The Americas

合衆国とカナダの関係 – アラスカから本土48州への海路上での孤立

1月
27

合衆国のアラスカ海洋高速道路は、本当の意味での高速道路ではない。それは、アラスカのアリューシャン列島からワシントン州ベリンガムをつなぐ5,600kmの港の鎖だ。その多くが観光客である31万人程度の乗客が、毎年、少なくともそのフェリーの旅の一部を楽しんでいる。それはアラスカの沿岸共同体をお互いに、そして本土48州と結びつけたが、その一部はカナダにある。この二重国籍の性質から、貿易論争が起こっている。

アラスカ州は最初1963年にそのターミナルを借り、2013年にはカナダに330万ドルを支払い、それを50年更新した。しかし、その衰えた停泊地、橋、そして自動車ランプの取り替え契約を誰が結ぶのかについての、カナダと合衆国との間でのけんかが今勃発している。その港がカナダのものであることに誰も異存はないが、果たしてアメリカの法律は適用されるのか?

その海路を管理するアラスカ州は、1,000-2,000万ドル相当の計画をあるブリティッシュコロンビアの企業と契約を結ぶことを計画していた。国の外れで他の業者を雇うことにほとんど意味はない。しかし、合衆国の「バイ・アメリカ」法の条項の下で、契約業者はアメリカ人を雇用する供給者からの鉄鋼や他の素材を使わなければならない。そしてまた、アメリカ製の工具を使わなければならない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

2015年1月17日The Americas

1月
22
  • ハイチ - 不幸せな記念日

いらだたしい5年間のあとで、地震で引き裂かれた国は安定を探っている

2010年1月12日にハイチを襲った地震から5年がたった。100億ドルの救助復興支援が善意のシャワーの中で行われたが、その仕事は半分しか終わっていないようだ。8.5万人しか「テント街」には残っていないが、新しい寝床を見つけた人の多くは、丘の麓に林立した今にも倒れそうな仮設の団地に住んでいる。その首都の新しい飛行場はしっかり機能しているが、町の中心部では新しい構想の政府庁舎は空っぽのままだ。政治も混沌としたままで、国際公約にもかかわらず地方と議会の選挙は3年も遅れている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

2015年1月10日The Americas

1月
15
  • カナダの移民政策 – 老人のための国はない

1967年にカナダは移民を受入れるかどうかの選抜過程から差別と偏見を取り除く方法を発明した。ポイント制度は応募者の人種と出身国を無視した。代わりにそれは教育、英語か仏語の流暢さ、そして労働経験に報いた。当時これはヴィジョンのあるもので、オーストラリア、ニュージーランド、そしてシンガポールなどがカナダ型のポイント制度を導入した。

カナダは比較的移民にとって開化されたままだが、カナダの政策は変化している。2006年に政権についてから、保守党は「市民になる能力」から離れ、職の提示がある労働者を認めるようになっている。1月1日に、政府は更に踏み込んだ。新たな「特急入国制度」はこの重みを大きく高めたのだ。元々もポイント制度には欠点があった。入国時に差別から逃れても、職を見つけるときにしばしばそれに直面するのだ。新制度はこの問題を正そうとしたものだ。

最初の試みでは、雇用主が低賃金労働者を好んだためにうまくいかなかった。今回は2度目の試みで、応募者にその身元情報を事前に証明するよう求め、雇用主にその職にカナダ人適格者がいないことを示すよう義務づけることによって、以前の問題に対処する。この新しい計画では、カナダの年齢目標を低めており、新たな移民はより若くなる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

2015年1月3日The Americas

1月
09
  • ブラジルの経済 – この先荒れ模様

ジルマ・ルセフが1期目に間違いを犯したと言うことは、2期目が嵐になるだろうことを意味する

1月1日に2期目の大統領宣誓をする準備をしているジルマ・ルセフの困難なやること一覧には、対米関係修復、アマゾンでの森林伐採、2016年のオリンピックの準備などが含まれている。しかし、経済問題が一番厳しい。商品需給循環 (スーパーサイクル)の終了は、ブラジルの大豆、鉄鉱石、そして直近では石油の輸出価格の下落を意味する。成長を意図した放縦なマクロ経済とミクロ経済への介入の組み合わせは、財政と彼女の信任を単に傷つけただけだった。彼女はジョアキン·レヴィを財務大臣に、ネルソン・バルボサを計画大臣に就けることから始めている。この体制で緊縮を進めるが、それは彼女の人気に影響するだろう。

 

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ふくらみの戦い - ラテンアメリカの肥満

10月
02

ウエストラインが広がるにつれ、ジャンクフードとの戦いもそうなる

アステカやインカまでさかのぼる豊かな料理の伝統を持つ国々として、メキシコとペルーは現代の食料の流行への好みをかなり発展させている。メキシコ人はほかのどの国よりも発砲飲料をがぶ飲みする。ペルーは世界で最も高いファストフード店の密度を持っている。世界最大の果物輸出国の一つチリは、それを多く食べない。加工食品が平均的なチリ人の買い物かごの半分以上を占めているのだ。痩せたブラジルですらも、お菓子のジャンクフードの摂取は30年で5倍になっている。

全てのウエストラインが同じようにこの砂糖、塩、脂肪の集中にあっているわけではないが、多くのラテンアメリカとカリブ海諸国をわたって、その傾向はマフィントップのように目立つ。国連機関の食糧農業機関は、その地域が発展途上世界で最も体重の重い地域になっているという。その脂肪の蔓延が始まった1990年と比べて、飢えを通してよりも過食を通して、いまラテンアメリカでは、はるかに多くの健康な生活の年月が失われている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

荒れた境界 - カナダの騎馬警官隊での性差別

9月
11

女性隊員が隊列の中で嫌がらせを主張する

初期ハリウッドの騎馬警官隊は、いかに女性を扱うかを知っていたことで有名だ。彼は荒れ地の中で彼女を守り、アメリカの悪漢から彼女を救い、もしロマンティックな気分になれば、山頂で彼女とともに歌った。しかし、女性は厳格に救う対象だった。もしその騎馬警官隊が正義を追究するために走り去る時に女性のパートナーがいれば、彼女はたぶん馬だ。

王立カナダ騎馬警察(RCPM)は、1974年の女性の募集を始めた。彼女たちは今、その7,000の補助職員のほとんどとともに1.9万の職員の1/5をなしている。しかし、ほぼ300人の現在そして元女性騎馬警察が参加したいと期待している、最近始まった性的嫌がらせへの集団訴訟は、「いつでも犯人を捕まえる」ことで有名なその部隊が、依然としてほとんど女性を「得て」いないことを示唆する。申し立ては、幼稚な悪ふざけ(ある伍長は夜間勤務中にゴム人形と一緒に勤務していたと言われる)から物理的虐待までにわたる。ある女性は、1980年代に馬の肥しの間を引きずられたと主張する。弁護団は静かに降りるようだ。部下と性行為をし、同僚に露出し、職務中に酒を飲んだと認めた下士官は、単にほかの州に飛ばされただけだった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

新しいメニュー - ハイチを養う

9月
03

政府はアメリカ州で最も貧しい人々の皿にどっさり乗せようとしている

援助関係者は時に、ハイチが自分を養うための苦闘のために安い輸入米を際限なく供給しているように見えることを非難する。人口の半分以上がその土地に住み続けている、その国は依然としてその食料の半分と米の80%を輸入している。現地で知られている合衆国からの輸入米のディリ・マイアミは、過去30年にわたって基本食料品になっている。その輸入品は、幾分かは、3%と言うハイチの輸入関税がカリブ海で最も低いものの一つであるために、流行している。これは、合衆国での農民への気前の良い補助金と結びついて、米が地元で作られた食料よりも安いことを意味する。多くが地元農民を保護するためにより高い関税を論じている。しかし、自給率を改善する新たな動きは、関税を上げることではなく、ハイチの農業をより効率的にし、ハイチ人の食生活を変えることも狙ったものだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

金に向かう - エクアドルの鉱業

9月
03

ブラジルがその鉱業ロイヤリティを上げるとき、エクアドルはそれを下げる

エクアドル人は「比類のない金持ちの中で貧しく生きる。」アレクサンダー・フォン・フンボルトはその19世紀の冒険の中で注目したと言われる。新たに3期目に突入した大統領のラファエル・コレアは、ついにエクアドルの金、銀、銅などの鉱物の地価の富の鍵を開けることを狙っている。彼の最初の6年の任期中に追及されたポピュリスト政策は、国産会社と環境主義者を同じように遠ざけた。しかし、6月13日に可決された新鉱業法は、より実際的な方針を示唆する。

2009年の包括的な鉱業改革は、会社を官僚主義でつつみ、彼らを税で痛めつけた。その政府は、その鉱業体制を世界中のどこの国よりも最も儲かると褒めちぎった。投資家は注目し、他に行った。2月の大統領選挙が道を離れて、コレア氏は経路を変えている。その新法は、以前には青天井だったロイヤリティに8%の上限を課し、必要な許認可を合理化する。会社は、その投資を取り戻すまで、タナボタの税金を支払わない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

深く掘る時だ - ブラジルの鉱業

9月
03

長く待たれていた法案が不確実性を終えたが、それは鉱山会社の利益を直撃するだろう

ブラジル政府が鉱業法の抜本的書き直しを計画していると言ってから4年後、6月18日に、GDPの4%と輸出のほぼ1/4を占めているその産業は、ついにその運命を学んだ。鉱物の富への最大のロイヤリティは2%から4%に上がり、鉄鉱石と金が多分最高率となり、それは利益ではなく売上に課されるだろう。将来の免許は、最低投資条件とともにやって来て、免許は簡略化されるだろう。

その発表は、さらに悪いとあきらめていた鉱業会社の服従を受けた。その政府はその部門が悲鳴を上げるまで絞ることに熱心だったが、下落する商品価格と悪化する貿易収支が、その計画を穏やかにしているようだ。恐れられた新たな連邦賦課は実現しなかった。たった一つの驚きは、その提案が大統領令ではなく議会によって承認されるべき法案の形で来たことだ。承認には、たぶん今年いっぱいかかるだろう。しかし、事業計画に大荒れの役割を果たしている、待ち時間の終わりが視界に入るという救いがあった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

農民vs原住民 - ブラジルの土地

8月
22

対立する土地への主張についての長々強い論争が暴力的になっている

ブラジルの憲法が1988年に適用されて以来、どの地域が原住民の部族の土地だとして宣言されるべきかと決めるのに5年で十分だとされた。25年近くたって、その国は、ほとんどがアマゾンで、その地域の13%を覆う557の固有領域を持っている。しかし、100以上の他の領域が依然として考慮されている。その遅れは、さらに南の長く農業がおこなわれてきた地域での紛争を惹き起こしている。

先月、マットグロッソ・ド・スル州のシドロランディアの警察と農民との衝突で、何人かのテレーナ族がけがをし、一人が殺された。それは、ブラジルの90万の土着民のうち1/10に満たない人々の故郷である大きく農業に依存した州での最新の発火にすぎないが、彼らの半分以上が2003年以来殺されている。シドロランディアでの平和を保つために、連邦治安維持軍が送られている。境界決定について連邦政府に助言をする機関のフナイ(FUNAI)は、議会で砲火にさらされており、その力のいくらかを失う事態に直面している。6月7日に、その長官は病気を理由に辞職した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

The Americas を購読