ビル・ゲイツ

怠惰さを賞賛して

12月
11

ビジネスマンは少ししかせずにより考えていたら、より豊かになっていただろう

いかにして我々がより多くでき、またしなければならないかを教える経営論者は終わることなく供給される。シェリル・サンドバーグは、女性たちに前に進みたいのならば「のめりこむ」よう促す。ジョン・バーナードは「現在のスピードでのビジネス」を行うよう息つく間もなく助言する。

マイケル・ポートは営業マンに、いかに「自身を実質的にするよう予定する」かを説く。そしてあなたが自分自身のためにいくらかの時を取っておくことができたかもしれないのに、と考えるときのために、キース・フェラッツィは「一人で食事をとるな」と警告する。

しかし、ビジネスの世界で最も重要な問題は、少なすぎることではなく、多すぎることだ。多すぎる動揺と中断、形式のためにするあまりに多くのこと、そして全体的に多すぎる忙しさだ。オランダ人は、余計な会議が最大の時間の無駄だと信じている節がある。彼らは「会議病」について話す。しかし、マッキンゼー・グローバル・インスティテュートによる去年の研究は、それが電子メールだと示唆する。それは、高度な技術を持った事務職が、毎日の労働時間の1/4以上をメールを書くのと返信するのに費やしていることを見つけたのだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ついに人気を博している - 教育技術

9月
09

新技術がアメリカの学校を、それから世界の学校を混乱させるとみられている

シカゴのサウスサイドの小さな学校で5-6歳の年齢の40人の子供たちが静かに座って教室で学んでいる。それぞれの前には、リーディング・エッグスと呼ばれるソフトウェアが走っているコンピューターがある。短い物語を読んでいるものもあれば、学んでいる言葉で文章を作っているものもいる。最も遅れているものは、空を飛んでいるすべての大文字と小文字のBSを攻略している。彼らがそれぞれの仕事を終えるにつれ、彼らは読み書きでどれだけ進んでいるかを示す漫画の地図を進む。道に沿って、彼らはゲーム内の分身の邸宅に家具を備え付けるための道具のようなものを買うのに使うことができる卵を集める。時々、ある子どもは、二人の監督教師のうちの一人とともに、予定された読書時間を過ごす。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

E-教育 - 教育と技術

9月
09

長く遅れていた技術的革命が、ついに進み始める

「人間の知識のすべての枝を動画で教えることは可能だ。」トーマス・エジソンは1913年に観察し、本が教室で間もなく時代遅れになるだろうことを予言した。実際には、動画は教育にほとんど影響を持っていない。最近まで、同じことがコンピューターにも当てはまった。1970年代以来、シリコンヴァレーの夢想家が彼らの産業が教室を事務所と同じくらい根本的に変えるだろうと主張し、その裏でたくさんの技術を学校に売っている。子供たちは調査、論文制作、そしておしゃべりにコンピューターをつかう。しかし、その制度の中核は中世以来ほとんど変わっていない。「舞台上で賢明な」教師が、学生の列に、「授業」をとうとうと弁ずるのだ。トム・ブラウンとハックルベリー・フィンは、それを瞬時に、そして震えて認識するだろう。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

良いことが多すぎる

8月
19

指導者は自分たちの強さに気づくことを学ぶ必要がある

その強みのほとんどを利用しようとすることは指導者たちにとって全く当然のことだ。比較優位の理論は、国や企業と同じように、人々を得意なことに集中するよう方向づける。経営専門家は、マーカス・バッキンガムとドナルド・クリフトンによる『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす:Now Discover Your Strength』と呼ばれる最近のベストセラービジネス本のように、同意する傾向にある。ビジネススクール(や実にビジネスコラムニストも)が社長たちの人物像を描き出すとき、彼らはしばしば多いことが良いことだと推測する。しかし、これは正しいのか?3冊のより最近の本がいくらかの疑問を表す。『Fear Your Strengths』の中で、ロバート・カプランとロバート・カイザーは、「あなたが最もよくできることは、あなたの最大の問題になりうる」と論ずる。強さはいじめになりうるし、決断力は強情さに変わりうるし、礼儀正しさや優しさは優柔不断に発展しうるのだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

甘くなった慈善活動 - 慈善と税制

6月
24

国家が良い理由での贈与に補助金を出すべきだという考えは活発だが、簡単には正当化できない

「それは心で生まれるべきだ。」英国の大蔵大臣は予算演説で下院に語った。「どんな場合でも、控除はBの負担でAを助けることを意味するのだ。」これは、まったく、慈善団体に益をもたらす税控除をなくそうという彼の主張の真ん中にあるものだ。「それは公平ではない。」彼は続けた。その妻子を養うために働いている「一家の父たち」に、高い税率の形で費用を課すことについてだ。控除によって奨励された贈与は、豊かな贈与者に「そうでなければ享受することができなかっただろう」「信用と評判」をもたらすために、かなり設計されているので、これはなお一層重要だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

富の福音を広げる - 慈善事業

5月
30

アメリカの億万長者ギヴィング・プレッジは運動を作っている

35人の億万長者と多くの配偶者が、高級なバカラリゾートでの密室会議に入るために、5月9日のサンタ・バーバラ空港にはいつもにもましてプライヴェート・ジェットが着陸した。その中には、ウォーレン・バフェット、ビル・ゲイツといった二人のアメリカでもっとも豊かな男たち、メリンダ・ゲイツ、テッド・ターナー、スティーヴ&ジェーン・ケースや、ペイパルの創業者エロン・マスク、イーベイの創業者ピエール・オミダイヤといった40代の若者もいた。彼らの使命は、より良い慈善家になるためにお互い助け合うことだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

起業する年配者

3月
06

新しい事業を始めるのは、たとえ今ではそう見えるにしても、若者の専権事項ではない

「スーツを着たなまけもののやつ」は、レナード・コーエンが自分でその最新アルバム「Old Ideas」を表現したものだ。コーエン氏は確かに、ステージの内外でスーツを着るのが大好きだ。しかし、怠け者は少し厳しいようだ。彼は、その生まれ故郷カナダでの普通の退職年齢を12年超えた77歳だ。しかし、彼がギターを置く兆候は無い。彼は2008-10年をツアーに費やし、その75歳の誕生日をバルセロナでのステージで迎えた。「Old Ideas」は広い賞賛を勝ち取った。コーエン氏は、次のアルバムのためにたくさんの曲を書いたという。

1960年代に、ポップは若者の仕事だった。ザ・フーは歳老いる前に死にたいと望んだ。ボブ・ディランは、「やせっぽちのバラード」でジョーンズ氏のような中年の堅物を叱った。しかし、今では年齢は成功への何の障害にもなっていない。ローリング・ストーンズは60代になっても依然としてツアーに出ている。ボブ・ディランは、声はともかくとしても、その作曲能力はそのまま生き延びている。ポール・マッカートニー卿は歌い続けている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

熱い熱帯地方 - 忘れ去られた熱帯の病気

2月
13

世界で最も不快な病気は時期遅れの注意をひいている

世界的な保健運動は壮大な目標を好む。1月30日にビル・ゲイツは、世界保健機関(WHO)の長、13の製薬会社の重役たちなどと合流し、2020年までに10億人以上の人々を悩ます世界の10のもっとも不快な病気を撲滅するか管理することを約束した。メジナチュウ、睡眠病、(医者が住血吸虫病と呼ぶ)ビルハルツ住血吸虫、などが組織を腐らせたり、臓器を破損させたりする。たとえそれらは死に至らしめなくても、それらは子供たちの成長を妨げ、大人のエネルギーを奪う。

新たな努力は、困難を攻撃する勇敢な一揃いの野望としてやってきた。ミレニアム開発目標の一部として、世界の指導者たちは、2000年に、2015年までにHIV、マラリア、そして結核の被害を抑制することを約束した。それは散財をもたらした。貧困国の保健計画への寄付は2001年から08年の間に倍以上になった。マラリアの1/4以上下がった。しかし、経済危機がこぶしをきつくした。ワシントン大学のクリストファー・マーレイは2009年から11年の年間の支出伸び率はたったの4%だったと計算する。世界銀行からの資金を除いて、ほとんどが中所得国への融資だが、供与はほとんど伸びていない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

マラリア流行中

9月
28

いかにして抗マラリア運動の加速が世界的援助の全く新しいモデルを開いたのか

地球上でもっともマラリアが流行っている町で、私は、天井のファンが回っている二つの蚊帳の奥にある机にマシュー・エメル博士を見つけた。私は自己紹介し、エメルに自分は地球からマラリアを根絶するための運動を報告しているのだと話す。もし私が、それがなぜ重要なのか、そしてそれがどれほど難しいのかを知りたければ、それにかかるとどれほどひどいことになるのかを見ることは良い考えだ。そして私は北ウガンダの51.5万人の人口があるアパッチ地区では、平均的な人はマラリアに感染した蚊に1日4回刺されると読んだ。エメルは頷く。彼は、他のより印象的な統計があると語る。彼の少ないスタッフは最悪の週には5,000人の人々を診るかもしれない、といったことだ。そして2007-08の間に治療者の中にはアパッチ地区の全子供の70%とそこの全人口のほぼ1/3を含んでいたという。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

ビル・ゲイツ を購読