HSBC

もっとも熱い辺境 - アフリカ投資

5月
03

急成長する大陸で金を働かせる戦略

ハイパーインフレの中で小売店を破産させないようにするとき、副業を持つことが役に立つ。「我々は、靴やカバンのためにわに革をエルメスやグッチに売る事業を持っている。」ジンバブエの首都ハラレが本拠の企業複合体インスコアーの社長ジョン・コウミデスは語る。ジンバブエの通貨が崩壊した2008年にその店が在庫不足に陥った時、この異国風の輸出品から稼がれた外貨はスパーの店舗を含んだその会社の他の部門の生命線だった。

インスコアーは生き残った。わに革事業を脱ぎ捨てていても、それはかさばった事業の混合のままだ。しかし、それはアフリカ消費者の新階級の出現から利益を得ようとする投資家の注意を惹いている。去年、その株式は50%上がった。その企業の大黒柱でほとんどの関心を興奮させている部分は、チキン・インやピザ・インを含んだブランドのファストフードだ。その代理店は、今ではナイジェリアを含んだいくつかの他のアフリカ諸国にある。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

権力のはかなさ

4月
15

権力者は長くそこにとどまらない

もし左右の党派が何かに同意すれば、それはその権力がより集中しているということだ。オキュパイ・ウォール・ストリート型は全く強力な1%に対してデモをする。ティーパーティーたちはコスモポリタンエリートに対して怒る。2000年のアル・ゴアの大統領選挙戦はへたくそだったかもしれないが、彼の選挙スローガン「人々対権力者」は21世紀の政治を定義している。

なぜかを見るのは簡単だ。金融危機の間に、政府は銀行自身の愚劣さと強欲さの帰結からそれらを助けるためにたくさんの公的資金を使った。銀行員たちは直ちに自分たち自身に巨額のボーナスを払うことに戻った。多くの国で不平等が増している。中産階級が押しつぶされ貧しいものが足の下で踏みつけられるにつれ、金持ちは次第に豊かになる。ヘッジファンドの実力者とカジノ王はアメリカの選挙を揺り動かすのに富を使う。そして最高裁は彼らに使い続けるよう言うのだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

夢の大陸 - アフリカの銀行業

3月
31

アフリカ中で、銀行は拡大しているが、彼らの収入はそうではない

「昨日はぎっしり、明日もぎっしり、でも今日のジャムはない。」それは、南アフリカで設立され今では世界的に営業する特化銀行のインヴェステックの最近の業績発表での株主の不平だった。その嘆きは、アフリカの急成長する多くの銀行の投資家に一般的なものだ。その地域の借り手は、その大陸中に拡大するにつれ、素晴らしい収入を約束している。彼らの野望は、自家製の地域原動力の集団を作り出している。しかし、支店網を作り、成長に投資する費用が掛かるので、そのような収益は遠い未来のままだ。

アフリカの銀行市場の主要な魅力は、それが潜在的に巨大で事実上未開発なことだ。その大陸の10億人の住民への銀行の浸透は、国によって大きく異なるが、例えば、セネガルとタンザニアの人口の帯は、事実上まったく銀行へのアクセスを持っていない。

国内での相違も著しい。例えば南アフリカは、ヨハネスブルグの主要な銀行地区のエアコンの効いた事務所と緑に覆われた芝生から、世界クラスのサーヴィスと技術を提供する。しかし、ほんの少しバスに乗れば、多くの人々が依然として現金をそのマットレスの下にしまっている、貧困に悩まされたアレクサンドリアの町がある。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ウォンアップマンシップ - 日本の通貨

3月
12

日本は円とウォンの呪いを破ることができるのか?

円の、特に韓国ウォンに対する強さは、日本の電機会社に近年赤字を跳ねかけるのを助けてきた。今ではそれは血をまき散らしている。2月27日に、日本のDRAMメーカーのエルピーダは、第2次世界大戦以後日本の製造業で最大の破産となった。その消滅の一番の受益者は韓国のサムスンだ。

通貨の有利だけでサムスンがエルピーダをたたいたことを非難するものは誰もいないだろう。その電機の巨人は、多くの日本の競争者よりも素早く勇敢だ。しかし、円/ウォン為替レートは2008年中頃の世界的金融危機の始まり以来、大々的に韓国の輸出者に有利に作用してきた。その期間に、ウォンは円に対してだいたい50%下落し、韓国企業が価格において日本企業を浸食し、その国を経済成長の軌道に戻す力を与えた。しかしながら、円は、呪われたように行動している。日本が経済的苦境に陥れば陥るほど、その通貨は強くなったのだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

帰国世代 - アフリカ経済

8月
16
フロンティア経済の急成長にひかれて、アフリカの俊英たちが西洋を去り、ビジネスが沸き立つ本国に帰っている
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

壊れたリンク - 日本と世界的供給網

4月
06
日本の災害による世界中の製造業の混乱は、どのように生産を管理するかということを考え直すのを強いることになるだろう
 
去年のアイスランドの火山灰はヨーロッパ中の航空網を混乱させ、世界の製造供給網に低在庫・ジャストインタイム時代の到来以来の最大の試練となった。今、日本の四重苦、地震・津波・核警報・電力不足は、供給網にさらに大きな圧力をかけている。大きな地震の三週間後、混乱の範囲と予想される継続期間はまだはっきりしない。
 
今製造業が直面している衝撃と、2008年の金融危機で銀行システムを揺さぶった衝撃との間にはいくらかの啓発的な類似点がある。どちらの場合も、最も大きな二つの驚きは、危機が暴露した予期しない関係性と、影響の範囲である。問題は、システム上の見かけ上は良く封じ込められた部分から始まった。金融問題ではサブプライムローンから、製造業の場合では経済的後進地帯の自然災害から-しかしすばやく広がった。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む
HSBC を購読