Finance and Economics

無からのカネ - ビットコイン

3月
21

慢性的なデフレがビットコインがその法定のライヴァルたちにとってかわることを妨げるかもしれない

最も熱狂的なファンにとって、ビットコインは薬物の有益な代金支払い法以上のものだ。それはまた、消費者向け金融の多くを崩壊させうる技術的脅威でもある。しかし、それはカネなのだろうか?ハッカーにより大量の通貨が繰り返し消失させられるにもかかわらず、ビットコイン経済は成長し続けている。流通しているビットコインの総価額は、1年前にはたった4.9億ドルだったのが79億ドルに増えており、日々の取引量はほぼ60%増えている。もしビットコインがお金っぽさでドルやユーロと張り合うことを望むのならば、それはマスターカード狂以上のものになる必要があるだろう。

経済学者は、カネとは3つの主要な機能で働くものだと説明する。それは、モノやサーヴィスと信頼して交換できる「交換手段」でなければならない。それは安定して価値を蓄えることができなければならず、それにより利用者は多かれ少なかれ購買力を損なわずそのいくらかをしまいこみあとから使うことができるようになる。そしてそれは計算単位として機能しなければならない。ある経済における価値を測るための統計的な尺度だ。アメリカのドルはその3つにすべてあてはまる。ビットコインはもう少し進まなければならない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

隠された一面 - ビットコインの将来

3月
21

いかにしてその暗号通貨はカネにおけるインターネットになりえたのか

父親はその子供の葬式に間に合った。もし最近の報道を信じるのならば、それがビットコインの地での哀れな状態のようだろう。3月6日にニューズウィーク誌は、ビットコインの隠遁中の創造者であるサトシ・ナカモトを見つけ出したと報じた。そして3月11日に、現在の価格で4.9億ドル相当の顧客のビットコインを失うまでその通貨の取引を長く支配していた日本のオンライン取引所のMt Goxは、今度はアメリカで再び破産により財産保全された。

実際には、事態は少し違っている。ニューズウィーク誌がビットコインの父だとしたドリアン・サトシ・ナカモトはそのサトシではないとの証拠が増えている。より重要なことに、ビットコインの最善の日々は、完全に一人前の通貨としてではないにしても、今度は金融革新のプラットフォームとして、依然として先にあるかもしれない。インターネットがデジタルサーヴィスの基礎であるように、ビットコインの裏にある技術は、人々が所有し支払うための方法の革命を助けうる。見れば新しいプラットフォームかどうかわかるますます増えるヴェンチャーキャピタリストを含んだ、すべての種類のオタクたちは興奮している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

脅かされる現金 - アフリカでの電子支払

3月
14

ポール・エドワーズは、有料テレビと携帯電話をアフリカにもたらした。今度は電子支払だ

「満足した人々は革新しない」アフリカで電子支払のためのスイッチと線を供給する企業であるエマージング・マーケット・ペイメンツ(EMP)の社長、ポール・エドワーズは語る。エドワーズ氏は確かに休まないタイプだ。1990年代の初めに、彼は南アフリカの有料テレビ会社でアフリカの他の部分にも拡大したマルチチョイスの社長だった。数年後、彼はアフリカ最大の携帯電話会社MTNを経営した。EMPは彼のアフリカでの3つ目の大事業だ。その目標は、かなりの所に銀行がない大陸に電子支払いサーヴィスをもたらすことだ。

アフリカ人のたった15-20%しか銀行口座を持っていないが、60-70%は携帯電話を持っている、とエドワーズ氏は語る。携帯電話のクレジットは、すでに料金決済の手段として使われている。ケニアのGDPの1/4は、その国の形態マネーサーヴィスであるM-Pesaを通って流れている。銀行と携帯電話の浸透率の差は、電子支払いサーヴィスの隠れた需要の規格だ、と彼は語る。アフリカのほとんどの取引は現金で決済されるが、徐々により多くの顧客が電子支払いの安全性と便利さを選びそうだ。EMPはそのような取引が滑らかに流れるよう確保する仕組みを打ち立てている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

噛みつかれた - ビットコイン

2月
14

暗号通貨の王様にとって荒れた週

チャーリー・シュレムは、1月26日のマイアミでのビットコイン熱狂者の集まりで、メインの話し手だった。次の日、彼は違法薬物のオンラインの市場であるシルクロードの店に100万ドル相当のその仮想通貨を提供しようと企んだとして逮捕され告発された後で、それほど歓迎されない見出しを飾った。シルクロードは去年閉鎖された。その創業者だと言われるロス・ウルブリヒトは、それから起訴されている。いま、犯罪取り締まり人は、顧客がそのような闇市場で跡を追うことができる古い経済の通貨を匿名に近い仮想のものに交換することをできるようにする交換所に、その注意を向けている。

シュレム氏の逮捕は、ビットコインのファンに衝撃を与えた。その24歳の男は、その通貨のもっとも雄弁な提唱者の一人で、暗い側とつながりを持っていないとみなされていた。彼の交換所、ビットインスタントは、フェイスブックが自分たちの考えだと主張するインターネット事業家ウィンクルヴォス兄弟から金融支援を受けている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

巨人の一人 - ロナルド・コース

2月
09

なぜ企業が存在するかを説明した経済学者のロナルド・コースが9月2日に102歳で亡くなった

「私は主要理論において何の革新もしなかった。」とは、ロナルド・コース自身が彼の人生における作品を要約したものだ。「私の経済学への貢献は、あまりに明白で見逃されがちな経済制度の特徴を包括するよう推し進めていることだ。」見逃された物への注意は、コース氏が法と経済を変革するのを助けた。

労働者階級の両親の下1910年にロンドン郊外のウィレスデンに生まれたコース氏は、学問的な気質と科学への興味を持っていたが、数学的センスに欠けており、それが彼をそののち数十年間経済学から締め出していたかもしれない欠点だった。彼は、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)で「商業」を勉強した。それは(「私がたった一つむいていなかった職業選択だった」)中間管理職行きの人々のために作られたコースだった。

その学位は初級経済学を含んでおり、彼は素早くその陰鬱な科学に引っかかった。1年間の旅行奨学金は、彼に学んだことを応用する機会を与えた。彼は、彼を悩ませた問題である、なぜ会社は存在したのか?、についての答えを探そうとして、アメリカの産業都市を巡る旅を選んだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

下町 - 都市の経済多様性

12月
12

都市が衰退しはじめるとき、彼らを救うことができるのは経済多様性だ

デトロイトの最新の産業は、その町の朽ち行く物理的社会資本を記録した写真である「廃墟ポルノ」だ。その自動車の町は、アメリカの中西部から北ヨーロッパにかけての産業都市を悩ませている衰退の極端な例だ。それらの興亡(そして時には再生)は、町をまとめまた引き裂くより深い力を明らかにする。

いずれにしても、経済学者にとって、都市が存在すべきかどうかは全く明白ではない。群衆は、混雑と費用の掛かる土地や労働力を意味する。しかし、固まることへの良く知られた利点もある。交通費用が十分に高いとき、企業は、安い土地や労働力で節約するよりも、ものを消費者の群に運ぶのにより多くのカネを費やすかもしれない。専門技能を持った労働者は、彼らを雇う企業の類のそばにいるためにそのような群に集まる。そのような労働者は町を成長する企業にとってより魅力的にする。職と労働者の深いプールは、雇用主と従業員の組み合わせを改善し、生産性と給与を押し上げる。

競争に近づくことの利益もある。自動車産業の黎明期に、デトロイトの企業家たちはライヴァルに注意し続け、幸運な少数が見事に成功するまで、設計やビジネスモデルを微調整するために学んだ。シリコンヴァレーの技術的新陳代謝は、似たような競争的協力によって力づけられている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

下落の翌日 - アフリカの株式仲介

12月
12

古いやり方で株式を取引する

8月16日の朝10時数分前に、20数人の着飾った男女がハラレの下町のユニオン通り101の5階にゆっくり集まる。彼らは、ジンバブエ証券取引所(ZSE)でのその日の取引開始を待って、小さな部屋にある木製テーブルの輪の周りに集まる。それぞれのトレーダーの前には、取引場での彼らの場所を記した数字付の緑の長方形がある。目に見えない信号で、取引は始まる(ベルは部屋の真ん中のテーブルに使われないまま置いてある)。

アフリカの株式市場は、幾分かはその大陸の急成長する経済に触れることを欲する先進国の投資家からの関心が増しているために、今年、沸いている。ジンバブエは、70強の上場企業のうち半ダースかそこらしか外国投資家の関心を惹くのに十分なほど大きいものがないのだけれども、アフリカのいわゆる前線市場のうちで最も大きなものを持つ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

異なった規模 - 魚の値段

11月
02

魚はますます高価になっているが、彼らは皆同じ速さで動いているわけではない

漁師になるにはよい時だ。国連の食糧農業機関(FAO)の、世界魚類価格指数は、5月に最高値を記録した。特に中国での消費者の食生活の変化が、持続する上昇基調の多くを説明する。漁業と運輸の費用を上昇させる高い石油価格もまた、魚を食卓にのせる価格に上乗せされている。

しかしながら、全ての魚が等しく作られているわけではない。魚の生産には二つの型がある。「捕獲」(または野生)と「水産養殖」(または飼育)だ。そして、彼らは異なった軌道上にあるようだ。その大多数が野生で捕獲されるマグロのような魚は、より養殖が簡単なサケよりも大きな価格上昇をした。全体として、FAOの野生の魚の価格指数は、1990-2012年の間に倍近くになり、一方養殖魚のそれは1/5しか上がっていない。何がこの大きな違いを説明するのか?

地球規模でとらえられた野生の魚の量は、過去20年間でほとんど変わっていない。年に約9,000万トンのその天井には、1980年代の終わりに到達したようだ。特に消費者が高品質を求めると、生産性向上への限られた余地と同じく、過剰な漁が一つの理由だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ボーっとしている - アベノミクス

11月
02

日本はついに経済特区を機能させることができるのか?

世界でもっともよく知られ、最も成功した経済特区は、中国の深圳だ。鄧小平が香港の北にある小さな農漁村を自由市場経済を試すために選んだ1979年の後に、それは急速に産業大都市に成長した。日本もまた、長く資本主義に変わっているけれども、その国の他の部分ではあまりに急進的な考えを試すために、経済特区を使っている。首相の安倍晋三はいま、それらを彼の経済復興のための計画の中心に置いている。何十年間も多くを成し遂げることができなかった後で、それらはついに日本が深圳のような変革をするのを助けることができるのか?

もしその地域の予想される大きさが何らかの指針になるのならば、それらは実に影響を持ちうる。最終的な場所は間もなく発表されるだろう。東京、大阪、名古屋の巨大な都市が候補になりそうだといわれている。日本語でいうところの「特区」を監督するために、新閣僚が選ばれることすらあるかもしれない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

境界の問題 - GDP計測

10月
09

アメリカはそのGDPの測り方を変えている

経済学は乱雑な学問分野だ。科学にしてはあまりに流動的だし、アートにしてはあまりにがっしりしている。たぶん、それは、経済学者のもっともよく使う計量である国内総生産(GNP)ももつれていることにも当てはまる。GDPは経済の領域での産出の総価値を測る。その明らかな単純さは、なぜそれが毎月0.1ポイント単位でじろじろ見られるかを説明する。しかし、分析の基礎として、それはかなり主観的だ。それは、何が領域に数えられるか、何が算出に数えられるか、そしていかにそれを評価するかについての難しい決定に基づいている。実に、経済学者は依然としてそれを微調整しているのだ。今週、主に経済的資産に数えられるものの定義が動いた「境界」のために、アメリカのGDPは5,600億ポンド、または3.6%上がった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

Finance and Economics を購読