ヤフー

ごまかし(Shell)ゲームの終わり - 治外法権

5月
29

多国籍企業へのいくつかの良いニュース

ジョージ・ワシントンとジミー・カーターの政権の間、外国人不法行為請求権法(ATS)は眠っていた。その法令は、アメリカの地方裁判所に、「国際法または米国が締約国である条約に違反して行われた不法行為に限り、外国人によって提起される民事訴訟」の第一審管轄権を与える。190歳で、それは1979年4月6日に、二人のパラグアイ人がパラグアイで犯された不法行為について元パラグアイの警察官を訴えることを許すのにつかわれた時、生き返った。

それ以来、ほぼ150件の訴訟が、アメリカやほかの会社が世界中で犯した活動に対し、提起された。4人の現地原告がATSを使って、ミャンマーで石油パイプラインの建設中に犯されたと申し立てられた人権侵害で、ロサンゼルスの連邦裁判所にユノカルを訴えた。ある人権機関は、二人の中国人民主活動家のために、中国でヤフーの子会社によって犯された活動に対して同社を訴えるのにそれを使った。とりわけ、ダイムラークライスラーとリオ・ティントに対するATS訴訟は保留中だ。ほとんどのATS訴訟は退けられたり解決されたりしているけれども、解決の費用は高くなるかもしれず、負の広報効果がある。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

所有者に力を - 株主の権利

4月
09

活動家株主がバリケードを登るのは正しいが、政治家がボーナスに上限をはめるのは間違っている

最近まで、会社の年次株主総会についての唯一の予測できないことは、前菜の種が「イエス」投票の後に出されるだろうか、と言うことだった。これが変わり始めている。上場企業の経営陣は、まだ「株主の春」の話を正当化するほどには頻繁ではないけれども、今は時々投票に負ける。だが、いまアメリカで行われている年次の株主総会シーズンは、かつてないほどに活気のあるものになりうる。アップルとディズニーの社長は、彼らの戦略だけではなく、報酬についても非難を浴びている。活動家株主は行進中だ。

良いころあいでもある。株主は会社を所有している。経営者や役員は彼らに仕えるべきだ。もし所有者がその使用人のやり方が気に入らなければ、彼らはそれについて何かする権利がある。会社が経営されるやり方を改善しようとすることは、それによって不満を持った株主が単にその株を売る伝統的な「ウォール街のやり方」よりも建設的だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

選択の自由 - インターネットの自由

11月
05

政府とインターネット会社はオンラインの言論の自由のルールと格闘している

ある上級役員の逮捕は、めったに役立つ見出しをもたらさない。しかし、ブラジル当局が、選挙法を破ったように見えるその子会社のユーチューブがヴィデオを取り除くことを拒絶したとして、9月26日にグーグルのその国の代表を短期間拘束した時、それらの見出しはグーグルが表現の自由の守護者としてそのイメージを修復するのに役立った。

二週間前、これらの信任状は錆びついたように見えた。グーグルは8か国のネット利用者に、ムスリムを立腹させた映画の予告編を見ることをできないようにした。インドやサウジアラビアを含んだ6か国では、地元の裁判所がそのフィルムを禁止した。反対者がアメリカ大使館を攻撃し、数人を殺したエジプトやリビアでは、グーグルは自らの合意からそのヴィデオをおろした。

そのけんかは、いかにインターネット会社が公的な議論を管理し、いかに言論の自由を歓迎する国を拠点にする会社がそれを制限したいと思う国に反応すべきかについての懸念を惹き起こした。(活動的なシンクタンクのフリーダム・ハウスは、それが調査した47か国中20か国でインターネットの制限が増加していると計算する。)

Posted By gno-eagrai 続きを読む

マミー路線

9月
16

なぜより多くの女性が会社のトップまで登らないかの真の理由

デンマークのテレビドラマ「ボーゲン」の中で、その国初の女性首相が家庭の至福のために毎晩遅く家に帰る。彼女の主夫をする夫は皿を積み上げ、彼女にメッセージを返す。子供たちは彼女のテレビ中のスピーチに喜ぶ。しかし、間もなく彼女の息子は精神科医にかかり、その無視された夫は浮気をし、われらがヒロインは事務所中に家具を投げつける。

トップに到達した女性についてのこれほどの苦悩はめったになかった。先月のアトランティック誌の中で、アメリカ国務省初の女性政策立案部長になったアニー=マリー・スローターは、女性はとてもきつい仕事と若い子供たちを育てることをうまく結びつけることができないと宣言した。(彼女はワシントンをやめ、学界に戻った。)今月、英国国会議員のルイーズ・メンシェが、仕事と家族をやりくりするのは難しすぎると言って辞職した。しかし、そのニュースは怖いばかりではない。7月に苦しんでいるインターネット会社のヤフーは、グーグルから37歳の女性で10月に子供を持つ予定のマリッサ・メイヤーを新たな社長としてむかえいれた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

嘘の塊

6月
29

 

Posted By gno-eagrai 続きを読む

別れるのはとてもとても難しい、ヤフー! - 中国とアメリカのインターネット

6月
09

アリババとヤフーは別れることに合意する

「友敵」という言葉は、ヤフーとアリババとの間の7年間の関係を表現するために発明されたのかもしれない。2005年にヤフーがアリババの株式を10億ドル取得することによって固められたそのアメリカのインターネット会社と中国のeコマースの巨人との間の連携は、天国で作られた組み合わせだと思われた。

ヤフーはアメリカの現金と技術、そして既にほかの中国のインターネットの起業家に触発された台湾生まれの社長ジェリー・ヤンを提供した。アリババは、eコマースにとって当時世界最大の未開発の市場へのアクセスを提供した。悲しいことに、その2社はすぐにお互いに皿を投げ合った。彼らは、検閲からアリババのオンライン支払事業アリペイのスピンオフに至るまですべてのことについてけんかした。1年以上にわたる言い争いの後で、彼らは5月20日に多少なりとも友好的に別れる取引を発表した。

それは両方の側の株主にとって救いだろう。アリババの元気のよい社長のジャック・マは、それが株式市場での資金調達を追求できるように、ヤフーからその会社を自由にすることに熱心だった。一変させようと苦労しているのでふけのようなボスたちを落としているヤフーは、その長期にわたって傷ついている投資家に現金を戻すことによって彼らをなだめることに熱中している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

アイディアの市場 - 知的財産の取引所

5月
22

新しい金融取引所は特許権取引を簡単にすることを望んでいる

技術産業は知的財産権で争っている。5月7日に、Javaプログラム言語に関わる特許と著作権の主張についてのオラクルとグーグルの間の3部の戦いの第1部が、どちらの会社にも完全な勝利を与えることを拒否した決定を下して終わった。アップルやサムスンなどは、スマートホン特許について戦っている。フェイスブックとヤフーは、インターネットの特許について紛争中だ。革新が訴訟の後部座先に座っているので、告訴で満ちている。

そのすべてが、知的財産の取引への新しいやり方を立ち上げるのによい時期にしている、と、ほかの資産と同じように知的財産権を会社に売買ヘッジさせる新しい金融取引所IPXIの社長の、ジェラルド・パンネクークは語る。その考えは、特許や特許の塊を株式のように売買できる「単位免許権(ULRS)」として提供することだ。一つのULRは、ある技術を一つの製品に使う一時的な権利を与える。例えば、車の新しいタイプのエアバッグセンサーといったものだ。もしある会社がその技術を10万台の車で使いたかったら、それは10万のULRSを市場価格で購入する。ULRSはまた、中古市場で取引されることを期待される。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

英国のビル・ゲイツはどこに? - 起業家精神と技術

8月
10

英国政府は何もないところから技術大企業を魔法のように出すことはできないが、それを助けることはできる

英国のビル・ゲイツに会う。彼はコンピューターサイエンスをケンブリッジで勉強し、近くの「シリコン・フェン」でその経歴を始めることに落伍した。それから彼は、東ロンドンにある新しい技術企業の中心である「シリコン・ラウンドアバウト」に拠点を置き、自分の会社を立ち上げた。シティからの資金に支えられ、彼は、最終的にはロンドン証券取引所に上場するという、外資の乗っ取りの魅力に抗した。

それは、必要なアニマルスピリッツを加えると、もっともらしい伝記だが、想像上のものだ。英国には、技術を商業的指導力に変えた18世紀の産業革新家のデジタル版はいない。その、より最近の製薬や生命技術での優れた能力は、デジタル面では機能していない。デヴィッド・キャメロンの政府は、この失敗について考え、その理由の的を絞るべきだ。運がその内の一つだが、国とヨーロッパの規制や起業家に対する熱意のない雰囲気もその理由だ。
 

デジタル商店主の国

Posted By gno-eagrai 続きを読む

グーグルの敵たち - インターネットの規制

7月
12

その検索エンジンの反トラストの頭痛は大きくなっている

今年のはじめから、投資家たちがその長期の見通しにヤキモキし始めたため、グーグルの株価は徐々に落ちている。今では、彼らには心配すべき別の理由がある。6月24日にアメリカの公正取引委員会(FTC)がそのオンライン検索とオンライン広告事業が独占的地位を乱用していないか広範な調査に入ったとグーグルは明らかにした。学者の中には、独禁法取締官のグーグルとの格闘は1990年代のマイクロソフトとの戦いのように血まみれになると予測するものもいる。

その規制者の動きは、グーグルにとっては、世界最大のソーシャルネットワークのフェイスブックの脅威が増している厄介なときにやってきた。フェイスブックは人々がウェブにアクセスする主要な接点をグーグルからとってかわろうと狙っている。6月28日にグーグルはフェイスブックに対抗するためのソーシャルネットワーク基盤のグーグル+を発表し反撃に出た。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
ヤフー を購読