Science and Technology

原生林の中に - 遺伝子組み換えの木

6月
25

あるGM品種が、間もなく慎重に自由化されるかもしれない

伝承によれば、昔々、リスはメインからフロリダまで地面に触れることなしにアメリカの栗の森を通って移動することができたという。北アメリカの栗の木の数は、当時約40億本あったと計算される。もはやそうではない。斧とチェーンソウは、責任の一端を担わなければならない。しかし、一番の犯人は、栗の木を枯らす原因となる菌の、クリ胴枯病菌だ。19世紀後半に、アジアからのいくつかの感染した見本が、クリ胴枯病菌を北アメリカにもたらした。1950年までに、栗の木はその大陸のほとんどの場所で、思い出を少し超える程度のものとなった。

しかしながら、アメリカの栗の木は、遺伝子工学のおかげで、再び増え始めようとしている。今月、農業省の警戒した目の下で、ジョージア、ニューヨーク、そしてヴァージニアで、三つの実験的区画が植林される。その普通の遺伝子補完物とともに、これらの木は、その金からそれらを守ると研究者たちが望んでいる少数の他のものとともに備え付けられている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

悪い(蜂の)行動 - 昆虫学

6月
16

無法者クマバチの奇妙な事例

ほとんどの人々にとって、クマバチはミツバチの厳格な決断力もスズメバチの悪意ある意図も持たずに庭や草地を飛び回る、魅力的で少し馬鹿げた生き物だ。けれども、もし植物だったなら、物事は少し異なって見える。花を咲かせる植物の見方では、多くのクマバチは泥棒以外の何物でもないからだ。彼らは蜜を奪い、替わりに何も与えないのだ。

銀行強盗が金庫への道を切り開くかもしれないように、クマバチが花の横に穴をあける蜜強盗は、チャールズ・ダーウィンによって発見された。この技術は、蜂に、その形が狭い管を通り抜けることができる長い舌を持った昆虫によって授粉されやすくなるよう進化した花の蜜に到達させる。

クマバチの中には、そのような舌を持っているものがいる。しかし、持っていないものもいる。しかしながら、短い舌の蜂は、これらの花の内部の蜜のたまものを拒否しようとしない。だから穴をあけるのだ。けれども、このように押し入ることによって、クマバチは花を咲かせる植物と昆虫との間の1億年の協定を破棄する。植物が昆虫にえさを与える替わりに、昆虫が植物に授粉するというものだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

三つの間違いが正解を作る - がんを放射性バクテリアで治療する

6月
16

腫瘍を殺す驚くべき新方法

すい臓がんは恐ろしい病気だ。先進国でさえも、それを診断された人の5年後の生存率は約5%だ。アメリカでは、それは、女性のがんで、肺がん、乳がんに続いて3番目に多いがんの死因で、男性では、肺がん、前立腺がん、大腸がんに続いて4番目だ。落胆させることに、それは4半世紀以上にわたって治療がほとんど進歩していない。

すい臓がんがそれほどにも命とりである理由は、それが素早く体中に広がるためだ。この二次がんの体中への広がりは、他の組織を傷つけ、止めるのが不可能だとわかっている。しかし、ニューヨークのアルベルト・アインシュタイン医学校のクラウディア・グレーヴカンプに率いられた研究者グループは、それを変える興味ある考えを持っている。米国科学アカデミー紀要に掲載した論文で彼らが書くように、彼らは人々に放射性バクテリアに感染させることによって、そうすることを計画している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

軌道に乗ったオービタル - 民間宇宙旅行

6月
16

競争が天体トラック輸送業にやってくる

2012年5月25日、スペースXというあるカリフォルニア企業が、国際宇宙ステーション(ISS)への最初の民営の供給事業を行った。それは、そのような業務を民間部門に外注するというNASAの決定の証明だった。だが、潔癖屋は、何かが残っていると論ずることができるかもしれない。正しい市場には競争があるが、スペースXだけしかそれをすることができなかったのだ。

それは変わりそうかもしれない。4月21日に、ヴァージニアにあるNASAのワロップ飛行センターで、ヴァージニアのオービタル・サイエンスという別の会社によって作られた別のロケットが、何回かの遅れの後に、発射台から打ち上げられた。4月17日に試みられた発射は、データケーブルが離れて中止された。4月20日の別の挑戦は、強風のために中止しなければならなかった。けれども、今回は何もおかしなことはなかった。発射の数分後、そのアンタレスロケットは無事軌道に乗り、喝采と安堵のため息が漏れるのを促した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

万里の長城の新しいレンガ - 3D印刷

6月
16

付加的製造業が中国でたちまち成長している

週末だけれども、北京の海淀区の小さな工場は忙しく働いている。最大のものは配達用ヴァンの大きさである8台の機械が、忙しく物を作っている。しかし、(AFSとして知られる)北京隆源自動成型系統有限公司によって所有されるその工場は、ほとんど見捨てられているようだ。これは、一般的に3次元(3D)印刷機として知られる、昼夜を問わず週に7日動く付加的製造機械を使っているためだ。

その印刷機は、「インク」として使う粉末素材を追加したり、完成品を取り除いたりするために監視人が時折訪問することが必要だが、それ以外には放っておくことができる。それらは、ほとんどゴミを作り出さず、旋盤、フライス盤、そして切削具を使った伝統的な「縮減的」技術を使って成し遂げるのは不可能な形を作ることのできるやり方で、インクをレーザーで焼結させるにつれて、それらの作っているものを一度に一つの層ずつ作り上げていく。

それはまだ大量生産に使う準備はできていないけれども(物を積み上げるのは、削り落とすよりも遅い)、3D印刷は、試作品製作、カスタマイズされた仕事、そして短期間生産のためには素晴らしい。毎回仕様変更をやり直す必要がないからだ。する必要のあることは、プリントヘッドを管理するソフトを変えることだけだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

簡単な秘訣 - どうやってポーカーに勝つか

6月
03

真面目くさった顔を続けるだけでは十分ではない

ポーカーフェイス。それは何も与えない無表情の凝視だ。ポーカーに勝つためには、その顔はマスターしなければならず、そしてそれをマスターすることは最高のプレイヤーがベストを尽くそうとしていることだ。しかし、心理科学誌に掲載されたばかりのスタンフォード大学のマイケル・スレピアンとその同僚たちによる研究は、最高のポーカーフェイスをした人々でさえもそのゲームを漏らしていることを示唆する。しかしながら、彼らは顔ではなく手でそうしているのだ。

スレピアン氏は、78人の学部からのヴォランティアに2009年のポーカー・ワールド・シリーズでプレイヤーが掛け金を置くヴィデオクリップを見せた時にその発見をした。(ポーカーの掛け金はチップをテーブルの真ん中に押し出すことによっておかれる。)そのクリップは、平均して1.6秒で、プレイヤーたちの異なった場所を取り上げた。テーブルの上からすべてが見えるように示したものもあった。顔だけを示したものもあった。そして、腕と手だけを示したものもあった。それぞれのヴォランティアは、三つのタイプのヴィデオの一つだけを見たが、いくつかの例を見せられた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

薬物依存 - がんの薬

5月
28

治療をやめることにより、がんの中には成長を止めるものもある

少ないことは、ときにより良い。それは、今週、カリフォルニア州エメリーヴィルのノヴァルティス生医学研究所のメグナ・ダス・タカーによって今週ワシントンD.C.の米国癌学会の会議に届けられた伝言だった。もしがんがそれを治療するための薬への耐性を進化させるのならば、その薬をやめることは、ときに、まず第一に治療を処方するのと同じくらい効果的にがんの進行を止めうる。腫瘍学者はしばらくの間これを疑った。タカー博士は、しかしながら、それが本当であることを証明した。少なくとも悪性の黒色腫とvemurafenibと呼ばれる薬の特別の場合においては。

腫瘍学者のサークルでは、vemurafenibは時代の驚異だった。それは、転移した黒色腫の最初のかなり信頼できる治療の一つだった。反応する人には、それは数週間で腫瘍をしぼませる。問題は、少しでも残った腫瘍の中での継続的な変異はふつう耐性細胞体を輩出し、だからほとんどの患者はその腫瘍が6-9か月のちに戻ってくる。ひとたびそれが起こるとほとんどできることはない。

またはそのように見えた。しかし、タカー博士とその仲間は、治療をやめるという明らかに反直感的なやり方が、積極的な効果があるのではないかと思った。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

まったく素晴らしい - 男の魅力

5月
28

女性の異性への期待は、少なくとも男性のものと同じぐらい非現実的だ

男性は長い間、女性が欲するものは正確には何なのかということを不思議に思っている。指針として「洗濯板のような筋肉」を約束する男性誌を読みふけるものもいる。より科学的な心を持つ人は、実験データを探す。最新の証拠は、当時オーストラリア国立大学のブライアン・マウツに率いられた研究者集団から来る。彼らは105人の異性愛のオーストラリアの女性を集め、身長、肩まわり=ウエスト比率、緩んだ陰茎サイズの三つの肉体的特徴が異なった、一連のデジタル的に作り出された男性の写真を見せられた。その女性たちはその男たちを性的な相手として格付けるよう頼まれた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

すり減らす - 心理学

5月
27

1日1度の深呼吸は精神科医を遠ざける

フリードリヒ・ニーチェの広く引用される金言「ある人を殺さない程度の負荷がその人を強くする」は、しばしば真実ととられる。だが、賢明に見えるかもしれないほどには、その言葉はめったに試されていない。心理学者は、うれしくない経験が本当に耐久力を増すかどうかについてほとんど何の考えもない。サイコロジカル・サイエンス誌に発表されたばかりの研究は、それは正確に反対だということを示唆する。

1995年に、ペンシルヴェニア州立大学の心理学者デヴィッド・アルメイダは、1,483人の人々を巻き込んだ実験を始めた。彼は彼らに二つのテストを受けるよう頼んだ。一つ目は、1から5の間で(1が「一度もない」で5が「いつでも」)過去30日間で、彼らがどれだけ役立たず、絶望、神経質、落ち着かなさ、そわそわするということを感じたか、どれだけの時間全てが骨折りだと感じたか、そしてどれだけ頻繁に何も彼らを元気づけられないほど悲しいと感じたかの報告を伴った。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

高いステーキ - 心臓病とマイクロビオーム

5月
27

動脈硬化は、肉食と腸のバクテリアの有害な相互作用によっておこるかもしれない

医療試験に参加する人々は、しばしば、新たな薬を服用することから眠りを差し控えることまで、いやなことをしなければならない。オハイオのクリーヴランド診療所のスタンリー・ヘイゼンによって組織された試験の参加者は、明らかに簡単な仕事をした。ステーキを食べるのだ。けれども、ヘイゼン博士の結論を読んだ後で、彼らはむしろそれを少しだけ食べたいと思ったかもしれない。

赤肉の消費と心臓病との間のつながりは、数十年前に疫学者によって認められたが、このつながりの性質は、正しく説明されたことがなかった。非難の指は、ふつう飽和脂肪とコレステロールに指された。赤身の肉はどちらも含む。しかし、多くの最近の研究は、飽和脂肪と心臓病との間には何のつながりもなく、だから何かほかのものが多分関わっているということを示した。ヘイゼン博士は彼がそれを知っていると考える。彼が出版されたばかりのネイチャー・メディスン誌の論文で概説したように、彼はその責任が、人間の内臓に住む100兆かそこらのバクテリアの集合であるマイクロビオームに実際には横たわっていると信じている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

Science and Technology を購読