Profile

世界の司法の新顔 - ファトゥ・ベンスダ

6月
30
ガンビアのファトゥ・ベンスダは国際刑事裁判所で有罪判決の数を増やせるのか?
 
1970年代にガンビアで育った少女として、国際刑事裁判所の将来の首席検事は繰り返し彼女の夫に打たれる親類の女性を見た。それは4年間にわたって毎週行われた。そして毎週毎週、その暴力が始まった時11歳だったファトゥ・ベンスダは、そのけがをした親類の治療のために彼女を病院に連れて行き、それからそのますます怒れる少女はその女性を守るために何もしない隣人や家族を非難した。ほぼ40年後、ベンスダは「私の親類ができることは絶対に何もない。両親や年長者と呼ばれるものは、(彼女に)“彼はあなたの夫でしょ”というだろう。たとえ警察に行ったとしても、彼らはそれが民事だといった。それは完全に望みのないことだった。」と言われたのを、依然として覚えている。それはまた、人格形成の経験だった。「私はそれについてとてもとても怒った。それは本当に私に印をつけた。」はだしに明るい柄のドレスを着て、ガンビアの首都バンジュールの彼女の穏やかな家でベンスダは語る。「私は法律が人生においてやりたいことだと決心した。私はただ座って訴訟を見るためだけに学校から裁判所に行ったものだ。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

世界へのチューター

6月
16

ビジネススクールは激しい勢いで世界に広がっている。それは大部分はいいことだ。

ビジネス界の人々はビジネス学会を批難するのが大好きだ。(もし英国人なら)口ばかりでズボンがない、(テキサスの人ならば)帽子ばかりで牛がいな い、と。しかしグローバリゼーションということになると、教授たちはズボンや牛を豊富に持っている。過去10年、ビジネス教育はビジネスそれ自体よりも徹 底的に世界化してきた。これはそれが本来の状態であるということだけで重要なわけではない。(ビジネススクールは大きなビジネスで、世界のエリートのト レーニング場である。)それはまた、他の学会もビジネススクールが導いたところについていこうとしているという意味で重要だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
Profile を購読