Science and Technology

見失って見つかる - 惑星科学

8月
20

天文学用具の成功した部分は死んだように見えたが、その使命は続く

そのケプラー望遠鏡は、太陽以外の恒星の周りを回る太陽系外の惑星を探すために2009年に宇宙に発射された。それ以来、それは、小さく、岩がちで、地球のように表面に水が存在するのに十分なほどその構成から離れている、つまりそして故に生命にとって快適である可能性があるものを含んだ、2,700以上の潜在的な異星人の世界を見つけている。そうする中で、それは「系外惑星」調査を天文学で最も忙しい分野の一つにした。それはまた、惑星ハンターの欲求を刺激した。もともと3年半データを集めるつもりだったその使命は、去年2016年まで延長された。

だから、5月15日にNASAでその望遠鏡を世話している人が、その装置が困難に見舞われたと発表したと、それは衝撃だった。正しい方向(特に琴座と白鳥座の間の星の区画)を指し続けるのを助ける反動輪と呼ばれる三つの部品の一つが詰まったのだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ピアツーピア - 学術出版

8月
20

携帯レヴューは、論文出版のスピードを上げ始めるように見える

ある研究者に、何が科学的出版についてもっとも彼を困らせるかを尋ねると、その遅さが不平リストの一番上近くに来る。原稿が提出から出版まで回るのに、平均してほぼ6か月かかる。さらに悪いことに、論文が学術誌に受け入れられる前に、それはしばしば一度ならず拒絶される。その理由は、研究の中で致命的な欠陥である必要はない。時に、その研究が序列の上位の雑誌にとって十分に評判でないと言ったことだ。しかし、その過程の中で、それぞれの学術誌の編集者は、その論文を、家の購入予定者が自身の調査を委託するようなやり方で、関連分野の専門家による評価である査読に回す。そして、これらの複数の並行した調査とは違って、査読者はその努力に対して支払われることすらない。

出版社の中には、これがひどい資源の無駄だとついにわかり始めているものもいる。先月、ウェルカム・トラスト、バイオメド・セントラル(BMC)、パブリック・ライブラリー・オブ・サイエンス(PLOS)、そしてヨーロッパ分子生物学機関のような大きなものを含んだかなりの数の出版社が、彼らが拒絶した論文の著者に、査読報告を他の出版社が利用できる選択肢を与えるだろうと語った。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

チェックポイント・チャーリー - がん療法

8月
19

新階級の薬が、がんに対する苦闘で展開されている

腫瘍学の辞書は、軍事的な比喩で満たされている。がんとの闘い、攻撃的腫瘍、魔法の弾丸、と言った具合だ。そして、これらは実に単なる比喩だが、それらは基礎となる姿勢を反映している。手にしている武器が何であれ、患者の主要を直接攻撃し破壊するのは、臨床医の仕事だ、と言うものだ。現実の戦争でのように、これらの武器は、伝統的(外科手術)、化学的(抗がん薬)、または原子力(放射線療法)かもしれない。その腫瘍の目標を探し出し除去するために特別に仕立てられたウイルスの形で、生物学的代理人の話すらもある。

それはすべて、戦略が進むのと同様良いことだ。しかし、孫子が観察したように、最も賢い将軍は、100戦100勝するものではなく、自身が戦うことなく敵の軍隊を負かすものだ。そして、それをする一つの方法は、誰か他の人を自分の代わりに戦わせることだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

神聖ながん - 北極生態系

8月
11

がんの肉を食べることは、ホッキョクグマが地球温暖化を生き残るのに役立つかもしれない

ホッキョクグマは、アザラシが息をするために氷の穴から上がった時に待ち伏せするのが上手だ。けれども、夏の数か月間、氷が後退するときに、この鰭足類をたたく死のゲームは難しく、クマたちは冬の間に蓄積した脂肪の層に代わりに頼ると推測されている。これが、環境保護家の中に、地球温暖化が北極の海の氷をかつてないほどに早く融かし、クマたちがその脂肪貯蔵を補充するための時間を減らすにつれて、その種は将来困難に陥ると結論付けるものがいることにつながっている。しかし、新しい研究は、アザラシだけがクマの食料貯蔵庫に入るものではないということを示唆する。彼らは、それを夏の食料であるがんで補完し、故に変化する気候の帰結を逃れることができるかもしれない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

とげっぽい疑問 - 侵略的な種

7月
31

定義上保守的である環境保護主義者は、ふつう新種をある環境に導入することについて恐れを持って見る。もしそのような種がうまく行けば、それは、むしろ軽蔑表現である「侵略的」と描写される。しかし、そのような種が実際にどれだけの変化を起こしたか(または、環境保護主義者の見方ではそれらがどれだけの被害を与えたか)がしばしば未決だ。だから、これを理解しようと試みた北アメリカでのセイヨウクロウメモドキについての二つの最近の研究は、その議論への歓迎される一条の光だ。

クロウメモドキは、生け垣を作るために19世紀にヨーロッパからアメリカに輸入された。それ以来、それはその国の森林地帯に広がり、多くの博物学者はそれが現地の野生動物にとって悪いと考えている。その新しい研究は、もしあなたがカエルや小鳥ならば、彼らが正しいことを示唆する。けれども、もしあなたがコヨーテかアライグマならば、クロウメモドキはよいことだ。

シカゴのリンカーン動物園のセス・メーグルは、これらの捕食者がクロウメモドキが育つところでより一般的なのではないかと考えた。彼はそれ故に、その町の近くの35の森に動作反応型のカメラを設置した。いくつかの場所にはたくさんのクロウメモドキがあった。いくつかにはなかった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ウイルスの楯 - マイクロビオーム学

7月
31

ウイルスは人々を病気から守る役に立つ

人々やほかの動物と共存共生する小さな器官の共同体であるマイクロビオームの物語は、毎日広がっている。今まで、過去数年間にわたって現れているその物語は友好的な協力のように見られている。生活場所の代わりに、バクテリアは消化を助け、その宿主の代謝を規制する役に立つ。けれども、その物語の最新章は、異なった取引を描く。動物の宿主とウイルスの間のものだ。そしてこの取引の中では、バクテリアが目標だ。

米国科学アカデミー紀要にその結果を公開したばかりのサン・ディエゴ州立大学のジェレミー・バーとその同僚たちは、イソギンチャクの外側の層から魚の肌を経由して人の口に至る軟組織膜によって隠された粘液の中のバクテリオファージと呼ばれるウイルスの高い集中に興味をそそられた。そのような膜は、病原体の最初の目標であり、それがなぜ多くにそんなにも人々が喉と肺の感染症にかかり、腸をひっくり返すのかの理由である。バクテリオファージ(または短くしてファージ)は、バクテリアに寄生する。バー博士は、さもなければ宿主の粘液膜の中で仕事を始めるかもしれない病原虫と、彼らが活発にともに働いているのかどうか不思議に思った。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

量子の慰め - 暗号法

7月
31

秘密通信の盗聴は、まさに難しくなろうとしている。

暗号法はアリスとボブそしてイヴの間の軍拡競争だ。これらは暗号作成者が、内密に通信しようとする二人の人々と、三つ目は彼らの会話を傍受し解読しようとする人に与える名前だ。現在、アリスとボブが少しだけ前を行っている。しかし、イヴも追いついている。アリスとボブは、それ故に、秘密を守るためのまったく新しい方法を探している。そして彼らは間もなく、量子機構のおかげで、それを手に入れるかもしれない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

地球温暖化の計測 - 気候変動

7月
03

二酸化炭素の濃度は、過去400万年で最高水準にある

5月4日正午、ハワイのマウナ・ロア観測所の周りの大気中の二酸化炭素濃度は400ppmに到達した。その日の平均は399.73で、その観測所の研究者たちはこの数字もここ数日で400を超えると予想している。前回そのような数値が地球上に広がったのは、ジャングルが北カナダを覆っていた400万年前の鮮新世だった。

例えば2012年5月の北極海のように、すでに他の所で400ppmを越えるいくつかの計測がなされていたが、それらは例外的だった。ハワイは人の集中からとても離れているので、(1958年以来)CO2計測の基準だ。北極は、対照的に、ヨーロッパや北米からたくさんの汚染された空気が入ってくる。

CO2濃度は5月に頂点を迎え、北半球の夏の植物の成長がそのガスを吸収するにつれ10月まで下がり、それから冬と春の間に再び上昇する。マウナ・ロアでの監視の責任者ピーター・タンスによれば、今年の通年の平均数値もたぶん400ppmに到達し、季節調整済みの年間数値は2014か15年の春に400ppmに到達するだろうという。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

極地 - チベットの気候

7月
03

世界で3番目に大きな氷地域が組織的調査を経験しようとしている

温度変化によって地表にもたらされるすべての変化の中で、氷が溶けて水になることはもっとも際立っている。それは二元的だ。そして、地下に、上空に、あたりにいる生命にとって、それはすべてを変える。

それが、気候学者が地球の北と南の極に興味を持つ主な理由だ。氷の満ち欠けは、何が起こっているかの明白な兆候を提供し、そしてそれは今観察できるのとほとんど同じくらい簡単に10億年前の岩の中で読むことのできる兆候だ。しかし、極地はたった二つの例だ。他のものは歓迎されるだろう。そして一つある。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

全てにとって自由 - 学術出版

6月
25

自由に接続できる科学出版が地歩を築いている

4月の初めに、政府が納税者の資金を学者に移すための仲介機関である英国研究会議協議会は、それが資金を出した研究の結果がいかに公開されるかのルールを変えた。今から、それらは、直ちにが好ましいが、間違いなく1年以内に無料で利用できる学術誌で公開されなければならない。

2月にホワイトハウス科学技術政策室は、連邦機関に同じような計画を作るよう言った。その1週間前、政府が資金拠出した研究に6か月後に自由に接続できるよう求めるだろう法案が、議会を通過する道に向かい始めた。欧州連合も同じ方向に動いている。慈善団体もそうだ。粒子物理学の研究所、図書館、そして研究費割り当て機関の共同事業体SCOAP3は、その分野の主導的な学術誌12誌全部に、それらが毎年掲載する7,000の記事を無料で読めるようにするよう圧力をかけている。学術出版社にとって、そのパーティーはすぐに終わるかもしれないようだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

Science and Technology を購読