革新

革新の巨人 - 巨大科学とビジネス

6月
16

ビジネスは巨大科学から何を学ぶことができるのか?

技術的な偉業として、アトラスはいくらかの打撃を与える。それは世界最大の顕微鏡で、物質の根本構造を探るためのジェノヴァのそばにある巨大研究所であるCERNの物理学者に使われている。その、全長45メートル、高さ25メートル、そして重さがエッフェル塔と同じだけある樽型の本体は、スイスの田舎の地下100メートルの洞窟の中で、ジャンボジェットに入っているものの倍近くの数の10メートルの部品から組み立てられた。それは、ツイッターが生み出すもの以上のデータを毎日生み出す。

それはまた、特筆すべき組織的な達成だ。その部品は、何十もの組織からの何百人もの科学者と技術者によって設計された。それらは、その後に、4つの大陸からの400強の業者から、4.35億ドルで調達された。どの時点でも、その実験は38か国の175の機関からの3,000人を超える研究者を巻き込んでいる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

革新悲観論について

1月
24

革新悲観論についての大きな記事が出ていた。結論から言ってしまえば、仕組みが革新を促進するようにできていないので、停滞するのも当然だ、ということだろう。資本主義の下で、かつては、革新が、そして発明が、そのまま金銭的な報酬に結び付きやすかった。情報の広がりは限定的であり、その知識が広まるまでに十分な利益を確保することができたからである。しかしながら、技術進歩は情報の拡散速度を急速に早め、技術開発に見合った利益を確保する期間をとるのが難しくなってきた。そして、資本主義は、その仕組みとして、革新よりも利益を追求する形になっている。つまり、革新と利益に直接的な関連が無くなれば、当然革新を進める推進力というのは無くなるのだ。記事中で革新の停滞期だと指摘された1970年代から現在までの技術開発のトレンドがどこを向いたかを見れば、それは一目瞭然だ。つまり、実体的な技術ではなく、より利益と直接的なかかわりがある、金融技術の革新が急速に進んだという事実だ。ここからわかるのは、現在の資本主義体制は、すでに革新を促進するためのエンジンとしてはほとんど機能しないほどまでに、十分に飽和的な技術水準に達してしまったということだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

アイディアマシーンは壊れているのか? - 革新悲観主義

1月
24

革新と新技術が成長の駆動を止めているという考えはますます注意を惹いているが、それはしっかりと基礎づけられてはいない

シリコンヴァレーに好況時代が戻ってきた。101号線沿いの産業地区は、再び希望に満ちた新興企業の印で飾られている。レイクタホのようなリゾートタウンの派手な別荘への需要のように、家賃は上がっており、富の兆候は大量に集まっている。ベイ・エリアは、半導体産業とその後を追って成長しているコンピューターやインターネット会社の生誕地だ。その天才たちは、タッチパネルの電話から、大きな図書館の即時検索から、何千マイルも離れた無人機を操縦する力まで、世界を未来的に感じさせる多くの驚異を提供した。2010年以来のその事業活動の復活は、進歩がはかどっていることを示唆する。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

偉大な革新議論

1月
21

革新が減速しているという恐れは誇張されているが、政府はそれを手伝う必要がある

技術変化のペースが目まぐるしいので、我々はこの時代が史上最も革新的な時代だと考えがちだ。我々はスマートフォンとスーパーコンピューター、ビッグデータとナノ技術、遺伝子治療と幹細胞移植を持っている。政府、大学、そして企業は一緒になって、かつてないほど巨額の年に約1.4兆ドルを研究開発に支出している。

だが、誰も最近、我々の表紙に描かれたものの半分も有益な発明に追いついていない。そのきれいな線と直感的なユーザーインターフェースで、その控えめなトイレは何十億人もの人生を変えた。そして19世紀後半から20世紀初めの脳から出てきたのは現代衛生だけではない。彼らは車、飛行機、電話、ラジオ、そして抗生物質を生み出した。

現代科学は、同じような影響を与えるのに失敗しており、それがなぜますます多くの思想家の一団が、革新の速度が減速していると主張するのかの理由だ。興味深いことに、悲観論者の中には、創造性の欠如を試すためのトイレを提供したアメリカの経済学者ロバート・ゴードンのような学者だけではなく、フェイスブックを支えた事業資本家のピーター・ティエルのような事業家もいた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

革新への長い道のり

9月
15
南アフリカは革新が遅かった。それが変わりつつあるかもしれない
 
南アフリカは、ビジネスでも、他の全てでも、自分の実力以上のものに挑んでいると自分を考えるのを好む。BRICSの4つの他のメンバーのサイズで言えばほんの僅かであるのにも関わらず、そのSが自分たちのことだと呼称している。それはまた、際立った数の世界的企業の本国だ。ボストン・コンサルティング・グループの、世界的野心を持った40の急成長する「アフリカの王者」のリストで南アフリカは18社を送り込みトップとなり、エジプトの7社とモロッコの6社を上回っている。
 
その国の事業情況は、アパルトヘイトが廃止されてから認識を超えて変わっている。1994年に南アフリカは、僅かな巨大企業に支配された包囲経済だった。今日ではそれは開放され、複合企業はほっそりし、特に携帯電話技術の多数の新しい会社がそこで急増している。しかし、その国は、そのビジネスモデルを現地の環境に、そしてその商品をつましい消費者に適応させる会社に主導された、新興市場からの革新の波に寄与するのがゆっくりだった。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

違う考え方をしろ

8月
15
クレイ・クリステンセンは、革新者たちにいくつかのルールを規定する。しかし、革新は学ぶことができるのか?
 
革新は現在における聖杯に等しいものだ。豊かな国の政府は、それを経済停滞を食い止める方法だと見ている。貧しい政府はそれを成長加速の方法だと見ている。そしてビジネスマンはどこでもそれを生き残りの鍵だと見ている。
 
それは、クレイ・クリステンセンをガラハッド卿に近い存在にしているものだ。14年前、ハーヴァード大学の騎士のクリステンセン氏は、その科目の勉強に、「破壊的な革新」という言葉で一般化した本である「革新者のジレンマ」で持って、革命をもたらした。今月、彼は、ジェフ・ダイヤーとハル・グレガーセンとの共著で「革新者のDNA」という新しい研究を発表した。それは我々を成功した革新者の心の中に連れていこうとしたものだ。彼らはどのようにそのビジネスに取り組むのか?それは普通のやり方とどのように違うのか?そして会社はどのように彼らの精神的習慣から学ぶことができるのか?
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む
革新 を購読