イーベイ

MOOCsの攻撃 - 高等教育

9月
26

新しいオンラインコースの軍は、伝統的な大学を脅して正気をやめさせている。しかし、それらは実行可能な事業モデルを見つけることができるのか?

ドットコムマニアは高等教育にやってくるのにゆっくりだったが、今それはその脆弱な産業を固くその手の中に握っている。巨大開放オンラインコースMOOCsを通して無料教育を提供する二つのシリコンヴァレーの新興企業ウダシティとコーセラの去年はじめの立ち上げ以来、学問の象牙の塔はその基礎を揺さぶられている。いくつかの場合何世紀にもわたって打ち立てられた大学ブランドは、情報技術が急速にその既存の事業モデルを時代遅れにするだろう可能性をじっくり考えるよう強いている。一方、MOOCsは、まだ自分たちの事業モデルを理解することなしに、数、資源、そして学生募集を増やしている。

自身の(一般的に無料の)学生にオンラインコースを提供する以外に、大学はそれによってギロチンをかけられるのを避けるためにMOOC革命に参加するよう強いられていると感じている。コーセラは、多くのアメリカの最上位機関を含んだ、世界中の83の大学や単科大学と提携している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

新たな正貨 - デジタル通貨

5月
12

規制者はビットコインのようなデジタル通貨の新形態に干渉しないようにすべきだ

小部族はしばしば独特の貨幣形態を使う。最近まで、西アフリカのアシャンティは、たぶんもっとも奇妙なものを持っていた。金属ディスク、石、または貝の便利さを避け、彼らは金属を使って、その部族の首長の王座を表す小さな椅子の形に、入念にかたどった。しかし、最新の流行の通過、ビットコインはさらに奇妙だ。2009年に発明されたこのコンピューター化された貨幣は、デジタルコードの列としてのみ存在するのだ。

ビットコイン族は、依然として小さなもので、主にコンピューターオタク、薬物取引業者、金本位制主義者、そしてリバタリアンからなっている。しかし、今年の初めの20ドル以下から今週のある時点の200ドル越えまで、ビットコインの価値の大きな変動により、その通貨はより広い注意を惹いている。その価格はまだ地面にぶつかっていないかもしれない。しかし、ビットコインに何が起ころうとも、それは、いかに広く受け入れられたデジタル通貨が有益になりうるかを示す。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

権力のはかなさ

4月
15

権力者は長くそこにとどまらない

もし左右の党派が何かに同意すれば、それはその権力がより集中しているということだ。オキュパイ・ウォール・ストリート型は全く強力な1%に対してデモをする。ティーパーティーたちはコスモポリタンエリートに対して怒る。2000年のアル・ゴアの大統領選挙戦はへたくそだったかもしれないが、彼の選挙スローガン「人々対権力者」は21世紀の政治を定義している。

なぜかを見るのは簡単だ。金融危機の間に、政府は銀行自身の愚劣さと強欲さの帰結からそれらを助けるためにたくさんの公的資金を使った。銀行員たちは直ちに自分たち自身に巨額のボーナスを払うことに戻った。多くの国で不平等が増している。中産階級が押しつぶされ貧しいものが足の下で踏みつけられるにつれ、金持ちは次第に豊かになる。ヘッジファンドの実力者とカジノ王はアメリカの選挙を揺り動かすのに富を使う。そして最高裁は彼らに使い続けるよう言うのだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

シェアリング経済の繁栄

4月
08

インターネットでは、すべてが借りられる

昨夜、192の国の3万の町で25万の部屋を提供するサーヴィスから、4万の人々が部屋を借りた。彼らはその部屋を選び、すべてをオンラインで支払った。しかし、彼らのベッドは、ホテルの部屋よりもむしろ、民間の個人により提供された。ホストとゲストは、サンフランシスコの企業のAirbnbによって組み合わされた。2008年にそれが始まって以来、400万以上の人々がそれを利用している。2012年だけでそのうち250万人だ。それは、人々がベッド、車、ボートなどの資産をインターネットを通して調整して直接お互いに借りる新しい「シェアリング経済」のもっとも目覚ましい例だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

匿名マネタリスト - ビットコイン

10月
23

壮大な破壊の後で、オンライン通貨が驚くべき復活を遂げている

「私に国の貨幣供給の管理をさせてくれ。そうすれば、私は誰がその法を作ろうと気にしない。」そういったのは、ロスチャイルド銀行王朝の創設者アムシェル・ロスチャイルドだった。彼は、まったく発行当局を持たないオンライン通貨のビットコインについてどう考えるだろう?去年の投機的なバブルと崩壊の後で帳消しになったが、そのオンラインの秘密通貨は、特にその法を周航する能力のおかげで、依然として強くなっている。

ビットコインは2009年にサトシ・ナコモト(中本哲史?)として知られる謎の人物によって考えだされた。それは、世界最初で、今のところたった一つの脱集権化されたオンライン通貨だ。中央銀行の代わりに、ビットコインは強力なPCを持った人が発行することができる。それは、極端に難しい数学的問題を解くことによってそれらを作ることができる。その問題は、ビットコインの全体としての供給があまりに早く増えることのないよう自動的に難しくなる。それらは、取引が暗号によって認証され、オンラインで取引される。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

資本主義者の機械を直す

10月
22

アメリカの起業家精神を生き返らせる幾つかの賢明な考え

アメリカは、第二次世界大戦以降ずっと世界で最も重要な成長機械だった。1950年代と60年代に、そのGDPは、その経済の成熟にもかかわらず、年に3%成長した。1970年代には、それはスタグフレーションを我慢したが、レーガン革命が起業家精神を生き返らせ、その成長率は1990年代には3%に戻った。その機械は、アメリカにとってと同じように世界にとってもよい。それは、資本主義の福音を広げ、アメリカンドリームをグローバルドリームに変えるのを助けた。

今、その成長機械は困難に見舞われている。それは2007-08年の金融危機でほとんど爆発した。しかし、それ以前であっても揺れ動いていた。その機械の三つのもっとも強力なピストン(資本市場、革新、そして知識経済)を調べると、それらが10年間うまく機能していないことを発見する。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ああ、無情 - ヨーロッパの起業家

8月
04
ヨーロッパは、ユーロ危機を持っているだけではなく、成長危機も持っている。それは、野心的な起業家を奨励するのに慢性的に失敗しているためだ
 
東ベルリンのザンクト・オーバーホルツは、その地区のどのバーよりも流行だ。落書きに覆われたドア、傍若無人なアート、鋭いファッション、そしてBGMのビースティ・ボーイズ。それは、生まれつつある大事業家を探すような場所には、最初は見えない。しかし、彼らの存在には大きな意味がある。ヨーロッパの文化は、起業家にひどく無愛想だ。新興企業を巨大なものに育てようと思うことは、ピアスやパフォーマンスアートのように、まったくカウンターカルチャー的なのだ。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

別れるのはとてもとても難しい、ヤフー! - 中国とアメリカのインターネット

6月
09

アリババとヤフーは別れることに合意する

「友敵」という言葉は、ヤフーとアリババとの間の7年間の関係を表現するために発明されたのかもしれない。2005年にヤフーがアリババの株式を10億ドル取得することによって固められたそのアメリカのインターネット会社と中国のeコマースの巨人との間の連携は、天国で作られた組み合わせだと思われた。

ヤフーはアメリカの現金と技術、そして既にほかの中国のインターネットの起業家に触発された台湾生まれの社長ジェリー・ヤンを提供した。アリババは、eコマースにとって当時世界最大の未開発の市場へのアクセスを提供した。悲しいことに、その2社はすぐにお互いに皿を投げ合った。彼らは、検閲からアリババのオンライン支払事業アリペイのスピンオフに至るまですべてのことについてけんかした。1年以上にわたる言い争いの後で、彼らは5月20日に多少なりとも友好的に別れる取引を発表した。

それは両方の側の株主にとって救いだろう。アリババの元気のよい社長のジャック・マは、それが株式市場での資金調達を追求できるように、ヤフーからその会社を自由にすることに熱心だった。一変させようと苦労しているのでふけのようなボスたちを落としているヤフーは、その長期にわたって傷ついている投資家に現金を戻すことによって彼らをなだめることに熱中している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

富の福音を広げる - 慈善事業

5月
30

アメリカの億万長者ギヴィング・プレッジは運動を作っている

35人の億万長者と多くの配偶者が、高級なバカラリゾートでの密室会議に入るために、5月9日のサンタ・バーバラ空港にはいつもにもましてプライヴェート・ジェットが着陸した。その中には、ウォーレン・バフェット、ビル・ゲイツといった二人のアメリカでもっとも豊かな男たち、メリンダ・ゲイツ、テッド・ターナー、スティーヴ&ジェーン・ケースや、ペイパルの創業者エロン・マスク、イーベイの創業者ピエール・オミダイヤといった40代の若者もいた。彼らの使命は、より良い慈善家になるためにお互い助け合うことだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

今、いくつかの良いニュース

3月
12

2冊の本が、未来は我々が考えるよりも明るいと論ずる

ラブ・オン・ア・チップ(LOC)は大きな可能性を持った小さな装置だ。それは、数分の間に、人間のDNAにたくさんの診断に役立つテストをすることができる。その装置に唾を吐いたり血を垂らしたりすれば、DNAを実験室に送る必要なく、病気かどうかを教えてくれる。貧しい国では、LOCは高価な実験室に行くことのできない多数の人々に診断を提供することができる。豊かな世界では、それは上昇する医療費を抑制するかもしれない。

世界は、LOCのような小さな奇跡をほとんど忘れさせてしまうような悪いニュースに最近付きまとわれている。しかし、二つの時宜を得た新しい本が、政治家が反対なことに励んでいるときでも、研究者は世界をより良い場所にしようとし続けていることを思い出させてくれる。ピーター・ディアマンディスとスティーヴン・コトラーは「豊富:未来はあなたが考えるよりも良い」の中で楽観主義への快活な例を作る。エリック・トポルは、なぜ薬がデジタル技術によって(彼の言葉によれば)「シュンペーター化」しそうなのかをより思慮深く見つめた視点を提供する。これらの本は、アルマゲドン疲れに悩んでいる人々には思わぬ幸福だ。彼らはまた、経済的陰鬱にもかかわらず、技術は改善し続けていることを思い出させてくれる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

イーベイ を購読