China

中国とジハーディスト – 中国と西側を結びつける代わりに、ジハーディストの暴力は彼等を更に分断するリスクがある

2月
11

理屈としては中国と西側が協力することのできる一つの外交政策上の問題は、ジハーディストのテロとの戦いだ。中国と西側の指導者が会うとき、彼等の声明は普通「全ての形態の」テロリズムを非難し、それに対抗するためのさらなる協力を約束する。しかし、パリでのシャルリー・エブドへの凶行と最近の国内での成功した対テロ作戦に対する中国の反応は、大きな認識の差を明らかにしている。

中国は、パリの攻撃を無条件に批判した。しかし、その報道機関はまたシャルリー・エブドもムスリムを攻撃したとして非難した。「表現の自由マニア」だというのだ。

西側の中国国内のテロに対する反応は、更に問題だと見なされる。「テロとの戦いと宗教的過激派の黙認という二重基準は、誰にとっても良いことではない。」中国の公式新聞チャイナデイリーは今週激しく非難した。その新聞は、ウイグル人ムスリムが中国の新疆から出て、まずはトルコに、それからシリアかどこかの過激派に参加するのを助ける密出国のネットワークを破壊したことを祝った。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

中国の都市化 – 大スプロール現象

2月
11

中国の都市をどうすべきか

古代には、北京は守れないような広がりを防ぐためにそびえ立つ城壁を建設した。この頃では、それは環状道路を建設し、かつてないほど外に市街地を広げている。首都北京とそのとなりの大都市天津との真ん中にある廊坊では、次の環状高速道路が舗装されている。これができあがれば、900kmの7号環状線が北京を取り囲み、そのほとんどはとなりの河北省を走ることになる。その一部は北京の中心部から175km離れたところになる。

その7号環状線(本当は6号だが、1号線がない理由はよくわからない) 、巨大で、広がり、自動車専用という点で、現代の中国の都市を象徴するものだ。その国の都市計画における成功はそれほど明白ではない。

暴走する都市の成長は、過去30年間の中国の勃興を駆り立てている。田舎からの人口流入は、都市人口が5億人になるまで拡大するのを助けている。そのような短期間での地球上の人の動きとしては最大のものだ。人口の半分以上が今都市部に住んでいる。しかし、中国の都市はほとんどが多くの発展途上国のようなむさ苦しさを避けている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

2015年1月17日China

1月
25
  • 少数民族 – ウイグル人とチベット人は中国の経済的公共から取り残されていると感じている。民族差別は役立たない

中国は急速に都市化している。2000年にはその住民の2/3近くが田舎に住んでいたが、今では半分以下でしかない。しかし、中国支配にしばしばいらだっている二つの民族は、この傾向に抵抗している。ウイグル人とチベット人は、都市部での彼等にタイする差別のために職を見つけるのが難しいので、農場にとどまっているのだ。民族的な不平が高まるにつれ、差別もひどくなり、悪循環を作り出している。

チベット人もウイグル人も、その自治区外に済んでいる割合は極度に低く、また自発的に域外に出る率もかなり下がっている。問題の一部は言語にある。これらの自治区では中国語教育に抵抗があり、新疆南部では多くの学校がそれを教えていない。しかし、差別も大きな要素だ。最高の教育を受けたウイグル人やチベット人でさえも、職を見つけるのに苦労している。北京での少数民族の求職者は平均して漢族よりも良い教育を受けているが、低給与の職しか得られないという。別の調査では、名前や風貌で区別の付きやすいウイグル人やチベット人は面接への電話がかかる回数が遙かに少ないという。

 

Posted By gno-eagrai 続きを読む

2015年1月10日China

1月
15
  • 家族計画 – 中国の一人っ子政策の施行は新しいより優しいやり方を探っている

11月に中国国家衛生計画生育委員会の職員の職務を変えることを狙ったパイロットプログラムが始まっている。かつては制限人数を生み終えた夫婦は不妊処理をされたものだが、今ではその担当者は子育てを教える役割を担っているのもその一つだ。役人の習慣を変えるのは難しいことがわかった。35年間にわたって、彼等は目標達成についてその上司から容赦なく評価されてきたのだ。一人っ子政策を調整することは改革を少し簡単にしている。出生率の減少は、人口目標達成への圧力を減らしている。2013年に政府は2人目の子供を持つ条件を緩めた。大衆の圧力も高まっている。インターネットによる情報拡散がそれを後押ししている。役人の役割も4-5年で変わってゆくだろう。

 

  • 宇宙 – 発射準備OK

中国の秘密主義の宇宙計画が開放に一歩踏み出す

Posted By gno-eagrai 続きを読む

2015年1月3日China

1月
09
  • 中国北東部

再生の兆候の見通しが現れた後で、中国の旧産業集積地は大きな揺り戻しに苦しんでいる

中国北東部三省、黒竜江省、吉林省、遼寧省は、2014年の第三四半期までで、GDPの成長率で、中国の31の省の内で、下から5つの中に入っている。最近まで1.1億人が住む北東部は困難な数十年を経て再生していたようだった。問題は、その経過が一時的なものだったかどうかだ。

石炭石油の出た北東部は、1930年代の日本の軍事史配下で産業化され、毛沢東はそれを重工業の中心地とした。しかしそれは、1980年代に中国が世界に開くようになってかすんだ。政府は2003年に国有工場を近代化し、近隣諸国との貿易を行い、新たな産業を起こすことで経済を広げるという形で、そこを再活性化するという計画を打ち出した。成長だけで見れば、それはほぼすぐに結果を成し遂げた。その後での多少の下降ならば良いのだが、他の地方と比べると北東部の下降は厳しい。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

一般的ではない運動 - 反中絶行動主義

10月
15

新型の道徳活動家があらわれている

華奢な体格で物腰柔らかなWang Linは全然典型的な活動家のようではない。そして彼の運動もまた中国では一般的ではない。中国の厳格な一人っ子政策を施行するために30年以上にわたって野蛮に使われている中絶だ。8月2日に、当局は彼らがその政策を「改善するための計画を提案」するだろうと発表し、それは彼らがそれを最後には廃棄することを意図している別の兆候だ。

しかし、Wang氏の目的は、強制についてではない。彼は、中絶それ自身に反対しているのだ。彼の立場はアメリカ人には見慣れたものだろうが、中国では珍しい。多くの中国人は家族計画政策に反対しているが、中絶が倫理的かどうかに関しては「ほとんどの中国人は一顧だにしない」と彼は語る。

中国での社会的価値の変化は、より多くの人々が婚前交渉をし、新しい調査によれば、未婚の生殖能力のある女性の20%の妊娠につながっていることを意味する。そのうち、91%は中絶に頼った。しかし今、何人かの人々がこの実用的なやり方に疑問を呈している。

数人のヴォランティアとともに自宅で働く(ペンネームの)Wang氏は、画像を含んだ冊子やウェブサイトを公開し、生命は受胎で始まり、すべての殺人は間違っていると論ずる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

格子でロックされた - チベットの治安

9月
02

北京からの専門家の助けで、チベットはその監視制度をきつくしている

北京からの何十もの高官が、チベットの首都ラサでの3年の任期をまとめている。7月の初めに、交代チームが彼らの仕事を続けるために到着する。北京に戻る予定の人の中には、ラサでの新監視制度の立ち上げで賞賛されそうなZhi Haijieがいる。

それは、2012年の4月に、Zhi氏が副党書記として務めたラサの城関区で始められた。高官は、それを「社会管理の格子制度」と呼ぶ。その主要な狙いの一つは、格子として知られる地域内の共同体労働者によって集められた諜報を使って、高官が潜在的なトラブルメーカーを監視するのを簡単にすることだ。ほとんどの本来からの町とその周りのいくらかの田舎地区を含んだ城関は、175の格子に分けられている。(どのラサの隣近所も今いくつか持っている)その格子の小さなサイズは、詳細なリアルタイムの情報を集めることを促進することを意図している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

勇敢な新しい提案 - チベット政策

9月
01

高官の中には少なくともチベットについての政策に疑問を持ち始めているものもいるという歓迎すべき兆候

中国外部で共産党のチベット政策が機能していると考えているものはほとんどいない。経済的開発と政治的抑圧の組み合わせは、チベット人を中国の支配に甘んじさせ、その亡命中の精神的指導者ダライ・ラマへの彼らの忠誠を捨てさせるつもりだった。代わりに、特に若者の間で、不満は依然として充満している。そして、中国のすべてのチベット人地区で、チベット人たちは依然として、時にはおおっぴらに、ダライ・ラマの肖像を掲げている。2011年3月以来、特に中国人がチベット自治区(TAR)と呼ぶものと接する省のチベット人地区で、100人以上のチベット人たちが焼身自殺を図っている。ほとんどは、幾分かはダライ・ラマの帰郷を要求してそうしている。圧倒的な治安の存在とダライ・ラマの非暴力への関与は、その不穏さが簡単に抑えられことを意味する。だから、中国の指導者たちが未来への暗い結果について懸念しているということを示唆するものはほとんどないのだ。彼らのチベット支配は大きく威圧的な軍隊の不定期の展開によってのみ維持される、と言うものだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

劇化された戦争 - 日本たたき

8月
09

中国政府は「劇的すぎる」反日テレビショーを抑制する

1930年代から40年代の中国での日本の戦時略奪行為は、長い間中国のテレビプロデューサーにとって良い事業だった。二国間の政治的緊張は、その人気を増すだけだ。今、中国のテレビ規制者は、さらなる調査のために放映前にすべてのそのような番組を北京に送るよう、省のテレビ局に命令している。その動きは、国営テレビが「下品で粗悪に生産された」反日ドラマを批判した目立ったニュースの後に続いた。それは、当局が、必ずしもその政治性についてではなく、その品質について懸念を持っていることを示唆する。

2004年に、たった15本だけのそのようなショーが放映を認められた。2011-12年には、反日「抵抗」を取り上げた少なくとも177本が承認され、全てのドラマのうちほぼ5つに一つがそのようにされた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ワゴンを取り囲む - 新疆の移住者

7月
29

民族闘争に悩まされる地域で、移民が支配的な村落の増加が緊張を増している

かつて南シルクロードと呼ばれたものに沿って、渦を巻く塵旋風と時折現れるねじれた気によって中断された特徴のない砂漠の風景を通って、何時間も運転すると、興味深い光景が最後には旅行者に立ちはだかる。まるで上海郊外のかけらが荒れ地の中に植えられているように、鮮やかな赤い屋根を持ったアパートの区画が次から次へと現れるのだ。続くのは、中国の極西の軍隊式の専門用語である入植地で、自身を38団と呼ぶ。それは、数年前までは砂以外には何もなかった場所にある、何千人もの人々の故郷だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

China を購読