ロールス・ロイス

発見の旅 - 海洋技術

7月
27

新技術は船をより多目的に、効率的に、そしてよりきれいにもできる

北の男たちがヨーロッパの修道院や村々を荒らしまわった時代、ノルウェーの船大工は船舶建築の最前線にいた。彼らは今でもそうだ。ノルウェーは海洋革新の重要な中心であり、いくつかの外国の会社はそこで営業もしている。そのようなものの一つはロールスロイスの海洋部門で、オーレスンに本社を置く船会社のファースタッドと船大工のSTX OSVと協力している。彼らの努力の結果は、Far Solitaireで、海運をより安全に、きれいに、そして安くする海洋技術が充満している、新しい階級の船の最初のものだ。

Far Solitaireは、北海の石油ガス産業のためのプラットフォームを提供する船として設計されている。これは、その船が大きな船ではないことを意味する。それは(典型的なコンテナ船の1/3の長さである)91メートルの長さで、載貨重量5,700トン、そして約7,000万ドルをかけて作られた。しかし、それに使われている革新のいくつかは、すべての大きさの船に応用できて当然だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

名前がなんだ? - 評判管理

5月
04

なぜ会社はその評判について少ししか心配すべきではないのか

人々は、歴史始まって以来評判について議論してきている。聖書は、「よい名前は大金持ちよりもむしろ選ばれるべきで、愛は金銀よりも好まれるべきものだ。」評判を現実的ではないとして退ける者もいる。エイブラハム・リンカーンの言葉では「影」、ジェームズ・ローウェルに言わせれば、「不確かな名誉」だ。シェークスピアは、両方の側に素材を提供した。カシオは評判を「自分自身の不死の部分」と表現した一方で、イアゴはそれを「しばしばメリットがなく理由なく失われる、怠惰で最も間違った押しつけ」だとして退けた。

現在の経営理論産業には、そのようなあいまいな言葉遣いのための時間がない。その初心者にとって、評判もしくは少なくとも法人に関してのそれは、「競争優位」を得るために「テコ入れ」されるべき「戦略的資産」、「悲観的なニュース」に対してあなたを守るために要求される「安全緩衝帯」、そして「利害関係者共同体に関与する」ことによって増やすことができうる「組織的資本」の蓄積だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

第3の産業革命

4月
30

製造業のデジタル化は、物を作るやり方を変え、職の政治もまた変える

最初の産業革命は、繊維産業の機械化により、18世紀の後半に英国で始まった。以前はたくさんの織子の家で骨折って行われていたことは、一つの綿加工場に集められ、工場が生まれた。第2の産業革命は、ヘンリー・フォードが動く組み立てラインを習得し、大量生産の時代の先導役をした20世紀の初めにやってきた。最初の二つの産業革命は、人々を豊かにし、より都市化を進めた。今、第3の産業革命が進行中だ。製造業はデジタル化している。これは事業だけを変えるのではなく、ほかの多くのことも変える。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

二つの産業の物語 - 製造業

8月
08

北東ミッドランドの町の二つの隣り合った工場の対照は、どのように英国の製造業が繁栄できるかということを示唆している

Posted By gno-eagrai 続きを読む
ロールス・ロイス を購読