Europe

バルトの野望 - ラトヴィアとユーロ

6月
02

ラトヴィアは来年の1月にユーロ圏の18番目の加盟国になりそうだ

ヴァルディス・ドムブロフスキスは、阻止されない。キプロス、スロヴェニア、そして継続するユーロ危機にもかかわらず、そのラトヴィア首相は彼の国を2014年1月1日にその単一通貨に参加させたいと思っている。今週、彼は、スペイン人と並んでラトヴィアのたくらみについてもっとも懐疑的であるフランス人を説得するために、パリに飛んだ。

それにもかかわらず、ラトヴィアは楽勝であるべきだ。その小さなバルト海の国は、努力なくしてマーストリヒトの条件を満たす。今のところ、ユーロ圏はそのすべてに従った国を拒絶したことはない。さらに、ラトヴィアの経済はしっかりと成長しており、その通貨はほぼ10年間ユーロにペグしており、その民間と法人の債務の90%までもがすでにユーロ建てになっている。その北の隣国エストニアは2011年に加盟し、3番目のバルト国家リトアニアは2015年に後に続きたいと思っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

貧困デモ - ブルガリアの危機

4月
17

短命な政府に対する絶望的なデモ

1か月に満たない間に、ブルガリアで6人が自らに火を放った。3人が亡くなった。36歳のアマチュア写真家でロッククライマーのプラメン・ゴラノフの焼身自殺による死は、特に大衆に衝撃を与えた。ゴラノフ氏は、ここ数週間その国を揺り動かしているデモの象徴の、ブルガリアのヤン・パラフ(チェコスロヴァキアへのソヴィエトの侵攻に対して1969年に自らに火を放った学生)になっている。「あなたは我々の勇気と自由への愛に火をつけた。」彼の死の後に喪に服した国民の日に、そう書いた旗が掲げられた。

焼身自殺はブルガリアでは新しい現象ではない。医療慈善団体の国境なき医師団によれば、人口7,300万人のブルガリアは1983-2003年の間に、年平均7.4件の焼身自殺があり、そのほとんどが政治的動機によるものだ。しかし、このデモの波と、政治的目標に向けて究極的な犠牲をしようという個人の意思は、共産主義崩壊以来のどのものよりも悪い。ブルガリア人は、激しい不正、公共民間両部門でのひどい管理、役に立たない官僚機構、高い失業率、そして貧困に摩耗している。「その政治危機の根深い原因は、貧困だ。」ソフィアのウニクレディト・ブルバンクの首席エコノミスト、クリストファー・パフロフは語る。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ジョニーは出ていかない - スコッチとEU

3月
22

なぜスコッチウイスキーメーカーは欧州連合にとどまりたいと思うのか

その粋な男は、1908年にのちに世界で最も人気のあるスコッチウイスキーになったジョニー・ウォーカーの瓶を最初に美しく飾って以来、大股で歩き続けている。大英帝国の交易路に沿ってその名をとどろかせたジョニー・ウォーカーは、英国が世界の舞台での富を求めて、悩んでいるEUから自由になり豊かになるだろうという、ユーロ懐疑主義者の主張を支持すると期待されるかもしれない。結局、新たなスコッチ愛飲家を見つける最善の望みは、新たに豊かになるインドや中国にあるのだ。

しかし、ウイスキーメーカーと話し、印象的なことは、彼らが現在と未来にわたってEUとその単一市場を極めて重要だとみていることだ。EUは、その足かせになるどころではなく、今、その産業が世界市場を征服するための重要な剣と楯になっている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

大西洋貿易 - 大西洋横断自由貿易協定

2月
26

なぜアメリカとヨーロッパは自由貿易協定を必要とし、それを得るのに失敗するかもしれないのか?

長く続いた大西洋をまたいだ牛肉戦争の銃声は収まった。去年、EUは(ホルモン処理されていない限りは)アメリカの牛肉輸入の割り当てを倍以上にし、アメリカはロックフォールチーズの輸入への懲罰関税を外した。アメリカは、狂牛病の拡大を防ぐために1997年に課された牛肉輸入の禁止を間もなく緩和してしかるべきだ。11月にEUは肉を乳酸で除染するというアメリカのやり方を受け入れた。アメリカの牛肉脂肪についての最後の小論争は、(化粧品のためではなく)バイオ燃料のための獣脂の輸入を許すという計画を通して間もなく解決されるだろう。

何十年にもわたる貿易紛争と訴訟の後で、その停戦は野心的な大西洋横断自由貿易協定への雰囲気をきれいにするつもりだ。EUの高官は「大西洋横断統一財市場に近づく何か」を作り出すことを話す。それほど大きくない協定でさえも、大西洋の両側で苦労する経済を再活性化する助けになりうる。それはまた、アメリカとヨーロッパが急速の勃興する中国に直面して国際的貿易ルールを決める役に立ちうる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

依然として制限的だ - アイルランドの堕胎議論

2月
26

アイルランドの堕胎についての法律を緩和する制限された計画が、鋭い議論を惹き起こす

アイルランドの最高裁は21年前に、女性の命を死の危険にさらすかもしれない妊娠のリスクがあれば、堕胎は合法だと裁定した。その訴訟は、最高裁がひるがえした、下級裁判所に堕胎のためにイングランドにわたることを止めた決定をされた、性的虐待を受け自殺的な10代の若者を巻き込んだ。しかし、後に続く政府はその裁判所の決定を無視した。アイルランドは依然として先進国中で最も制限的な堕胎の体制を持っている国の一つだ。毎年4,000人以上のアイルランド人女性が英国にわたって妊娠中絶する。アイルランドの問題への英国的解決だ。

しかしながら、3年前、欧州人権裁判所はアイルランドにその堕胎法を明白にすることを要求することによって政治家が措置を講じるよう恥いらさせた。より最近には、あるインド生まれの歯医者が繰り返し中絶を要求していたにもかかわらずゴールウェイの病院で流産の後に亡くなった時の国際的な抗議によって、その議論は再点火された。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

外国でのヨーロッパ - ヨーロッパの海外派兵

2月
05

軍隊を外国に展開するヨーロッパの能力は落ちているが、マリはそれが依然として必要だと示す

若い男たちが戦争に行く時、危険を避けたものに憤りが向かう。イラクでは、アメリカ人たちはフランス人をチーズを食べる降伏した猿だと非難した。マリへの介入で、フランスの政治家は、聖戦士たちとの戦いで特にヨーロッパの仲間がいないことによって狼狽している。

フランスの保守的な野党指導者ジャン=フランソワ・コぺは、「いまのところ、わが国だけが前線に立っている。」と不平を言うものの一人だった。ル・モンド紙の漫画家プラントゥは、フランソワ・オランド大統領を戦いに乗り込むタンタンとして、そしてヨーロッパ連合をその車から「あなたと一緒にいるよ!」と呼びかける喜劇的に不適切な警察官のデュポンとデュボンとして描いた。

そのような批判は厳しい。英国人、ベルギー人、デンマーク人、イタリア人、ドイツ人、そしてカナダ人は空輸支援を申し出た。アメリカ人は諜報と空中給油を申し出ることを考えている。普通EU外相のキャシー・アシュトンをあざけるフランスの高官たちは、1月17日に彼女が緊急外相会談を開き、マリへの計画された軍事訓練ミッションの展開のスピードを上げる準備ができていることに喜んでいる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ケルトの変容

1月
29

アイルランドは緊縮を通しての調整のモデルなのか?

「お祝いが待ちきれない。」ダブリン空港のポスターは、花火でばか騒ぎする人々の写真で宣言する。1年間続くお祭りといい気分にするイヴェントである「ギャザリング」は、アイルランド系海外居住者を祖国アイルランドに引き戻すという意味を持つ。これをさげすんで、感傷的な外国人から金を搾り取るための単なる策略だとみるものもいる。より強い批判は、アイルランド系は再び散らばっているというものだ。その経済的苦悩に対するアイルランドの伝統的反応である移民は、再開し、加速すらしている。

バラードはずっと別れの悲しみを喚起している。「多くの20歳の若者たちがさよならを言った。」1960年代にダブリナーズは歌った。1980年まで、典型的な移民は貧しい労働力だけではなく、不満を持った卒業生でもあった。それから、「ケルトの虎」の日々の経済的好況がその呪いを壊すように見えた。若い男女は母国で給料の良い仕事を得ることができた。アイルランドは外国に出て行った人の何人かを引き戻しており、外国で獲得したその技術とネットワークが好況を加速している。初めて、アイルランドは、特に東ヨーロッパから多くの外国人労働者を惹きつけている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

サッカーの悲劇の余波 - オランダの人種

1月
29

オランダ社会で宗教的人種的緊張が再び表面化している

アルメレとオスドルプは、公園やサッカー場が点在する、がっしりしたフラットとタウンハウスの現代的な計画され町である、アムステルダムを取り巻く郊外の二つの労働者階級の町だ。近年、上昇志向のムスリムとカリブ人移民が、都心を去って郊外に向かい、これらのような場所をオランダの困難の多い統合過程の集中地に変えている。その国でもっとも最近の人種的悲劇が起こったのはここだった。

12月初めのアルメレでのユースのサッカーチームとの試合の後で、アウェイのオスドルプの何人かの10代の選手たちが未解明の争いの後でヴォランティア線審を非難し野蛮に蹴り上げた。一人のアルメレの選手の父であったその線審は、次の日亡くなった。彼は白人だった。彼への若い攻撃者たちはモロッコ系だった。その出来事は、10年以上にわたってオランダ政治を占有している宗教的人種的緊張の1か月にわたる再発を惹き起こした。そしてそれは、これらの緊張を最もよく利用するポピュリスト右翼政治家のヘルト・ウィルダースの運を復活させている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ヨーロッパの次の独立国家? - カタルーニャ

10月
15

カネと主権についての争い

バルセロナの中央のカタルーニャ広場の横断幕には、次のように書いてある。「カタルーニャ、次のヨーロッパの独立国家」。その地域の750万の人口の8%と推計される人々が集まった9月11日のその町を通る旗や横断幕を持った巨大な平和的な行進の後で、かつては新奇な考えだったものが、突然活気づいている。

カタルーニャ民族主義の地方政府の指導者のアルトゥール・マスは、公式に行進者を支持した。「これは無視できない。」彼は語った。「カタルーニャは国を必要としている。」ある最近の世論調査で、カタルーニャ人の51%が独立に賛成票を投ずるだろうという。分離主義者ではない人の中にすら、今では住民投票が必要だと信じる人もいる。だが、スペイン憲法は分離を許さず、それがその国とそのもっとも豊かな地域を衝突に向かわせている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

アジアへの架け橋? - ロシアの極東

9月
29

その国のはるか広がる東の領域は繁栄のための大計画以上のものを必要とする

ウラジオストクの沿岸を少し離れたところにある森の多い島であるルースキー島への橋は、かなり構造的な驚異だ。それは3,100メートルの世界最長の斜張橋で、エッフェル塔と同じ高さがあり、建設に10億ドルかかる。そのすべては、たった5,000人の人々がその島を故郷だと呼んでいるだけだと考えると、少し大きいように見えるかもしれない。

しかし、9月7-9日の間に、何十人もの国家元首と何百人もの企業幹部が、今年のアジア太平洋経済協力(APEC)に集まり、ロシアのアジア太平洋地域へのデビューパーティーになりそうだ。それ自体、その橋はモスクワのロシア極東開発と、ウラジーミル・プーチン大統領言うところのその「もっとも重要な地政学的仕事」であるアジアとのつながりの強化の計画の象徴だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

Europe を購読