東アフリカ共同体

私の方法でそれをする - エチオピアとケニア

4月
05

二つのまさに反対の経済モデルの間でのイデオロギー的な競争

メテマでの到着ターミナルでエチオピア国境警備がすべてのパスポートを手書きの望ましからぬ人物リストとあわせ、それらをはじき出す。ここは、国家がもっともよく知っている国だ。それは、訪問者にとって面倒かもしれないが、それはエチオピアをアフリカの開発の星の一つにしている。国境から離れる新たに建設された道路は、コーヒーについてエチオピアで二番目に大きな輸出品のゴマの集約的な畑に囲まれている。収穫された茎の黄金の束が、小川の脇の畑に置いてある。ボブ・ゲルドフがその国について「かつてなにも育ったことがなく/雨も降らず川も流れず/彼らは今がクリスマスの時期だって知っているのだろうか?」と歌った飢饉に襲われた1984年から長くたった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

動きだせ - アフリカの交通

3月
15

アフリカの過熱する経済は現代的な交易路を必要としている

飛行機に乗ったり海洋に乗り出したりすることがなければ、北アフリカから大陸のほかの部分へのたった一つのかなり安全な通路は、サハラの東の縁の湖の上の週に1本のフェリーだ。広大な砂漠を渡る数少ない道路は、壊れているか誘拐者が横行しているかのどちらかだ。だから、毎週月曜日の朝、大勢のターバンを巻いた移民の一群が、ナイルが堰き止められた部分であるナセル湖にある南部エジプトの町アスワンのコンクリートの埠頭に、北スーダンのワディ・ハルファへの500キロの夜行の旅のために、列をなしている。彼らはカイロから絨毯を、トリポリから梱包した冷蔵庫を、そしてアルジェで稼いだ賃金で買った自転車を持っている。すべては30メートルの長さの良い船のシナイの白い鉄の船体に積まれ、そのエンジンの周り、階段、救命ボートの下、そしてその中といったすべての表面はカバン、荷物、そして箱でおおわれている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

縁に近づいている - スーダン対南スーダン

5月
06
スーダンと南スーダンはどちらも戦う余裕のない戦争に向かってじりじり進んでいる
 
軍事増強は、二つのスーダンの紛糾中の国境のほんの数マイル南にあるルブコナのバラックで直接目の当たりにできる。それはふつう、南スーダン軍の第4師団だけの本拠だが、マシンガンを満載し第6師団のロゴの入ったピックアップトラックが影を落とし、第2師団が訪れた記者たちにショーを催している。どちらの部隊も普通ははるか南に拠点を置いている。朝早くに行進する兵士たちの息が酒臭い。軍の幕僚長や軍事諜報副部長を含んだ将軍たちは最新の出来事を議論している。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

太陽は明るく輝く - アフリカの有望な経済

12月
12
その大陸の印象的な成長は続きそうに見える
 
オプラ・ウィンフリーは30億ドルの富によってアメリカでもっとも裕福な黒人の地位を何年も守ってきた。しかし、彼女はもはや世界でもっとも裕福な黒人ではない。その名誉は今ではナイジェリアのセメント王のアリコ・ダンゴートのもとへ行った。批判者は彼があまりにその国の汚れた政治的階級に近すぎると不平を言う。にもかかわらず、彼の100億ドルの富は稼いだもので、着服したものではない。ダンゴート・グループは1977年に小さな貿易会社として始まった。それは、建設と同様、砂糖から運輸に至るまで手を広げた汎アフリカ的な複合企業になり、しかもそれは実業で略奪的な詐欺師ではない。
 
正統的な独立独行のアフリカの億万長者たちは希望の先駆者だ。数こそ少ないが、彼らはより一般的になっている。彼らはどれほどアフリカが進歩したかの実例となり、その高成長率が続くかもしれないと信じる理由を与える。その大陸の地中海沿岸の政治が今年の見出しを独占したかもしれないが、サハラの南の新しい好況はより多くの生活に影響する。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

不安の中の進展 - ケニア

8月
04

ケニアはうまくやっているが、危険はまだ水面下に潜んでいる

ケニアほど去年大きく進歩したアフリカの国はほどんどない。新憲法はより高い水準を要求している。多くの省庁はより良くやっている。政治家はよりおおやけに説明するようになった。メディアは活気があり、しばしば落ち着いている。麻薬に関わっていると疑われた高位の人々は指を指される。国会議員を辱めて税金を払わせる戦略が進行中だ。首相のライラ・オディンガは、最近、わざわざ税務署で普通の人が税金を払う列に並んだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ペースをあげている - シャーレの中の経済:ケニア

5月
26

どのようにケニアは成長率をあげることができるのか

ケニアはジェットコースターに乗ってきた。21 世紀の最初の数年間は、その経済は他のアフリカ諸国と同じように、過去30年のどの点よりも早く成長した。しかし、2008年と2009年には成長は停滞した。一つの理由は、紛糾した大統領選によって起こった広い範囲での部族間暴力であり、また、世界的金融危機も被害を増やした。新憲法は(壊れやすい)政治的安定を固め、産出増は2010年には地域の平均よりも高い5.6%になった。2010年の成長予測は大体5%となっている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
東アフリカ共同体 を購読