Europe

風が吹くとき - ヨーロッパの再生可能エネルギー

2月
09

今年の6月16日日曜日は、明るい日差しとかなりの海上の海風で、暑すぎないことではなく寒すぎないことでドイツ中で「3びきのくま」に出てくるようなちょうど良い日だった。ドイツの太陽光パネルと風力発電にはちょうどよく、そのピークでゆっくりとした週末にドイツの電力の記録的な60%を発電した。しかし、フランスとベルギーもまた、簡単に止めることのできない原子力発電をたくさん持っていた。だから、数時間の間、電力会社はその余剰電力を受け取るよう消費者に支払わなければならなかった。

負の卸売価格は、特にEnergiewendeとして知られる過程で原子力発電から去る強制行進中のドイツを中心にヨーロッパ諸国が再生可能エネルギーに向かうにつれて、より一般的になっている。時にはドイツは多すぎるほどに発電し、またある時にはそれは国境をまたいだフランスの原子力発電所から電力を吸い取らなければならない。そしてドイツの大臣たちは、気候が涼しく、日差しがなく、風が吹かないときに、停電の危険について依然として心配している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

北朝鮮のよう? - スペインとジブラルタル

10月
17

力による威嚇は、スペインの狙いを手の届かないところに押しやるだけだろう

マークス&スペンサーやBHSといった英国の繁華街の小売りや大きなモリソンズのスーパーマーケットで、ジブラルタルはもっとも英国風の場所のように見える。カモメ、生ぬるいビール、そして赤い電話ボックスを含めれば、上品ぶった英国の海辺の町の写真が完成するかもしれない。しかし、ジブラルタルは英国本土から1,800キロの所にある。この岩がちの露頭が接しているたった一つの土地は、イベリア半島で、そこからそれは南に向かってアフリカに、そしてジブラルタル海峡に突き出ている。そして、それは「女王陛下の政府」の形で選ばれた期間によって統治される英国海外領だが、その3万人の住民の多くは、英語と同じくらい自然に、しばしばアンダルシアの訛りで、スペイン語を話す。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ユーラシアの綱引き

9月
14

EUはその東の隣国の未来についてロシアと競合している

それほど多く見るべきものはないが、ヴィリニュス郊外の穏やかな黄色煉瓦の建物は、独裁的なベラルーシに差し込む学問的自由のかがり火だ。欧州人文科学大学(EHU)は、ソヴィエト共産主義の没落の後に、哲学、歴史など多くのことに西洋式の教育法を促進するために、ミンスクに創設された。大統領のアレクサンドル・ルカシェンコは、それを2004年に閉鎖した。しかし、万難を排して、それは国境をまたいだリトアニアで、亡命での再生を果たしたのだった。

ベラルーシのプロパガンダはEHUを、反対派、さらには「テロリスト」の避難所として非難した。教師と学生は、特に選挙の時期には、KGBによって定期的に嫌がらせをされた。しかし、リトアニアとベラルーシに別れて1,600人の学生がいるEHUは、ほとんどがヨーロッパ諸国からの支援のおかげで、なんとかかんとか生き延びている。2年生の法学部学生マリア・スリアプソヴァは、人権派弁護士として働くために、母国に帰りたいと思っている。しかし、彼女はルカシェンコ氏が変わりそうだということに何の幻想も持っていない。よくても、EHUは、彼が権力を去った後にその国を運営するだろう人々を教育することができるだけだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ティーショク(アイルランド首相)の頓挫 - アイルランド

9月
14

景気後退が戻ってきて、銀行員の悪事が発覚する

アイルランドの首相エンダ・ケニーにとって、銀行員たちの会話の録音が漏れたことほど、イライラさせる時間になったことはほとんどないだろう。6月30日にケニー氏の政府は6か月のEUの持ち回り議長国を終え、その間にEUは予算を仕上げた。そのうまく行った仕事は、アイルランドがヨーロッパで失った権威をいくらか回復するのを助けただろう。

悲しいことに、ケニー氏の成果は、納税者の費用に関わらず破綻した機関を前の政府が救うことを確かめるようアングロ・アイリッシュ銀行の役員が企んだ5年前のテープの暴露によって、影が薄くなった。アングロのテープの調子と中身についての大衆の抗議が起こった。アイリッシュ・インディペンデントに掲載されたその抜粋は、2008年9月に世界的金融危機が展開し、アングロが巨大な預金流出を食い止めるのに苦労していた時の、銀行の役員の間での電話の会話を物語った。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ヨーロッパの新たな境界

9月
11

クロアチアの欧州連合加盟はほかの国に望みを提供する

ユーゴスラヴィア戦争の多くの恐怖の中で、1991年のその人口の多くの排除や大虐殺と同様に、セルビアの砲兵隊によるクロアチアの町ヴコヴァルの無茶苦茶な破壊は、最悪なものの一つだった。ヨーロッパは、ルクセンブルグの当時の外務大臣ジャック・プースの「ヨーロッパに夜明けの時間」だとのうぬぼれの強い主張にもかかわらず、その虐殺を止める能力がなかった。最後には、その戦争は、アメリカに率いられた軍事行動と民主主義によってのみ止められた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

フランスの独自性

8月
22

大西洋横断自由貿易協定は、映画製作者への補助金に対して必要なく停止を命ずる

ベレニス・ベジョは、サイレント映画時代についての受賞映画『アーティスト』の中で、まったく言葉を発することなしにスターダムに上がった。しかし、今週、欧州議会で、彼女はアメリカとの大西洋横断自由貿易圏の計画に反対する声だった。ヨーロッパの映画製作者は、ブリュッセルが幾分かは彼らをハリウッドとの競争から守る補助金と割り当てを許す文化的例外を諦めるのではないかと恐れる。フランスの公的資金がなければ、『アーティスト』は決して作られなかっただろう、とベジョ女史は宣言した。彼女は、文化的例外を失うことは「本を燃やし、博物館を閉鎖し、親指を切り、第1子を犠牲にし、ベルリンの壁を再建する」ようなものだろう、としたドイツの映画監督ヴィム・ヴェンダースからの手紙を読み聞かせた。

メロドラマは自然に人々を撮影することになる。より困らせるのは、フランスが始める前にその世界でもっとも野心的な貿易交渉を容易に殺そうとするように見える自殺的行為だ。音響映像サーヴィスが全部交渉から除外されなければ、今週末のルクセンブルグでの通商担当大臣会議で、欧州委員会がアメリカとの交渉を始める任務に拒否権を発動するだろう、とフランスは主張する。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

地球規模の野望vs環境の懸念 - フランスの都市計画

8月
18

計画されたローランギャロスの拡大についてのけんか

全仏オープンの決勝進出者が6月8日と9日にそのクレーコートで対戦するとき、彼らはローランギャロス競技場の時代の終わりを目撃するかもしれない。そのグランドスラム大会を組織するフランステニス連盟(FFT)は、その場所を拡大することができるかどうかの裁判所裁定を待っている。しかし、その計画は大きな現地のけんかを巻き起こし、金持ちの現地の人々、環境活動家、職業スポーツ家、そしてパリを世界的な町にしたいと思っている人々の敵対する念願を露出している。

他のグランドスラムの会場は、すでに更新している。メルボルンとウィンブルドンは、それぞれセンターコートに開閉可能の屋根を持っている。全米オープンは、フラッシング・メドウズに巨大なアーサー・アッシュ競技場を持っている。その首都の地味な16区の縁にあるローランギャロスは、パリの入り口で魅力を放っているが、狭苦しい場所にある。1928年に建てられたそのセンターコートは、屋根がない。ラファエル・ナダルが勝った去年の決勝は、雨のために2日にわたって行われた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ミルダかエウロパか?

8月
11

なぜいくつかの国は依然としてユーロに参加したいと思っているのか?

ラトヴィア人たちは愛情をこめて彼女をミルダと呼ぶ。その民俗的頭飾りと編んだ頭髪で、彼女は戦間期の最初のラトヴィア共和国の銅貨に現れた。彼女は、ソ連の下で失われた国の象徴になった。亡命者の間でミルダは人気のある贈り物だった。第二次世界大戦中にドイツに住んでいたグンデガ・ミチェレは、5歳の誕生日にブローチにはめられた5ラット通貨を与えられた。1991年のラトヴィアの再興で、ミルダはラトヴィアの紙幣の透かしとして(そして500ラット紙幣に)戻ってきた。今、その政府はその愛されたラットを、来年1月にユーロに変えたいと思っている。(その乙女は1ユーロと2ユーロのコインにだけ現れるだろう。)

多くのラトヴィア人のように、ミチェレ女史はその考えを承認しない。彼女は経済についてほとんど知らないことを認める。しかし、ナチスとソヴィエトの下でのラトヴィアの苦悩を記録するリガの占領博物館の理事として、彼女は象徴の力を理解する。寄付箱の中をじっと見て、彼女はラトヴィアの紙幣が「やわらかくて暖かい色」を持っているという。ユーロ紙幣の特徴のない建築の意匠は「何の感情的なつながりもない。」

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ゴール!ゴール!ゴール! - ドイツサッカー

7月
30

ドイツのサッカーの勝利は、そのヨーロッパでの役割についてなんといっているか

今年のチャンピオンズ・リーグで、ドイツのクラブが優勝する。豊かな南部からのバイエルン・ミュンヘンであれ、ブルーカラーのヴェストファーレンからのボルシア・ドルトムントであれ、他のヨーロッパ人は不快な気持ちを持つかもしれない。この、(初めて)ロンドンのウェンブリースタジアムでどちらもドイツの決勝が行われることは、ドイツの優勢の別の兆候ではないのか?たぶん適切に、そこに就くために、彼らはユーロ危機の国からのライヴァル(バルセロナとレアル・マドリー)を処刑した。

サッカーは戦後のドイツ史を反映する。多くのドイツ人にとって、その国の心理的な再生は、スイスで西ドイツがハンガリーに勝って最初のワールドカップを勝ち取った1954年の「ベルンの奇跡」とともにやってきた。別の奇跡ヴァーチャフツワンダー(経済の奇跡)は、真っ最中だった。3年前に、パリ条約が調印された。3年後にローマ条約だろう。ヨーロッパ共同体が作られており、ドイツ人は再び大陸の家族の一員だと感じた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

入ってくる - クロアチアの経済

7月
30

古い経済的心配を持った新しいEU加盟国

クロアチア中で多くの政党が計画されている。12年の退屈な仕事の後で、その国は7月1日にEUに参加する。外国の高官は、そのEUの28番目の加盟国のために祝杯を挙げ、花火を見るためにやってくる。1日後、大統領のイヴォ・ヨシポヴィッチは、その熱意を励ますために5つの非EU西バルカン諸国の大統領を迎える。問題は、ほとんどのクロアチア人がパーティーの雰囲気ではないということだ。

それはほとんど驚くべきことではない。2009年以来、その経済は引き締められるか停滞するかのどちらかだ。今年、GDPは0.3%縮小することが予想されている。2008年に、失業率は13.4%だった。今年、それは20%を越えそうだ。他の所と同じように、若年失業率が特に高い。不正は大問題のままだ。2008年に42億ユーロ(54億ドル)で頂点となった外国直接投資は、去年たったの6.24億ドルだった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

Europe を購読