アマゾン

風刺的な韻文 - 政治とユーモア

12月
31

指導者たちをからかうことは、かつてないほど多くの人々によって楽しまれる喜びだ

政治的冗談はかつてないほど遠くに広がる。去年、アメリカの風刺雑誌のオニオンは北朝鮮の丸顔の指導者金正恩を「生きている中で最もセクシーな男」だと宣言した。中国の人民日報は、そのノミネートをまじめに受け取り、その名誉を祝福するために55枚の写真を広めた。オニオン誌が、田舎の白人アメリカ人はバラク・オバマよりもイランの当時の大統領マフムード・アハマディネジャドに好意的な意見を持っていると発表した偽の世論調査を公開した時、あるイランの国営ニュース機関はこれを本当のニュースとして報道した。たくさんの人々がオニオン誌を彼ら自身を楽しませるものとしてそれほど無邪気に見ているのではない。去年、そのサイトのトラフィックは70%程度増えている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

変化を数える - デジタル・メディア

12月
10

メディア会社はインターネットから攻撃を受けている。デジタルが供給源となったものからのカネは、ついに損害のいくらかを修復している

この夏、人食いざめを運んだ竜巻についてのテレビ向け映画がアメリカで驚異的にヒットした。「シャークネード」の馬鹿げた筋は、過去十年間にわたってインターネットが彼らの事業を破壊するのを見てきたメディアのボスたちの琴線に触れたかもしれない。新聞はインターネットに読者と広告を奪われている。書店と音楽屋は永久に閉鎖している。DVDとCDの売上は急落している。テレビ産業はいまのところ大きな崩壊に抵抗しているが、それは広告や視聴者が逃げ出すと予言する予言者を止めていはいない。

2008年に、大きな娯楽産業グループのNBCユニヴァーサルの当時の社長ジェフ・ザッカーは、「アナログのドルをデジタルのペニーに変える」傾向を嘆いた。しかし、これらのペニーは積み上がりはじめている。そして、今はテレビニュースチャンネルのCNNワールドワイドの社長であるザッカー氏ですらも、その調子を変えている。旧メディアは「デジタルのペニーをかなり良く超えている」と彼は語る。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

仲間たちと議会

11月
02

産業人たちが政府であまりに影響力を持つようになっている

1994年に、イタリア人たちは、硬化した経済を生き返らせるために事業家としてのその技能を使うことができると望んで、シルヴィオ・ベルルスコーニに投票した。彼は、何もないところから、不動産とメディアの帝国を打ち立てた。彼は、その国の偉大なサッカークラブの一つA.C.ミランを再活性化した。彼は確かに、腐敗した政治家と内向きな官僚たちの古い番人よりも、その国を運営するのにより良い仕事をしただろうか?そう、「記念碑を探し求めるのならば、周りを見るとよい。」ベルルスコーニ氏は2001-11年の10年間で8年間イタリアの首相だった。その間、イタリアの一人当たりGDPは4%下がり、そのGDPに対する債務の割合は109%から120%に上がり、税金はGDPの41.2%から43.4%に上がり、その生産性は停滞した。その事業技能をイタリア経済の復活のために使うよりもむしろ、ベルルスコーニ氏はその政治的技能を彼の事業利益を守るために使ったのだ。

その偉大な人たらしは極端な例だ。そして、運が良ければ、イタリアの長いベルルスコーニを主題にした悪夢は終わりに近づいている。しかし、権力と事業の連合という、ベルルスコーニ氏のイタリアの中心にある問題は、世界中で増している心配だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

MOOCsの攻撃 - 高等教育

9月
26

新しいオンラインコースの軍は、伝統的な大学を脅して正気をやめさせている。しかし、それらは実行可能な事業モデルを見つけることができるのか?

ドットコムマニアは高等教育にやってくるのにゆっくりだったが、今それはその脆弱な産業を固くその手の中に握っている。巨大開放オンラインコースMOOCsを通して無料教育を提供する二つのシリコンヴァレーの新興企業ウダシティとコーセラの去年はじめの立ち上げ以来、学問の象牙の塔はその基礎を揺さぶられている。いくつかの場合何世紀にもわたって打ち立てられた大学ブランドは、情報技術が急速にその既存の事業モデルを時代遅れにするだろう可能性をじっくり考えるよう強いている。一方、MOOCsは、まだ自分たちの事業モデルを理解することなしに、数、資源、そして学生募集を増やしている。

自身の(一般的に無料の)学生にオンラインコースを提供する以外に、大学はそれによってギロチンをかけられるのを避けるためにMOOC革命に参加するよう強いられていると感じている。コーセラは、多くのアメリカの最上位機関を含んだ、世界中の83の大学や単科大学と提携している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

フランスの独自性

8月
22

大西洋横断自由貿易協定は、映画製作者への補助金に対して必要なく停止を命ずる

ベレニス・ベジョは、サイレント映画時代についての受賞映画『アーティスト』の中で、まったく言葉を発することなしにスターダムに上がった。しかし、今週、欧州議会で、彼女はアメリカとの大西洋横断自由貿易圏の計画に反対する声だった。ヨーロッパの映画製作者は、ブリュッセルが幾分かは彼らをハリウッドとの競争から守る補助金と割り当てを許す文化的例外を諦めるのではないかと恐れる。フランスの公的資金がなければ、『アーティスト』は決して作られなかっただろう、とベジョ女史は宣言した。彼女は、文化的例外を失うことは「本を燃やし、博物館を閉鎖し、親指を切り、第1子を犠牲にし、ベルリンの壁を再建する」ようなものだろう、としたドイツの映画監督ヴィム・ヴェンダースからの手紙を読み聞かせた。

メロドラマは自然に人々を撮影することになる。より困らせるのは、フランスが始める前にその世界でもっとも野心的な貿易交渉を容易に殺そうとするように見える自殺的行為だ。音響映像サーヴィスが全部交渉から除外されなければ、今週末のルクセンブルグでの通商担当大臣会議で、欧州委員会がアメリカとの交渉を始める任務に拒否権を発動するだろう、とフランスは主張する。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

本棚をたたむ - 電子貸出と公共図書館

4月
17

電子書籍は公共図書館と出版社へのどんでん返しを意味する

サンフランシスコの主要な公共図書館を塗りつぶしているのは、以前その図書館の目録に乗っていた5万枚のインデックスカードだ。それらが参照する大きな本もまた装飾品になっているかもしれない。図書館の常連客は収蔵書をオンラインで検索できるだけでなく、彼らは図書館を訪れることなく電子書籍を借り出すかもしれない。図書館司書にとって、「電子貸出」はデジタル時代の自然な提案だ。出版社と本屋は、それが彼らの事業をほどくかもしれないと恐れる。

書籍取引における図書館の影響についての心配は新しいものではない。しかし、書籍が読者の下に簡単で素早く到達することができるようにするデジタル装置が、それらを激しくしている。大出版社マクミランの社長ブライアン・ナパックが2011年に言ったように、その恐れは図書カードを得た人が「再び本を買う必要がない」ことだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

権力のはかなさ

4月
15

権力者は長くそこにとどまらない

もし左右の党派が何かに同意すれば、それはその権力がより集中しているということだ。オキュパイ・ウォール・ストリート型は全く強力な1%に対してデモをする。ティーパーティーたちはコスモポリタンエリートに対して怒る。2000年のアル・ゴアの大統領選挙戦はへたくそだったかもしれないが、彼の選挙スローガン「人々対権力者」は21世紀の政治を定義している。

なぜかを見るのは簡単だ。金融危機の間に、政府は銀行自身の愚劣さと強欲さの帰結からそれらを助けるためにたくさんの公的資金を使った。銀行員たちは直ちに自分たち自身に巨額のボーナスを払うことに戻った。多くの国で不平等が増している。中産階級が押しつぶされ貧しいものが足の下で踏みつけられるにつれ、金持ちは次第に豊かになる。ヘッジファンドの実力者とカジノ王はアメリカの選挙を揺り動かすのに富を使う。そして最高裁は彼らに使い続けるよう言うのだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

記帳 - ISBNナンバー

3月
31

デジタル出版は、さらなるアナログ標準を運命づけるかもしれない。

1970年以降に出版されたどの本でも中を見れば、数字を見つけることができる。しかし、たぶんそれほど長くはない。英国で1965年に発明された国際標準書籍番号は、急速に本の分類の国際的制度として離陸し、150の機関(1か国ひとつで2か国語が公用語のカナダでは二つ)が今ではそのコードを発行している。流通と販売を簡単にするために小売業者によって立ち上げられたそれは、ますます新しい、小さい、個人営業の出版社を妨害している。しかし、デジタル出版はその独占を弱めている。

最初に入った出版社はISBNの偉大なブロックを得た。多くが依然として多数の在庫を持っている。カナダ、ハンガリー、クロアチアを含んだ8か国は、書籍の出版を元気づけるためにそれらを無料にしている。しかし、主流出版のどんな望みにもISBNが必要とされる英国、アメリカ、そして日本では、それらは高価だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

グーグルを探して - 貧しい国々の小さな会社

11月
06

事業の精神は教わることができるのか?

アマゾン、アップル、グーグルといった会社を思い起こす、ガレージから生まれた世界トップクラスの会社は、西洋で尊敬される。発展途上国は彼ら自身の一つか二つの例を自慢できる。インドのタタや韓国のサムスンは小さな商社から始まった。タイの農業事業会社チャルーン・ポーカパン・グループは種屋から始まった。しかし、これらは例外だ。貧しい国々の小さな事業の大多数はほとんど大きく強くなれない。世界銀行の新しい世界開発報告は、貧しい国々の新興企業が次のグーグルになるのを助けるために何ができるかを見つめている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ああ、無情 - ヨーロッパの起業家

8月
04
ヨーロッパは、ユーロ危機を持っているだけではなく、成長危機も持っている。それは、野心的な起業家を奨励するのに慢性的に失敗しているためだ
 
東ベルリンのザンクト・オーバーホルツは、その地区のどのバーよりも流行だ。落書きに覆われたドア、傍若無人なアート、鋭いファッション、そしてBGMのビースティ・ボーイズ。それは、生まれつつある大事業家を探すような場所には、最初は見えない。しかし、彼らの存在には大きな意味がある。ヨーロッパの文化は、起業家にひどく無愛想だ。新興企業を巨大なものに育てようと思うことは、ピアスやパフォーマンスアートのように、まったくカウンターカルチャー的なのだ。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

アマゾン を購読