Schumpeter

起業家的国家

1月
02

ある新刊が、政府が革新的な事業を生み出すのに果たしている大きな役割を指摘する

アップルは一般的に、革新的事業について最高のものすべての具現化としてみなされる。それはガレージで始まった。何年間も、それはマイクロソフトのもっさりしたゴリアテに対するかっこいいダヴィデを演じた。それからそれは、コンピューターから携帯端末へその焦点を移すことによって、自身を、そして娯楽産業全体を崩壊させた。しかし、この物語からは何か省かれたものがある、と、イングランドのサセックス大学のマリアナ・マズカートはその著書「The Entrepreneurial State」の中で論ずる。スティーヴ・ジョブズは、技術とデザインの両方を理解した、疑いもない天才だった。アップルは疑いもなく巧妙な革新者だった。しかし、アップルの成功は、現在の消費者向け電化商品革命の認められない支えである、国家の積極的役割なしには不可能だっただろう。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

怠惰さを賞賛して

12月
11

ビジネスマンは少ししかせずにより考えていたら、より豊かになっていただろう

いかにして我々がより多くでき、またしなければならないかを教える経営論者は終わることなく供給される。シェリル・サンドバーグは、女性たちに前に進みたいのならば「のめりこむ」よう促す。ジョン・バーナードは「現在のスピードでのビジネス」を行うよう息つく間もなく助言する。

マイケル・ポートは営業マンに、いかに「自身を実質的にするよう予定する」かを説く。そしてあなたが自分自身のためにいくらかの時を取っておくことができたかもしれないのに、と考えるときのために、キース・フェラッツィは「一人で食事をとるな」と警告する。

しかし、ビジネスの世界で最も重要な問題は、少なすぎることではなく、多すぎることだ。多すぎる動揺と中断、形式のためにするあまりに多くのこと、そして全体的に多すぎる忙しさだ。オランダ人は、余計な会議が最大の時間の無駄だと信じている節がある。彼らは「会議病」について話す。しかし、マッキンゼー・グローバル・インスティテュートによる去年の研究は、それが電子メールだと示唆する。それは、高度な技術を持った事務職が、毎日の労働時間の1/4以上をメールを書くのと返信するのに費やしていることを見つけたのだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

仲間たちと議会

11月
02

産業人たちが政府であまりに影響力を持つようになっている

1994年に、イタリア人たちは、硬化した経済を生き返らせるために事業家としてのその技能を使うことができると望んで、シルヴィオ・ベルルスコーニに投票した。彼は、何もないところから、不動産とメディアの帝国を打ち立てた。彼は、その国の偉大なサッカークラブの一つA.C.ミランを再活性化した。彼は確かに、腐敗した政治家と内向きな官僚たちの古い番人よりも、その国を運営するのにより良い仕事をしただろうか?そう、「記念碑を探し求めるのならば、周りを見るとよい。」ベルルスコーニ氏は2001-11年の10年間で8年間イタリアの首相だった。その間、イタリアの一人当たりGDPは4%下がり、そのGDPに対する債務の割合は109%から120%に上がり、税金はGDPの41.2%から43.4%に上がり、その生産性は停滞した。その事業技能をイタリア経済の復活のために使うよりもむしろ、ベルルスコーニ氏はその政治的技能を彼の事業利益を守るために使ったのだ。

その偉大な人たらしは極端な例だ。そして、運が良ければ、イタリアの長いベルルスコーニを主題にした悪夢は終わりに近づいている。しかし、権力と事業の連合という、ベルルスコーニ氏のイタリアの中心にある問題は、世界中で増している心配だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

フラッキングの父 - ジョージ・ミッチェル

10月
07

ジョージ・ミッチェルほど世界を大きく変えた事業家はほとんどいない

合衆国は、最近落胆のぬかるみに入っている。その雰囲気は、「That Used to Be Us: かつての超大国アメリカ―どこで間違えたのか どうすれば復活できるのか」(トーマス・フリードマンとマイケル・マンデルバウム)や、「Time to Start Thinking: America in the Age of Descent(考え始める時だ:没落の時代のアメリカ)」(エドワード・ルース)といった陰気な題の本の奔流で反映される。ここ数十年で初めて、アメリカ人の大多数が、彼らの子供たちが彼等よりも貧しくなるだろうと考えている。ヤンキーはできる、の楽観主義は、ヨーロッパ人の何も成し遂げることができない、の消極主義に凝固する危険にさらされている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

クレイジー・ダイヤモンド - 起業家育成

9月
27

真の起業家は、価値のないものに価値を見つけ、不可能の中に可能性を見つける

起業家精神は、現代の賢者の石だ。成長を押し上げ職を作り出す秘密を持つと想定される謎めいた何かだ。G20諸国は、年次の若者起業家サミットを開く。130国以上が世界起業家週間を祝う。ビジネススクールは、どのように起業家になるかについてのかなり人気のあるコースを提供する。経営学者たちは(しばしば矛盾して)起業家へのガイドを作る。デヴィッド・ガンパートは『How to Really Create a Successful Business Plan:成功する事業計画を本当に作る方法』と『Burn Your Business Plan:お前の事業計画を燃やせ!』の両方を書いた。

しかし、(「事業」のより長い言い方とは別に)起業家精神とは正確に何なのか?そして、いかにして政府はそれを奨励すべきなのか?政策立案者は経営学者と同じように混乱している。彼らは、それらが新技術を意味しなければならないと仮定する。だから、彼らは新しいシリコンヴァレーを作りだそうとしている。さもなければ、それは小事業についてだ。だから、彼らは新興企業を育てることに焦点を当てる。どちらの仮定も間違っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

市長と富

9月
18

町の指導者たちはますます事業手法を採用し事業を促進している

ニューヨーク市長は、することほぼすべてに事業への尊敬を払う。彼の執務室は取引場の「ブルペン」をモデルにしている。彼の行政は(例えば24時間の公的電話相談を供給すると言った)町のサーヴィスから長期的計画まで、すべてを改善するために事業手法を使う。彼は、ニューヨークを会社として、市の職員を人材として、そして市民を顧客として見ており、だいたいニューヨーカーはそのために彼が好きだ。

マイケル・ブルームバーグは人気のある市長であるのと同様に、成功した事業家だ。しかし彼だけが、町のCEOとして自身を見なしているわけでは決してない。ますます多くの市長が、その仕事を、事業友好的な環境を促進し、その町を世界に売ることだとみている。ヒューストンの市長アニース・パーカーは、会社に「コンシェルジェ・サーヴィス」を提供していることについて自慢する。サンフランシスコ市長エド・リーは伝統的な商工会議所の補完として、技術商工会議所を作っている。ポートランド市長サム・アダムスは、その町の輸出を倍にする計画を持っている。ロサンゼルスの元市長アントニオ・ヴィーライゴーサは、彼の任期中の最大の後悔は、彼がその町をラテンアメリカやアジアに促進するのにより多くの時間を費やさなかったことだという。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

製図版に戻れ

9月
15

デザイン会社は彼らの技能をヴォランティアや公共部門のために応用している

その事務所はスターバックスとユースクラブとの間の十字路のように見える。自転車は棚に高く積み上げられている。角には卓球台がある。若者たちが長い松のベンチに座り、コーヒーをすすり、ラップトップを読みふけっており、男たちはひげ伸ばし競争に参加しているように見える。しかし、くつろいだ雰囲気に騙されてはいけない。これは、世界で最も成功したデザインコンサルタント会社の一つIDEOのロンドン支社なのだ。それがシリコンヴァレーで1991年に創業された時、その創業者の一人デヴィッド・ケリーは、学校のバスに入ることのできる人より多くを雇いたいとは思わなかった。いま、IDEOは600人以上の従業員を持ち、8つの国に事務所を持っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

シェールによってびっくりさせられる

9月
11

シェールガス革命はロシアの国家資本主義を狼狽させる

妖怪がロシアに付きまとっている。その妖怪はシェールガスだ。それは権力のサロンにしみこみ、ロシアの指導者たちとその取り巻きをひっくり返している。エネルギー会社は、ロシアの株式の価値の半分を占めており、ひとつの国に後押しされた会社ガスプロムがその国の輸出の10%を生み出している。ロシアの政治はまた、伝統的な石油とガスの上に建てられている。ウラジーミル・プーチンは、本質的にはロシアエネルギー会社の社長なのだ。合衆国で始まりいま世界中に広がっている頁岩層からの非在来ガス生産の革命は、ロシアの国家資本主義をその基礎から揺さぶっている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

新興ブランドの戦い

9月
08

西側のブランドは発展途上国のそれからの包囲にさらされるようになっている。

過去20年間は、経済力の新興世界への巨大な再分配を経験している。しかし、今のところそれに相当するブランド力の再分配はない。フォーチュン誌の2012年の一覧の売上収入による500の大企業には、132の合衆国を除いたどの国よりも多くの73の中国企業が含まれていた。しかし、インターブランドの2012年の100の「最高の地球規模ブランド」の一覧には、中国企業は一つも含まれていなかった。

しかしながら、新著『Brand Breakout』の中で、二人の学者ニルマルヤ・クマールとジャン=ベネディクト・スティーンカンプは、発展途上国の企業が迅速にブランディングの芸術を学んでいると論ずる。数少ない新興市場のブランドがすでに地球規模になっている。ヨーロッパでサッカーの試合を「エミレーツ」を網膜に焼き付けることなく見るのは難しい。さらに近づいているものもある。中国のハイアール〈白物家電〉チリのコンチャ・イ・トロ(ワイン)そしてブラジルのナチュラ〈美容品〉だ。発展途上世界の勃興によって包囲されると感じる西洋人は、依然として高価なブランド品の高地を保持していると考えて自身を慰める。しかし、新興市場の競争相手が彼らの軍馬に乗っており、破壊鎚を持っていることに、彼らは疑いを持っていなくて当然だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

男社会の救世主

8月
25

ブラジルの女性は、事業にかぎらず、目立った進歩をしている

リオ・デ・ジャネイロは、自然のもっとも物惜しみしない祝福さえも成功を保証しないという証拠だ。リオはブラジルの政治的首都としてのその地位を1960年に、その後数十年でその国の事業首都としての地位をサン・パウロに譲った。ギャング戦争と貧弱な社会資本がその観光産業を叩き潰している。2016年のオリンピックは、衰退の数十年間を逆転させるその町の最高の機会を意味する。しかし、それはその機会をとらえることができるのか?その質問は、救世主キリストの象の修辞的な同等物のように、リオに高くそびえている。

それにだれよりもよく答えるだろう人は、市営オリンピック会社の社長マリア・シルヴィア・バストス・マルケスだろう。彼女は、公共と民間部門をまたぐ組織を率いる完全な背景を持っている。ある鉄鋼会社の元社長でブラジルの2つの大会社ペトロブラスとヴァーレの役員を務めた彼女はまた、地方政府に数多くの地位を持ち、ブラジルの巨大な開発銀行BNDESの経営陣の最初の女性役員として仕えている。そして彼女はどんな質問にも答える準備ができている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

Schumpeter を購読