Business

異なった衣類から切り出す - インドの社会起業家

3月
14

慢性的な女性の医療問題を解決して事業を打ち立てる

ラタン・ジャダヴは、30代の恥ずかしがり屋の痩せた女性だが、西インドのマハラシュトラ州の田舎であるオスマナバードで農業をしている。彼女の小さな泥の家は、台所の窓敷居に10代の娘の化粧品がきちんと並べられる一方で、親類から借金をして買ったコンピューターといった現代的な利便性を誇りにしている。しかし、個人的な衛生ということになると、どちらの女性も(結婚式のような特別な場合は例外かもしれないが)ブランド物の生理用品よりも綿の布きれを好む。手作りの代替品が仕事をするのに「なぜ買わなきゃいけないの?」とその母親は訊ねる。

ジャダヴ女史は、布きれ、乾いた葉、麦わら、または新聞紙を好んで生理用品を避ける3億人の生理中のインド人女性の一人だ。調査会社のACニールセンは、インド人女性の70%が生理用品を買う余裕がないという。ふつう男性によって経営される薬品店でそれを求めることを嫌って、支払うことができる多くの人々もそれを買わない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

文化革命 - 食品会社と革新

1月
01

アメリカのギリシャヨーグルト現象は、大きな食品会社を不快な感じにさせた。彼らは革新でよりよくなろうとしている

ハムディ・ウルカヤのものほど見事な事業経歴はほとんどない。彼はニューヨーク北部の築85年のヨーグルト工場を2005年に買い、18か月後に、チョバーニ「ギリシャ」ヨーグルトに最初の一つを売った。今年、彼は10億ドル以上相当のそれを売ると予想している。アメリカの61億ドルの市場におけるギリシャ式ヨーグルトの市場は、チョバーニが始まった時には無視できるほどのものだったのが、半分近くにまで上がっている。「それほど速く変わった商品はない。」チョバーニを作る会社の単独所有者のウルカヤ氏は語る。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

始める時だ - 日本の起業家たち

1月
01

安倍晋三は日本の認められない起業家たちに新たな望みを与えている

「いまから始まる」インターネット会社のライヴドアの前社長堀江貴文は、今年の春に刑務所から出て2か月後にツイートした。堀江氏は、宇宙旅行事業を含んだ30には収まらない新会社に関与する。もしそのいずれかが大きくなれば、2011年に詐欺で有罪となった堀江氏は、失敗した日本の起業家が戻ってくることができることを示すかもしれない。

日本の大物事業家志望者の雰囲気は、ドットコムバブルが10年かそこら前に破裂してから最も楽天的になっている。より高い株式市場は、成功する株式公開の可能性を押し上げている。首相の安倍晋三は、起業家を強欲な山師以上のものとして扱った最初の日本の指導者だ。過去数年間で、出しゃばりな自己宣伝者の堀江氏が、その見方を持つ場合の証拠物件Aだった。しかし今、堀江氏は、彼が事業の世界に帰ってくることが歓迎されていると語る。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

鉄道貨物のライアンエアーへの探索 - ヨーロッパの鉄道

12月
11

EUはより多くのものを鉄道で動かしたいと思っている。進歩はゆっくりだ

航空では、民間所有の低価格航空会社の到来が市場を揺るがし、伝統的な国営航空会社を後退させている。しかし、ヨーロッパの鉄道事業では、乗客サーヴィスでは依然としてほとんど競争がない。競争により多くの余地があってしかるべき貨物ですらも、その市場は依然として国有の既存の会社に支配されている。2年前に採用された欧州委員会の『運輸2050』計画は、2050年までにその大陸全土の半分の中距離物流を道路から鉄道(または水運)にすることを約束する。しかし、国境を越えた鉄道「回廊」の設計でいくらかの進歩がなされているものの、より多くの選択と競争がなければその計画はそれほど遠くには進まないだろう。

より新しい、民営の鉄道貨物会社は、その市場に入ろうとする彼らの試みは、既存の企業によって挫折させられていると不平を言う。CERハンガリーの社長ラスツロ・ホルヴァスは、普通鉄道運営と同じく軌道も保有している国有の大企業が、彼の会社のような若い民間企業が拡大しようとするといつでも意地悪になる、と不平を言う。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

変化を数える - デジタル・メディア

12月
10

メディア会社はインターネットから攻撃を受けている。デジタルが供給源となったものからのカネは、ついに損害のいくらかを修復している

この夏、人食いざめを運んだ竜巻についてのテレビ向け映画がアメリカで驚異的にヒットした。「シャークネード」の馬鹿げた筋は、過去十年間にわたってインターネットが彼らの事業を破壊するのを見てきたメディアのボスたちの琴線に触れたかもしれない。新聞はインターネットに読者と広告を奪われている。書店と音楽屋は永久に閉鎖している。DVDとCDの売上は急落している。テレビ産業はいまのところ大きな崩壊に抵抗しているが、それは広告や視聴者が逃げ出すと予言する予言者を止めていはいない。

2008年に、大きな娯楽産業グループのNBCユニヴァーサルの当時の社長ジェフ・ザッカーは、「アナログのドルをデジタルのペニーに変える」傾向を嘆いた。しかし、これらのペニーは積み上がりはじめている。そして、今はテレビニュースチャンネルのCNNワールドワイドの社長であるザッカー氏ですらも、その調子を変えている。旧メディアは「デジタルのペニーをかなり良く超えている」と彼は語る。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

脳が売れる - 神経科学を商業化する

10月
17

認知訓練は、科学者たちの疑いにもかかわらず、金の卵かもしれない

「我々の主要な目的は、利用者が訓練でき、精神的に強くあり続けることができる事務として我々を見ることだ。」ルモス・ラブスの創業者で主任科学者のマイケル・スキャンロンは語る。月に14.95ドルで、その会社のウェブサイト、ルモシティの購読者は、彼らの認知力を改善するよう設計されたオンラインゲームを選んで遊ぶ。もし画像が前のものと同じならば遊ぶ人がチェックする「スピード・マッチ」、マトリックス上のどの四角が陰になったかを覚える必要がある「メモリー・マトリックス」、そして算数問題を含んだ雨粒が地面に落ちる前にそれらを解く「レインドロップス」らを含んだ約40の訓練が利用できる。いかにうまく利用者がやるかによって、その利用者に毎日適切な難度の脳の訓練が与えられるよう、パズルは変わる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

MOOCsの攻撃 - 高等教育

9月
26

新しいオンラインコースの軍は、伝統的な大学を脅して正気をやめさせている。しかし、それらは実行可能な事業モデルを見つけることができるのか?

ドットコムマニアは高等教育にやってくるのにゆっくりだったが、今それはその脆弱な産業を固くその手の中に握っている。巨大開放オンラインコースMOOCsを通して無料教育を提供する二つのシリコンヴァレーの新興企業ウダシティとコーセラの去年はじめの立ち上げ以来、学問の象牙の塔はその基礎を揺さぶられている。いくつかの場合何世紀にもわたって打ち立てられた大学ブランドは、情報技術が急速にその既存の事業モデルを時代遅れにするだろう可能性をじっくり考えるよう強いている。一方、MOOCsは、まだ自分たちの事業モデルを理解することなしに、数、資源、そして学生募集を増やしている。

自身の(一般的に無料の)学生にオンラインコースを提供する以外に、大学はそれによってギロチンをかけられるのを避けるためにMOOC革命に参加するよう強いられていると感じている。コーセラは、多くのアメリカの最上位機関を含んだ、世界中の83の大学や単科大学と提携している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

利益なしの名誉? - 高等教育事業

9月
11

ビジネススクールが民間企業と結びつくことは興味深い事例研究だ

ビジネススクールを経験する種類の人々は、利益のために提供されている教育という考えに何の問題も感じないだろう、と思う人がいるかもしれない。しかし、アリゾナの苦闘している学校サンダーバードが教育会社のローリエートとの提携を計画していると3か月前に発表した時、卒業生と学生の間に騒ぎがあった。その契約の保留を求める嘆願はほぼ2,000の署名を集めた。「売り払う」ことによって、サンダーバードの経営陣は学校のブランドを薄め、その学位を安くしている、とそれは言う。

サンダーバードは、第二次世界大戦後の元空軍基地に建てられたその学校自身、非営利のままだ、と主張する。その提携は、その学校のオンライン教育と幹部のためのコースを拡大し、学士号を導入するための外国キャンパスを作り出すために使われるだろう。しかし、去年上院委員会によって発行されたアメリカの営利高等教育会社への破滅的な報告は、その取引についての疑念を説明する役に立つ。それは、2009-10年の学校年度にそのような組織は政府から320億ドルの学生援助を得たことを見つけた。彼らは州立大学よりも高い料金を課すが、教育にそれほど費やしていない。その落第率は警告すべきものだ。2008-09年に、中央値の学生はたった4か月しか続かなかった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

私はストリームを夢見る - 音楽ストリーミング

8月
25

アップルは他社を追って音楽産業のもっとも好況に沸く分野に入る

「くそったれ、これ以上革新できない。」アップルの重役の一人フィル・シラーは、6月10日の年次総会で、その会社の新しい提案を明らかにするのを助けた時、うなった。彼は、その前社長スティーヴ・ジョブズが2011年に無くなってから、痩せ衰えている(今年今までのところその株価は20%下がっている)と言う、増加している疑っている人の層に話しかけた。その懐疑的な人たちは、揺さぶられなかった。アップルの穏やかな革新の中には、新しいオペレーティングシステムのiOS7と、ライヴァルたちが既に提案しているものに似た音楽ストリーミングサーヴィスがあった。

10年前、アップルがそのiTunesストアを通してデジタル音楽の販売を大衆化した時、それは音楽産業を打ちのめした。それは最大の音楽小売のままだが、今それは新しい音楽行動を見つけているほかの会社のまねをしている。ストリーミングは、広告を最後まで見るか月次の講読料を支払う気があるのならば、消費者が音楽を買うことなしにそれを聞くことができるようにする「オールアクセス」のサーヴィスだ。アップルのiTunesラジオは、今年の秋にアメリカで始まる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ナイジェリアでの安全な交わり - 新興市場での石油会社

8月
25

法廷の書類は、シェルとENIが巨大なナイジェリアの石油鉱区と勝ち取る動きとその産業のジレンマに光を当てる

油田の契約は、そこからくみ上げられるものと同じくらい不透明になりうる。しかし、提携者がけんかし、法廷に行く時、時に光が売買過程に当たり、それがあらわすものはいつもきれいなわけではない。それは、アフリカ全てに7年間供給するのに十分な90億バレルもの石油を持った巨大なナイジェリアの石油鉱区OPL245のもつれた事例には、確かに当てはまる。

何年もの法的闘争の後で、2011年に、イタリアのENIと提携関係にあるシェルは、この鉱区のために合計13億ドルを支払った。ナイジェリア政府は、その鉱区のもともとの所有者であるマラブ石油ガスと呼ばれる影の多い地元の会社へ、その資金のほとんどが向けられるための導管として働いた。マラブによって雇われたナイジェリア人とアゼルバイジャン人の二人の仲介者は、それから、取引仲介料が支払われていないと主張して、その会社をロンドンで(それぞれ高等法院と仲裁裁判所に)別々に訴えた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

Business を購読