The Curious Capitalist

男性、女性、そして仕事についての真実

5月
27
縮小する中間層は、単に階級の問題ではない。それはジェンダー問題にもなっているのだ
 
最初にマンセッションがあった。それから女性に対する経済的戦いがあった。過去4年にわたって、月次の職の数字は、景気後退や回復からどちらの性が勝ったか、そして負けたかを宣言するルーレットのように回った。4月の数字は、合衆国経済の11.5万の新規雇用のうち女性が73%を得たことを示す。女性が勝ったようだ。
 
そうなのか?その数字は、共和党の挑戦者、ミット・ロムニーの、大統領の経済政策が女性を傷つけているという非難と戦っているオバマ政権にとっては歓迎すべきニュースのようだ。しかし、2009年の7月に景気回復が始まって以来、女性は新規雇用のたった16%しか得ていない。さらに、過去1年かそこら、45-54歳の女性の労働参加率は、「石のように落ちた」とBNPパリバの北米担当エコノミストジュリア・コロナードは語る。「結婚した稼ぎ手が一人の家庭が増えており、既婚女性はますます働かないことを選んでいる。それはいくらかは、給料、通勤、苦労の点で、彼女たちの得ることのできる仕事が単に価値がないと多くの女性が見つけているからだ。」
 
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

スティーヴならどうするだろう

2月
28

ジョブズは間抜けだが、彼の指導力の教訓は人間性よりも製品についてだ 技術は、過去数年間にわたって合衆国経済の一貫した明るい点だった。そして、どの会社もアップルほどうまくそれを要約できなかった。おそらくそれが、ビジネススクールや指導力のコーチが、GEの「ニュートロン・ジャック」ウェルチ以来最も有名なCEOの習慣を人類学的に見つめたウォルター・アイザックソンによるスティーヴ・ジョブズの伝記から、どんな経営的な教訓を引き出すべきかについて語っているのかの理由だろう。ジョブズは、独裁的ないじめっ子と、今のところ今世紀最も成功した会社の再建を行った事業の天才の両面があるということが明らかにされた。 おそらくこの本は将来のMBAに読むことが求められて当然だ。ジョブズの物語と結びついた経営の芸術は彼らが考えているようなものとは違うからだ。「ビジネススクールは、スティーヴ・ジョブズが指導力について我々に教えることは何か、としばしば私に尋ねる。アイザックソンは語る。「それは、彼がハンディをつけられた場所に留まったとか、彼が人々にとっていやな奴だったとかいったことではない。それは、彼が端から端まで彼の製品に完全な責任を持っていたということであり、彼が製品を投資収益よりも上に置いていたことであり、彼が特定の集団の奴隷ではなかったということだ。
 

Posted By gno-eagrai 続きを読む

会社は新しい国だ

2月
13
合衆国の会社は国益を越えて動いている。そして仕事もそうだ
 
1月の終わりにダヴォスの郊外で開催された世界経済フォーラム占拠運動は小さかったが注目された。一人の運動参加者は「もし投票が何かを変えられたならば、それは違法だろう。」と読める看板を掲げていた。彼らは彼らは確かに資本主義への不満の感覚を捕らえたが、より重要なのは政府への不満だ。2008年、リーマン・ブラザーズが破たんし世界的景気後退が始まった後、伝統的な知恵は政府が事業から権力を取り戻す新しい時代に入ったというものだった。実際には、正反対のことが起こった。
 
高姿勢な政治家たちはダヴォスで失望した。アンゲラ・メルケルドイツ首相は怒りと意気消沈をかわるがわる示した。そしてティム・ガイトナー合衆国財務長官は、普通よりもさらに防衛的で好戦的だった。ヨーロッパは混乱したままで、合衆国の回復はぜい弱だ。そして近年のたった一つの明るい点だった新興市場は減速している。政治家は労働の分岐、債務、そして不平等といった現在の巨大な問題にほとんど解決案を持っていない。市場は答えをほしがっているが、指導者は、部分的には勇敢な行動が彼らにとって大きすぎる政治的リスクをもたらすので、それを提供できない。
Posted By gno-eagrai 続きを読む

MBAによる道路以外を走る

7月
14

ビジネススクールの興隆はアメリカ産業の凋落と一致する。

GMの元副会長のボブ・ルッツは、自動車業界で最も有名な落伍者だ。47年間その産業で暴れまわる間に、彼は、フォード、BMW、クライスラーそして最近ではGMで大成功のチャンスに囲まれていたが、彼はついにトップに上り詰めることが出来なかった。それは彼が「車をうまく作りすぎた」からだ、と彼は語る。それはまた、マッドメンに出てくるキャラクターを倍にしたようなマキシマム・ボブが、冴えない猊下などではなく、会社のメッセージを爆発させる傾向にある力強い自己宣伝者だという事実と少し関係がある。彼の新しい本「車の男vs会計係:アメリカビジネスの魂のための戦い」は聞く価値のあるメッセージがあるという。アメリカの経済が再び成長するためには、ルッツがいうには、我々はMBAを首にして技術者にショーを運営させる必要があるとのことだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ツイートするかしないか

4月
08

ソーシャル・メディア・サイトは大流行だ。しかし経済に対する付加価値はなんだろう?

経済は苦しんでいるかもしれない。しかし一つの分野は成長している:ソーシャルメディアだ。それはFacebookで始まり、5年前にはほとんど存 在しなかったくらくらするような一連の会社によって拡大した:Twitter, LinkedIn, Groupon, Yammer, Yelp, Flicker, Ning, Digg-そしてリストは続く。それらの会社はほとんど非公開だが、ウォールストリートや投資家から熱烈な関心を受けた。Facebookは750億ドル の価値があるとされ、Grouponは250億ドルに近い評価をされている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
The Curious Capitalist を購読