格差問題

教育と階級 – アメリカの新たな貴族政治

1月
25

知的資本の重要性が増すにつれ、特権はますます遺伝性になっている

8月に共和党大統領候補者の最初の討論会が開かれるとき、そのうちの3人は父親も大統領に立候補した人になるかもしれない。誰が勝ったにしても、その次の年には空いては元大統領の妻になるかもしれない。相続される地位に敵対する原則で設立された国がこれほどまでに王朝に寛容なのは奇妙だ。アメリカは一度も王や君主を持っていないので、エリートが固定化するという兆候について、ときどきそれほど気にしないように見える。

トーマス・ジェファーソンは、国にとって有益な有徳で才能のある自然の貴族政治と、国をゆっくりと窒息死させるだろう富と出生によって成し遂げられた人工のそれとを区別した。ジェファーソン自身は、義理の父から11,000エーカーの土地と135人の奴隷を相続したすばらしい弁護士であり、その両者の雑種だが、その区別は耐久力があるとわかった。

今、それがわかり始めている。現在の金持ちはますますその子供たちに、数晩カジノで遊んだくらいでは使い切れない資産を残しているからだ。それは富よりも遙かに有益なもので、相続税に傷つけられないもの、つまり頭脳だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

権力のはかなさ

4月
15

権力者は長くそこにとどまらない

もし左右の党派が何かに同意すれば、それはその権力がより集中しているということだ。オキュパイ・ウォール・ストリート型は全く強力な1%に対してデモをする。ティーパーティーたちはコスモポリタンエリートに対して怒る。2000年のアル・ゴアの大統領選挙戦はへたくそだったかもしれないが、彼の選挙スローガン「人々対権力者」は21世紀の政治を定義している。

なぜかを見るのは簡単だ。金融危機の間に、政府は銀行自身の愚劣さと強欲さの帰結からそれらを助けるためにたくさんの公的資金を使った。銀行員たちは直ちに自分たち自身に巨額のボーナスを払うことに戻った。多くの国で不平等が増している。中産階級が押しつぶされ貧しいものが足の下で踏みつけられるにつれ、金持ちは次第に豊かになる。ヘッジファンドの実力者とカジノ王はアメリカの選挙を揺り動かすのに富を使う。そして最高裁は彼らに使い続けるよう言うのだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

限界の呼びかけ - 金融とアメリカの貧者

3月
17

アメリカの金融の主流の端での生活

金融産業が貧しい顧客の前に不適切な商品をぶらぶらさせることよりも悪いたった一つのことがあり、それは、彼らに金融サーヴィスをまったく供給しないことだ。12月に、連邦預金保険公社(FDIC)は、ほぼ12件に1件のアメリカの家計、または1,700万人程度の大人が、当座か貯蓄の口座を持っていないことを意味する「無銀行」であることを見つけた調査を発表した。その調査はまた、5件に1つのアメリカの家計が、銀行口座は持っているが、典型的には、短期小口ローン、小切手割引サーヴィス、ノンバンク資金、または質屋といった題対サーヴィスにも頼らなければならない「過小銀行」であることも見つけた。

すべての無銀行が貧しいわけでも、すべての貧しい人々が銀行口座を欠いているわけでもない。しかし、(FDICの調査では年間所得が1.5万ドル以下だと定義された)低所得家計の間での無銀行率は、全体の率の3倍以上だ。口座なしの貧しいアメリカ人の比率は、他の豊かな国と比べて特に悪い。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

公平な分配 - ドイツの富裕税

9月
29

階級闘争の季節だ

1か月の若さの運動Umfairteilenは、支持者がドイツ中の道に達することを計画している9月29日のために計画している。Umfairteilenは、ドイツ語で再分配を表す言葉の一音節を英語のfairに置き換えたものだ。その目標は、すでに議会の野党によって採用されているが、富裕税だ。

この古い考えは、ベルリンのシンクタンクDIWが、ドイツを含んだヨーロッパに依然として存在している十分な民間の富の一部を政府が差し押さえれば、ユーロ圏の国際危機は簡単に解決しうると論ずる。おまけとして、そのような賦課はまた、不平等を減らす。

最初の疑問は、誰を金持として数えるかだ。DIWは、その分析を個人財産が25万ユーロの点から始めることに基づいている。しかし、それは中産階級をたたくだろう。だから、ドイツでの重要な政治的段階である討論番組は、その議論を取り上げた。一貫した答えは、「金持ち」とはその質問に答えた人よりも豊かな人は誰でも、ということのように見える。(Umfairteilenは100万ユーロにその線を引いている。)

Posted By gno-eagrai 続きを読む

鉱山だけじゃない - 南アフリカ

9月
28

虹の国とその与党は、彼らの理想に恥じない行動をするのに失敗している

「我々は悪夢を見ているのかと思った。」南アフリカのノーベル平和賞受賞者でアパルトヘイトに対する戦いの退役兵であるデスモンド・ツツ司教は語った。しかしそうではない、彼は叫んだ。「それは2012年の我々の民主主義の中にいる、我々なのだ。」彼の怒りのうめき声と不信感は南アフリカ中にこだましている。先月ノースウエスト州のマリカナ近くのプラチナ鉱山で34人のストライキ中の作業員が警察によって殺された後で、その国民の多くがかつての恐怖がフラッシュバックするのを経験した。

国の検事が、アパルトヘイト下で施行され2003年に憲法裁判所によって制限された形で維持された「一般目的」法を引用して、衝突の後で逮捕された259人の鉱山労働者を告発した後で、不信感が増した。

鉱山労働者が告発されたことは、奇怪で衝撃的だった。法律には残っているが、「怠惰な検事の法」と表現されているものの使用は、国中で怒りを促した。数日後、検事たちは法の中での彼らの健全さを主張したが、殺人罪は取り下げられた。彼らが政府からもともとの罪にするか撤廃するかどちらかにするよう政府からの圧力にさらされたかははっきりしないが、その事象が国の検事の独立性に疑いをもたらしているのは避けられない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
Posted By gno-eagrai 続きを読む

法律と貧者

4月
11

新興市場の裁判所は多くの人が推測するよりも貧者にとって良い

12月にインドの内閣は、人口の2/3に安い食料を得る権利を与える(法によって強制可能だと考えられた)「食糧への権利」法案を承認した。議会は依然としてそれに承認を与えなければならないが、その考えは流行の一部だ。インドの法律は、すでに、教育、保健、そして賃金労働の権利を約束している。そしてインドは、社会的と経済的権利をその憲法に組み入れ、これらの権利を施行するのに裁判所を使う多くの国の一つだ。インドネシアの憲法裁判所は、2004-06に政府に教育支出を増やすよう要求する裁定を出した。南アフリカの最高裁判所は、気の進まない大統領、ターボ・ムベキに、様々な反HIV/AIDS計画を始めるよう義務付けた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

証拠の本体 - 所得不平等と金融危機

3月
26

頂点への富の集中は金融危機の責任があるのか?

世界的金融危機の背後にいる悪役を探して、不平等を容疑者に指名するものもいる。シカゴ大学のラグラム・ラジャンは2010年の「断層線」の中で、不平等が危機の原因で、アメリカ政府は意図的な共犯者として働いたと論じた。1980年代初めの、大学教育をほとんどもしくはまったく受けていないアメリカ人労働者の賃金は、大学卒業資格を持つ者のはるか下にかつてないほど落ち込んだ、と彼は指摘した。停滞する所得の問題に反応するよう圧力を受ける中で、引き続いての大統領と議会は不動産への信用供与の洪水への道を開いた。

1992年に、政府は、住宅金融への二つの大きな資金源であるファニー・メイとフレディ・マックの資本要件を緩和した。1990年代に、連邦住宅局はその融資保証を大きな不動産を小さな分割払いで支払えるよう拡大した。そして2000年代には、ファニーとフレディはより多くのサブプライム不動産担保証券を買うよう奨励された。不平等が災害への下地を準備したのだ、とラジャン氏は論ずる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

つかるか泳ぐか - 最適税率

1月
29
いかにして大きな被害を与えることなしに最高税率を上げるか
 
経済的によくやっている人々への増税は、成長を窒息させ、回復を遅らせるのか?それは増税されたときにどのように豊かな人々が行動するかにかかっている。彼らの所得の小さな部分を持つことしか許されなくなったとき彼らは働かなくなるだろうか?彼らはその金を海外に移すだろうか?彼らの所得の大きな部分を税率の低い形にするだろうか?経済学者はそのような質問に答えるために、多くの過去の税率の変化の影響を見つめてきた。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

格差問題 を購読