ウガンダ

うなずく知り合い - 無視された病気

2月
09

アフリカの二つのいやな子供の病気が科学的に調査されている

アフリカには、(AIDS、小児性下痢、マラリア、そして結核のような)あまりに多くの重大な病気があるので、それほど重要ではないものは簡単に無視される。しかし、これらの無視された病気は、苦しみと死の原因となり、そしてより細かく見れば、子供たちに影響するとき、成長する世代の人的資本を減らすことによって、その国の潜在力を食べつくす。

コンゾとうなずき病は、この階級の特にいやな奴らだ。どちらも神経性だ。そしてどちらも主に子供たちに影響する。しかし、それらはいま、検査することができ、悲しいことにすでに苦しんでいる人々の治療はできないが、検査をすれば予防の可能性はある。

南スーダンとウガンダで5,000-10,000人の子ともたちに影響しているうなずき病は、1960年代から似たようなものが南部タンザニアで知られていたが、2000年代初めに最初に気づかれた。コンゾはもっと古い。それは、当時ベルギー領コンゴ(現在のコンゴ民主共和国)で1938年に見つかった。それは、以来、中央アフリカの広い地域で散発的に起こるのが見られている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

遅れたが、手ぶらではない - アフリカのバラク・オバマ

9月
07

アメリカの大統領は、4年たってからその父の大陸を訪れる

アフリカ人たちは、少なくともヨーロッパの探検者が、派手な陶磁器類や蔵書すらも満たしたトランクをたくさん持った荷物持ちの長い列の先頭で、サヴァンナをだらだら歩いて以来、大きな随員たちを連れ異国風の荷物を持った訪問者たちに慣れている。しかし、バラク・オバマが6月26日にアフリカに足を踏み入れる時、彼はさらによいことをするだろう。病気になったとき用の最高水準の病院を備えた軍艦が最初のアフリカ系アメリカ人の最高司令官に同行し、ジェット戦闘機が止まることなく空を警護し、3台のトラックが彼の寝るホテルへの防弾ガラスを運ぶ。しかし、チーターやライオンに対して狙撃種を雇うことに高官の木が進まなかったので、大統領のサファリはキャンセルされた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

新たなグレーゾーン - 中央アフリカ共和国

8月
22

アフリカの中心の別の国は、統治できなくなるのかもしれないのか?

長く困難を抱えた中央アフリカ共和国(CAR)は、その3月のクーデターがフランソワ・ボジゼ大統領の10年にわたる支配を終わらせた反乱軍の手におえない一団の下で、危機により深く流れ込んでいる。反乱軍連合のセレカは、その高官の中の意見の相違で苦闘しており、人権を重大に侵害しており、クリスチャンとムスリムとの間の緊張が持ち上がっている。人道グループは、移行の監督と支援を助けるために、よりしっかりした国際的介入を要求している。しかし、西側政府がほかの所に携わり、アフリカ連合は自分自身でCARに取り組むことに慎重なので、混乱は持続しそうだ。

去年の12月に始まった迅速な攻勢で、現地の言葉サンゴ語で「連合」を意味する党派の寄せ集めのセレカは、首都バンギの入り口に達した。それは、ボジゼ氏が2007と08年に結ばれた和平協定の条件を破っているとして非難した。1月に、近くのガボンの首都リーブルヴィルで、クーデターを防ぐための最後の努力として、3年の権力分立協定が合意された。しかし、ボジゼ氏はそれを真剣に受け取ることを拒絶した。これが、3月24日にセレカがバンギを乗っ取るのを促し、関わらずに監視するよう想定された南アフリカ軍を13人殺した。ボジゼ氏は逃れた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

パイプラインのポーカー - ケニア、南スーダン、そしてウガンダ

7月
30

東アフリカはその新たに見つかった石油の富を投げ捨てている危険にある

去年の3月に、ケニア、エチオピア、そして南スーダンの元首たちは、これらの国全てのために仕え、大きく彼らを豊かにするだろう、全部で160億ドルかかる港と石油パイプラインの建設を始めるために、インド洋に面したケニアの町のラムのマングローヴの間で、会った。地元の役人によると、実際には4,000ドルしかかからなかった祝いの食事のために、納税者は35万ドル請求されたという。今のところ、とても利益が上がっている。しかし、それ以来ほとんど何も起こっていない。パイプライン建設の計画は停滞している。

ウガンダ大統領ヨウェリ・ムセヴェニのその立ち上げへの欠席は、すべてがうまく行ったわけではなかった最初の手掛かりだった。ウガンダは最近アルバート湖沿いで35億バレルの石油を発見した。それは、その地域の新しい油田をつなぐどんなパイプライン計画の一部にもなるべきだ。石油はまた、湖の反対側のコンゴでも見つかっている。そしてケニアの国境をまたいで、探査は見通しがあるようだ。ロンドン上場会社のタロー石油は、試井から1日281バレル(b/d)を汲み上げているという。近くのエチオピアも猛烈に探査している。すでに石油を生産している南スーダンは、ケニアとの国境沿いに更に多くの大きな油田を見つけることを望んでいる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

中心は持続しているが、ただそれだけだ - ソマリア

6月
30

モガディシュの新政府はまだその気概を示していない

植民地時代の終わりに、ソマリアはサブサハラアフリカで民族的な意味では疑いなくもっとも同種の国だった。それに最も近いのは、たぶん4/5がツワナ族で平和で安定しているボツワナであり、そこから一つの大きな部族が居住しそれが運営する国は、小さな部族のごった煮よりもより安定する可能性があるという示唆を受ける人もいる。

しかしながら、ソマリアは、紛争、貧困、そして非統治の典型になった。しかし、その民族的同種性は誤解させる。同じく単一の言語と地域を分かち合っているけれども、それは500以上の部族と支族に別れており、それらは悪名高く気難しく競争的だ。これは、彼らのかなり遊牧民的な生活様式とあいまって、多くのソマリ人に中央政府の命令を受け入れることをひどく気が進まなくしている。

首都のモガディシュから本当の権威をふるった最後の男は、1991年に追放された軍事独裁者のシアド・バーレだった。彼の没落は20年にわたる内戦のきっかけだった。去年の9月に議会によって選ばれたその国の直近の大統領ハッサン・シェイク・モハムドは、民主的な方法を使う一方でよりよくできるのだろうか?

Posted By gno-eagrai 続きを読む

呼び出された - 身分証明政治

6月
25

携帯電話を通じての追跡は、有罪のものも無罪のものも同じように怖がらせる

アメリカと英国では、前払い携帯電話か(携帯電話に番号を賦与する)SIMカードを持つには、ほとんど、もしくはまったく書類作業を必要としない。少額で、顧客は電話をし、メールを送り、インターネットに匿名でアクセスできる。利用者の名前と住所を登録するための努力は停滞している。プライヴァシーが、匿名電話がテロや犯罪の道具であるという主張に勝つのだ。

他の所では、人生はより厄介だ。中国やインドでは、販売に熱心が街路の売り子が時にそのルールを差し控えるが、電話とSIMカードの匿名販売は禁止されている。3月に、5つの大きなマレーシアの携帯電話会社が、政府IDをチェックすることなしに電話を顧客に売ったために、罰金を科された。アフリカと中東では、新しい法の波が、登録しなければ接続できなくなる危険があるので何百万人もがSIMカード登録のために列をなし、去年官僚的な面倒を惹き起こしている。UAE最大の携帯電話会社Etisalatが、130万の登録されていないカードを接続不能にしている。ケニアは少なくとも240万を遮っている。アフガニスタンからペルーまで、政府は取り締まっている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

新しい国が廃墟から立ち上がっている - 南スーダン

6月
24

世界で最も若い国は、きちんとした政府と社会を打ち立てるのに苦労している

店と居酒屋は、利用できるたった一つの消費財であるボトル飲料を備えた一列のブリキの掘っ立て小屋を占め、一方十余りの萱葺きのハットに続く道はまだ泥道だ。ひと目見ると、南スーダンが北に残った国から独立する直前の2年前に前回記者が訪れた時と、リリヤの村はほとんど変わっていない。しかし、より近づいてみると、その国の南東部の青々と森の茂った丘のふもとでいくつかの明るい追加が目に入る。家の群は、井戸からタンクに汲み上げられた水道の蛇口を分け合っている。新しい青と白の学校の建物と職業訓練センターが、耕された畑の中に建っている。

しかし、そのような進歩は、見えるほどには達していない、と地元の聖職者のチャールズ・セビットは語る。村人は貧しすぎて、悪天候で太陽光発電が妨げられた時に水をくみ上げるポンプの発電機用の燃料を買うことができない。そして彼らは、そこから教師の給与が支払われる授業料を払う余裕がない。いずれにせよ、ほとんど字の読めない親たちは、子供たちを畑で働かせるか、牛で支払われる持参金を望んで嫁に出すことを好む。多くの教室は一度も使われていない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

もっとも熱い辺境 - アフリカ投資

5月
03

急成長する大陸で金を働かせる戦略

ハイパーインフレの中で小売店を破産させないようにするとき、副業を持つことが役に立つ。「我々は、靴やカバンのためにわに革をエルメスやグッチに売る事業を持っている。」ジンバブエの首都ハラレが本拠の企業複合体インスコアーの社長ジョン・コウミデスは語る。ジンバブエの通貨が崩壊した2008年にその店が在庫不足に陥った時、この異国風の輸出品から稼がれた外貨はスパーの店舗を含んだその会社の他の部門の生命線だった。

インスコアーは生き残った。わに革事業を脱ぎ捨てていても、それはかさばった事業の混合のままだ。しかし、それはアフリカ消費者の新階級の出現から利益を得ようとする投資家の注意を惹いている。去年、その株式は50%上がった。その企業の大黒柱でほとんどの関心を興奮させている部分は、チキン・インやピザ・インを含んだブランドのファストフードだ。その代理店は、今ではナイジェリアを含んだいくつかの他のアフリカ諸国にある。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

平和のヒント - コンゴ

4月
21

ある軍閥の逮捕は、騒々しい地域を少し落ち着かせる役に立つかもしれない

コンゴの軍閥ボスコ・ンタガンダをハーグの国際刑事裁判所(ICC)で3月26日に目にしたのは、前進の兆しだ。しかし、コンゴ民主共和国に耐久力のある平和をもたらすためには、さらに多くの外交的国際的威圧が必要とされるだろう。

ンタガンダ氏は、3月18日に、隣のルワンダのアメリカ大使館に自首した。彼は、たぶん彼自身の運動の騒ぎの結果として、殺されることを明らかに恐れていた。彼は、10年以上にわたってコンゴの東側でテロを広げてきた。彼は鉄拳をふるった。彼自身の反乱軍の最初のものは隣のルワンダに支援され、それから今後の国軍に入り、そしてついに、去年、再び誰にも所属していないように見える反乱軍として立った。ルワンダの大統領のポール・カガメのようにツチ族のンタガンダ氏は、他の民族集団の人々へのテロの多くを指示した。

ほとんど5年間、彼は図々しくもICCによって発行された逮捕状を無視し、コンゴの国連平和維持部隊を困惑させ、コンゴの大統領ジョセフ・カビラが彼の国を支配する主張をあざけった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

欠乏の十種競技 - 貧困

4月
18

苦しい環境のより広い計測

多くの人々の目には、貧しくなるということは、所得がかけるということだ。それは、欠乏の研究を始めるのにはよい場所だが、終わるのにはよい場所ではない。人々が注意するのは所得だけではない。そして、それが買うことができるのは、ある人から別の人で、大きく変わる。例えば、慢性病を抱える人は、同じように満足な生活に導くためには、健康な人よりも多くの所得が必要だ。

しかしながら、これらの哲学的な思慮を機能する計測具に変えることは、簡単ではない。一つの価値のある努力は、サビナ・アルキレとオックスフォード貧困・人間開発イニシアティヴの彼女の同僚によって案出された、多次元貧困指数(MPI)だ。それは、アメリカの援助機関USAIDとユニセフによって散発的に行われた調査に現れる10の質問から始まる。その質問の二つは教育をカヴァーし、二つは健康について聞き、残りの6つは家計の生活水準を調査する。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

ウガンダ を購読