Britain

再利用された愛国主義 - いかに英国人になるか

2月
26

新住民への政府の奇妙な手引書

金融危機前に、政治家は英国らしさとは何かということに多くのエネルギーを費やし、市民権式典のようなことを通じていかにそれを支えたらよいのか、と考えた。これは強気市場への没頭だった。それは、財政赤字が増え、政治家が誰であれ英国人を経済的苦境から引きあがることにむくにつれて、それは縮んだ。しかしながら、その遺産の一つは、すべての国民候補者が受けるテストの基礎となる教科書の「英国での生活」だ。第3版が1月28日に出る。

多くの政府は似たような背景説明を発行している。それらは公式に従う。少しの歴史、いかに政府が機能しているかの導入、有名な作家、科学者、そしてスポーツマンへの賛辞、そして自由と義務の一覧だ。英国のものは、それが本誌が故郷とする多数の岩の名前を考えると公平な質問である「UKとは何か?」と訊ねて始まることにより、少し異なっている。全体の調子は、次の春まで全席が予約されているレストランの支配人風に国民になることへの関心に感謝することで始まるアメリカのものよりも、オーストラリアやカナダのものに近い。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

音楽を止めるな - HMV

2月
06

大通りの小売りの閉店は、誇り高い輸出産業を揺さぶる

数えきれない10代の若者がレコードやCDの棚をめくって回った。しかし、91年後、音楽ははるかに英国で最大の戸建ての音楽店を終わらせた、または少なくともマイナーキーでの予測できない最終章に入ったように見える。

1月15日に4,350人の従業員を雇うその小売業者は、自身を管理下に置いたと発表した。HMVは、カメラショップチェーンのジェソップ、DVDやゲームを貸し出すブロックバスターを含んだ大通りの犠牲者のパレードに参加する。しかし、HMVの労苦は、それが英国が世界の指導者である産業を揺さぶるので、最も強く反響する。

英国は大体世界の3%のモノと6%のサーヴィスを輸出するが、その国のアーティストは世界の音楽売り上げの約13%を占める。去年のアメリカの上位5作のアルバムのうち4作が英国のアーティストだった。本国では、深く突っ込んだ英国のソングライター、アデルによるアルバムの「21」が、マイケル・ジャクソンの「スリラー」の売上を越えている。音楽の創造性の文化が明白な理由だが、他の理由としてレコードレーベルが国内のアーティストに投資し続けるよう促す英国の音楽小売市場の相対的強さがある。一人あたりで、英国人はアメリカ人のほぼ倍を音楽に費やす。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

旗にくるまれて - 北アイルランド

1月
29

ベルファストでデモを行ったロイヤリストは、政治とはほとんど何の関係もない。それが彼らがなぜそれほど警戒すべきなのかの理由だ

過去6か月にわたって、旗をまとったデモ参加者たちはベルファストの風景の一部になった。ロイヤリストがデモと一晩で80にもなる道路封鎖をソーシャルメディアで調整し、それは地元の人々はふつうだいたいどこでそれが起こるかを知っていることを意味する。ベルファストのバス会社トランスリンクは、どの路線が邪魔されているかを次々に更新してつぶやく。タクシー運転手は発車係からそのニュースを手に入れる。多くのデモが予想される日には、ラッシュアワーが早く始まる。夕方には、ふつう混雑した道路はほとんど人がいない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

彼らのカップはあふれる - 英国飲酒事情

1月
10

英国の飲酒文化はかなり不健康だ。飲酒の政治もそうだ

2012年の最後の数時間、レスターの真ん中にある大きなかわいげのないパブのハイ・クロスはその普通の雑多な人ごみに満ちていた。きらびやかなミニスカートの10代の呑兵衛たちが、本当のエールやワインをちびりちびり飲んでいる中年のカップルと並んで、濃いウォッカカクテルを飲み干した。たくさんのおしゃべりがあり、音楽はなかった。J.D.ウェザースプーンのチェーンが所有しているハイ・クロスは、価格を抑えるために高価な娯楽免許やほかの贅沢をなしで済ます、格安のパブだ。10ポンドで痛飲した後で、ほとんどの呑兵衛たちは新年をより派手に迎えるためにどこか他へ出かけるだろう。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

青からのヴォルト - 電力市場改革

6月
08
政府は電力市場の抜本的な改革を始める
 
1974年に保守党政権は石炭在庫が徐々に少なくなることを懸念して、電力を保つために週3日制を制定した。採鉱者による産業の反応が、当時不足の責任があった。今、政治家は、もしそのエネルギー部門の更新をすぐにしなければ、英国が再び停電に直面しうると警告する。そしてもしその警告が劇的ならば、電気が生産され取引されるやり方を変えるという政府の提案は、それに劣ることはない。
 
英国は今、非常に規制されていない、競争的なエネルギー市場を持っている。しかし、そのシステムをそのままにすることは、エネルギー大臣のエド・デイヴィが5月22日に起草原案を紹介した時注目したには、「国益に沿わないだろう。」ということだった。多くのその国の発電所は、非効率だったり、汚染していたり、古かったりするために、閉鎖に直面している。エネルギー会社は、新たな設備に投資するよりも、その資産を酷使する傾向にある。結果として、発電能力の20%程度は10年以内に動作しなくなる。英国はまた、多くの場合、商品をむき出しの外交の道具に使うロシアから、ますます輸入に頼るようになっている。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

相変わらずなのか? - 量的緩和

2月
17
イングランド銀行の金融緩和はより広くできたかも知れず、それはかなり必要とされるかも知れない
 
3年前、歴史上最も低い水準に金利を下げていたイングランド銀行は、経済を刺激するための新しい非伝統的なツールを動かした。それは、量的緩和、もしくはQEとして知られる政策で、新しく作り出した現金で政府債務を買うというものだ。9,400億ポンド(1.5兆ドル)の政府債務残高の30%を超える所有者で、その銀行は今では大口の市場参加者になっている。それはさらに大きくなろうとしている。2月9日にその銀行の金融政策委員会は、今後3ヶ月間にわたって500億ドルの新規購入を承認した。しかし、この戦略は機能しているのか?
 
新たな買い手による需要の上昇は、どの市場においても価格を押し上げる。実は、これがその銀行の狙いだ。その現在の国債購入は、毎月50億ポンドの新発国債の供給を超えている。これは国債価格を上昇させ、利回りを下げ、その投資としての魅力を減退させる。それは、投資家が銀行から受け取る現金と結びついて、社債や株式のようなよりよい利回りを提供する資産に投資家を後押しする。それは、ひいては、事業の金融費用を下げ、投資を押し上げて当然だ。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

立ち上げさせろ - ハイテク産業

8月
13

英国は世界的な技術系企業をあまりに少ししか産み出してこなかった。それは変わりそうなのか?

ケンブリッジに拠点を置くソフトウェア会社のオートノミーの社長のマイケル・リンチは、その新しいスマートフォンアプリのオーラズマを見せびらかしている。それは、スマートフォンが見たものの拡大版を作って、物体を認識し、関連するヴィデオ、論評、そしてその周辺で利用者が作った画像を表示する。リンチ氏は、オーラズマが言葉よりもむしろ画像をきっかけにしたウェブブラウジングという、急成長する市場で、大きなシェアを素早く獲得することを望んでいる。彼は、「それはプラットフォームだから、その利用法を予測するのは難しい」という。より多くの人々がオーラズマを採用すれば、より多くの事業や広告主がそのためのコンテンツを作り、それはより多くの利益をオートノミーにもたらす、と彼は説明する。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

Britain を購読