Europe

公平な分配 - ドイツの富裕税

9月
29

階級闘争の季節だ

1か月の若さの運動Umfairteilenは、支持者がドイツ中の道に達することを計画している9月29日のために計画している。Umfairteilenは、ドイツ語で再分配を表す言葉の一音節を英語のfairに置き換えたものだ。その目標は、すでに議会の野党によって採用されているが、富裕税だ。

この古い考えは、ベルリンのシンクタンクDIWが、ドイツを含んだヨーロッパに依然として存在している十分な民間の富の一部を政府が差し押さえれば、ユーロ圏の国際危機は簡単に解決しうると論ずる。おまけとして、そのような賦課はまた、不平等を減らす。

最初の疑問は、誰を金持として数えるかだ。DIWは、その分析を個人財産が25万ユーロの点から始めることに基づいている。しかし、それは中産階級をたたくだろう。だから、ドイツでの重要な政治的段階である討論番組は、その議論を取り上げた。一貫した答えは、「金持ち」とはその質問に答えた人よりも豊かな人は誰でも、ということのように見える。(Umfairteilenは100万ユーロにその線を引いている。)

Posted By gno-eagrai 続きを読む

正直な納税者へのパンチ? - ヨーロッパの税外交

9月
15

スイスとドイツの間の税協定は困難にある

外国人に秘密のスイスの銀行口座に税務当局から金を隠させる、古くからのスイスの伝統に取り組む二つの戦略がある。一つはアメリカのやり方で、西部の保安官のように厳しくやることだ。2007年に、アメリカはスイス最大の銀行のUBSを厳しく取り締まり始めた。十分な告発と乱打で、それは最後にはその銀行に法外な罰金を支払い、アメリカの脱税者だと言われた1,000を超える名前を手渡すよう強いた。その資金のいくらかがジュリアス・バーのような他のスイスの銀行に流れたように見えた時、アメリカはこれらを追及した。一つ一つ、それらの銀行はいまではアメリカの税の尋問者に情報を開示している。

ほかのやり方はヨーロッパ式で、それほどきついやり方ではないが、より包括的だ。英国、オーストリア、そしてドイツは別々にたたいているが、その問題を事実上解決しうるほとんど同一の取引をスイス政府とする。ほとんどの資金が危うくなったドイツは、1月1日に有効になるように、連邦議会、もしくは参議院で11月にこの協定を批准することになっている。問題は、連邦議会の州の大多数がその取引を殺す意図を持っているように見えることだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

売春をして - フランスと売春

7月
24

新しい政府はもっとも古い職業を廃止したいと思っている

初心者にとって、森の中の道路のわきに閃いている地面の上の棒に結び付けられたみすぼらしい青いビニール袋は、単なるゴミかもしれない。しかし、木の下にいる女性のその太ももまである白いブーツときついショーツは、何か違うことをあらわしている。売春はパリの高級な部分から追われているので、女性たちはその取引を他の所で営んでいる。首都の外の森から、繁栄する事業が歩道で広く昼間に始まり夜遅くまで続くかなり移民の多い18区のバルベス大通りに至るまで広がっているのだ。

先月社会主義者の女性大臣ナジャット・ヴァロー=ベルカセムは、その取引を全部禁止したいと宣言して、騒ぎの原因となった。「問題は、(答えがイエスである)我々が売春を禁止したいかということではなく、いかにしてそれをする手段を自分たち自身に与えるか、だ。」と彼女は言った。1年前、国会は、フランスの「廃止主義者」の見方とその「売春なき社会」を作り出す欲望を再確認する決議を可決した。売春それ自身は違法ではないが、売春宿は、客引きや(3月にドミニク・ストラス=カーンにかけられた罪である)売春あっせんのように、違法だ。今、その大臣は顧客も同様に犯罪化するというより厳しい考えを提起している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ヨーロッパに向かってじりじり進む - モンテネグロ

7月
01
小さなバルカンの国がヨーロッパのドアをたたく
 
ヨーロッパ連合の指導者たちは、6月28-29日の首脳会談でユーロ危機を議論する。おそらく驚くべきことに、モンテネグロもまた議題に上る(そしてそれは、ギリシャがその例に続くかもしれないと推測するものもいる、ユーロ圏に入っていないにもかかわらずユーロを使っているためでもない。)ほとんどの国は、60万人を少し超えた人口を持つ6歳のバルカンの国との加盟交渉を開くことに好意的だ。しかし、それは起こらないかもしれない。ブルガリア人はこの段階でモンテネグロを引き留めることは公平ではないだろうというが、スウェーデンだけが組織犯罪と不正に対する真の戦いのより多くの証拠を望んでいるのではない。
 
その国の法廷はいくらかの助けを提供したところだ。6月5日に、ブドヴァの元市長が不正で投獄された。彼とともに投獄されたのは、彼の元副市長だったドラガン・マロヴィッチだ。偶然にも、マロヴィッチ氏の兄弟は、モンテネグロの政治を20年以上支配し、与党の党首を務めるミロ・ジュカノヴィッチの政治的な敵だった。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む
Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

Europe を購読