Middle East and Africa

歴史的な髪 - ケニア

4月
30

マウマウの女性退役兵は新たな秩序を嘆く

ムソーニ・ワ・キリマが1963年のケニアの独立を学んだ時、彼女は依然として森の中で生活していた。彼女は、その10年前の英国植民地当局に対するマウマウ団の乱が始まってから、そこにいたのだ。誰も彼女や少数の彼女のみすぼらしい仲間たちに、その戦いが終わったと教えなかった。ほとんどのマウマウ反乱軍は1956年までに無残に鎮圧された。しかし、中核派は戦い続けた。

マウマウの元帥の地位を与えられたたった一人の女性と言われる彼女は、ケニアの独立後初代の指導者のジョモ・ケニヤッタに会うために招待された。最初、彼は彼女がその期間中ずっと森の中にいたと言ったのを冗談だと思った。しかし、彼女は隠れていた間伸ばしっぱなしにしていたドレッドロックを解くことによって、彼を説得した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

新たな中心は持続するのか? - ケニアの新大統領

4月
26

ウフル・ケニヤッタは慎重な楽観主義の波に乗って権力に就くが、彼がその新しい仕事で性交するつもりならば、彼はたくさんの国家的不足に取り組まなければならない

3月30日の簡潔な裁定で、ケニアの最高裁判事たちは、その月の初めに(ほかのものと一緒に)行われた大統領選挙が混沌とした集計に覆われた下で盗まれたと主張する嘆願を否決した。その国でもっとも豊かな男の一人、ウフル・ケニヤッタは、彼の父親ジョモが1964年からその14年後に亡くなるまで座った同じ執務室に4月9日に就任する。

敗者で立ち去る首相のライラ・オディンガは、選挙の指揮で彼が表現した「狼狽」にもかかわらず、裁判所の裁定を受け入れることによって、称賛を得た。オディンガ氏に投票した43%の多くが不当な扱いを受けたと感じているが、ほとんどのケニア人は2007年の前回の選挙を台無しにした広範囲にわたる暴力と混沌が幸いにも避けられたことに、みんなで救いのため息をついた。しかし、その国は、かなりが民族線に沿ってひどく分けられたままだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

平和のヒント - コンゴ

4月
21

ある軍閥の逮捕は、騒々しい地域を少し落ち着かせる役に立つかもしれない

コンゴの軍閥ボスコ・ンタガンダをハーグの国際刑事裁判所(ICC)で3月26日に目にしたのは、前進の兆しだ。しかし、コンゴ民主共和国に耐久力のある平和をもたらすためには、さらに多くの外交的国際的威圧が必要とされるだろう。

ンタガンダ氏は、3月18日に、隣のルワンダのアメリカ大使館に自首した。彼は、たぶん彼自身の運動の騒ぎの結果として、殺されることを明らかに恐れていた。彼は、10年以上にわたってコンゴの東側でテロを広げてきた。彼は鉄拳をふるった。彼自身の反乱軍の最初のものは隣のルワンダに支援され、それから今後の国軍に入り、そしてついに、去年、再び誰にも所属していないように見える反乱軍として立った。ルワンダの大統領のポール・カガメのようにツチ族のンタガンダ氏は、他の民族集団の人々へのテロの多くを指示した。

ほとんど5年間、彼は図々しくもICCによって発行された逮捕状を無視し、コンゴの国連平和維持部隊を困惑させ、コンゴの大統領ジョセフ・カビラが彼の国を支配する主張をあざけった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

投票に近づいて - ジンバブエの国民投票

4月
16

新しい憲法を裏書きするための多くの参加者は、選挙への良い前兆だ

ジンバブエのビジネスマンは、地方の道はひどいかもしれないが、いくつかの隣国とは違って少なくともそれは存在する、と言うことを好む。この、グラスの半分、の姿勢は、ジンバブエ人たちが新しい憲法を裏書きするために3月16日に現れた、驚くべき熱狂を説明するかもしれない。

その改訂版規則集は欠点を持っている。それは政府を厳しく束縛をし続けるが、依然としてチェックが不足している。その国民投票は、草案が合意されてからほんの数週間後にやってきて、公的な議論のためにはほとんど時間がなかった。しかし、(多くの死者の名前によってふくらまされた600万の有権者名簿から)330万人以上の有権者があらわれ、93%がイエスに投票した。ジンバブエの簡単ではない連立与党のすべての政党も、同じようにその文書を裏書きした。

これは、たぶん7月中ごろの、期限切れになっている選挙への道を敷く。その実態と同じように、その国民投票のやり方は、楽観主義への理由を与える。投票は滑らかに進んだ。暴力はほとんどなかった。投票所は時間通りに開いた。結果は3日以内に発表された。不幸なことに、有権者に印をつけるために使われた消えないインクが、少数の戻ってきた役人を害した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

アディスで混乱する – エチオピアでの不法な喜び

4月
16

ますます多くの快適な都会の中産階級が自分自身で楽しむことを学んでいる

エチオピアの首都アディス・アベバのボールロードのはずれで固まって並んでいる明るい照明のバーは、真夜中近くに生き返る。民族メロディーが電子ビートと混ざり合う。客は、伝統的な音楽から出る速いダンスの爆発で、尻をくねくねさせ、肩を回す。「キス室」への狭いドアを通って手をつないだウエイトレスと消え、15分後にかつてないほど元気になって帰ってくるものもいる。そしてそれは月曜日だけだ。

たとえその潔癖すぎる国家主義の政府が喜びを開発の敵だとみていても、不法な楽しみがエチオピアで浸透している。ナイトクラブはマリファナの煙でかすんでいる。軽い麻薬性植物の葉のチャットはどこにでもある。運転手たちは、荷積みのために車を止めるとき「少しチャットをする」話をする。2年前、非医療用マッサージ店は外国ビジネスマンがしばしばくるホテルに限られていた。今では、アディスはそのような店が約200あるかもしれない。満足のためには西側ブランドのたばこ3箱分の費用が掛かる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

鉱物以上に - アフリカと中国

4月
16

中国のアフリカとの貿易は成長し続けており、新植民地主義への恐れは誇張されている

北京からの5人の旅行者集団が、フィーヴァーの木の黄色い幹と霧のような枝に囲まれた埃っぽい飛行場に着陸する前に、彼らの自家用機でケニア山を低空で通り抜け、リフトヴァレーに向かった。彼らはシマウマやキリンがうろつく草の生えた広場を横断し、襲ってくるバッファローを見続けながら写真を撮る。彼らがテーブルに座る時、彼らは空腹のようだが、くつろいでいる。「去年、私は何人かの友人とともに南極に行った。」と二人の主婦のうち一人が言い、永久凍土の上のペンギンの群の写真をiPhoneで見せる。中国人たちはアフリカにかつてないほどの大人数でやって来て、それを訪問、仕事、そして取引の快適な場所だと見つけている。推計100万人が、今アフリカに住んでおり、10年前の数千人から増えており、更にやって来続けている。中国人は南アフリカに4番目に多くやって来ている人々だ。その中には、その指導者としての最初の外遊でタンザニアとコンゴ民主共和国も訪れる、中国の新しい主席習近平も含まれるだろう。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

新興都市の教会 - アフリカのカトリック

4月
14

ヴァチカンの支部は、激しい競争にもかかわらず、強くなっている

受難節の4回目の日曜日に、ゴスペルの讃美歌がガーナの沿岸の静かな道路に出現する。5人組の楽隊が大西洋の上の丘の単純なカトリック教会の祭壇に香を焚く司祭を歓迎する。楽隊は別にして、ミサは伝統的だ。讃美歌はヨシュア記からの一節と互い違いに歌われた。教区民は、時折歌と手拍子の短い爆発に足を向けるよう奮起させて、熱心に見物する。

ここケープ・コーストでは、ピーター・タークソンが教会指導者として20年前に最初の経験を積んだ。現在枢機卿のその64歳は、教皇候補として目され、その教会のアフリカでの急速な繁栄を強調する。ヴァチカンによれば、アフリカには世界全体の16%の1.86億人のカトリックがおり、半世紀前と比べて数で6倍以上になっている。

そのアフリカ教会の活気は、その大きさだけではなく、その信仰への献身によっても注目される。「アフリカ人は度し難いほどに信心深い。」アクラの大司教チャールズ・パルマー・バックルは説明する。ワシントンのピュー・リサーチ・センターによる2010年の調査は、サブサハラアフリカを世界で最も信仰心の厚い場所に位置付けた。キリスト教は伝統的なアフリカ宗教にとってかわったけれども、かつてのアニミズム的な儀式の熱意は伝えられている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

古いキクユブロックのそぎ落とし - ウフル・ケニヤッタ

4月
14

ウフル・ケニヤッタは自分の意思を持っている人間だとケニア人を説得している

ケニアの最初のテレビ放送された大統領選挙討論の目新しさは、ウフル・ケニヤッタに投げられたぎこちない質問の光景だった。前回の選挙の間に犯された人道に対する罪に直面しているハーグの国際刑事裁判所の被告席から、彼がいかにその国を運営するのか?そしてただ、彼がどれだけの土地を持っているか?アメリカの私立大学アムハーストで得た落ち着いた大西洋の向こう側の調子で、彼は、必要ならばヴィデオ会議を使うだろうし、土地の広さについては正確なところはわからないと言った。そのようなあいまいな返答にもかかわらず、ほとんどの世論調査は、討論での彼の成果は彼に穏やかな押上げを与えたといった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ケニヤッタが責任者に戻る - ケニアの大統領選挙

4月
14

その国でもっとも豊かで最大の民族集団キクユに率いられた連立は、ケニアの初代大統領の息子に権力をもたらしているが、法廷は彼に挑戦するかもしれない

1回目の勝者に投票の50%以上を要求する閾値をぎりぎり通過して、ウフル・ケニヤッタはケニアの次の大統領になる。1,230万票のなかで、彼は必要なものよりもたった8,000だけ多く得た。しかし、その競争はまだ完全に終わったわけではない。ケニヤッタ氏の主たる反対派の首相のライラ・オディンガは、43%を得て、「はびこる違法性」について不平を言う。最高裁は、ケニヤッタ氏が3月26日に就任できるか、またはその選挙が再び行われるか2回目の投票に行くかを決める。

今のところ壊れやすい平和が保たれている。オディンガ氏は共同体間暴力を引き起こすのを恐れて支持者たちに公にデモをしないよう言った。ひどく紛糾した2007年の終わりの前回選挙の後の2008年初めの暴動は、少なくとも1,300人の死者を残した。誰も報復を望んではいない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

悪い警察、お決まりの悪い警察 - 南アフリカの警察

4月
10

そのタクシー運転手の死は警察いたるところの失敗を強調する

ヨハネスブルグの東の荒っぽい町のダヴェイトンのエンピルウェニ通りで、集まった群衆に監視され、二人の警察官がTシャツとジーンズを着た男と議論する。その警察官たちが彼を逮捕しようとすると、その男は抵抗し、3人の同僚が参加し彼を地面で組み合う。彼らは警察車両の後ろに彼の手を縛りつけ、走り去ろうとするが、路上のその男の足と背中が彼らを邪魔する。二人の警察官が車のスピードを上げるために彼の体を持ち上げ、叫ぶ男をその後ろで引きずった。その苦難が始まって2時間後、モザンビークから来た27歳のタクシー運転手ミド・マシアは警察の留置房で死んで横たわる。彼の扱いの携帯電話による映像は、南アフリカ警察(SAPS)のひどい規律と野蛮さへの注意を惹いている。大騒ぎが報道された結果として、8人の警察官が告発される。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

Middle East and Africa を購読