Leaders

海洋 – いかにしてとりすぎの男たちを捕えるか

1月
25

ビッグデータによりさかなはかつてないほどに保護できるようになっている

海洋資源保護の困難さは、いくらかはコモンズの悲劇にある。共有地での違法な漁獲が後を絶たないのだ。しかし、それは「ビッグデータ」の利用により変わっている。無線応答機や衛星観察といったものからの情報を、全ての船の後を追うために組み合わせることができるのだ。この見通しのある仕組みは、政府が既存の規則を施行しさえすれば機能する。

多くの政府の特に自国の船が他国の水域で漁をするときの規則適用についての複雑な対応を考えると、その新技術は企業がその供給網を守るのにも役立つだろう。警備技術の存在はまた、魚が卵を産むことができる海洋保護区を立ち上げるのを簡単にするだろう。この発展にはうまい皮肉がある。過漁は、人間の強欲さだけではなく、技術の産物でもある。技術が今、魚だけでなく違法漁獲を捕える仕事の為にもあるというのは、祝福すべきことだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

アフリカの民間資本 – パイプの詰まりをとって資本を使えるようにする

1月
25

アフリカはたくさんの資本を必要としている。民間資本はそこでそれをいかにして得るかの教訓を提供する

アフリカの公的資本市場はほとんどが小さく流動性が低いが、それだけが企業家が資本調達が難しいと考える理由ではない。他のところで長期資本を提供する年金制度は、多くの国々で略奪されるか抑えられており、故にめったに成長できる投資家ではない。そして現地の銀行は利用できる融資の需要に応えることができていない。銀行の浸透率は低く、ほとんどの家庭がその貯蓄をベッドの下に隠しているので、銀行は預金を融資に回すことができない。更に、多くは1970年代に国有化され、それ以来経営がまずく、しばしば政治家たちによって貯金箱として扱われた。

アフリカは、国内、国際的どちらの投資家からも絶望的に投資が不足している。他の事業は考えずに社会資本だけで年にあと900億ドルが必要なのだ。これは発展を抑えている。社会資本の隘路だけでも、サブサハラアフリカの成長を年に2ポイント減らしていると考えられる。しかし、資本が経済に入ってゆく普通の経路の多くはアフリカでは詰まっている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ナイジェリアとボコ・ハラム – アフリカの黒い旗

1月
25

政府が悪政と不正の蔓延に取組みさえすれば、ジハーディスト集団を打ち破ることができるだろう

ボコ・ハラムはアフリカのイスラム国(IS)になっているのか?その残忍さと領域を持つことへの野望で、それは確かにイラクとシリアのジハーディストに似ている。ボコ・ハラムは、貧困に苦しむナイジェリア北東部でベルギーと同じくらいの大きさの「カリフ国」を築いている。そして、ISのように、それは植民地解放後の国境線を越えて聖戦を輸出している。

ラディカルだがほとんどが政治的な活動として2002年に始まったそれは、特に2009年の強硬な取り締まり以来、年々暴力的になるジハーディストの反乱に変わった。2014年4月に、それはチボクの町から276人の少女を誘拐した。脱出した子もおり、亡くなった子もいるが、多くは奴隷として売られるか、戦士たちと「結婚」することを強いられた。今、その反乱は他の国に広がっている。1週間前、80人のカメルーン人が誘拐された。チャドはカメルーンを助けるために軍隊を送っている。ニジェールとベナンもまた脅かされている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

教育と階級 – アメリカの新たな貴族政治

1月
25

知的資本の重要性が増すにつれ、特権はますます遺伝性になっている

8月に共和党大統領候補者の最初の討論会が開かれるとき、そのうちの3人は父親も大統領に立候補した人になるかもしれない。誰が勝ったにしても、その次の年には空いては元大統領の妻になるかもしれない。相続される地位に敵対する原則で設立された国がこれほどまでに王朝に寛容なのは奇妙だ。アメリカは一度も王や君主を持っていないので、エリートが固定化するという兆候について、ときどきそれほど気にしないように見える。

トーマス・ジェファーソンは、国にとって有益な有徳で才能のある自然の貴族政治と、国をゆっくりと窒息死させるだろう富と出生によって成し遂げられた人工のそれとを区別した。ジェファーソン自身は、義理の父から11,000エーカーの土地と135人の奴隷を相続したすばらしい弁護士であり、その両者の雑種だが、その区別は耐久力があるとわかった。

今、それがわかり始めている。現在の金持ちはますますその子供たちに、数晩カジノで遊んだくらいでは使い切れない資産を残しているからだ。それは富よりも遙かに有益なもので、相続税に傷つけられないもの、つまり頭脳だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

2015年1月17日Leaders

1月
22
  • エネルギー – 時をつかむ

石油とガスの価格下落は、ひどいエネルギー政策を直すための世代に一度の機会を提供する

たいていの場合、経済政策立案は、端っこでちょこちょこいじくり回すことだ。しかしながら、たまに重大な変化が可能だ。その世代に一度の機会が今だ。石油価格の下落に、クリーンエネルギーと環境保護の進展が相まって、世界中の政治家はエネルギー政策を合理化する機会を得ている。彼等は特に化石燃料において市場をゆがめている多額の補助金をなくし、一方で税制を炭素使用に対しての物に変えることができる。より安く、環境に優しく、信頼できるエネルギーの未来が手に届くところにあるのだ。メッセージは一つ、時をつかめ、ということだ。

 

Posted By gno-eagrai 続きを読む

2015年1月10日Leaders

1月
13
  • シャルリ・エブドへの攻撃 – パリのテロ

イスラム主義者たちは言論の自由を攻め立てるが、イスラム全てを中傷するのは殺伐とした中世精神に対する間違った方法だ

(問題があまりに政治的で、適切に要約する自信がないので、ご興味のある方は各自原文をご覧ください。)

 

  • 経済学は進化する – 陰鬱からの長い道

データを用いたミクロ経済学はハイテク会社を形作っている。この傾向はマクロ経済学への教訓を持つ

経済学の世界では、マクロ経済学が全ての栄誉を持っている。しかし、この自然秩序は、10年間予測が外れているだけではなく、マクロ経済学者がその鋭さを失っていることによっても、変わっている。未来はミクロ経済学だ。

ミクロ経済学者は、地味な人たちだ。全ての統一理論を求めるよりも、特定の分野を磨く。しかし、技術が影響を与えている。ハイテク会社によって生み出された巨大なデータにより、ミクロ経済学者は人間行動のびっくりさせるほど優れた予測をすることができる。シリコンヴァレーの会社は、次第に彼等を愛するようになっている。最先端の経済学者を社内に招九ことで、彼等は顧客や従業員が次に何をするか予測できるのだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

2015年1月3日Leaders

1月
08
  • オンデマンド経済

オンデマンド経済の勃興は、労働者、企業、そして政治家たちに難しい問題を提示する

フリーランスの経済が広がっており、今アメリカでは5300万人がすでにその形態で働いている。二つの力が更にこの動きを後押ししている。一つは安いコンピューター能力で、もう一つは時間と金を交換できるようになったという社会的習慣の変化だ。オンデマンド企業は、固定的な資源を管理すると言うよりも、つながりを調整し品質を管理する中間業者だ。会社によってとられていたリスクは個人に押し戻されており、これがみんなにとっての帰結なのだ。

オンデマンド経済はすでに政治的な議論を引き起こしている。例えば、多くの地域でカーシェリング会社を規制しており、タクシー運転手はこの会社に反対してストライキをしている。技術楽観派はこの全てを産みの苦しみだとして退ける。消費者は選択の幅が広がり、社会は遊休資源を有効利用できるというのだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

生き延びる - 生物多様性

2月
14

少ない成長ではなくさらなる成長が第6大絶滅を避ける最善の望みだ

海南テナガザル、毎朝お互いに歌う。しかし、最近彼らはあまり歌うことがない。その種は、米とゴムの肥沃な産地であるだけでなく、ゴルファーの天国でもある、ある中国の島の固有種だ。その森のほとんどは、これらの活動のために場所をあけるために破壊されており、そのテナガザルの数は数十匹に減っている。もしその種が消えれば、それは1万2千年前の完新世の始まり以来絶滅した最初のサルになるだろう。

海南テナガザルは、国際自然保護連合によって絶滅寸前に指定された4,224種のうちのたった一つにすぎない。注意は哺乳類と鳥類に集まる傾向にあるが、カエルのような両生類は、さらに危険にさらされている。

過去数世紀にわたって、人類の経済成長は、他の種が直面する問題の多くを惹き起こしている。しかし、より大きな人類の繁栄はいま、他の種が生き延びる最善の可能性を提供する。
 

恐竜に何をしたか

地球の歴史で、これまでに5回の大絶滅があった。一つは恐竜を絶滅させた。別のものは地球上の96%の種を一掃した。すべてが多分地質的な事件が隕石によって引き起こされた。多くの科学者は6つ目のものが進行中で、それは人によって引き起こされていると考えている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

歯列矯正器から宇宙飛行士の座席まで - 3D印刷

1月
10

3D印刷が製造業を変えている兆候があるが、それは期待するかもしれないような方法ではない

プラスティックや金属で一度に層を作りそれらを積み上げることによって固い物質を作る能力である3D印刷に、数年前に人々が気づいて以来、意見は二つの極端な方向に逸れている。アメリカに多いそのファンは、それが劇的な影響を持ち、大量生産の経済を侵食し、西側に職を送り返すと主張する。ハーヴァード・ビジネス・レヴューによれば、「中国は世界の大量生産の工場になることを諦めなければならないだろう」、と言う。批判者は、それをやりすぎのインチキだと非難する。中国の製造大手であるフォックスコンの社長テリー・ゴウによると「ギミック」だというのだ。彼は、もし彼が間違いだと証明されれば名前を後ろから書き始めるだろうと語る。

実際、3D印刷はその両方の予言を無視するやり方で進化している。それは、はっきりと大きな経済的影響を持つ真面目な技術だ。しかし、それは必ずしも旧式の工場や中国人たちを傷つけるものでもない。
 

アメリカで大きく、中国でより大きく

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ウラジーミルに不機嫌になる - ロシアと西側

12月
20

西側が敵対的なロシアにとって生活をより難しくすることができる3つの方法

ほぼ14年前にウラジーミル・プーチンが最初にロシアの大統領になった時、彼はリベラルではないが親西欧的な方向に動いているとの望みがあった。しかし、来週のサンクトペテルブルグでのG20サミットに世界の指導者を歓迎する準備をする時、シリアについての国際外交についてでも、反対派指導者の投獄や同性愛の権利に様な国内問題にしても、彼が明白に反西欧のコースをとっていることがかつてないほど明らかになっている。実に、西側に対する敵意は、彼の3期目の大統領の特徴になっているのだ。

幸運なことに、プーチン氏の影響は減少している。ロシアのガスに頼っていたヨーロッパ諸国は、いじめるのが簡単だったものだ。いま、エネルギー消費の減少、ロシアを回避する新しいパイプライン、シェールガスやオイルの他の場所での開発、そしてロシアのエネルギー生産がEUの競争法に従うことが合わさることが、彼の影響力を侵食している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

Leaders を購読