Middle East and Africa

明るい新顔 - ケニアの新政府

6月
24

その国は見通しのある新しい政府を持つ、少しの例外とともに

ケニアの新政府が、その国の総選挙と大統領選挙のほとんど2か月後に、ついに発表された時、それはすがしがしく見慣れない見た目だった。はじめに、それは44の大臣から18に縮んだ。以前の権力を分け合った連立から古い退役兵の一団が去った。より明るい顔の一団がやって来て、その多くは事業界からだ。その中で、最も印象的なものは、世界貿易機関の将来の事務局長だと取りざたされていた元国連職員のアミナ・モハメドの外務大臣への任命だ。彼女は、その職に就いた最初の女性で、最初のソマリ族だ。さらに5人の女性が任命され、その中にはケニアの最初の女性国防大臣となるレイチェル・オマモが含まれる。

この、現地メディアのあだ名に従うと「専門家内閣」は、ケニアの新大統領ウフル・ケニヤッタが、ケニアが間もなく2ケタの経済成長を成し遂げるだろうと自慢するのを促した。その国が、その大陸の平均である5%から遅れているのを見ると、それは注目すべきだろう。ケニアシリングは選挙後の高値を維持しており、一方首都ナイロビの株式市場は上がっている。ある投資家の調査は、先月、ケニアをプライヴェートエクイティ取引でナイジェリアや南アフリカを越えて好まれたアフリカの国だとして強調した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

新しい国が廃墟から立ち上がっている - 南スーダン

6月
24

世界で最も若い国は、きちんとした政府と社会を打ち立てるのに苦労している

店と居酒屋は、利用できるたった一つの消費財であるボトル飲料を備えた一列のブリキの掘っ立て小屋を占め、一方十余りの萱葺きのハットに続く道はまだ泥道だ。ひと目見ると、南スーダンが北に残った国から独立する直前の2年前に前回記者が訪れた時と、リリヤの村はほとんど変わっていない。しかし、より近づいてみると、その国の南東部の青々と森の茂った丘のふもとでいくつかの明るい追加が目に入る。家の群は、井戸からタンクに汲み上げられた水道の蛇口を分け合っている。新しい青と白の学校の建物と職業訓練センターが、耕された畑の中に建っている。

しかし、そのような進歩は、見えるほどには達していない、と地元の聖職者のチャールズ・セビットは語る。村人は貧しすぎて、悪天候で太陽光発電が妨げられた時に水をくみ上げるポンプの発電機用の燃料を買うことができない。そして彼らは、そこから教師の給与が支払われる授業料を払う余裕がない。いずれにせよ、ほとんど字の読めない親たちは、子供たちを畑で働かせるか、牛で支払われる持参金を望んで嫁に出すことを好む。多くの教室は一度も使われていない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

かつてないほどに血なまぐさい - ナイジェリアの北部反乱

6月
11

殺人率は上がっている。大統領直轄委員会はそれを緩めることができるのか?

4月18-19日に、ナイジェリアの北東部の州ボルノの漁村バガでのイスラム過激派集団ボコ・ハラムとナイジェリア治安部隊との間の戦闘で、どれだけの人々が亡くなったかははっきりしない。死者数は188人にものぼり、2,000以上の家が壊されたという人もいる。そのような数字は、今のところ確認するのが不可能だとわかっている。政府は、外国メディアによって報道された死者数は「大きく誇張されているかもしれない」と示唆する。明白なことは、異常に血なまぐさい戦闘が起こり、(「西洋の教育は罪」という意味の)ボコ・ハラムがかつてないほどの活動的で暴力的であり、治安部隊も同じくらい不器用でその結果として彼らはしばしば反乱軍よりも多くの市民を殺すということだ。ボコ・ハラムを消そうとして、軍は、当局に対する地元の北部人の間での、反乱軍へのむき出しの同情ではないにしても、怒りを加熱し続けている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ムトワラのロックフェラーたち - タンザニアのガスブーム

6月
02

ガスの富鉱帯は富の望みをもたらす

何千トンものドリルパイプが、南部タンザニアのムトワラ港のヤードにきちんと積み上げら、100キロ沖合にガスリグを供給する船に積まれるのを待っている。そこでは、センチメートル単位の正確さで導かれたドリルの小片が2キロ水中の海底に食い込み、それから、地元民がその眠たい国の長く待たれた大躍進を加速するだろうと望むガスの埋蔵へと突き進む。

タンザニアは多くの間違った出発を経験している。部分的には南アフリカのサイモンストウンの港にとってかわるために、1954年に英国の植民地当局がムトワラの深水港を開いた時、それは東アフリカ貿易の転換点として売り出された。しかし、その港は朽ち、ムトワラとそのカシュー栽培の後背地は、1963年の独立後タンザニアの支配者によって無視された。ムトワラと商業首都のダルエスサラームをつなぐ道路建設は半世紀後に始まり、それはまだ完成していない。

最も効果的な方法で、タンザニアの教育制度は現地のマコンデ族に技能を備えるのに失敗している。多くが読み書きできず、雇用主の中で最も寛容なものを満足させる労働倫理でさえも欠いている。マコンデ族はタンザニアの他の所で、好色で木彫の才能を持ちブッシュミートを好むダンサーや警備員としてしばしばステレオタイプ化される。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

人種差別をけり出す - イスラエル人、パレスティナ人、そしてサッカー

5月
20

混合サッカーの困った問題

サッカーで人種差別と闘うことは、どこでも難しい。イスラエルでは、それは費用がかかりうる。ベイタル・エルサレムが1月にその75年の歴史で初めて二人のムスリムのサッカー選手を入団させて以来、そのチームはリーグ戦で勝っていない。そのクラブハウスは焼け落ちている。千人単位のユダヤのイスラエル人ファンは、そのクラブをボイコットし、チケット販売が不振に陥り、スポンサーは少しずつ離れ、そのチームは一部リーグの上位から急降下している。「ベイタルは死んだ。」ある評論家は監督に辞めるよう要求してほくそ笑む。ほんの一部のファンだけがまだ試合に現れる。(たまたまどちらもチェチェン人の)ムスリム選手のうち一人がボールに触ると、多くがブーイングをする。彼が得点を決めると、何百人もが退席する。

右翼シオニスト青年運動によって設立されたベイタル・エルサレムは、しばしばその国を建国したヨーロッパからのアシュケナージ知識人層からの軽蔑の的であるアラブ世界からのユダヤ人移民やセファルディムの間で多くのファンを惹きつけた。そのクラブは、その労働者階級のイメージを保全している。ファンたちはダヴィデの星のウェーヴをし、国歌を歌い、「ベイタルは純粋だ!」と叫ぶ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

罪の意識は分かち合われるのだろうか? - コートジボワール

5月
20

その政府は、少なくとも書類上は、残虐な過去を洗い清めようとしている

宗教的指導者、法務大臣、そしてほかの詰め合わせの高位高官たちは、黒いシートの後ろから一人一人現れる。無表情に前を見つめる者もいる。たった今内部で目撃した陰気な光景を示すひどい顔をしているものもいる。多くが外科用マスクをしている。

二年前、4人の若い男たちが、近くのトルコ石と白いモスクの外で死刑を執行された。現職のローラン・バグボが挑戦者アラサン・オワタラに投票で負けたことを認めるのを拒絶した2010年11月のコートジボワールの大統領選挙の後で燃え上がった紛争は、商業首都アビジャンの一地区ヨプゴンで残忍な最高潮に達した。その4人は、その地区の襲われたムスリム共同体の所属者が避難していた現地のモスクを警護していた。夕方のお祈りの少し後で、バグボ氏の支持者たちがその歩哨たちを撃ち、その死体を燃やした。

彼らの隅になった遺骸を含む墓は、コートジボワールの政府がその国中で間もなく開き始める少なくとも数十のものの一つだ。法務大臣は、ヨプゴンでの37を含んだ、アビジャンだけで57の墓を見つけたという。少なくとも3,000人のアイボリー人が、選挙後の5か月の暴力の間に亡くなった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

鳥のえさに及ぶものはない - ナイジェリアのジンバブエ人農民

5月
20

なぜナイジェリアでの商業的農業はそれほど難しいのか

18人の白人ジンバブエ人農民が当時の知事の招待に応じてナサワラ州の土地のまとまりに定住してから7年後に、たった一家族しかそこに残っていない。他の人たちはみな絶望で諦めたのだ。35歳のブルース・スペインとその父で66歳のコリンは、その豪胆な妻たちと一組の幼児たちとともに、頑張っているが、かろうじてだ。首都のアブジャから車で二時間東にある平らな乾燥した低木地帯で、スペイン一家とそのジンバブエ人同胞たちは、様々な農業事業を実験している。しかし、主に低品質の種と肥料のために、農産物収益はものさびしい。機会が壊れた時に部品を手に入れるのは難しかった。スペイン一家の最後の望みは、鳥のえさを大量生産する工場だ。「良い種が利用でき、盗難の要素が対処されるまでは、ナイジェリアには商業農業はほとんどないだろう。」スペイン氏の父親は語る。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

前に傾く - ナイジェリア

5月
20

アフリカの巨人は立ち上がっているが、それは依然としてその足が定まらないようだ

何ラウンドも戦った重量級のボクサーのように、ナイジェリアは時々パンチドランクのようだ。ある時、それはその大きさの徳と顔に浮かべた笑みによってそれは王者のように行動し、次にはそれは病床に就き苦悩にうめくだろう。全体として、その国はよろよろ歩き、その実際の成果と同じくらいその巨大な潜在力に喝さいを送られる。それは依然としてやはり病人だ。

北の地域はかつてないほど貧しく、イスラム主義者のテロリズムによって破壊されている。それを抑えるための警察の野蛮な努力は、普通の北部人を更に不機嫌にする。南部の石油があふれるデルタは無秩序で、継続する大規模石油泥棒によって抜き取られ、ナイジェリアの非常に高い標準に従っても高いレヴェルの汚職に穴だらけにされている。その国中、特に南部やバブルに沸く商業首都のラゴス市内かその周辺の富裕な人々の誘拐は、ますます頻繁になっている。財務大臣ンゴジ・オコンジョ=イウェアラの母親は、5日後に開放されたが、そのような過酷な試練に12月に苦しんだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

カネ、援助、そして外交 - スーダン

4月
30

スーダン人、特にダルフール人は新たな取引を得るだろうか?

新しい「自由の雰囲気」を約束して、スーダン大統領オマル・アル=バシルは4月1日にすべての政治犯を解放するだろうと宣言した。7人の有名人がすぐに解放された。彼の大臣たちは、バシル氏の軍隊とその代理民兵が今世紀の初めに荒らし、それによってその大統領がハーグの国際刑事裁判所にジェノサイドの疑いで告訴された、西部地域のダルフールの長期的発展のために何十億ドルもが約束されるかもしれないカタールでの4月7日の会議に出席するために出発する。望みのある新発展の一覧を手際よく仕上げるために、2年前に彼の国から分離した南スーダンとの、バシル氏の長く続く争いは、先月調印された協定のおかげでついに終わるかもしれない。

26年間権力の座にあった後で2015年に辞めると言っている、今改革を決心している指導者のバシル氏もそうだ。彼の国民のほとんどはそれに賭けないだろう。しかし、もし彼が本当に、ほかの国民はもちろん、ダルフールに新たな政策を与えることを決心しているのならば、それは確かに劇的な変化だろう。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

CARクラッシュ - 南アフリカの外交政策

4月
30

その兵士13人の死は南アフリカの大国としての制限を暴露する

「我が国の軍人が立派な原因で亡くなった」中央アフリカ共和国(CAR)の首都バンギのそばで反乱軍によって3月23日に殺された13人の南アフリカ兵のための慰霊祭で、南アフリカ大統領のジェイコブ・ズマは宣言した。「彼らはその国の外交政策を守って亡くなったのだ。」致命的な待ち伏せ攻撃の1日後に、バンギは1月に仲介されたばかりの権力分割協定に我慢が出来なくなったセレカとして知られる反乱軍同盟の手に落ちた。CARの大統領フランソワ・ボジゼは近くのカメルーンに逃れた。そしてズマ大統領は、1994年の白人少数派支配の終わり以来南アフリカがこうむった最大の数の軍事的犠牲者という結果になった交戦について、怒りに満ちた疑問に直面している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

Middle East and Africa を購読