Middle East and Africa

ゆっくりだが安定した新たなエンジン音 - ナイジェリアの列車

3月
07

新しくされた鉄道は歓迎だが、さらに多くが依然としてひどく必要とされている

ラゴス―カノ間の列車がその30時間の旅を終える時、ブレーキがキーキー耳をつんざき、蒸気が駅に充満する。たくさんの乗客が、黄色、緑、そして城に明るく塗られた客車から疲れた様子で現れる。汗臭く、混雑し、とても遅れたかもしれないが、10年間壊れていた後に回収されたこのナイジェリア二つの大きな町の間をつなぐ線は歓迎される助けだ。停車なしの時速50キロ以下の平均速度で1,126キロを旅行するそれが、とても長くかかる旅であることは不思議ではない。しかし、ほとんどのナイジェリア人にとって、その低料金は価値がある。ラゴスからカノへの二等席はだいたい12ドルで、よりあてにならないバスのほぼ1/4だ。「何百人もの人々が(ラゴスから300キロ北の)イロリンで待っていたが、彼らみんなのために十分な場所はなかった。」お尻の上でなく子供をなだめようとするある母親は語る。「私はずっと立たなければならなかった。」

Posted By gno-eagrai 続きを読む

戦いは山に移る - マリの戦争と平和

3月
07

フランスは望むよりも少し長くとどまらなければならないかもしれない

古代の町トンブクトゥが聖戦士の支配下にある一方で、マモウ・マイガというアーモンド形の目をした21歳の女性はアダマと名乗ったハンサムな占領者が家まで送ってくれるのを受け入れた。「彼は私がとても特別だと言ったの。」彼女はつぶやいた。彼が彼女の気の進まない家族に巨額の持参金を提案した後で、彼らは結婚した。しかし3週間後、フランス軍がその町の泥の煉瓦のミナレットから見えた時、アダマは脱出した。彼の花嫁は取り乱し、彼女の家族は救われた。マモウの妹は、10か月間厳しい支配を課した聖戦士が嫌いで、夜逃げした義兄が返ってこないことを望むといった。「どうして彼への電話にこたえることすらするだろう?」彼女は訊ねる。

いかにフランス軍が決然とイスラム主義者たちを北部マリで最も人口の多い部分から追い出したかと考えると、マモウはすぐにはアダマに再会しそうもない。広がる砂漠を渡るときに空から射撃されたものもいる。フランスは、合計3,000と推計される中から数百人を殺したと計算する。残りは、アルジェリア国境のそばの離れた山に隠れている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

少年から大人へ - サッカーアフリカ選手権

2月
26

最高に追いつくのは、経済よりもサッカーでは簡単だ

ルステンブルクのロイヤル・バフォケン競技場には4.4万人の観衆を収容できるが、キックオフ時にはやっと1/4が埋まっていただけだ。メインスタンドの最前列の角は、現在南アフリカで行われている第29回サッカーアフリカ選手権(Afcon)の優勝候補の一つ、コートジボワールのオレンジをまとったサポーターで満たされている。1月25日の彼らの対戦相手は、太鼓を打ち鳴らす騒がしいファンに応援されたチュニジアだった。グラウンドに散らばっていたのはホスト国南アフリカのチーム、バファナ・バファナ(少年たち)の黄色いシャツを着たサポーターだった。地元の人たちは3-0で勝ったゴールのうち2つが試合の終わりごろに入ったコートジボワールを応援した。それまでに、その競技場は半入りに近づいた。

南アフリカの商業首都ヨハネスブルクの北西にあるルステンブルクは、ゴールポストを融かすには十分なほど暑かった。1週間前にホスト国が小さなカーボ・ヴェルデにスコアレスドローを喫した時、その大会は雨降る夕べにずぶぬれになって始まった。バファナ・バファナの不発は、すでに注意を惹くのに苦労していたその大会の前兆を示した。しかし、アンゴラに勝ち、モロッコと引き分けて南アフリカが決勝トーナメントに進出すると、国の鼓動は少し速くなり始めた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

聖戦士たちはどこへ行ったのか? - マリへのフランスの介入

2月
25

フランスは砂漠で勝利しているが、長期的にはより厳しいときに直面している

1月26日にフランスの兵士が北部の町ガオに乱入した時、彼らは聖戦士たちを撃退するための3週間の作戦に決定的な勝利を得た。しかし、その勝利が本当に感じられたのは2日後に伝説の町トンブクトゥの泥でできた通りを行進した時だった。最後の砦の離れたキダルの反乱軍は、依然としていくらかの影響力を持っているが、交渉を望んでいると伝えられる。

フランスはその介入をアフリカ軍との共同行動であると示すことに執心しているが、その兵士たちはナイジェリア、セネガル、コートジボワールやほかのさまざまな軍隊が到着するのを待たなかった。1,000人強のマリ軍を伴った2,900人程度のフランス軍は、去年の4月以来アル=カーイダに率いられた反乱軍によって占領されているマリの広大な砂漠の広がりの中の3つの大きな町へ迅速な襲撃をくらわせた。

反乱軍のその地勢の知識とゲリラ戦の経験にもかかわらず、彼らは伝統的な軍のように戦うことを選んだ。町を奪って守り、車で道に沿って進むことはフランスのジェット機に格好の目標を与えた。今、彼らはよりよくできるやり方に立ち戻るだろう。砂漠の中でゲリラとして生き残るのだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

間違った年代物 - 南アフリカのワイン醸造

2月
21

ブドウ園の労働者は変化を要求している

新世界で最も古い南アフリカのブドウ園では、ケープの初期オランダ人植民者の白塗りの家は、渓谷とブドウ園を見渡すことのできるこぎれいなテイスティング室に変わっている。多くの場所に立っているかつては畑での労働時間の初めと終わりを知らせた奴隷鐘は、今では骨を折った男女たちの記念碑と観光客の写真の背景になっている。

現在の労働者の中には、これらの奴隷の子孫もいる。多くが依然として貧しく、掘立小屋に住んでいる。ケープの農場労働者はその国で最も低賃金の部類に入る。ほぼすべての農場所有者が白人で、労働者は有色人種だ。ローリーが1日の仕事を終えて家に送り届けられる低賃金労働者を満載して大通りを地響きを立てて下るとき、観光客はフランシュホックの町の古風なワイン農場の中で晩酌をちびりちびり飲むことができる。

この社会的経済的な変化のなさが、南アフリカのもっとも手におえない問題の一つであり、増加する不満のもとだ。去年、それはヨハネスブルグの近くの鉱業地帯で爆発した。より最近には、暴力的なデモは西ケープ州のブドウと果実生産地域でほとんど毎日起こっており、警察がその国の主要な南北幹線を封鎖して石を投げるデモ参加者に対してゴム弾を発砲している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

シンバにとって悲しいことだ - ケニアのライオン

2月
21

大きなネコ科を救うための戦いは続いている

暗闇で、ライオンを攻撃する最も安全な方法は車のヘッドライトでとらえ、それを轢くことだ。大人が倒れれば、子供たちを槍と矢で殺すのは十分簡単だ。去年ナイロビ国立公園の外の平原のキテンゲラでその殺戮が終わった時、6頭のライオンが死んだ。最近の記憶では、それは最悪のそのような事件だ。

免許なしでライオンを殺すのはケニアでは犯罪で、その殺戮はケニア野生動物サーヴィスの3人組の公園レンジャーに目撃された。数で劣る彼らは、ヒツジが食べられたことに怒った地元民による「暴徒の正義」とその一人が表現したものを止めないと決めた。7か月後、誰も逮捕されていない。象やサイの密猟者はしばしば最後には死ぬか牢獄に行く一方で、ケニアでライオンを殺したものは今まで檻の中に入ったことがない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

サハラの聖戦 - マリとアルジェリアの危機

2月
05

フランスが聖戦士たちがマリを乗っ取るのを止めはじめるとすぐに、アルジェリアの彼らの共鳴者たちは彼らの地域的到達を示すために別の蹂躙をしでかした

半年間、その地域のアフリカの政府と特にフランスや合衆国といった様々な西側諸国は、アル=カーイダにつながった反乱軍が国の北半分を乗っ取ったマリについて苛立っている。今年の初めに、聖戦士たちが突然南に押し出し首都のバマコすらも脅かしたとき、問題は劇的に悪化した。

だから、フランス大統領のフランソワ・オランドは行動することを決めた。1月11日、フランスの飛行機が襲いかかり、反乱軍とその基地を爆撃した。さしあたりバマコは安全だ。しかし、フランス大統領は自身にひるませるような仕事を課している。彼の作戦が正確に何を狙っているのか、そしていつどのようにして彼の軍隊が出ていくのか誰も知らない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ダウンタウンの危険を減らす - 南アフリカ都市部の更新

1月
29

ある大きな町の最悪の地域での都市浄化

日差しが、54階をみすぼらしい基礎の状態でやめにした中が空洞名のブルータリズムの円柱型高層ビルである、アフリカで最も高い居住ビルの天空を通り抜ける。内装を見ると、映画の「ブレード・ランナー」を思い出させるSF的な感じを与える薄明かりがぞっとさせる。しかし、外向きの窓は息をのむようなきれいな見晴らしを提供し、南アフリカの商業首都であるヨハネスブルクで最高のものに数えられる。

ポンテ・シティはヨハネスブルクの中央部が好況に沸いた民族分離の時代の1975年に当時流行のヒルブロウ都心地区の端に開かれた時、上流の住所だった。野心的な開発業者は、ビルの中にインドアのスキースロープを作ることを計画していた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

保留の痛み - ルワンダへの援助

1月
27

ルワンダの広く賞賛された開発計画は今行き詰っているのか?

一人の新参者が西のコンゴ民主共和国からルワンダを東に分かつ、深くて危険な水のキヴ湖に到着した。ハイテクのはしけがルワンダ側のキブエの港できらめく鋼鉄タンクとともに錨をおろしていた。近くには、赤いブイの並びが、木製ボートの漁師たちが縦横に通る水路に伸びる新しいパイプラインへの道に印をつけている。

周りの火山からの二酸化炭素とメタンを吸い込んで、キヴは世界で最も爆発性の湖だ。もしそのガスが突然発散されれば、その爆発(地学的に言うところの「湖水循環」)は、おそらく岸に住む200万人の人々を窒息させるか焼き尽くすかして、「人類が経験した中で最大の大惨事」になりうる、とフィンランド人技術者ジャーモ・グメルスは語る。彼は、メタンを取出し電気に変えようとしているアメリカのエネルギー会社コントゥアーグローバルによって作られたそのはしけの上で働いている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

崖っぷち - 中央アフリカ共和国

1月
09

アフリカで最も悲惨な国の一つは、かつてないほど不安定なようだ

間違いなくアフリカで最も貧しい国である中央アフリカ共和国〈CAR〉は、今にも反乱軍に乗っ取られるところだ。北で始まった作戦の1か月後に、彼らは国中の一連の町をとり、首都のバンギから1時間の所にあるダマラでその進軍を止めている。CARの包囲された大統領フランソワ・ボジゼは、近くのガボンの首都であるリーブルヴィルでの反乱軍との交渉に参加するかどうか考えている。その考えは、選挙を保留して全国統一暫定政権を作り出すことだろう。反乱軍は、交渉の前提として彼の辞職を要求している。アフリカ連合はボジゼ氏とCARに息つく場所を与えるという妥協を勧めている。アフリカの外ではほとんどの人がかまっていない。

終わりなくクーデターや反乱によって打ちのめされている内陸のCARは、1960年にフランスから独立して以来悪政が続いている。集合的にセレカ(地元の言葉サンゴ語で「同盟」を意味する)として知られるバラバラのごった煮である反乱軍は、ボジゼ氏が、それによって反乱軍が政府に参加しその軍隊を国軍に統合するはずだった2007年と2008年の平和協定の条件を破ったという。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

Middle East and Africa を購読