ゲイツ財団

私の方法でそれをする - エチオピアとケニア

4月
05

二つのまさに反対の経済モデルの間でのイデオロギー的な競争

メテマでの到着ターミナルでエチオピア国境警備がすべてのパスポートを手書きの望ましからぬ人物リストとあわせ、それらをはじき出す。ここは、国家がもっともよく知っている国だ。それは、訪問者にとって面倒かもしれないが、それはエチオピアをアフリカの開発の星の一つにしている。国境から離れる新たに建設された道路は、コーヒーについてエチオピアで二番目に大きな輸出品のゴマの集約的な畑に囲まれている。収穫された茎の黄金の束が、小川の脇の畑に置いてある。ボブ・ゲルドフがその国について「かつてなにも育ったことがなく/雨も降らず川も流れず/彼らは今がクリスマスの時期だって知っているのだろうか?」と歌った飢饉に襲われた1984年から長くたった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

望みにあふれる大陸

4月
02

アフリカ人の人生はすでに過去10年で大きく改善している、とオリヴァー・オーガストは語る。次の10年はさらによいだろう

3人の学生が、世界で最も貧しい大陸の西の端のセネガルのヴェルデ岬のビーチカフェでiPadを覗き込んでいる。彼らは、ヨーロッパで最も悲惨な国の一つモルドヴァについてのオンラインのニュース物語を読んでいる。一つの見出しは「4人の酔っぱらった兵士が女性を強姦する」と読める。他のものは、モルドヴァの男性は過剰飲酒で死ぬ可能性が19%あり、58%が喫煙関係の病気で死ぬ、と言う。もう一つは正売買を取り扱う。そのような物語は、ギリシャからの緊縮の物語とともに、アフリカの反映するメディアの重要商品になっている。アフリカの病気と無秩序の物語が長い間豊かな世界でされていたように、それらは憐れみと信じられなさを引き起こす。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

困難の世界 - 2013年リスク予測

2月
01

2013年の事業にとってどのリスクが一番大きく現れるのか?

トーマス・マンによる「魔法の山: The Magic Mountain」の中で、ある若いビジネスマンがスイスアルプスにあるダヴォスの療養所に患っているいとこを訪れる。そのビジネスマンは自身気分がすぐれなくなり始める。そのサナトリウムの持ち主でもあるそこの主治医は、彼に休むよう助言する。彼は最後には7年間果てしなくとどまる。

リスクについての報告を読むことは、ほとんど同じ効果を持ちうる。より多く読めば、より多くのリスクを見つけることができる。やがては神経の疲れで倒れる。今週、特に不安をもたらす説明の2冊が出版された。(今月ダヴォスで会った)世界経済フォーラム(WEF)による「グローバル・リスクス2013」と、コンサルタント会社のユーラシア・グループによる「トップ・リスクス2013」だ。

強いウイスキーを浴び、「慢性的労働市場不均衡」と「気候変動緩和の予期せぬ帰結」についてこれらのページをかき分けることは、にもかかわらず価値のあることだ。これらの報告は、より良い計画やよりはっきりとした考えによって避けられうる危険について警告を発するだけではない。それらはまた、ある男にとっての崖は別のものにとってのはしごであるというビジネスの基本法則のために、機会も示唆する。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

機会ではなく選択だ - 避妊と開発

7月
24

家族計画が国際的な開発の議題に戻ってくる

ブルキナ・ファソのワガドゥグの郊外のマリー・ストープス・クリニックで、だいたい30歳のジュリエットは子宮内避妊リングをはめた机から、笑いかけた。彼女は、3人の子供を持っており、これ以上ほしくないと言った。彼女の夫は、彼女がその処置をしていることを知らない、と彼女は認めるが、彼は気にしないだろうと彼女は考えている。人ごみから判断すると、誰も気にしない。その2層の建物は、母親と子供たちが群れている。その理事のサリー・ヒューズは、毎月だいたい1.4万人の訪問者があると語る。1台のジープがちょうど戻ってきて、さらに多くの避妊を施している周りの村への日々の旅から帰ってきた医者、助産婦、そして看護師を連れ戻す。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

甘くなった慈善活動 - 慈善と税制

6月
24

国家が良い理由での贈与に補助金を出すべきだという考えは活発だが、簡単には正当化できない

「それは心で生まれるべきだ。」英国の大蔵大臣は予算演説で下院に語った。「どんな場合でも、控除はBの負担でAを助けることを意味するのだ。」これは、まったく、慈善団体に益をもたらす税控除をなくそうという彼の主張の真ん中にあるものだ。「それは公平ではない。」彼は続けた。その妻子を養うために働いている「一家の父たち」に、高い税率の形で費用を課すことについてだ。控除によって奨励された贈与は、豊かな贈与者に「そうでなければ享受することができなかっただろう」「信用と評判」をもたらすために、かなり設計されているので、これはなお一層重要だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

医者を押し出している - 医療の未来

6月
14
医療の中心での医者の役割は圧力にさらされている
 
ボストン郊外のフラミンガムの静かな通りにある窓のない部屋で、ロブ・ゴーズワードとその同僚たちは、保健における最も困難な問題を解決しようとしている。いかにして高齢化しそれ故に病気がちな人々を効果的に世話するかということだ。壁には典型的な患者の写真が貼ってある。こちらには時折運動する男性が、あちらには多くの慢性疾患を持った女性の写真、といった具合だ。大きな紙が、起こるかもしれないすべての問題とそれに対処する方法を示した多岐にわたる線で、それぞれの患者の病院から家での快適な生活へ戻る経路を示している。このようにして健康への多くの道を表にするために、ゴーズワード氏のチームはたくさんの患者と看護師に面接した。
 
しかし、この「戦争部屋」は病院には属していない。それは、オランダの電機会社であるフィリップスのものだ。フィリップスの家庭監視事業の革新部長であるゴーズワード氏は、何の医療訓練も受けていない。彼の専門は、消費者だ。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

熱い熱帯地方 - 忘れ去られた熱帯の病気

2月
13

世界で最も不快な病気は時期遅れの注意をひいている

世界的な保健運動は壮大な目標を好む。1月30日にビル・ゲイツは、世界保健機関(WHO)の長、13の製薬会社の重役たちなどと合流し、2020年までに10億人以上の人々を悩ます世界の10のもっとも不快な病気を撲滅するか管理することを約束した。メジナチュウ、睡眠病、(医者が住血吸虫病と呼ぶ)ビルハルツ住血吸虫、などが組織を腐らせたり、臓器を破損させたりする。たとえそれらは死に至らしめなくても、それらは子供たちの成長を妨げ、大人のエネルギーを奪う。

新たな努力は、困難を攻撃する勇敢な一揃いの野望としてやってきた。ミレニアム開発目標の一部として、世界の指導者たちは、2000年に、2015年までにHIV、マラリア、そして結核の被害を抑制することを約束した。それは散財をもたらした。貧困国の保健計画への寄付は2001年から08年の間に倍以上になった。マラリアの1/4以上下がった。しかし、経済危機がこぶしをきつくした。ワシントン大学のクリストファー・マーレイは2009年から11年の年間の支出伸び率はたったの4%だったと計算する。世界銀行からの資金を除いて、ほとんどが中所得国への融資だが、供与はほとんど伸びていない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ロータリーエンジン - ポリオ

1月
29

ビジネスマンクラブは世界からポリオを根絶できるのか?

インドでポリオの最後の症例が診断されて1年がたつ。その国からポリオがなくなったというにはまだ早い。そのためには3年が必要とされる。しかしそれはよい始まりだ。しかしもしインドでそれがはっきりすれば、かつては世界的な災難だったものが今ではたったの3か国になることになる。アフガニスタン、ナイジェリア、そしてパキスタンだ。その間に、感染者数は1988年に35万人だったのが、去年は650人に下がった。

これはすべてかなりの部分ロータリー・インターナショナルの努力のおかげだ。1985年には、フィリピンでの試験的な調査が成功した後で、この世界的慈善団体を兼ねたビジネスマンたちのクラブは、ポリオにかかる恐れのある5歳以下のすべての子供にワクチン接種することによってそれを根絶する計画を発表した。当時の推計は、それは1.2億ドルかかるだろうというものだった。その後8億ドルのロータリー(とほかの資金源からのたくさん)の金が費やされたが、そのウイルスは依然としてそこにある。しかし、その残された隠れ家はその物語を語っている。政府が混乱に満ちていれば、医療は難しいということだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

麻痺 - パキスタンのポリオ

10月
18

パキスタンがその国民を失望させたもうひとつの行い

パキスタンの問題の一つとして、ポリオの広がりを考えてみる。主に悪い水を通してウイルスによって感染する、手足を動かなくし、時には死に至らしめるポリオの115番目の例が今週確認された。その記録は去年から付けられている。

ほとんどの国でポリオはほとんど思い出の中のものだ。豊かな国々では、1970年代までにかなり根絶し、貧しい国々でも多くがすぐに後を追った。30年前、世界には年間40万人のポリオ患者がいると推定されていた。安く効果的なワクチンのおかげで、2滴を子供の口に落とし、公的・民間資金の少額で洗い流すことにより、年間の世界での数は今ではおよそ1,000人だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

ゲイツ財団 を購読