Middle East and Africa

施しの犠牲 - 南アフリカの生活水準

12月
31

ある家計調査は、再分配政治の限界を示す

基本サーヴィスの貧弱な対策への怒りのデモは、ストライキ、停電、そして変動する通貨と同じくらい南アフリカで一般的な生活の一部だ。今週、ヨハネスブルグの西のランドフォンテインに近い間に合わせの居留地で、水道、電気、下水の欠如に抵抗して燃やしたタイヤで道路を閉鎖した住民を四方に散らすために、警察は行動を起こした。与党アフリカ民族会議(ANC)は、その党に権力をもたらしたその国の最初の完全に民主的な選挙から20周年にあたる選挙を来年の4月に控えている。それは勝つだろう。しかし、それが適切な公共サーヴィスを供給し損ねているという感覚は、その勝ち幅をかなり大きく減らすかもしれない。

8月22日に発行された生活水準の年次の概略である総合家計調査は、地方サーヴィスの到達が過去10年間で増加していることを示唆する。最悪のサーヴィスの差のいくらかは、狭まっている。福祉支出は、多くを直接の貧困から引き上げている。にもかかわらず、人々が不満を持っていることは明らかだ。彼らの期待する水準は、国が物事を改善し売るペースよりも早く上がっているようだ。そしてその報告は、より深い問題をにおわせている。社会的贈与と公共財は、南アフリカの悲惨な職の不足を埋め合わすことができないのだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

賭け金を上げる - 国連とコンゴ

12月
28

よりしっかりとした国連は近隣関係をかき乱す危険がある

東コンゴの国連介入部隊は、怒りでその最初の1発を発射した。8月21日以来、その地域で不正な武装集団を抑えるために力を与える独断的な権限を持つその軍隊は、コンゴ民主共和国の正規軍と組んで、去年の11月に短期間侵略された北東部の交易の中心地であるゴマを占領するよう最近脅かしている反乱軍を攻撃している。主に南アフリカとタンザニアからの攻撃ヘリ、砲兵隊、そして地上軍が、攻撃を強行している。その狙いは、コンゴ軍の反逆者を含んでいるM23反乱軍を、そのロケット砲や迫撃砲がもはやその町やその市民を脅かすことができないほど十分にゴマから遠くに押しやることだ。

しかし、少なくとも80年のコンゴ軍兵士と反乱軍が亡くなったその行動は、その3,000人強の部隊がにんじんとして使われるべきか、それとも平和促進にこだわるべきかの、国連内での違いをあらわにしている。その国民の中には、その介入部隊が純粋に、反乱軍が再びゴマに包囲攻撃を始めないよう確保するための抑止力だとみているものもいる。それに反乱軍を負かせてそれを永遠に粉砕してほしいと思っているものもいる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

別の失敗国家が手招きする - 中央アフリカ共和国

12月
28

恐れと飢えがアフリカでもっとも悲劇的な国々の一つをひっくり返すよう脅かしている

フランソワーズ・コラコは、いかにしてセレカの制服を着た戦士たちが彼女の夫の頭をライフルの取っ手でつぶしたかを物語った。彼らに挑戦するかもしれない他の人のための警告として、彼のぐにゃっとした体は首都バンギの260キロ北の農村であるデコアの彼女の家の外に血まみれで置き去りにされた。中央アフリカ共和国(CAR)の言語の一つであるサンゴで「同盟」を意味するセレカは、3月にフランソワ・ボジゼを隣のカメルーンに亡命の形で追い出して以来、その国を模範的な野蛮さで支配している。これは、セレカの北にある拠点から南のバンギに3か月位にわたる侵攻の後で起こった。その途中で、その反乱軍は邪魔されることなく強姦し略奪した。

いま、政府として落ち着いた彼らは、民主主義は言うまでもなく、わずかな法と秩序すらも再び施行しているとは言い難い。前大統領の支持者と首都のボイラビ要塞にこもったその親ボジゼ派の人々を武装解除しようとするセレカの戦士たちとの間で8月20日に始まりバンギ中に広がる衝突で、少なくとも10人が死亡した。CARは失敗国家になる途中にあるのだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

圏外 - エチオピアの通信

12月
16

政府は携帯電話網を広げているが、その統制を強めている

エチオピアはアフリカで最後の大きな通信独占を行っている。競争の欠如により、8,000万以上の人口を持つ国は、一般的に経済成長とともに急速に発展しているその大陸での産業で、ひどく遅れている。アフリカの他の地域では平均して70%である携帯電話の浸透率は、エチオピアでは25%近くだ。隣のケニアでは40%なのに比べて、わずか2.5%のエチオピア人だけしかインターネットにアクセスできない。

エチオピアの権威主義的な指導者たちは、現代通信の経済的利益についてほかのものと同じくらい熱心だが、政治的な枝分かれを恐れている。つながると、厄介な反対派はますますイライラさせるようになる。それが、中国の二つの主導的な通信設備会社との16億ドルのネットワーク更新協定を説明する。華為とZTEとの契約は、エチオピアの国家独占を保ち、アフリカ最大の経済の一つを解放するのをさらに延期する。

フランス・テレコムとエチオ・テレコムとの間の2010年の契約は、民営化と競争に向けた一歩としていくつかの方面には見られた。それは通信料を下げたが、フランス人社長のブルーノ・デュトワが最近辞めたことでよろめいているようだ。いまでは更なる改善はほとんどなさそうだ、と地元の起業家のマルコス・レンマは語る。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

生死に関わらず - ナイジェリア一の指名手配犯

12月
16

ボコ・ハラムのもっとも暴力的な派閥の指導者は死んだかもしれない、再び

過去4年間で約3,000人の死につながった、北部ナイジェリアにイスラム主義の国家を打ち立てる作戦を行うゲリラ集団のボコ・ハラムの首領アブバカル・シェカウには、長い間謎の雰囲気が取り巻いている。彼について知られていることのほとんどは、彼がインターネットに投稿した説教から拾い集められている。彼は、2010年に北東部の州バウチの刑務所にその最初の攻撃を仕掛けて以来、ボコ・ハラムのもっとも暴力的な派閥の声となっている。迷彩服と防具に覆われ、カラシニコフを脇に抱え、攻撃的にカメラを指さして、彼はナイジェリア中にシャリア法を適用することを要求する。

8月19日に、ナイジェリアの治安部隊は、過去3年ボコ・ハラムを率いてきたシェカウ氏が死んだかもしれないと宣言した。彼らは、6月30日の北東部での銃撃戦のさなかに撃たれ、東のカメルーンに逃れた後に、7月25日から8月3日の間に死んだかもしれない、と語る。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

次はなんだ? - マリの新大統領

12月
08

マリの新たに選ばれた大統領は、彼の前任者よりもうまくやらなければならない

西側政府、特に1月に聖戦士詰め合わせがその国を乗っ取らないようにするために軍隊の急派を率いたフランスからの激しい圧力の下で、幸いにもほとんど遺恨なく、大統領選挙がついに決着した。元財務大臣のスマイラ・シセは、元首相のイブラヒム・ブバカール・ケイタに決選投票の末敗れたと認めた。(よく知られた呼び方の)IBKが2週間前の1回目投票で40%対20%の投票で勝った後に、他に立候補した25人のうち22人は、彼を支持することを約束した。最終投票の翌日、シセ氏は、最初は投票操作を主張したけれども、ケイタ氏を首都バマコの彼の家に訪ね、祝福した。一方、彼は新大統領を、活発だが合法な野党として、待ち構え続けるだろうと宣言した。運が良ければ、マリの政治は、少なくともしばらくは、鎮まってしかるべきだ。

ケイタ氏は選挙戦の中で自身を、恥をかいてきた国に名誉を回復するだろう断固とした指導者として紹介してきた。当時の文民政権の悪政にうんざりした怒れる兵士たちによる去年3月のクーデターは、その国の広大な北部2/3が反乱軍の手に落ちた後に起きた。それはひいては、元宗主国のフランスによる軍事介入を促進し、その反乱軍をその国の岩だらけのサハラの縁に追いやり始めた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ブーム、ブーム - 北アフリカの密輸

12月
08

北アフリカの政府は、武器と薬物の違法な流れをくいとめるのに苦労している

2年前のアラブの目覚め以来、密輸の鮮やかな網が、北アフリカにわたって広がっている。チュニジアからの卵の密輸は、今チュニジア人の中に国内で不足するだろうと恐れているものがいるので、大事業だ。リビアの港を経由したヨーロッパ車の活発な取引は、多くの人々が関税を避けることができるようにしている。エジプトの補助金付の燃料のうち1/5が今、密輸業者によって売られている。

その地域の政府は、増加する薬物取引に特に悩んでいる。アルジェリアは今年の前半に50トン、そして去年73トンのマリファナを押収し、それは2008年のほぼ倍だ。それは、幾分かは当局による取り締まりの結果だが、薬物網はその国中に浸透しており、業者は国際的な犯罪者と密接に協調しているおかげでその手法を洗練させている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ジンバブエから活気を盗む - ジンバブエの選挙

10月
17

ロバート・ムガベは、投票における更なる疑わしい勝利を主張する

7月31日のジンバブエの選挙の1日前の天気の良い午後に、ロバート・ムガベは外国人記者からの質問にうまく答えた。彼の公邸であるステート・ハウスの中庭に座って、その89歳はその大きく予言された死去について冗談を言った。彼は、その敵によって何度も死んだと思われた、といった。「しかし、彼らは決して私の復活については語らない。」

数日後、ムガベ氏の政治的幸運はほとんど誰も予想しなかったやり方で生き返ったことがはっきりした。大統領選に投じられた350万票のうち61%を得て、彼はその主敵の民主変革運動(MDC)のモーガン・ツァンギライを負かした。ムガベ氏のZanu-PFは210議席中158議席を得て、議会選挙でもMDCを圧倒した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

覆い隠された声 - ソマリアとソマリランド

10月
07

より良い政治環境にもかかわらず、メディアの自由は滑っている

リバン・アブドゥライ・ファラーが7月にプントランドの中央部の州の町ガルカイヨで射殺された時、彼は今年ソマリアで暴力的に亡くなった6番目の記者になった。これは、首都のモガディシュで導入されたばかりのメディア法が記者にその情報源を明らかにするよう強いて、以前に存在していた報道の自由が何であれ縮小されるにつれて、やってくる。

その国の北部の自治地区ソマリランドでは、独立心を持った指導者たちが、報道の自由がいくつかの民主的成果の一つだと褒めちぎる。しかし、彼らはその大きな兄弟たちの醜い特徴のいくつかを示し始めている。4月には、勤務外の警察官とそのグルが、首都ハルゲイサの新聞フバールの事務所を攻撃した。その経営者モハメド・アハメド・ジャマ・アロレイは、殴られ撃たれた。彼は、仲間が攻撃者を地面に組み伏せることができるまでに、腕を骨折した。

その新聞の悩みは終わったどころではない。6月に、それはその地域の大統領アフメッド・モハメド・シランヨを非難する一連の記事を掲載した後で営業停止にされた。編集長のハッサン・フセイン・ケフケフは中傷と虚偽報道の罪で2年間の有罪を宣告された。保釈中に控訴を保留して、彼は「影の中の」政府に不平を言う。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

いまのところ、とてもよい - マリの選挙

10月
06

うまく行った選挙は平和を近づけるが、さらなる努力が必要とされる

1年を少し超える間に、活気のない西アフリカの国マリは、民族蜂起、イスラム主義者の反乱、軍事クーデター、一連の飛行機ストライキ、国連平和維持部隊を含んだ何千もの外国軍の到着、そしてついに民主的政府を再建するための選挙を7月28日に経験している。多くの観察者のように、国連の事務局長潘基文は、その国を改善するための国際的計画の一部の、その投票について慎重だ。「たとえその選挙が完全ではなくとも、その結果はすべての参加者によって尊重されなければならない。」彼は語った。

潘氏は彼の願いをかなえられそうには見えない。マリの内務大臣は、選挙前の一番人気だった(「IBK」として一般に知られる)イブライム・ブバカル・ケイタは、投票の合計約1/3に基づいた大きなリードをしている、と発表した。その大臣は、もしその傾向が続けば、ケイタ氏は8月11日に予定される決選投票を避けるのに必要な50%の閾値を超えるだろう、と付け加えた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

Middle East and Africa を購読