の選挙の間に犯された人道に対する罪に直面しているハーグの国際刑事裁判所の被告席から、彼がいかにその国を運営するのか?そしてただ、彼がどれだけの土地を持っているか?アメリカの私立大学アムハーストで得た落ち着いた大西洋の向こう側の調子で、彼は、必要ならばヴィデオ会議を使うだろうし、土地の広さについては正確なところはわからないと言った。そのようなあいまいな返答にもかかわらず、ほとんどの世論調査は、討論での彼の成果は彼に穏やかな押上げを与えたといった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ケニヤッタが責任者に戻る - ケニアの大統領選挙

4月
14

その国でもっとも豊かで最大の民族集団キクユに率いられた連立は、ケニアの初代大統領の息子に権力をもたらしているが、法廷は彼に挑戦するかもしれない

1回目の勝者に投票の50%以上を要求する閾値をぎりぎり通過して、ウフル・ケニヤッタはケニアの次の大統領になる。1,230万票のなかで、彼は必要なものよりもたった8,000だけ多く得た。しかし、その競争はまだ完全に終わったわけではない。ケニヤッタ氏の主たる反対派の首相のライラ・オディンガは、43%を得て、「はびこる違法性」について不平を言う。最高裁は、ケニヤッタ氏が3月26日に就任できるか、またはその選挙が再び行われるか2回目の投票に行くかを決める。

今のところ壊れやすい平和が保たれている。オディンガ氏は共同体間暴力を引き起こすのを恐れて支持者たちに公にデモをしないよう言った。ひどく紛糾した2007年の終わりの前回選挙の後の2008年初めの暴動は、少なくとも1,300人の死者を残した。誰も報復を望んではいない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

ウフル・ケニヤッタ を購読