International

赤ん坊に躍らせろ - 著作権とインターネット

9月
22

デジタル時代への新たな著作権ルール

ペンシルヴェニアのステファニー・レンスが、プリンスの曲「レッツ・ゴー・クレージー」にのって踊る彼女の18か月の息子のヴィデオをユーチューブに載せた時、彼女は訴訟になるとは思ってもいなかった。しかし、4か月と28の視聴があった後で、そのミュージシャンの音楽会社ユニヴァーサルは、その29秒の「興業」が著作権を侵害していると喚き、ユーチューブにそれを取り下げるよう要求した。

それは2007年のことだった。それ以来、コンピューター、スマートフォン、そしてインターネットが著作権法をさらに時代遅れに見えるようにしている。しかし、今のところ反応は、法の更新ではなく、その範囲を広げ、罰則を厳しくすることだ。1月に、ウィキペディアを含んだウェブサイトが、アメリカや他の所の娯楽会社によって推進される厳しい反海賊法に反対して短い間閉鎖した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

戦争ではなく、法を作る - 海洋紛争

9月
15

海洋境界についてのけんかをいかにして解決するか

よちよち歩きの子供がバスタブの中のゴムのアヒルとけんかするように、国々が再び彼らの間にある海上の島々の支配についてのけんかをしている。最新のけんかは日本と中国の間で無人の列島を巡って膨らんでいる。もし所有権が変わるのならば、それは国々の間での新しい海洋国境を作り出すだろう。

海洋紛争は、すぐには無くなりそうもない。半分以上の世界の海の国境(国々が出会う想像上の線)は引かれていないままだ。幸運なことに、すべての紛争が最後に民族主義者の感情やさらに悪いものの引き金を引いているわけではない。むしろ、間を埋めるためのゆっくりとした争いが続いており、高給の弁護士が古い地図について議論し、条約を分析し、取引を徹底的に検証している。

かつては岸からの大砲の射程で定義された沿岸水域についての主権は1982年以来国連の海洋法に関する国連条約(UNCLOS)によって指針が与えられている。署名したものは、その海岸から12カイリ(22キロ)まで「領海」として主張でき、その中では彼らは法を施行できるが、国際海運に干渉してはならない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

孤独の魅力 - 独り身

9月
15

一人で住むことが世界中で増えている。これは悪いニュースか?

ニューヨークの30代独身についてのかつて人気があったアメリカのテレビ番組「セックス・アンド・シティ」のプラダを身に着ける主人公は、中東の女性のロールモデルではなさそうだ。その二つ目のスピンオフ映画は、一部がアブダビで撮影されたが、当局はそれが撮影されることやそこで上映することすらも止めた。

しかし、独身の生活様式は、湾岸でさえも広がっているようだ。婚約者に金融支援を提供するアラブ首長国連邦の結婚基金による最新の統計によると、30を超える女性の約60%が未婚で、それは1995年の20%から上がっており、政府報道官のサイード・アル=キトビが「とても心配すべき」という傾向だ。

もしそれで快適になるのならば、UAEはただ一か国ではない。独身はほとんどどこでも増えている。調査会社のユーロモニターは、世界は、2020年までに、20%の上昇になる4,800万人の新たな独身生活者を加えるだろうと予測する。これは、独身が世界のほとんどの場所で最も早く増加する家計集団になるだろうことを意味する。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

機会ではなく選択だ - 避妊と開発

7月
24

家族計画が国際的な開発の議題に戻ってくる

ブルキナ・ファソのワガドゥグの郊外のマリー・ストープス・クリニックで、だいたい30歳のジュリエットは子宮内避妊リングをはめた机から、笑いかけた。彼女は、3人の子供を持っており、これ以上ほしくないと言った。彼女の夫は、彼女がその処置をしていることを知らない、と彼女は認めるが、彼は気にしないだろうと彼女は考えている。人ごみから判断すると、誰も気にしない。その2層の建物は、母親と子供たちが群れている。その理事のサリー・ヒューズは、毎月だいたい1.4万人の訪問者があると語る。1台のジープがちょうど戻ってきて、さらに多くの避妊を施している周りの村への日々の旅から帰ってきた医者、助産婦、そして看護師を連れ戻す。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

汚い事業 - 武器取引規制

7月
13

新たな条約は、武器の不法取引を抑制するのに、恥に頼るだろう

輸入武器にあおられた紛争は、2007年に、アフリカに、ほぼ援助で与えられた金額を取り消す、年間少なくとも180億ドルの費用をかけさせていると推計される。だから、来月ニューヨークでの国連の武器取引条約(ATT)で何が起こるかということは、武器の流れをせき止めることが世界で最も困難な場所での暴力の抑制に向けて大きな一歩になると信じる人々によってしっかりと経過を追われるだろう。条約交渉は7月2日に始まる予定だ。

その交渉は、コスタ・リカのオスカー・アリアスによって率いられたノーベル平和賞受賞団体と武器管理運動の傘の下の圧力団体連合とともに2003年に始まった努力の頂点だ。彼らの狙いは、武器の世界的取引を規制する国際条約を確保することだ。幾分かは当時の外務大臣ジャック・ストローの個人的関心のおかげで、英国は外交力を貸した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

新芽、緑、そして葉 - 環境成長

7月
03

豊かな国は環境についてたくさん心配することなく繁栄した。低中所得国はそのようなぜいたくを持っていない

ナイヴァシャ湖の南岸で、ケニアの青々とした大地溝帯は、イングランドの夏の予期しない香りを保っている。中では、巨大なプラスティックの温室がずっと遠くまでバラを育てている。ヨーロッパに輸出して、彼らはそこで売られている商業用バラの1/5を占め、ケニアの外貨の1/10を供給する。しかし、その事業は自身の成功の犠牲者だ。

花よりも鋭く匂いに誘われて、カネを稼ぐために25万人のケニア人がバラの生産者に続いて谷に入った。彼ら自身を養うために、彼らは湖に流れ込む流れを濾して抑える木々を切り倒して、周りの丘を耕した。それは今では汚泥と排水で汚染されている。

それは、それが原因となった環境的な損害によって詰まらされた古典的な開発の物語のように見えるかもしれない。しかし、これはもつれを持っている。バラの生産者は、木を残しておく近代的な農法を奨励して小さな所有者にカネを貸しはじめている。それは始まったばかりだが、その結果は見通しがある。それらは生産者、小農業者、そして湖に利益がある。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

International を購読