ジョゼ・エドゥアルド・ドス・サントス

Powered by Drupal

配信

配信 を購読

長い待ちになるかもしれない - アンゴラの推定相続人

その国の指導的な石油の男が脂ぎった政治の極に急いでいる

アンゴラの長期にわたる大統領ジョゼ・エドゥアルド・ドス・サントスの推定相続人だと今見られているマニュエル・ヴィセンテは、ほとんど何の公式な政治経験も持たない。彼はどの地位にも一度も選ばれたことがない。彼は、その最初の政治職経済開発大臣をたった8か月前に受けたところだ。しかし、彼は、過去12年にわたって、党の資金の主要な調達者であるアンゴラの石油大手ソナンゴルの事実上の社長だった。

その間に、彼は比較的小さな国有石油会社を、全公的予算の2/3以上に当たる340億ドルの年間収入を持つアフリカのエネルギー大手に変えた。彼はまた、腐敗した体制のもっともしっかりと守られた秘密の多くに関与している。大統領の友人として、彼はそのように物事を保ったようだ。おそらくそれが彼が選ばれたもう一つの理由だろう。

訓練を受けた電気技師として、素晴らしい英語を話すヴィセンテ氏は、世界の方法を知っている。彼は、アンゴラの主要な貿易相手で最大の投資家である中国とつながりを築いている。ソナンゴルは国の内部の国として複雑な評判を持ち、その秘密性で批判されているけれども、彼のボスの大統領のように、無口で分別があり礼儀正しい彼は、ビジネスの世界的な通路で尊敬されている。

鉤によってか曲りによってか - アンゴラの選挙

その人気への信念を欠き、与党はその反対派を買収し脅す

もしあなたが年老いてゆく独裁者ならば、誕生日プレゼントがほとんどないことはある選挙の勝利を打ちのめす。アンゴラ大統領のジョゼ・エドゥアルド・ドス・サントスは、彼の党アンゴラ解放人民運動(MPLA)が勝つことが確実とみられていた8月31日の投票の3日前に、その70歳の誕生日を祝った。史上二度目となる2008年の選挙で、それは投票の82%を得た。2010年に導入された新たな憲法は、その国を1979年から運営し、特に人気があるとは言えないドス・サントス氏を困惑から守る。それは、大統領選挙を取り除き、議会最大政党の指導者が自動的に大統領になるという制度に置き換えた。

マニュエル・ヴィセンテを含んだ、一団の現職の仲間は、MPLAのその国における財務的執事の立場が、投票でそれをとても人気のあるものにしたと主張する。アンゴラは、実にアフリカで最も早く成長する経済の一つだが、ほとんどが巨大な海上石油のおかげだ。陸上には、自慢するものははるかに少ない。非公式に、MPLAの指導者は、彼らの党が2002年に終わったばかりの30年の内戦後の国民的疲労から依然として利益を得ていると認める。

半分入ったグラス - アフリカの民主主義

代議制政府は、最近の中断にもかかわらず、依然としてアフリカで進んでいる

アフリカ政治はどちらに行くのだろうか?大統領が3月25日に若いライヴァルに対して選挙によって負けたことを認めて、1960年の独立以来破られていない民主主義の伝統を延長したセネガルの道だろうか?それともより困難な方向にある隣のマリの道だろうか?セネガルの選挙の数日前に、若い軍司令官たちがマリの首都バマコの大統領公邸を強襲、略奪し、より広い地域に望みを与えていた20年にわたる民主主義を突然終わらせた。

中国国際基金(CIF)

中国国際基金は、発展途上国で大規模な国家再建計画や社会資本建設に出資する、香港に拠点を置く中国人所有の公式には民間会社だ。CIFと香港やシンガ ポールにあるその関連会社は、主に不安定なアフリカの独裁国家に200億ドル以上投資した。彼らはアンゴラやギニアの政府と、それらの国々の様々な資源を 探索するために、協定を結んでいる。これらの協定は、その二つの国々へ何十億ドルもの金が投資されたことにつながるだろう。その会社は「鍵となる人物が中 国の国有事業や政府機関とつながりを持っている」ので、国有企業ではないかという疑念を持たれている。

まだら模様だとしても、それは進歩だ - サブサハラアフリカでの民主主義

ザンビア人は投票箱で平和的にその指導者を追い出した。それはもはや大陸で前代未聞のことではないが、まだとても珍しい
 
「ザンビアの人々は話しており、我々は皆聴かなければならない。」大統領選に敗れたルピヤ・バンダは、9月23日に語った。彼の複数政党制民主主義運動は過去20年間ザンビアを支配してきた。しかし、野党愛国戦線とその指導者マイケル・サタがかなり公正な大統領選挙で43%対36%で勝った時、その現職は優雅に退出した。隣国やアフリカで、そのような潔い行動はまだ珍しい。
 

クイーンズウェイ・シンジケートとアフリカ貿易 - 中国国際基金

中国のアフリカとの石油取引はある不透明な企業連合に支配されている。普通のアフリカ人は、そのかなり儲かる取引から不当な分け前しか得ていないようだ

中国の次の国家主席になりそうな男がアフリカの石油会社の幹部に会う時、人はその王子が優位に仕切ると期待するだろう。しかしながら、マニュエル・ヴィセンテとの間ではそうは行かない。今年の4月15日に、そのアンゴラの国有石油会社であるソナンゴルの会長でCEOは、北京の真ん中にある贅沢な花に飾られた部屋に大股で入り、中国の副首席で中国共産党の次期総書記と目される習近平と握手した。ヴィセンテ氏はアンゴラ政府で何ら公的地位を持っていないが、あたかも国の長の称号を与えられたかのように、習氏はその客に中国は「相互の政治的信頼強化」を望むと再確認した。

悪い隣人たち - アンゴラとコンゴ

 

レイプと石油をめぐっての不和が二つの大国の関係を損なっている

 

西カサイ州にあるコンゴの国境の町カマコで、ある忙しい市場の日に、やつれたコンゴ人移民の小集団が、アンゴラ警察の油断のない目のもとで家に押し返されている。国境のアンゴラ川の検問で最近の改良の一部として装備された、ハイテクの遠隔カメラが彼らを監視する。良いフェンスは良い隣人を作ると言われている。しかし、国境のこの孤立した部分に沿った不調和な現代的施設の主要な目的は、とても隣人らしいとは言えない。

 

2004年以来毎年、アンゴラは、そのほとんどがダイヤモンド採鉱夫とその家族である、何万人ものコンゴ人を蹴り出してきた。アンゴラの一人あたりGDPは、IMFの最新の計算によると、今ではコンゴの24倍になり、だからコンゴ人は生計を立てようとやって来続ける。しかしアンゴラ人は流入にうんざりしており、違法採掘による収入の損失は時に7億ドルにもなる。