Science and Technology

うなずく知り合い - 無視された病気

2月
09

アフリカの二つのいやな子供の病気が科学的に調査されている

アフリカには、(AIDS、小児性下痢、マラリア、そして結核のような)あまりに多くの重大な病気があるので、それほど重要ではないものは簡単に無視される。しかし、これらの無視された病気は、苦しみと死の原因となり、そしてより細かく見れば、子供たちに影響するとき、成長する世代の人的資本を減らすことによって、その国の潜在力を食べつくす。

コンゾとうなずき病は、この階級の特にいやな奴らだ。どちらも神経性だ。そしてどちらも主に子供たちに影響する。しかし、それらはいま、検査することができ、悲しいことにすでに苦しんでいる人々の治療はできないが、検査をすれば予防の可能性はある。

南スーダンとウガンダで5,000-10,000人の子ともたちに影響しているうなずき病は、1960年代から似たようなものが南部タンザニアで知られていたが、2000年代初めに最初に気づかれた。コンゾはもっと古い。それは、当時ベルギー領コンゴ(現在のコンゴ民主共和国)で1938年に見つかった。それは、以来、中央アフリカの広い地域で散発的に起こるのが見られている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

茶色と金色のブレンド - コピ・ルアク

1月
03

世界で最も高いコーヒーの真贋を試す方法

世界でもっとも高価なコーヒーはくそだ。それは意見ではなく、事実だ。コピ・ルアクを作るためには、もちろん高品質の豆を作ることから始めなければならない。しかし、それからそれらをパームシヴェットに食べさせ、それらがその動物の消化器官を通り抜け(通るときにその多肉質な外側を消化させ)るのを待ち、それらが反対側から出てくるときに集める準備ができるのを待たなければならない。その結果、きれいにされ、発酵され、乾燥され、炙られ、挽かれ、淹れられると、カップあたり80ドルもの値段で売られる。この明らかにばかげた値段の理由は、シヴェットの胃の中でそれらが経験した化学反応のその豆の風味への途方もない影響だ。

その価格を考えると、たくさんのまがい物や不純なコピ・ルアクが、本物と同じように売られている。そして今まで、それを検知するための信頼できる方法はなかった。購入者は、騙されている風味から考えるかもしれないが、それを証明することはできない。

日本の大阪大学の福崎英一郎は、それを変える計画を持っている。農業食料化学誌で描くように、彼と日本とインドネシアの彼の同僚は、コーヒーの中のシヴェットの要素を信頼して検知することができると彼らが信じる、化学試験を開発している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

昇進と自己宣伝 - 女性教授の嘆くべき不足

1月
03

女性は、自身を十分に引用しないので、地位を得るのに失敗するのかもしれない

学界の欠陥の一つは、その講義室や大学院は女性で満ちているが、その組織の上の方ではそうではないということだ。しばしば、これは科学に特有な現象だとみなされる。例えば、アメリカの国立科学財団によって2008年に発表された報告は、ほとんどの科学と技術の分野で男性の正教授は女性のそれに対してほぼ4対1の割合で数が多いことを見つけた。実際、その不釣り合いは森全体に当てはまる。アメリカ大学教授協会による2006年の別の報告は、芸術、人文、そして社会科学の学部でも同じ割合を見つけた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

そのサイはいかにしてその毛を手に入れたのか - 進化

12月
19

ケサイのような氷河期の大動物は、もともとはチベットのものかもしれない

いま、ゾウやサイは熱帯の種だ。けれども、最近まで、彼らは北極海まで北をさまよっていた。最後のケサイは約8,000年前に死んだ。毛の生えたマンモスは更に3,500年生き、人類が彼らのシベリアの避難所に到達した時初めて倒れた。しかしながら、誰も知らないのは、これらの動物がいつどこで、そのような高緯度に生息することができるようになるべくその名を表す毛を進化させたか、と言うことだ。もっともよい推測は、260万年前に氷が世界を掴み始めるにつれて、彼らが徐々にそれを成長させたというものだった。

しかし、ケサイの場合、ロサンゼルス郡自然史博物館の王晓明と北京の中国科学院古脊椎动物与古人类の邓涛は同意しない。彼らは、ケサイは氷河期のツンドラが完全に形成されてから到達したと考えており、他の動物も同じだったかもしれないと疑っている。彼らの見方では、サイに毛が生える突然変異を起こさせたのは、地球規模の気候変動ではなく、むしろ地理的な高地への旅だったのだ。彼らは、動物たちがプレートの地殻変動によって持ち上げられ、世界の最上階のスイートであるチベット高原の住人になった時、その変化が起こったと信じる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

沈黙の音 - 音楽コンクールを審査する

12月
18

トップの音楽家はメロディと同じくらい動きで評価される

音楽の中には、いつでもパフォーマンスであるものがある。例えば、ロックバンドのライヴを見ることは、音の質を賞賛するだけの問題ではない。音楽家が舞台上に運び上げるものは、ほとんど同じくらい重要なのだ。しかし、クラシック音楽は、そのような邪魔から免れるだろうと考える人がいるかもしれない。演奏がコンクールの一部として審判されているときには、いっそうそうではないかと。しかしながら、ロンドンのユニヴァーシティ・カレッジの研究者でもあるコンサートピアニストのChia-Jung Tsayによる研究は、賞を与える審判ですらも、聴いたものと同じくらい見たものによって揺さぶられうるということを示唆する。

米国科学アカデミー紀要で発表されたばかりのTsay博士の研究は、審判の判断に同意するかどうか見るために、10の著名な音楽コンクールでの演奏を評価するよう、1,000人を超えるヴォランティア(半分が初心者で半分が専門家)を雇った。それそれのヴォランティアは、それぞれのコンクールの上位3つである30の演奏を調査した。落とし穴は、ヴォランティアのたった1/3しか音楽付の演奏を見せられなかったことだ。残りの2/3は、両方ではなく、それぞれの演奏を見るか聞くかどちらかだった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

宇宙の割合の問題 - 暗黒エネルギー

12月
18

宇宙で最も豊富にある物質である暗黒エネルギーの研究のために、3つの実験が始まっているが、それが存在しないと示すと主張する理論が発表されたばかりだ

1920年代に、天文学者たちは宇宙が彼らから離れていると認識した。銀河がさらに離れれば離れるほど、それは早く後退するのだ。論理的に、これは、すべてのものがかつては一つの場所にあったことを意味する。ビッグバン理論につながったその発見は、現代宇宙学の始まりだった。

しかしながら、1998年に、新世代の天文学者たちが、宇宙は拡大しているだけではなく、かつてないほどに早い速度でそうしていることを発見した。誰も、何がこの加速する拡大の原因なのかはわからないが、それは何であれ名前を与えられている。それは暗黒エネルギーとして知られており、その性質が謎だとしても、その影響は、その量が計算されうるということだ。決定されうる限りでは、それは宇宙の中で質量の2/3を構成し(そしてそれ故にエネルギーの2/3に等しい)ている。それは、故に、文字通り、大きなものだ。もし暗黒エネルギーを理解しなければ、本当に現実を理解することはできない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

人生を捕まえろ! - フェイスブックはあなたにとって悪い

12月
15

ソーシャルネットワークを使うことは、人々をより悲惨にするようだ

フェイスブックに参加する衝動に抵抗している人々は、最新の研究を呼んだ時、確かに立証されたと感じるだろう。ミシガン大学のイーサン・クロスとベルギーのルーヴェン大学のフィリッペ・フェドユンによって行われた、パブリック・ライブラリー・オブ・サイエンス誌に掲載されたばかりの研究は、誰かがフェイスブックを使えば使うほど、人生に満足しなくなることを示している。

フェイスブックを使うことは、嫉妬、社会的緊張、孤立、そして鬱と組み合わさるということを、過去の調査は見つけている。しかし、これらの研究は、すべて「横断的」なもの、すなわちその時のスナップショットだ。そう言うものだから、それらは相関と原因を混同する危険がある。たぶん、ソーシャルメディアにより多くの時間を費やす人々は、最初の段階で負の感情を持つ傾向を持っているだろう。クロス博士とフェドユン博士によって行われた研究は、フェイスブック利用者がいかにしてその感情を変化させたかを追うために、長期にわたって彼らを追った最初のものだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

鳥の群れは一緒に着陸する - 動物の行動

12月
14

群がる鳥は着陸するときにいかに衝突を避けるか

着陸は飛行の最も危険な部分だ。飛行機のパイロットは、乗客を運ぶことができるようになる前に、何百回も練習しなければならない。それからでさえも、彼らは副操縦士、管制官、そして彼らを助けるためのすべての種類の器具を持つ。そして、彼らは、はっきりとしるしのついた滑走路で、一度に1機だけそれをする。いま、飛行機の群が狭い水面に何の助けも器具もなしで、みんな一緒に着陸しようとしているのを想像してほしい。その結果は、確かに災害的なものだろう。しかしながら、水鳥はしばしば集団になって、めったに衝突することもなく、特徴のない水域に着水する。だから、いかにして彼らはそうするのか?

それを理解するために、プラハのチェコ生命科学大学のハイネク・ブルダと11人の動物学者グループは、地図、双眼鏡、コンパス、そして風速計を準備した。彼らはこれらを持って、1年にわたって、8か国にまたがって、3,338の群に属する14の種類の15,000羽近くの鳥を観察した。動物学前線誌に掲載されたこの鳥類学的なマラソンの結果は、その単純さが特徴的な発見だった。どの方向から鳥の群れが水面に近づいて来ようとも、そのメンバーは普通、地球の磁場の方向で列を作って着水するのだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

25万ポンドとフライ - 人口肉

11月
04

工場で作られた肉からできた世界初のハンバーガーが出されたところだ

無料のものとして、それは失望だった。8月5日にロンドンのテレビスタジオに押し込まれた世界のメディアの100人強の代表の中で、出された食事をひと噛みでもしたものは誰もいなかった。けれども、彼らが得たものは、食事の将来だと判明するかもしれないものだった。他の人が消化するのを目撃するために彼らが集まったその食事は、研究所で一から育てられた肉からできた世界最初のハンバーガーからなっていた。

その140グラムのパティに大きく欠けていたのは、それをなす価格だった。グーグルの共同創業者セルゲイ・ブリンが幾分かは負担した25万ユーロ(33万ドル)で、それは史上最も高い食べ物の一つに数えられなければならない。シェフの用心深い目の下で数分間鍋でジュージュー焼かれた後で、そのバーガーは二人の事前に選ばれた試食者に出された。栄養科学者と食べ物作家だ。「肉のよう」だが「それほどジューシーではない」という彼らの意見は、その肉を育てたマーストリヒト大学のマーク・ポストを不安にはさせなかった。実際、同じく彼の創造物のいくらかを知っていたポスト博士は、それを「良い始まり」だと呼ぶすべての理由を持っていた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

狂気? - 睡眠と月相

10月
05

満月の時には人々は夜簡単に眠れない

それは、ある晩にパブで何杯かのビールを飲んで思いついた考えのように聞こえる。そして、関わった人々が自由に認めるには、それはまさにその通りだったのだ。クリスティアン・カヨヘンとその同僚がカレント・バイオロジー誌でその問題について論文の中で述べるように、「我々は、満月のある晩に、地元のバーで一杯飲んだ後にそれを思いついたのだ。」

「それ」は、満月がひとの行動に、一般的に悪い方向で、影響するという、持続するが証明されない考えを試す方法だった。科学以前の時代では、これは「moonstruck」や「lunatic」というような言葉で表現された。そしてそれは、満月の時には眠らずに代わりに狼に変わる狼男の形で、より不吉な兆候を見つけた。いまオオカミ人間を信じる人はほとんどいないけれども、現代の思想家の中には依然として月相が睡眠傾向に影響すると考えるものもおり、その特定の月光の夜に、カヨヘン博士と彼の仲間がすでに理解するために必要なデータを持っていると認識した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

Science and Technology を購読