Science and Technology

根を置いている - ロボット植物

10月
05

どの植物が地下に到達するかのロボットモデル

庭、牧草地、または森林を見るとき、ほとんどどの植物も半分が地下にあるということを人々はしばしば忘れる。茎、葉、そして花はかわいらしい。しかし、植物の根は、醜く目には見えないけれども、たぶん彼らのもっとも巧妙な部分だ。それらは、育っている土壌の物理的特性と化学的構成についての情報を集め、それをどちらの方向に育ち続けるのかを決めるために使う。それらは、ミミズ、モグラ、そして人造のドリルが費やすエネルギーのほんの一部を使って、地面を貫通することができる。植物の根は、それ故に、地下探検のために知られるもっとも効率的な仕組みだ。

しかし、たぶん、もうそれほど長いことではない。ポンテデーラのイタリア技術研究所のバーバラ・マッツォライに率いられた、プラントイド計画について働く研究者たちは、よりよくはないとしても、本物と同じくらい良いロボットの植物の根を開発したいと思っている。そうする中で、彼らはいかに実際の根が機能するか理解し、土壌汚染を監視し鉱物を捜し水を探すかもしれない機会を案出しようとしている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

失われた時を求めて - 真実はなんだ?

10月
05

人工的に作りだされた記憶は、本物と同じくらい強くなりうる

虚偽記憶症候群は、法制度の破滅だ。正しくない目撃報告から子ども時代の虐待の置き換えた記憶まで、それは司法の多くの誤りの結果になる。そして、どんな疑いもなければ、それ自身幻想でも何でもない。シアトルのワシントン大学のこの分野の開拓者エリザベス・ロフタスは、2万を超える人々に200以上の実験を行っている。これらは、(本物とほかのものからの示唆の組み合わせからなる)間違った記憶は、誰かの脳にかなり計画的にそして驚くほど簡単に移植できることを示す。その結果は、記憶者にとって本物と同じくらい正統的に感じる。

まだ知られていないことは、この過程が神経学的にいかに機能するかだ。しかし、マサチューセッツ工科大学の二人の神経科学者スティーヴ・ラミレスと劉胡(Xu Liu)は、それを理解しようとするために巧妙な遺伝子的技を使っている。今週のサイエンス誌に掲載された研究の中で、彼らは細胞レヴェルでマウスの記憶を操作するために、特別に作られたDNAのかけらを使った。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

小さいが致命的だ - 大量絶滅

10月
05

歴史上最大の絶滅は、たぶん気候を変えた宇宙の岩によって引き起こされた

どんな学童でも知っているように、恐竜は、外部空間からの岩が今の南部メキシコにあたるところにぶつかった時、たちまちのうちに一掃された。それは、白亜紀の終わりの6,600万年前に起こった。よく知っている子供たちは、この大量絶滅が独特でも最大でもなかったことを知っている。5.41億年前のカンブリア紀の初めに動物の生命が複雑になって以来、4つの他のものが地質学的に記録されている。

しかしながら、これらの賢い子供たちも他の誰も知らないことは、これらの絶滅が似たような原因を持っているのか、と言うことだ。しかし、2.523億年さかのぼる二畳紀の終わりの、すべての中で最大の絶滅は、実に同じく衝突によって引き金が引かれたという証拠が積み重なっている。にもかかわらず、引き金は同じだったけれども、詳細は大きく異なっている、と西オーストラリア大学のエリック・トーヴァ―は言う。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

敏感な情報 - 気候科学

9月
28

次のIPCC調査の中の頂点

「その報告はみんなからの英知を怖がらせるだろう。」最近イヴォ・デ・ボアは語った。彼は元国連の気候交渉責任者で、気候変動に関する政府間パネル (IPCC)の来たるべき第5次評価報告書について話していた。しかしながら、その報告書が公開されるまで2か月となり、かつてほどそれが恐るべきことではないかもしれないと、ひとつの兆候が示唆する。

問題のその兆候は、気候の敏感性についてだ。これは、大気中の二酸化炭素の水準のある増加に反応して、世界平均気温がどれだけ増すことを予想するかについての、研究者によって使われる基準だ。エコノミスト誌によって見つけられ、ページの裏面に複製された、公表されていない報告からの一つの表によると、CO2濃度が425ppmと485ppmの間では、2100年の温度はその産業化前の水準よりも1.3-1.7℃上になるだろう。それは、2007年に作られたIPCCの以前の調査よりも低いだろう。当時、それは445-490ppmの濃度は、2.0-2.4℃の温度上昇の結果となりそうだと考えた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ようこそプラスティック界へ - 海洋エコロジー

9月
28

誰かにとって汚染であるものは、他の者にとって機会だ

2008年以来、地質学者は、人々が地球の営みに深い影響を与えてきた年月を取り巻くだろうその惑星の歴史に提案された新たな時代である人類世(Anthropocene)の考えについて熟考している。ほとんどの場合、人類世についての議論は、産業革命の始まり以来どれだけ大気中の化学物質が変わったかを中心題目とする。時に、畑、牧草地、そしてプランテーションの形での、新たな地球上の生態系の影響もまた考えられる。けれども、現在まで、いかに人類世が地上と同様に海洋で新たな生態系を作り出しているかは、それほど調べられていない。

マサチューセッツのウッズホール海洋研究所のトレーシー・ミンサーと同じくウッズホールにある海洋生物学研究所のリンダ・アマラル=ゼトラーが、環境科学技術誌で描いたように、そのような生態系は、にもかかわらず、現れている。海鳥、ウミガメ、そしてほかの海の生物への浮遊するプラスティックゴミの悪影響は、よく知られている。しかし、ミンサー博士とアマラル=ゼトラー博士が発見したように、プラスティックゴミはまた、それを利用することができるほど小さな生物に新たな居住地を提供する。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

古い兵士たち? - 戦争の起源

9月
28

最新の研究は、人間は、結局遺伝子では戦士ではないことを示唆する

社会生物学の分野の発明家であるエドワード・ウィルソンは、「戦争は我々のまさに性質に埋め込まれている」とかつて書いた。これは、社会生物学者だけではなく、人類学者や人間行動についての他の学生にも、一般的にもたれている信念だ。彼らはそれを、その隣人(そして実に可能性を考えると地球を半分行ったところの人々)とともに戦争に行く現代の男たちの性質の基本にするだけでなく、依然として農業以前の「狩猟採集」生活をして生きている人々のあり方の観察の基本にもしている。

これを、人間に最も近い親類のチンパンジーのときどき暴力的な行動のフィールド研究に付け加えると、戦争をすることがともかくも人間の遺伝子の中にあるという考えは、かなり妥当なように見える。それは、人々が時に示す自己犠牲的な利他主義の極端な水準の説明として進歩すらしている(もし隣の部族があなたの部族を完全に消し去るために来たら、仲間を救うために自分の命を諦めることは、実際には進化論的な意味があるかもしれない)。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

アイスマンがやってくる - 自分でやる氷河

9月
20

もし気候変動が地元の氷河を持ち去るのならば、別のものを作ったらどうだろう?

気候が温暖化するにつれ、氷河は縮む。それは、農産物に灌漑するのにその融けた水に頼っている人々にとっては問題だ。例えば、ジャンムー・カシミール州のレーよりも上の渓谷に住んでいる農民だ。彼らが住んでいるその地域の低地氷河のほとんどは消えており、より高いところにあるものは、10キロも後退している。農民が新たに蒔かれた農産物に灌漑する必要がある融けた水は3月から4月にかけて到達していたものだ。今、それは6月までやってこない。そのような短い成長期間の場所では、多く使うには遅すぎる。

その地域に住んでいる退職した土木技師のチェワン・ノーフェルは、答えを持っていると考えている。もし天然の氷河が亡くなっているのならば、人工のものを作ったらどうだろう?これは、過去10年かそこら、彼がしていることだ。さらに、彼は、ぴったりの時に融け、農民の畑に直接その内容物が流れ込むところに新しい氷河を作っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

枕元の物語 - 子供の知的発展

9月
20

定期的な就寝時間は、本当に子どもたちにとって良い、もしそれが女の子ならば

子供たちが見られるが聴かれない、そして議論なしに話されたようにした、神話時代には、誰もが定期的な就寝時間が重要だと知っていた。「夢見ろ!」ほとんどの現代の親たちは答えるかもしれない。しかし、ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンのイヴォンヌ・ケリーによる研究は、古代の知恵は正しいと示す、半分は。娘たちは定期的な就寝時間から利益を得そうだ。息子たちはそうではない。

ケリー博士は、大人と青年での睡眠習慣と認知能力のつながりについてみた多くの研究を知っていた。すべてが、気まぐれな睡眠予定が、貧弱な学問成績と一緒に来たことを示した。しかしながら、驚くべきことに、そのような研究は、子供たちにはほとんどなされていなかったのだ。彼女と同僚のチームは、故に、ミレニアム・コーホート・スタディと呼ばれる学際的な調査計画に参加した、2000年9月から2002年1月に英国で生まれた11,178人の子供たちの、就寝時間と認知能力を調査した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

鳩舎の中のコロンブスたち - 鳥の磁気感覚

9月
20

鳥は地球の磁場によって航行することができる。彼らがいかにそうするかということは、依然として謎だ

磁石がなければ、人々はどこにいるだろうか?短い答えは、道に迷う、だ。人類に(今のところは目に見えない地球の磁場を感知する能力である)第6感を与えることによって、コンパスはこれまでで最も重要な発明の一つだと証明された。それにより、船員は夜の空の光景なしに航行する。そして、それは、現代世界の政治的地理を作りだした発見、貿易、そして征服の旅へ導いた。

それならば、自分の作り付けのコンパスを持っている動物は何を成し遂げることができるか想像してみよう。彼らはグラインドボーンやヘンリーでイングランドの季節を楽しみ、モンバサの暖かさで冬を越すかもしれない。彼らは大胆な開拓者のように、アンゴラからアンカレッジに出発するかもしれない。彼らは、もし本当に旅行熱にとらわれ、暗闇を嫌っているのならば、極から極へ移動することによってほぼ年がら年中日の光の下で生活すらするかもしれない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

部屋の中の象 - 法廷動物学

9月
15

象牙の年代を定めることは簡単になっている。密猟者よ、気をつけろ

象ほどカリスマ性のある大きな動物はほとんどない。そしてそのカリスマは彼らに政治的影響力を与える。例えば、7月1日に、バラク・オバマは、密猟された象牙の密輸を防ぐためのワシントン条約の参加国としてのアメリカの義務に権威を与えることを意図した執行命令を発表するために、彼のアフリカツアーのタンザニア行程を使った。

けれども、象牙取引のルールは、そのような貿易は合法だった1990年以前に殺された動物から来ていた時は、施行するのが難しい。驚くまでもなく、象牙を成長した時よりも古く見せる家内工業がある。しかし、ユタ大学のケヴィン・ウノとその同僚によって米国科学アカデミー紀要に掲載された論文は、それに対処するかもしれない。ウノ博士は、ある象牙のかけらが本当には正確に何歳なのか算定するために、科学のそれほど栄光のない挿話の一つである、核兵器の大気圏内実験をいかに使うかを説いている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

Science and Technology を購読