Briefing

2015年1月17日Briefing

1月
22
  • テロとイスラム – 暴虐のあとで

シャルリー・エブドとユダヤ食材スーパーマーケットへの襲撃はフランス人をまとめたが、それは長続きしないかもしれない

テロ事件の概略、フランス社会の背景、ル・ペンを中心とした今後の見通しについての記事。

 

  • フランスの反ユダヤ感情 – フランスのユダヤ人が直面する危険への遅ればせながらの注意

2014年12月の始めに、パリ南東部のクレテイユのアパートに武装した3人の男が押し入り、若い女性とそのボーイフレンドを縛り上げ、女性を強姦し、二人から金品を奪った。「ユダヤ人め、金もってんだろ。」彼等はそのカップルにいった。数日後、内務大臣は1000人かそこらの人々に混じって反ユダヤのデモに参加し、大統領八草の攻撃を「我慢できない」と表現した。しかし、その事件はより広い無関心に受け流された。

4人のユダヤ人男性が殺された最近のスーパーマーケットへの攻撃のずっと前から、フランスのユダヤ人は、反ユダヤの平凡化と呼ぶ人もいるものについて懸念されていた。ユダヤ人を狙った事件が頻発しているのだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

2015年1月10日Briefing

1月
13
  • リビアの内戦

2011年:アラブの春

2012年:最初の民主的選挙

 最初の首相が民兵に頭を下げて大臣になってもらう。

武装解除無しに支払いを受ける。軍の肥大化。半数が西部ミスラタから。

 民兵の要求が膨らむ。

アラブの春以前からの部族間、地域間対立

2014年6月:選挙、投票率は前回の60%から18%に。イスラム主義者の得票は更に減る。

 西部同盟が反乱。議会は東部に移る。権力は2分割へ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

2015年1月3日Briefing1

1月
09
  • 労働の未来

フリーランス労働者は会社の性質とキャリアの構造を再形成する

ある会社の従業員になることが良い職を持つことだという考えは1880-1980年くらいの期間の遺産だ。産業革命時代の大量雇用から組合制度の構築を通して安定した職を持ったホワイトカラーの階級が、その新たな経済を運営したのだ。第二次世界大戦後、しばらくの間はみんながこのモデルからの利益を得ていたようだ。しかし、1970年代にはそのモデルは困難に見舞われ、更にグローバル化とコンピューター化が追い打ちをかけた。特に英米両国で民間部門の組合は力を失った。会社は労務費管理を厳しくし続け、コンピューター化は通信を改善し工程の速度を上げ、職を海外に輸出し仕事を簡単にしたり完全になくしたりするよう組織を再形成できるようにした。これは結果としてより根を持たず柔軟な労働力ということに全てつながっている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

一から始める - 都市の夢のような情景

1月
18

未来の都市を建設することは、費用がかかり難しい

マスダール・シティを建設する計画が2006年に発表された時、その計画は、SF古典の「デューン/砂の惑星」から出てきたもののように感じられた。その惑星最大の化石燃料の埋蔵の上のアブダビの砂漠の中に、世界最大の炭素中立で廃棄物ゼロの町が立ち上がるだろう。しかし、それは直接砂から立ち上がるわけではない。すべてのその建物は、高架式プラットフォームの上に立つだろう。下では、市民たちは自動運転のポッドでブンブン走り回り、上では、砂漠の風を冷却することによって掃除されうるような方法へと向けられた日陰の狭い道のような主に賢い都市計画によって、焦がすような気温にもかかわらず、彼らは快適に感じるだろう。

6年以上後には、その未来はそれほど幻想的ではなく見える。英国の建築家ノーマン・フォスターの管轄下で設計されたマスダールのほとんどは、土台の上には立たない。自動運転ポッドの模型は博物館に居場所を見つけるかもしれないが、そのポッド自身はメニューから外されたのだ。伝統的な車か、せいぜい電気自動車が、代わりに道をさまよう。さまようための道がある時には、そういうことだ。その都市は2016年までに完成するよう想定されていたが、その日付は2020-25年に延ばされている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

多目的複合大都市 - 賢い都市

1月
10

熱狂する人は、前世紀に電気がしたのと同じくらい、データサーヴィスが今世紀都市を変えることができると考えている。それを証明するのは長い道のりだ

泥棒でさえも、今ではスマホアプリを持っているようだ。(アムステルダムのスラングで「簡単な窃盗」のような意味の)マッキー・クラウウェは、自転車が良い目標のような、例えばリーストラートやタインストラートといった、コソ泥のためのその町で最善の場所を明らかにする。そのアプリは、その暗い技術を、ある地区で報告された、可処分所得、犯罪水準、そしてほかの問題についてのおおやけに利用できるデータをまとめたものに頼っている。盗むのによい場所は、例えば、高い所得、低い犯罪報告、そして壊れた電灯といった条件かもしれない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ついに人気を博している - 教育技術

9月
09

新技術がアメリカの学校を、それから世界の学校を混乱させるとみられている

シカゴのサウスサイドの小さな学校で5-6歳の年齢の40人の子供たちが静かに座って教室で学んでいる。それぞれの前には、リーディング・エッグスと呼ばれるソフトウェアが走っているコンピューターがある。短い物語を読んでいるものもあれば、学んでいる言葉で文章を作っているものもいる。最も遅れているものは、空を飛んでいるすべての大文字と小文字のBSを攻略している。彼らがそれぞれの仕事を終えるにつれ、彼らは読み書きでどれだけ進んでいるかを示す漫画の地図を進む。道に沿って、彼らはゲーム内の分身の邸宅に家具を備え付けるための道具のようなものを買うのに使うことができる卵を集める。時々、ある子どもは、二人の監督教師のうちの一人とともに、予定された読書時間を過ごす。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

いつも一緒にいるわけではない - 貧困

8月
09

世界は、2030年までに10億の人々を極貧から救い出す驚くべき可能性を持っている

2000年9月に、147の政府の元首たちは、1990年の貧困線を基本線として使って、2015年までに地球上の最もひどい貧困で生活する人々の割合を半分にするということを約束した。それは、国連の「ミレニアム開発目標(MDGs)」に祀られた最初の立派な狙いの嘆願だった。妊産婦死亡率を3/4、そして乳幼児死亡率を2/3削減するといったこれらの狙いの多くは、達成されていない。しかし、貧困半減の目標はされている。まったく、それは5年早く達成されたのだ。1990年に、発展途上国の人口の43%が(当時1日1ドルでの生活だと定義されていた)極貧状態で生活していた。その絶対数は19億人だった。2000年までに、その割合は1/3下がった。2010年にはそれは21%(または12億人。購買力の違いで調整した2005年の価格で15の最貧国の自分たちの貧困線は当時1.25ドルだった)だった。地球規模の貧困率は20年で半減されたのだ。

それはある明白な疑問を提示する。もし極貧が過去20年間で半減されることができたのならば、なぜ次の20年で更なる半分を取り除かないのだろうか?2010年に21%が可能だったのならば、なぜ2030年に1%が可能にならないのだろうか?

Posted By gno-eagrai 続きを読む

愚者の金 - 南アフリカの積極的差別是正措置

6月
10

黒人の経済的権利付与はうまくいっておらず、それはすぐに終わることもない

マンペラ・ランペレほどアパルトヘイトの恐ろしさをよく知っているものはほとんどいない。彼女の恋人で黒人意識運動の創始者スティーヴ・ビコは、1977年に警察による拘留中に撲殺された。南アフリカの与党アフリカ民族会議(ANC)のように、今では野党政治家のランペレ博士は、政府は白人優越主義者による半世紀の支配の傷をいやそうとすべきだと信じている。しかし、彼女はそれについて行われている方法を好まない。

3月に、ランペレ博士は、政府が彼女がかつて会長を務めていた鉱山会社のゴールド・フィールズに、ANCとつながりを持った共同事業体にその事業の株を売るよう強いたと主張した。その共同事業体の73人の人々の中には、ANCの議長と2006年の強姦についての審理でジェイコブ・ズマ大統領を弁護した弁護団の一人が含まれていた。ゴールド・フィールズはその主張を否定したが、2010年の取引への独立調査をけしかけているという。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ブーツの上の砂 - マリでの介入

2月
19

マリでのフランスの行動はうまくいっているように見える、今のところ

水田と漁船に囲まれて、泥でできた町のディアバリーはマリの農業の中心地にある。それはまた、モーリタニア国境からニジェール川にかかるマリの数少ない大きな橋への道を横切っており、歴史的な町のトンブクトゥへの北への裏道ともなっており、そこを戦略的十字路のようなものにしている。1月14日に、9か月以上にわたってその国の北を抑えている反乱軍兵士たちが南に押し出してその町を取り、何十台もの重機関銃を満載したピックアップトラックを道にブレーキ音を立てながら止め、行く先々でマリ軍兵士を殺している。

その反乱軍の動きは明らかに、サーヴァル作戦と呼ばれる1月11日に始まった、フランスの地上と空中での介入への反応だった。その究極の目的は、フランソワ・オランド大統領の言葉を借りれば、「マリの領土の統一性を回復する」ことで、それは去年その国の人口密度の低い北部を征服するためにトゥアレグ反乱軍と結びついたイスラム主義者群を追い出すことを意味する。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

砂漠の中の危険 - アフリカの聖戦

2月
12

アルジェリアのテロとマリでの戦争は、アフリカでのイスラム主義過激派の浸透が進んでいることを示す

1月16日に、30人強の重装備のイスラム過激派がイナメナスのそばのサハラ砂漠にあるガス施設の支配を握り、650人程度の労働者を人質にとった。それに続くパイプラインの束と住居用コンテナの風景に広がって戦われたアルジェリア特殊部隊との戦いは4日間続いた。人質をとったものたちは、パイプラインを吹き飛ばすことを計画していたと言われる。それはアルジェリアの輸出を大きく減らすことを意味しただろう。しかし爆発は起こらず、すぐに、その工場の少なくとも37人の外国人従業員とともに、人質をとったものたちは殺された。アルジェリアは、テロ攻撃に対して妥協しないやり方をとる。

となりのマリでエスカレートする戦争と一緒に、その戦いは、新たな聖戦主義がアフリカ中に広がっているというスペクトルをもたらした。西側の政府は、広大なサハラとその南の端に沿ったサヘルの国々でのその紛争が、ますますつながるようになっているのではないかと心配する。アルジェリアのガス施設への攻撃は隣のリビアで始まった公算が高い。たぶん何百キロも離れた砂の広がりのどこかに隠れるその設計者たちは、今フランスと西アフリカの軍隊によって攻撃されているマリのグループを支援していると主張した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

Briefing を購読